モーニング2015年45号、グラゼニ~東京ドーム編~48話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

グラゼニ~東京ドーム編~48話

過去編終わってヒジの怪我から半年(たぶん3月になるかどうか)

キャプチャ9

持田「一球さん、すっかり大きくなりましたね~。先輩今、一球さん何キロ?」

凡田「10キロだよ。ウチにきて3か月になる。赤ちゃんの時がなつかしいな~~」

凡田「じゃあ持田そろそろ行こうか」

持田「はい」

ユキ「一球さん、ママとお留守番してよ」

凡田「そんじゃ行ってくるよ、ママ」

ユキ「はーい。パパ行っちゃいまちたね~」

キャプチャ2

一球さん(それにしてもな~、なんでママのおなかはおっきくなっちゃったんだろ~な~??)

持田「先輩・・・・とうとうですね・・」

凡田「ああ・・・とうとう・・・だ。プロ野球はキャンプが始まってもうじきオープン戦・・・各球団のニュース・・・ケガで動けない時、こーゆーニュース観ると焦るんだが・・・さすがに今はそんな気持ちにはならない・・・」

病院につく。

キャプチャ3

医者「さあ・・・ギプスを外すよ・・・」

持田(そーなんです・・・今日はその日なんです・・・)

キャプチャ4

凡田「・・・・・・」
持田「・・・・・・」

医者「どこまで動く?ちょっと肘を伸ばしてみて・・・」

キャプチャ5

凡田「え・・・?」

凡田「こ、これしか・・・動かないですけど・・・」

持田(え~~~~ッ?)

医者「うん、まあこんなもんだよ」

凡田「こ、こんなもん・・・?」

医者「大丈夫、徐々に動いていくようになるから」

凡田(ホ・・・・ホント~~~~~?)

キャプチャ6

凡田「ウソだ~~~ッ。こんなのが治るの~~~!?」

持田「・・・・」

凡田(きゅ・・・急に・・・ものすごい不安が募ってきた・・・)

持田「ただいま~、一球さ~ん、お留守番しててくれたの~」

キャプチャ7

凡田「ただいま」

凡田を見た一球さんが逃げる。

凡田「あ、行っちゃった。おい、一球・・・」

持田「パパ・・・・ギプスしてないからですよ・・・」

キャプチャ8

凡田「ん!お、おい持田・・・どーしました?これ見てくれ。左の方が右に比べて細くなってる」

持田「あ~、ホントですね~」

凡田「これが五か月もギプスを着けてたってことか!」

持田「あと先輩、この五か月で何キロ太りました?」

凡田「10キロ」

持田「五か月で10キロ?太りすぎですよ」

凡田「しょーがねーだろ、汗かけねーんだから。汗かいたらギプスの中が蒸れてタマラン。この五か月ほとんど動いてねー」

持田「10キロって一球さん一匹分ですよ~」

凡田「まずい。明日から走らんと」

持田「明日じゃなくて今日からですよ」

凡田「きょ、今日はウォーキング・・・だ。よし!一球さん連れてお散歩だ。おいコラ、一球・・・パパだっちゅーの」

持田「わかった。パパがあの異様な臭いを発してないからだ!だって一球さんにとっては出会った時からですもの」

キャプチャ11

持田が一球さんのリードを持ち、凡田とウォーキング開始。

凡田「よし!今日は5キロ歩く」

凡田夏之介・・・・年が変わって自主トレの誘いもなく・・・・キャンプにも参加せず

キャプチャ12

ユキ「しょうが焼きと肉野菜おまち~~~」

おばちゃん「ユキちゃんおなかそーとー目立ってきたね。大丈夫?」

ユキ「大丈夫で~す」

キャプチャ13

凡田「5キロのウォーキング、こたえました~~」

持田「一球さんも5キロつきあわされて、すごいハーハーいってる!こんなの初めて見た」

持田「あ・・・・疲れてもう寝てる。思い出すなぁ・・・」

凡田「何を?」

持田「高1の秋、足を折って僕もギプスをしてたじゃないですか。先輩は高2」

凡田「そんなことあったっけ?」

持田「ありましたよ。あの時ウチも柴犬飼ってて・・・やたらワンコが臭いを嗅ぎにきたんです・・・。そんで一か月後にギプスとったら、ワンコがやっぱ不思議そうな顔しましてね・・・元通りなついてくれるのに、ちょっと時間がかかりましたよ」

凡田「そーいや松葉杖ついてたね、お前・・・思い出したわ・・・」

キャプチャ14

持田「あの時は・・・先輩にメーワクかけました」

凡田「はぁ?なんで?」

持田「先輩は高校の時のこと忘れちゃうんですね~~」

凡田「おお・・・覚えてねーな・・・トイレいってくる」

持田「・・・・」

キャプチャ15

凡田(忘れちゃいねーんだけどな・・・復帰までのプログラムは・・・あせらずゆっくり慎重に・・・それはそーと・・・両手を使ってションベンできる幸せ・・・)

凡田「ふう・・・う~ん、しかし・・・気がついてみると・・・ギプスを外した直後よりは動くようになってきているが・・・」

持田「・・・・(こりゃボールなんか当分投げられそうにない・・・)」

凡田「ん」

キャプチャ16

一球さんが凡田の膝の上で甘えてくる。

凡田「一球さん」

一球「パパだよね?甘えてもいいんだよね?」

4月、プロ野球開幕!

キャプチャ17

ユキ「うッ・・・生まれる!」

凡田「ママ!病院いこ!」

キャプチャ18

一球(生まれる・・って何が?)

と一球さんが思ったとこで次回へ。

うーん、結構時間飛びましたね。リハビリ部分は面白くするのは中々難しいでしょうから、ゆっくりやらなくていいんですけど、杉里がどうなったか、凡田の育成行きの反応やらが飛ばされてしまったのはちょっと残念。

さすがに杉里はそのうちわかると思いますが、北王子監督の反応とか気になってただけに残念。まあいずれそれも出ると期待して。

しかし一球さん会話に絡めてきますね。まあ今回はギプス外した時の犬の反応を話に絡めたかったんだと思うけど、あんま多いと読んでて微妙な感じです。まあ会った時からつけてあの臭いだったから、一時的に別人と判断してしまうってのは面白いですけどね。吹き出しまでついちゃってるのはなんとも。

赤ちゃんが産まれそうだから、今度は赤ちゃん絡みが多くなっていくんでしょうね。うーむ・・・それで話を稼いでいくのはほどほどにお願いしたいところです。といってももう4月まで飛んでくれたから、結構なペースで進んではくれそうかな。この状態から元に戻せるかどうかの不安と努力は想像を絶するものがあるでしょうねえ。独り身だと更にきつかっただろうから、ユキちゃんと結婚しててよかったですね。

向かった病院で待ち受けていたのは、まさかまさかのという次回へのコメントだったんで、ちょっと気になる感じ。来週を待ちたい。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)