週刊少年ジャンプ2015-41、ブラッククローバー28話、レディジャスティス最終回の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ブラッククローバー28話

キャプチャ71

厨房を覗くチャーミーさん。

「料理長何やってるんですか!」
「早く避難しましょう」

料理長「バカヤロォォォ!!料理人が途中で料理ほっぽって逃げれるかァァァ!!どんな状況でも最高の料理を届ける!!」

「いやもう騎士団の方々出払ってて誰もいないですよ」

料理長「なにぃぃぃ~!?オレのメインディッシュを食べずに行くとはいったい何ごとだぁぁー!?」

「いやだから国の一大事です!早く逃げましょうって」

キャプチャ72

チャーミー「そのメインディッシュとやら・・・あたしに食べさせてくださぁぁーい!!」

料理長「な・・・何だ、このチンチクリンは・・?」

キャプチャ73

料理長(騎士団のローブを着てるってこたぁ・・・一応戦功叙勲式に招かれた強者ってことか・・・それに・・・この燃えるようなギラギラした目・・・!!コイツは・・只者じゃねぇ・・・!)

料理長「よォォォし、わかったぁ!!待ってろ!!今最高のメインディッシュを作ってやる!!」

チャーミー「いやったああー!!」

「いや早く逃げましょうよ~」

場面変わってゾンビを相手にしてた面々。

キャプチャ74

アレクドラ「フン・・・粗方片付いたか・・・」
ユノ(この程度で手こずらない様にもっと強くならないと・・)
ミモザ(キ・・・・キモチ悪かったですわ・・・!)

クラウス「コイツら・・・一体なんだったのだ・・?」
ハモン「何にせよ・・我々の敵ではなかったですね~」
シレン「・・・・」

ソル「姐さんを襲おうとなんて愚か者どもめっ!姐さんに触れていいのは私たち碧の野薔薇の女だけなんだぞ~!」

碧の野薔薇団・団長「ソル、誤解を招く言い方はやめろ」」

王都民「とんでもない強さだー!」「魔法騎士団バンザーイ!!」

キャプチャ75

ソリド「どうした・・・もう終わりかー!?」
ネブラ「フフ、あそび足りませんわねぇ」

ノゼル(おかしい・・・こんなに弱い者どもを放って敵は何がしたい・・?本陣はどこにいる・・?)

