グラゼニ-東京ドーム編-2巻 感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

2015042617181320150426171834

文京モップスに移籍してやっと1軍にあがった夏之介の初登板からのお話。
ようは現実で言う巨人に該当するチームに移籍しての苦悩などが描かれます。

2アウトまであっさりいくも、同じく今年FAで移籍してきたの富士野が照明が目に入ってエラー(記録はH)でランナーが出てしまう。
3人で終わらせたかったとショックの夏之介とここまで15の0で打撃も不振なうえエラーしてしまって更にショックの富士野。

そっから慎重に厳しいコースに投げる夏之介、連続四球で満塁になってしまう。
ベンチをめっちゃ気にする夏之介、監督もっとストライクゾーン投げろよとお怒り。
ストライクゾーンで勝負するタイプじゃないんですけどねえ・・
連続四球じゃ見てる側はそう思っちゃうかもしれませんね。

2015042617190720150426171917

満塁でさらにレフトに飛んで落ちてしまうが・・富士野がとって速攻で
セカンドに投げてアウトというファインプレーでレフトゴロという珍しい形で0点に抑える。

ほんと滅多にある事じゃないですけどねえ、どっちも助かったって感じですね。
守備位置見ても前進守備してる感じじゃないから、打球が相当早かったのかな。
3塁ランナーもホームインできてないぐらいですからね。

20150426171944

その後、夏之介を飯に誘う富士野、そこでFA移籍した経緯を語る。
もともとモップスが好きだったけど、高校卒業時はモップスの名前出さずに
他のチームに入る。

ちゃんと計算しててモップスみたいないい選手たちが集まるチームに入ったら
すぐには出れないだろうからという感じらしい。
中々そういうチームは使い続けてくれませんからね、社会現象並みの話題になった選手ならともかく。

他のチームでは上手い事ポジションが空いてレギュラーで出れて球に慣れ
いい成績になっていったと。
使われ続けるってのはかなり大事ですよね、中田翔とかそんな感じでしたね。

んでFAでついにモップスにきたという事らしい、現状の不振はFA移籍選手ならではのプレッシャーがあるようです。その後、夏之介を家賃200万の家に誘う。

20150426172006

そこでウチにきた記念にとか言って500万の腕時計をプレゼントされる夏之介。
なんか記録を達成した記念にというのはよく聞くけど、こんなホイホイあげるもんかな。
年棒4億らしいから、たいした事でもないのかもしれないけど。
感覚が違いすぎてわかりませんね。

20150426172024 20150426172050

富士野選手が立ち直るきっかけになったのは、精神論タイプのコーチの言葉でした。
ここまで18の0で打てない富士野に対して「体で打つのはやめにしねえか?心で打つんだよ」と思いっきり精神論。

まあ富士野ぐらいになると技術はもうあるんだから、それについて言ってもしょうがないって前提があるようですが、技術があると心で打てるらしいです。
技術指導した後に精神論ならいいかな、それだけしか言わない人は駄目ですが。

20150426172113 20150426172144

その後の打席でHRで復活、18の0とか数字を気にせず堂々と打てばって感じみたいですね。
彼はもうこれで大丈夫なようでこっから夏之介の番。

2回目の登板もあっさり2アウトまでいくも、またエラーも重なってランナー2塁。
そっから四球2連発でまた満塁に
コースを狙うあまりに四球出しちゃうようですが・・これにプラスして東京ドームのプレッシャーがあるらしいです。ちょっとのずれが出ちゃうんですかね。

2015042617224020150426172306

ベンチからは堂々とストライクゾーンで勝負しろと言われる、精神論のコーチも心で勝負しろと。夏之介、俺は心で投げることなんてできないと思ってしまう。人次第でいう事は変えないとねえ。

堂々と勝負してきたタイプじゃないからかな、夏之介は。
球がキレてる時は結構堂々としてたイメージだったけども、心って言われても
富士野とはタイプが違うってことですね。

際どいとこを狙ってきてるスタイルだから、堂々と勝負しろというベンチと気持ちのズレがあり
ついついベンチを毎回気にして投げてしまう夏之介。

2015042617234820150426172408

結果、ベンチと四球のプレッシャーに負け、ストライクゾーンに思いっきり投げてしまい
ヒットを打たれる。正直、これベンチも悪くないかな。
富士野の強肩のおかげで2点目のホームインは許さず、1点で済んだが同点。
でも富士野がサヨナラソロ打ってチームは勝つ。まあ不振から脱したらこんなもんなのかもしれない。

2015042617243720150426172515

前巻2軍の時に出た生え抜きの鳥海、富士野が活躍すると自分が1軍にあがれず困るから
活躍するな、夏之介が打たれて同点になってくれれば、ヒーローにならない。

点とられてくれなどを思って、テレビで観戦してたが富士野はサヨナラも打って
ヒーローになっちゃって、人の不幸を願ったり自分はなんてちっぽけなんだ
へこんでた時に1軍昇格のお話がくる。

まあ1塁に20打数1安打の外人がいたらしく、その人と交代
んですぐ活躍して富士野と一緒にヒーローインタビューにあがる。
富士野の活躍しないよう祈ってたのはなんだったんだとなって
ちゃんちゃんというあっさりしたお話でした。

