週刊ヤングマガジン2015-48号、ハレ婚。60話、彼岸島48日後・・・53話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ハレ婚。60話

キャプチャ20

小春「ちょっと・・・出かけてくる」

ゆず「どこに?」

小春「水戸」

ゆず「水戸ぉ?・・なんか昨日から様子が変ね」

キャプチャ21

まどか「・・・お義父様から離婚を強要されてるそうです」

龍之介「!」

ゆず「はぁ!?なんでまた」

事情を聞いたらしいゆずと龍之介。小春帰宅

小春「ゆず」

ゆず「あら帰ってたの?」

小春「うん・・」

ゆず「聞いたわよ、まどかから!離婚の事。そーゆう話はちゃんと報告しなさいよね!」

小春「え・・・そのことでさ、ゆずに頼むがあるの」

キャプチャ44

ゆずにナースコスプレを渡す。

小春「これを着て・・・お父さんを元気づけてあげてほしいの」

ゆず「はぁ・・・?」

小春「こう・・・いつもの感じで、うっふ~んて・・・」

キャプチャ22

ゆず「バッッッッッカじゃないの!!?」

小春「だって言ってたんだもん!お気にのナースが辞めたって・・それで落ち込んでたから!」

ゆず「知るか。珍しくマジだと思ったらコレだ!このバカ!!」

小春「マジだもん」

ゆず「だったら自分で着ればいーっぺ!?」

小春「あたしじゃ足りないからお願いしてんじゃん!!」

まどか「私の助言・・・聞いてなかったのね」

小春「・・・・考えたよ!あたしなりに・・・でも反対される理由って世間体が悪いからとか言われてもどーしようもないじゃん!!だったら少しでも元気づけよーと・・」

キャプチャ24

まどか&ゆず「そーゆうコトじゃないっ!!」

キャプチャ25

ゆず「お義父さんはアンタの身を案じて離婚しろって言ってんだっぺ!?今更だけど!!」

小春「はい・・・」

まどか「あなたが今でも借金の為に嫌々結婚続けてると思ってるの!なぜわからないの!?」

小春「べつに今は嫌々じゃないよ」

まどか「それを一度でも言ったの?」

小春「・・・・・・・・言ってない」

ゆず「じゃあまずそれを言え。そこからだろ」

小春「そ・・・そんだけでいいの・・!?」

ゆず「知るか、バカ」

まどか「ナース服よりはマシよ」

小春「(たしかに・・・)・・・でもせっかく買ってきたんだしとりあえず試してみても・・・」

キャプチャ26

龍之介「宴でも催しますか」

小春「うたげ・・・?」

キャプチャ27

龍之介「美味い酒と肉。そしていい女たち。これ以上のクスリはないね。バカで救いようのない娘ですが・・・みんなで楽しくハッピーにハレ婚してるんですよーってお義父さんに伝わればいいのさ、よーするに。百聞は一見にしかず・・・ってね。市長たちも集めて親族でパーっと」

ゆず「あら、いいわね」

まどか「龍之介さんが言うなら協力します」

ゆず「なに作ろうかしら~」

小春「ごめん・・・せっかくだけど」

ゆず「はっ!?」

小春「あー・・・気持ちは嬉しいんだけどその・・・お父さん酒癖悪いしさー・・・」

ゆず「別にいいじゃない!あたしのパパだって泣き上戸よ!」

小春「でもぉ・・・空気悪くなるし・・・」

ゆず「なんなのアンタ!」

キャプチャ28

龍之介「なに隠してるの?」

小春「!」

龍之介「なんで?チカラになってあげたいけど、隠し事は嫌だな。僕たちが信用できないの?」

小春「・・・そうじゃない、けど、なんか・・言いたくなかったの・・・実はお父さん・・・」

キャプチャ29

ちゃんと言ってくれようとしてる事を確認して、キスで口封じ。

龍之介「知ってた。安心させてあげなくちゃね。じゃー、酒はナシ!」

ゆず「えー!?じゃあなに・・お茶会的な?」

龍之介「うーん、どーせならみんなで楽しめる何か・・・お義父さん趣味とかないの?」

キャプチャ31

小春「・・・・ん・・・?」

龍之介「趣味」

小春「ん・・・ああ・・・女、珈琲・・パチンコ。あと釣り・・・?」

キャプチャ32

釣りで楽しませる作戦へってとこで次回へ。

動揺があるからしょうがないとはいえ、小春のあほっぷりにイライラするとこをまどかとゆずが言ってくれて、男性目線からすると、口づけはちょっとうわっとなりましたが、龍之介の優しさで救われてって感じでしたね。龍之介は様子がおかしい事に気づいて直子さんにでも聞いたのかな。

女性読者ならかなり好感持てる展開だったのかなと思う。龍之介はよりかっこよく見えるだろうし。今はほんと女性読者向けの漫画になってるかなと思う。以前よりは各キャラに好感は持てるようにはなったが、感情移入するのはもはや難しい。

あんまりしんみりしたくないんだけど、確実に亡くなる日は来るからなあ。まあその日が小春が完全に家族になる日なのかもしれない。

しかし話を伸ばすのはどう考えても限界があるね。でも中途半端なままで気になってるまどかとゆずと龍之介の過去話はやってもらわないと困るから頼むよー。

彼岸島48日後・・・53話

キャプチャ33

邪鬼の触角を塔の内部で固定して動けなくさせた明さん。

西山「ちくしょう、動けねぇ!触角がすべて塔の内側に固定されちまった!!」

岩田「行け明さん!!とどめだ!!」

「邪鬼は固定した。あとはユキの部分を斬るだけ・・・」

キャプチャ34

明はユキが狙える場所へ。

(サヨナラ、ユキ)

キャプチャ35

西山「やめろ!!やめてくれ。お願いだ、明!!ユキを傷つけないでくれ!!ユキを失ったらもう俺は、どうやって生きていいかわからない。ユキは俺の唯一の生きがいなんだ!!」

必死の声に構わず明はユキめがけて飛ぶ。

西山「やめてくれ!!やめてくれェェ!!」

キャプチャ36

「ああああああ(ユキ、君は俺のただ一人の心を捧げた女だった)」

キャプチャ37キャプチャ38

ユキの部分を斬る明さん。

ユキを斬られた邪鬼は声を上げて落ちていく。

キャプチャ40

触手で固定されてた為、城にはまってた塔が引っ張り出される。

キャプチャ41

最後は地上に墓標のようにたつ。

キャプチャ42

「さよなら、ユキ。よく眠れ」

キャプチャ43

対ユキ邪鬼戦終了?ってとこで次回へ。

西山は特にまともな策もなくあっさり。以前のように爆弾とか作ってれば最強なのに。引き延ばされた割に倒すのがあっさり感があってなんだかなと。まあでも話が進むほうが重要なのでよかったです。

後はこれがユキなのかってことですね。ユキだとしたら、こんな何もしゃべらず死んでいいのかという気がするけど。ナナならナナだって斬られる前に言う気がするしなあ・・・ユキだと思い込ませたとかそういうのが一番可能性高いのかな。

まあさすがに次から経緯の話になるんだろうから、次回を楽しみにしたい。と思ったがまだ西山が悪あがきパターンはあるか・・・

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)