キャプチャ76

??「全員・・マーキングエリアに入ったようだな」

ユノの魔導書がポゥと光を放つ。

ノゼル「・・陽動・・やはり狙いは・・王かー!?」

キャプチャ77

紅蓮以外の団たちの足元から黒い影が広がっていく。

??「お疲れ様・・・騎士団の諸君」

キャプチャ78

空間魔法 ブラックアウト

空間魔法のエリアに入ってた面々はその場から消え、一斉に王都外に飛ばされる。

キャプチャ79

ハモン「どこですか、ここは・・!?」

シレン「・・・・少なくとも王都から数百キロメートルは離れているようだ・・」

ソル「やられたああああああ」

碧の野薔薇団・団長「敵に相当な空間魔法の使い手がいるとわかっていたが・・・まさかここまでとは・・・!」

アレクドラ「・・・・不覚ーー!!!」

キャプチャ80

??「魔法騎士団ともあろう者が揃いも揃ってあんなトラップ引っかかるなんてバッカなんじゃな~い」

??「こぼれた奴らと遊ぶハズだったけど・・・意味なかったわね~」

王都民「な・・・誰だ・・!?」

??「さて・・・今のうちに若いマナもらっちゃお~♪」

キャプチャ81

その場にいた王都民衆からマナを強制徴収。

キャプチャ82

??「可愛子ぶってんじゃないわよ!!メス豚がー!!」

メス豚呼ばわりされた女性たちもマナを吸われていく。

「うぁぁぁぁ、イライザー!!」

??「アラ!なかなかいい男はっけ~ん。ねえ、私キレイ?何歳に見える??ねえ、ねえ♪」

「このバケモノめ!!なんてことを・・」

キャプチャ83

??「誰がバケモノだ!!死ネ!!」

ヒステリック女に風魔法、助けが入る。

キャプチャ86

??「アーラ、あの空間魔法から逃れたヤツ・・・いたのね・・・!」

助けに入ったのはユノ。

??「アラぁ~!超イケメン♪超タイプ~♪ねぇねぇ、わたしと楽しい事しなぁ~い??」

キャプチャ88

ユノ「その人たちから離れろ・・・オバさん」

キャプチャ89

??「殺ス!!」

と恒例の目芸をしたところで次回へ。

これは若くもなく年寄りでもなく絶妙な感じのヒステリックおばさんキャラ。しかし敵キャラは中々名前が出てこないですね。

最初のチャーミーの描写は必要かなとは思うけど、ユノが目立ちそうなのはよかった。ライバル()状態で影薄すぎましたからね。アスタが一度も出ないなんて今まであったかな?

しかし団長までしっかり罠にかかっちゃったんで、ちょっと格が落ちちゃいましたね。団長までこれだと、今後上の立場の描写に困りそうだけどなあ。飛ばされた先によってはアウトだったんじゃないかな、これ。飛ばされる先までは位置を設定できないのかもしれないけど。

ユノはパワーアップ魔導書のおかげのようですが、アスタ周りの紅蓮たちはどうなったんでしょう。ゾンビ使いもいるから飛ばされてないのかな。でも一応5か所で空間魔法発動してるんですよね。まだわからんかな。

しかし何度も言うけど王都の守備どうなってんだろ。普通、常駐してるような守備隊がいると思うんだけどね。王の警護を固めてるのかもしれないけど・・民ほったらかしはひどすぎるしなあ。その辺の描写が無いのが気になる。序盤にゾンビにやられてたのいたけど、それは王都の守備隊にしては弱すぎるから他にいるはずだ(きっと)

次回はやっとユノの活躍かな。しかし小物っぽい敵が多いですな。チャーミーは飯ギャグ描写だけなんですかね。裏で暗躍してる敵の尻尾を掴むみたいな役割だと思ったけど。なんかしらあるよね、きっと。

レディ・ジャスティス最終回(16話)

告知がなかったからもう数話は大丈夫。そう思ってた時期がありました。ということで唐突な最終回。

キャプチャ92

アラン・アーミティッジ博士 享年34歳

彼は紛れもなく人類史上でも屈指の天才だった。誰よりも何よりも平和を愛し戦争を憎んでいた。彼は世界でトップの発明家であり、最大手の兵器メーカーに勤めていた。

人を殺さずとも短期で戦いを終わらせられる兵器を作る為だ。そして彼は死の直前に究極の平和のための平気を造りだすことに成功した。

キャプチャ93

ピーサー。世界初の完璧な人工知能を持つロボット。先日の爆弾魔の血液から抽出したエネルギーを動力源とし、地球上に500Kgしか存在しない最も高い高度を誇る金属で造られた最強のボディを持ち、あらゆる攻撃を無効化する布で造られた表皮を持ち、数々の殺さない武器を搭載している。

キャプチャ94

その使命は世界を平和にすること。平和を乱す者を抑止すること。使命を全うする為、ピーサーは手始めにアーミティッジ博士を殺した。

ピーサー「世界の平和を乱す者・・・それ即ち人類。人類が一人として存在しない世界はどれほど平和だろうか。まずはこの最悪の犯罪都市、剛寒市の人間を一人残らず始末しよう。世界平和の礎としてはうってつけだ」

ピーサーは自らの殺傷能力を限界まで強化し、人類にとって最強の敵となった。しかし・・剛寒には彼女がいる・・・!

