週刊少年サンデー2015-45、BE BLUES~青になれ~216話、だがしかし67話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

BE BLUES~青になれ~216話

20151007131804

久米か小田「黒部先生が辞めるって本当なんですか!?なぜです!?」

コーチ「おまえら、落ちつけ」

久米「なんでこんな急に・・・」

峰コーチ「自分らもまだ理由は聞かされてない!」

20151007131817

優人「先生、この二日間学校来てなかったじゃない?関係あるのかな・・・信じられないよ・・・」

ナベケン「・・・・ああ」

加奈子「日曜最高の勝ち方して、今年はすごいチームになってきたと思ってたのに・・・・一体どうなっちゃうんだろ」

20151007131846

校長室にて黒部監督と通訳(英語の教師かも)と校長、ミルコとの話し合い。

黒部「雨の中、ご足労いただきまして恐縮です、コヴァッチさん」

ミルコ「私も詳しく伺わねばならんからね。なぜ私に監督のオファーをなさった?」

20151007131900

黒部「実は今日、退職願を出しました。個人的な理由です。日曜日、長野にある実家の父が倒れました。命に別状はなかったのですが、この先、介護が必要となるでしょう」

ミルコ「オオ・・・」

黒部「もともと母の体調があまり良くなく心配していたのですが・・・・まさか父の方が倒れました」

ミルコ「そうか、故郷に戻られるのか」

黒部「ええ。この急な事態にも家内と娘は快く了解してくれました。なによりの救いです」

ミルコ「よい家族をお持ちだ」

黒部「近い将来に、武蒼を離れることになるとは考えていました。しかしこうなった以上、早急な決断が必要です。選手権に入る前に新体制を整えないと、生徒たちの最後の挑戦の妨げになりますから・・・それでも、生徒達の気持ちを乱すことになるでしょう」

20151007131911

ミルコ「彼らなら、これもirrational(理不尽)として、乗り越えてくれるのではないですかな?家族がなにより大切・・・だが手塩にかけてきた選手達への思いも大きい。お気持ち察しますよ。ミスタークロベ!私はこの話を前向きに考えている・・・だが懸念がひとつあるのだよ!」

黒部「懸念・・・」

20151007131921

校長「ギャラ・・・ギャラですか!フハハ、そうですね、一国の代表を率いた方となれば・・・」

ミルコ「私は・・・教師ではなく、指導者なのです」

黒部「あ、いえ。高校の監督に教員資格が必要なわけでは・・・」

20151007131931

ミルコ「あなた方ブカツの教師は、フットボールを通じて人生を学ぶことに重きを置いておりませんか?私は純然たる指導者だ。チームを強くする事しか興味がないのだがいいのかね?」

黒部「私はあなたのキャリアだけでなくお人柄に触れて、お願いしました。河川敷でウチの元部員たちの面倒を見てくださいましたね。私の指からこぼれてしまった彼らが、あんなに熱心にサッカーをしていて・・・とてもありがたいと思っています」

ミルコ「なに・・・私もヒマなもんでね」

20151007132000

黒部「とはいえ勝利にしか興味が無い方が、はたして彼らの面倒を見ようと思われますか?一国の代表を務めた方には役不足な・・・小さなチームですが、あなたにお願いしたい・・・奴らを見てやってください」

20151007132015

ミルコ「強くすると約束しよう、ミスタークロベ。悪いが、君の時代よりずっとずっと強くするよ」

20151007132023

黒部「ありがとう・・・ございます」

校長「あのあのあの・・ギャラに関しては・・・」

ミルコ「ギャラならクロベと同じで構いませんよ」

校長「え・・・それですと教職員の給与ですが・・・」

ミルコ「現在無収入なのでね。いただけるだけありがたい」

話し合いが終わり、練習を終えた部員たちは学食へ。そこには黒部監督が

20151007132040

ジョージ「・・・カレー?」

黒部「おまえら、雨の中ごくろうさん。皆、悪いが家の人には食べて帰ると伝えてくれないか?たっぷり用意してもらったからな」

ジョージ「先生そんな事より・・・辞めるって本当なんですか!?」

黒部「本当だ。すまん・・・」

20151007132049

リンゴ「・・・・」
ジョージ「なんで・・・」

20151007132118

黒部「話しはあとだ。まず・・・食え!腹減ってるだろ」

黒部「食え食え!まだおかわりあるぞ!食って食って・・・強く・・・なれよ!」

ってとこで次号へ。

早めに次の監督決まりましたね、すんなりミルコでした。黒部監督は1年から先を見据えてリンゴとジョージを育ててきて、やっと戦力揃ったとこで・・ってのはあまりに無念ですね。せめて選手権の間はなんとかならなかったかなと思いますが、親が両方厳しい状態なら仕方ないですね。嫁さんだけに任せるわけにはいかないんだろうし。

