ハカイジュウ15巻 感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

鷹代魅央は目玉を保存してある弟の蘇生を目指して地下施設から地上へと出る。

人物紹介の両親に父親は鷹代陽、母は白崎直央であると思われるってありました。両親はわかってたけど、地下にいたのはクローンってことなんだろうと思ってが、最初の両親は人間味あって優しかったらしいから本物だったのかな。

でも一部の主人公とヒロインがそんなあっさりやられてましたっていうのはちょっとなあ・・・クローンであってほしいね。最初のクローンだったからまだ人間味が残ってたってことで。

地上に出てみると父から見せられてた地上の写真と違って荒廃してることに戸惑う魅央。

20150710130049

さらに特殊生物が現れ襲われる。変化させた脚で攻撃するも貫けず、眼をつぶして何とか逃げ出す。

20150710130111

しかし更に大きな特殊生物が現れた為、地下鉄へと逃げ込む。

そこに人間の姿をしてる影を見つけ話しかけるが、それは人間が特殊生物を食べることによって変異してしまう変異体(ヴァリアント)であった。

20150710130132

わらわら襲ってくる変異体に脚を捕まれ追い詰められるが、魅央は生存し武装ていた3人に助けられる。

20150710130212

彼らについていく魅央。アジトへと連れてかれ、この世界がどうなっているのか聞く。

自分の素性(脚のことは秘密)を話した後、この世界で何があったか聞くことができ

20150710130226

あの化け物どもは30年前に突如世界中に大量発生し、人類も抵抗したが5年後の最終戦争に敗れ、地上は奴らに完全に支配されたと聞かされる。人類の9割は死んでしまったそうな。

鷹代君たち結局負けちゃったんですね。しかしかなり年月たってるんだなあ。しかし建物は思った以上に残ってるし、1部の化け物たちが世界中にいる状況でよく1割生き残ってるね。建物に籠城してもでっかいのがぶっ壊したら終わりだと思うんだけど、その辺どうなんだろう。

オリジナル鷹代君や白﨑はそこで死んじゃったのかな。

20150710130329

リーダーのキイチ20歳、女のナナセ18歳、レン17歳というメンバー3人に仲間に誘われる。

魅央は弟を蘇生させたいので再生させる施設がないかを聞くと、それは聞いたことないけど大阪のどっかに全く同じ顔をした人間のグループがいるらしいと聞き、複製された人間かもとそのグループを探すことに。

でも闇雲に探してもあかんやろ、天王寺にある巨大なビル、あべのハルクスに100人以上暮らすコミュニティーがあって、そこなら情報が仰山あるから、俺らもそこを目指してるから一緒にいこうとなる。