キャプチャ95

ピーサー「ぬぅ・・・これは不味い・・・強すぎる・・!」

キャプチャ96

天利「もうやめろ!!本当に平和を望むのならもっとやるべきことがあるはずだ・・!!」

ピーサー「いいや、すべての人類が平和の障害だ。お前もその1人!重力操作!フルパワー!」

天利には効かず、反撃食らうピーサーさん。

キャプチャ98

ピーサー「駄目だ・・・この人間には勝てない」

天利「お前には命があるように思える・・・!私にお前を殺させないでくれ・・!」

ピーサー「まさか・・・手始めのつもりであった街に、この私から見てもバケモノとしか思えない人間がいるとはな・・・もう諦めるしかあるまい・・・だが、ただでは諦めない・・・!せめてこの犯罪都市だけは消し去ってやる!」

天利「何!?」

ピーサー「自爆装置を起動した!爆発の威力は100メガトン。東京都を丸ごと焼け野原にできる威力だ。これは私の意思以外では止められない。剛寒市など跡形も残らないぞ」

キャプチャ99

天利はピーサーを掴んで空へ。

ピーサー「宇宙空間まで運ぶ気か、無駄だ。爆発まで残り10秒も無いぞ?」

天利「ならもっと速く飛ぶだけだ!!」

キャプチャ100

天利は宇宙まで飛び、そこでピーサーは爆発。

キャプチャ101キャプチャ102

この日、世界中の悪党共に知らしめたことだろう。剛寒に・・いや・・地球に!

ユースティティアありと・・・!!

キャプチャ103

天利(うぐ・・・これでは地上へ帰れない・・・どうしよう・・!私ってどれくらい息がもつのだろう・・?)

キャプチャ104

彼女は剣崎天利さん。何を隠そう彼女こそが地球を守るスーパーヒーロー。正義の女神。

レディジャスティスのロゴが出てTHE END。

天利は考えることをやめたENDでした。最終回に新キャラ博士と新キャラロボ。マリスとはなんだったのか。まあそれなりにまとめたほうかなあ・・でも話は映画のパクリなんだよなあ(´Д`)爆弾の時もそうだけど、アメリカンヒーローものがほんと好きなんだなあ・・・

こういうストーリーをほんとやりかったんですね。一話目見た読者はそういうのそこまで期待してないだろうから、その辺で読者の想いと剥離していってしまったかな。

+になんかしら載ることもなさそうですね。ここまでで2巻だからって感じで打ちきりなんでしょうね。それにしても急だったなあ。

この前話みたいな話を多くやっていれば、もう少し粘れたんじゃないかと。剣崎天利ってキャラは良かったと思う。画力があるわけじゃないけど、魅力は感じたし。

ただ他のキャラが魅力なかったですねえ。こういう漫画だからそれはそこまで必要ないんだけど、相棒役の丸藤円太の扱いがあまりに弱かった。こういう漫画で男性読者の多くが感情移入するのは主人公格の男キャラだから、もう少し扱いよくしてほしかったなと思う。

他の人も言ってるけど、やっぱもう少し女ライバルキャラやら出してきたほうがよかったと思う。エロ枠狙うぞ!っていう絶対的な意思がなかったから、しょうがないかな。シリアスストーリーが読んでてきつかったですね。これじゃない感が凄かった。

ヒーロー物がやりたい!でも普通にやってちゃ厳しいから、可愛い女の子で強いヒーローを採用したって感じでしたね。うーん、当初の期待とは違った方向になってしまったんで残念でした。

エロ枠狙うとすると、過去長く続いたのを考えても画力が必要だから、厳しいもんがあるんでしょうけどね。次の漫画に期待したいです。

キャプチャ

お疲れ様でした○┐今週の扉絵は良かったと思います。作者コメントで担当伝えに冨樫さんに褒められて今後へのやる気満々。戻ってくるってコメントはやる気が見えていいんだけど、どういう褒められ方したのか気になる。というかハンターハンターの続きをだな(´◉◞⊖◟◉`)