プロ規定とかは高校サッカーにはないんですね。元代表監督が格安でやってくれるんだから、凄い話です。メディアで騒がれるんじゃないでしょうか。注目される分、これで活躍すれば代表に入るって感じかな。コーメイとかはこれで出番が増えそうね。九重さんはさすがに戻ってこないか。

通訳はちゃんと雇うのか、アイコがマネージャ兼通訳として入ってくるのか。まあ普通に考えて後者かな。更にヒロイン度が増し増しになりそう。

だがしかし67話

20151007132211

ヨウ「ふんふん・・・ふんふふふーん!ふんふふんふん・・・ココノツー3時だぞう!おやつ食べよお☆」

20151007132228

サヤ師「あっ・・・・どうも・・・おじゃましてます」

ヨウ「いらっしゃ・・・・あれ?ココノツは?」

サヤ師「なんか飲み物買ってくるとか言って・・・ちょっと留守番しててって・・・」

20151007132245

ヨウ「あのやろう~!店の人間じゃない人に留守番とか頼んで・・・なんかあったら・・・あっ・・・いや、今のは別にサヤちゃんを疑ったりしての発言じゃないからね!変な客が来たら心配って意味で・・・」

サヤ師「あ、はい・・・?大丈夫ッスよ・・・アタシ以外に客一人も来てないし・・」

20151007132254

サヤ師「あっいやッ、今のは別に普段から少ないとかそういう意味じゃなくてその・・・」

ヨウ「あ・・・うん・・・大丈夫・・・実際少ないし・・・」

サヤ師「あははは・・・」

ヨウ「はは・・・」

20151007132302

サヤ師&ヨウ(気まずい・・・!!)

友達の家に行ったのに友達のお父さんと二人きりになるタイミングの気まずさ。そしてその気まずさはお父さん側もまた然り。どちらも同じ人間なのだ・・・

ヨウ「あ、あー・・・・・おやつ食べる?」

サヤ師「あ、はい!いただきます・・・」

20151007132323

お菓子はチーズあられ。チーズ味の駄菓子。チーズあられと言うが厳密にはあられではない。

ヨウ「最近・・どう?ココノツは・・・」

20151007132424

サヤ師「ココナツですか?ココナツは・・・ほたるさんが来てから楽しそうですよね」

ヨウ(変な空気にしちゃったー!!ココノツのバカ!お前がハンパな態度だから・・・!!え~~と、どうやって空気良くしよう・・・・)

ヨウ「あっ、チーズあられってさあ・・・45年近く味付けもパッケージも変わってなくてさ!」

サヤ師「はぁ・・・」

20151007132435

ヨウ「結構どんな駄菓子でもちょっとずつ変わったりするもんで・・・こう・・・新しい刺激を求めることもあるけど、変わらないものって・・・安心できる帰る場所だよネ」

20151007132449

サヤ師「あーー・・・・?なるほど・・・・?」

ヨウ(全然伝わらなかった・・・)

サヤ師「あれ!?あー、すいません!すげーためになるなーって思いましたよ!」

ヨウ「まぁなんだその・・・ココノツは遠藤家と仲良くて良かったって思うわけよ。あいつあんまり外で遊ぶようなタイプでもないしさ・・・気づいたら一人でずっと絵描いてる子供だったし・・・君らくらいアクティブな友達がいて良かったよ・・・」

サヤ師「・・・おいしいですね、チーズあられ!」

ヨウ「はは、気に入った?」

サヤ師「元々チーズとか好きなんで・・・」

ヨウ「女の子らしいねぇ。あ、じゃあチーズと言えばさ・・・日本で最初に作られたチーズって平安時代に蘇って言ったんだって!」

サヤ師「そ?」

20151007132520

ヨウ「蘇るって書いて蘇って言うんだけど・・・なんでそんな大層な漢字なのかって言うと・・・薬として使われるくらい不老長寿に効くと言われていたからで・・・強精に良いとも言われていて、たくさん子供を作るために貴族が独占していたって話もあるくらいで・・」

ヨウ「あ・・・」

20151007132528

サヤ師「へ・・・」

20151007132603

ヨウ(今のって・・・事案発生(セクハラ)・・・!?大丈夫か、オレ!?自営業の男をセクハラでタイホとか言われるやつ・・・!!?)

サヤ師「へえ・・・そうなんですね・・・」

ヨウ「あ・・・うん・・・(ココノツ早く帰ってきてー!!)」

ココノツ「ただいまー。いやー、サヤちゃんごめん。ちょっと遅くなっちゃって・・・」

20151007132630

サヤ師&ヨウ「おかえり!」

ココノツ「え!?なにこの感じ!?」

ってとこで終わり。

この2人だけの絡みってなかったですねえ。セクハラはいかんな、薄い本が出てしまう。先週休んでただけあって、サヤ師の作画がよくてかなり可愛かったですね。

しかしヨウさんが来なければ部屋で二人だったわけで、ほたるさんといい、女の子と2人きりになれる状況が多すぎて、羨ましすぎるぞココノツ君。

3巻は10月16日に発売です。メジャー2ndは休載。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)