3人の中の一人のレンはツンデレタイプらしく、地下でぬくぬくしとった奴がいても足手まとい、おとなしく地下へ帰れよと反対。

ただハルクスに入るには男女ペアである必要があり、レンも目的があるらしく、それに近づけるやんとリーダーのキイチから説得され、一緒に行くことに決まる。

20150710130341

そして食料の準備をとキイチが言って、ナナセが捌いていく。よいしょーっとまな板に乗せたものは特殊生物だった。

この世界で手に入る食料は限られていて、先程襲ってきた変異体は特殊生物の肉を食った人間の成れの果てだった。

20150710130355

キイチも危険性はわかっているようだが、それでも食わなきゃ死ぬ、化け物になった奴は即殺すと言う。

生き残った人間も変異体予備軍と知り、あの地下の特殊生物食料科の実験の意味がなかった事と、あの実験がなければ弟は犠牲にならなかったのにとショックを受ける。

この3人がいつ変異してもおかしくないから、やはり脚の事は黙っていようと決める魅央。

20150710130455

地下を進むと新種の特殊生物が襲ってくる。ボウガンを撃っても銃を撃っても効かずナナセが脚をやられて腰が抜けて動けなくなってしまう。

20150710130514

ナナセに特殊生物が襲いかかり助けにいく魅央。動けないナナセを助けるため、魅央は脚をエボル化して生物を弾き飛ばす。

変化がばれて周りが戸惑う中、レンがボウガンを頭に定めて化け物になったやつは即殺すのがルールやろと魅央を狙うが、他の2人は助けてくれたんだしと止める。

しかしレンは聞かずに撃とうとするが、レンの後ろからさっきの特殊生物が形態を変化させて攻撃してきており、脚でレンをかばう。

魅央は攻防の末、吹っ飛ばされしまい形勢不利。とりあえず逃げましょってことでキイチが煙幕張って魅央も連れて近くのビルへ退避。

20150710130607

しかし新種の特殊生物の股間部分から眼がにょきっと出てくる。卑猥ですわ~

20150710130621

魅央は自分の脚が遺伝であり、父は意識を保ったまま肉体変化を保つ事ができるエボル、母は普通の人だったので脚しか変化できないんですと説明。

キイチとナナセは好意的だがレンは化け物野郎って感じが忌み嫌う。

2015071013063420150710130642

しかし近くから音がして通路を覗いてみると人型の影が。どーせ化け物人間やろと言ってると手を振って近づいてくる。

正体はさっきの特殊生物で形態を人間に擬態させて近づいてくる。もろバレすぎてあんま意味ない気がするけど・・彼岸島みたいなギャグホラー化してるから、あんま考えてもしょうがないんだけどもね。

屋上へと逃げる中、魅央は特殊生物の股間に眼がついてる事に気づき、あれがセンサーのような物で私たちの居場所を特定して追跡してきてるんじゃないかと考え、作戦がありますと3人に提案する。

レンがわーわー文句言いそうになるが、リーダーが魅央を信じろ、リーダー命令やと言う。リーダーいい男だけど変異フラグ立ちすぎで

股間センサー目掛けて銃やボウガンで狙うが交わされ、男2人は吹っ飛ばされる。

20150710130717

魅央とナナセは作戦実行、2人は屋上から飛び降り特殊生物も2人を追いかけ飛び降りる。

2015071013073420150710130741

魅央は脚の変化を使い、壁に張り付く。その魅央に抱えて固定してもらってるナナセが、落ちる特殊生物の股間センサー目掛けてボウガンを当てて、悲鳴をあげて落下する特殊生物。

落ちていってる的に完璧に当てるってすんごい腕だな・・

20150710130800

落ちた特殊生物はそれでも生きていたが、近くに変異体の巣窟があったらしく、特殊生物は変異体の群れに襲われ死滅。

この辺は化け物でも違うくくりなんですね。

魅央の作戦は空中だと無防備だからボウガンで狙っちゃおう作戦だった。

20150710130815

ふてくされてたレンも確かに使えそうな奴やと若干意味深な事を言って魅央と行動を共にする事に納得。

2015071013082620150710130842

再びあべのハルクスへと急ぐ。道中、ハエがぷーんとたかってる特殊生物の肉を食べる3人、魅央はカロリーメイトみたいなやつを食べている。そこで作戦会議。

うまうま言ってるからほぼ中毒状態っぽいですね。

これから向かうとこはハルクスへの最終関門で何回も挑戦したけど、失敗して仲間を失っている。そこは天国と地獄の境界線、道頓堀。

2015071013085420150710130901

道頓堀は化け物オールスターで中でも要注意なのは道頓堀の番人、奴に見つかったら即お陀仏やと説明を受け、その番人の無数の眼がギパパパパパと開いたとこで次巻へ。

途中で白崎さん無敵状態になったり先生が出すぎてきたりで、主人公誰状態で恐怖感もなくなり1部は途中から面白くなくなったけど、第2部は今のとこ普通に面白い。まあ1部も最初は面白かったんで、これから面白くなるかは男性キャラ次第かな。

恐怖感とかは相変わらずないけど、ギャグパニックモンスター系としてうまいことやれてる。こういうモンスターパニック系の漫画あんまないからねえ。

主人公は男であってほしいかなというのはあるけど仕方ない。まあ前回も途中から白崎さんが主役みたいな状態だったしね。

レンが相方候補なのかな、でも肉ぱくぱく食べてたしなあ・・・恋愛とかはすぐ絡まないのかもしれない。弟の蘇生が第一にあるようだし。男性キャラで好感持てるのが出てきてくれると感情移入しやすいかな。主人公とはいえ女性キャラにはしづらい。愛着持てるようなキャラが1部含めてあんまいないのがこの漫画の微妙な部分かな。気に入る人も結構いた先生も自分は苦手だったしね。

しかし状況がきつすぎて、もう化け物全部倒して人間が勝つみたいなのは無理かな。雲を余裕で突き出てるような巨大生物が多すぎるからなあ・・弟蘇生してとりあえずENDになるのかな。どう収拾つけていくのか気になるところ。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)