次の新連載は将棋漫画なんで、しばらくエロ枠狙いはないかもしれませんね。2連新連載なんでデビリーマンが終わるの確定ですかね、たぶん。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年ジャンプ2015-41、ブラッククローバー28話、レディジャスティス最終回の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/09/07(月) 22:55:15 ID:Y3NDA4NTM

    終わってしまいましたね…レディジャスティス。
    内容については言ったらきりがないので…
    一つ気になったのは、最終回だけに限った話ではないのですが、
    キャラの質感表現についてですかね。
    カラーだとスーツにちょっとした光沢感があって良い感じなのですが、
    モノクロだと最低限の色分けがされているだけで、
    質感がのっぺりしていたのかなと…。
    勿論スーツに限った話ではないのですが、お色気もウリにしようという中で、
    そういう細かい表現に力を入れるのも必要だったのかな…と。
    作者的にはアメコミヒーロー的なノリを押していきたいということで、
    エロはまあ脱がしておけばいいか…?という程度の要素だったのかもしれませんが。
    まー折角のスーツも結局は破れる為に存在しているような感じで、
    それ以上の何物でもなかったですね…。
    コミックスも買って、最終話もしっかりと読んだのですが、
    そんな感想をふと抱きました。
    作者様もジャンプの次なるエロ枠も、また頑張って欲しいですね!

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/09/08(火) 14:08:04 ID:IyNjY5Nzg

    そうですねー、カラーだとスーツ結構かっこいいんですよね。この漫画あんまトーンが使用されてないので、全体的に白くてちょっと寂しく感じる部分がありましたね。

    作者さんがどの分野で攻めてくるのかわからないですけど、頑張ってほしいですね。エロ枠狙いが次いつ来るかわかりませんが期待したいです。

  3. 名前:J: 投稿日:2015/09/10(木) 06:05:56 ID:AyMTIwMTU

    【ブラッククローバー】
     ユノ(ゆぺしさんありがとう)の活躍に期待します。
     エリートコースに乗っちゃった連中にも競争はあるはずで、これまでのストーリーでそれはものすごく陰湿な足のひっぱり合いなんだろうなと想像できます。ユノが実力を発揮するたびに孤立を深めていくのでなければアスタとのバランスが取れませんね。
     ユノが心を許せるのは最終的にはアスタだけということになるのでしょうが、その前にエリートとの友情または恋愛、そして裏切りというシークエンスはあるかなあ。作者にそこまでの思い入れがあるのかなあ。

    【レディ・ジャスティス】
     はあ。ちぐはぐなまま終わってしまいました。
     天利はどうやって帰るのか。そりゃ、深夜こっそりと、だろうが! そしてメガネ君に見つかると。雑魚キャラ紹介にページを割いていなきゃオチもつけられたのになあ。
     でも宇宙から戻れない天利は第一話の「天上に咲く究極の高嶺の花」と呼応するわけで……
     レディ・ジャスティスの一番の理解者であるはずのメガネ君のリアクションがあっさりしすぎているのがもやもやします。信頼ゆえなのか、その程度なのか。

  4. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/09/10(木) 18:45:15 ID:IzMjg0MTQ

    思い入れはどうなんですかね。主人公をとにかく優遇していくぞって感じはビンビンに伝わるんですけど。勢いで描いてる感じが強いんで、どの辺まで先のこと考えてるのかわからんですね。Jさんが言うようなとこまでは、ユノの事を考えてなさそうですけどねえ。

    味方にいいキャラ多いんでもったいないんですよねえ、この作品。主人公優遇漫画は基本好きなんで、それはいいんですけど、周りが活きたらもっといいなと思います。

    そうそう、宇宙空間までいってあんな爆発してるのに眼鏡君はなんで笑ってる感じなのかと思いました(・e・)まあ「ユースティティアありと~」ってセリフにかぶせてたから、心配な表情は合わないってことだったのかもしれないですけど。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)