20150426172529

肝心の夏之介は2回目以後は4試合連続登板なし、そこで2軍の時にアドバイスした
杉里からスパイダース戦から1軍に上がりますと連絡がくる。
サイドスローにして更に夏之介のアドバイスが効いたらしく、2軍で6試合連続無失点らしい。

20150426172713 20150426172731

古巣スパイダース戦前に年棒2億2千万まであがった丸金と再開。
なんか貫録が出たというか生意気な感じになったというか・・

そこで夏之介がもめた時の給料査定の時の話がでて、
一度はあがりすぎた年棒提示を拒否ったそうだ、球団はもう決まったのでNOだったらしいが。
自分があがりすぎると他に影響がでるからと恐怖して、一度断ったらしいけど
プロの人ってそこまで考えるもんなのかな。

20150426172753

高額年棒になったら反感買うんで、その分お金を使ってるらしいです。
まあ確かに給料殆ど使ってますとか聞くと、将来の事考えてないのかね?とか
蔑まれますから、そういうの計算してるみたいです。

20150426173104

20150426173023

現在丸金は6試合連続HR中で7試合ならプロ野球タイ記録。
そこで夏之介との対決になるわけですが、自信失い気味の夏之介は
やりたくないなあ・・という状態。古巣の田辺監督にもそれを見抜かれる。
一方杉里は自信つけたのか丸金とやりたいと言う。

20150426173143

20150426183552

結局、0-2の状態で登板した夏之介、相手が古巣なんでめっちゃやじられる。
そして相手が元後輩で古巣相手ということもあり、勝負しろよと野次られ
なんかわかってますわかってますよとか言って、ボールを置きにいって
ほぼど真ん中に投げてしまう。そりゃないわあ・・

当然打たれて、ぎりぎりポール際でHRになってタイ記録達成。
びびってしまったって感じですけど、ここまで情けない夏之介は久々かな?
その後はしっかり押さえましたがチームは2-3で負けてしまう。

20150426173301

20150426173319

次の日、8試合連続がかかる丸金相手に登板することになったのは杉里。
自信を相当つけてるらしく、内角で攻めまくる。
ちょっとでも中に入ったらやばいですからね、勇気と自信がありますね。

しっかりコントロールし2-2まで追いこむも、最後に投げた内角の球が
カットボールで変な曲がり方になり、丸金の手に当たりデットボール。
丸金は負傷交代となり、8試合連続はなくなってしまった。

20150426173330

杉里はその後を抑え結果2イニングスを0に抑える。
しかし丸金は小指を骨折したらしく、謝りにいく。
丸金は高い年棒もらってるからと、骨折の状態でも出ることにしたらしい。

ファーストだから守備もまあできるらしいですが・・監督も無理に出させるべきじゃないと思うけどなあ・・せめて代打とかさ。杉里に気にしないでくださいって言ってるんですよね、見直した。

20150426173345 20150426173354

案の定、それ以後打てなくなった丸金。
骨折によって結果的に丸金を殺したことでスパイダース戦が計算できるようになったという
監督はマネージャーに査定の担当者に杉里にボーナスポイントをつんでやれと言う。

キレイゴトだけじゃ勝てないと言ってましたが、そりゃそうなんだけど
監督がボーナスポイントなんて言っちゃっていいのかなと。

これ万が一メディアに広まったらやばいと思うんですよね。
グラウンドで言っちゃってたから、せめてもっとこっそりと直接査定の人に言うとか。
選手間でも噂になったら、色々影響しそうだけど。

しばらくは3イニング無失点の杉里を優先的に使ってみるかというとこで次巻へ
夏之助も4イニング1失点なら悪くないと思うけども。

最初は微妙な選手がうまいことやってく感じだったけど
怪我やら先発転向以後はさすがにぐだぐださせる材料がなくなった為
活躍させることになったけど、ここにきて巨人みたいなチームにFA移籍する苦悩を描いて
久々に悩める夏之介を描いてるって感じですかねえ。

まあしばらく年棒上昇が順調すぎたから、ここで一旦つまづかせるのかもしれないですね。
億にはいかせない感がかなりありますからね。
主人公が活躍していくのも好きだから、何とも言えないですが・・
今の夏之介が1シーズン苦しむのは想像できない気もするけど、次巻どうなりますかね。

今回は過去の話とかそういうのはありませんでしたね、ユキさんも一度も出ずでした。

スポンサーリンク



                  

『グラゼニ-東京ドーム編-2巻 感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:あのあの: 投稿日:2015/07/27(月) 12:07:38 ID:MwMDY4NjU

    丸亀じゃないよ丸金だよ。
    わざと?

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/07/27(月) 12:19:31 ID:MyODE1NzU

    むっ・・素で間違えてました。本日中に修正します。申し訳ない┏○

  3. 名前:あのあの: 投稿日:2015/07/28(火) 23:50:10 ID:M3NzY2NDg

    何気に見返したら対応はやっ!
    おみそれしました m(__)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)