モーニング2015年48号、グラゼニ~東京ドーム編~51話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

グラゼニ~東京ドーム編~51話

キャプチャ1

時は進み7月。神奈川県川崎市モップス球場。

練習再開でキャッチボールから始める凡田。

「さあそんじゃいってみましょう、夏之介さん」

キャプチャ2

5メートル間隔でキャッチボールを続ける。

グラウンドの育成組の練習を横目に見て

キャプチャ4

凡田(コイツらは育成組。ひたすら基礎体力の練習だ。おれも育成組と言えばそうなんだが、まったく別メニューでこんなことをやってます)

育成組もキャッチボールを始める。

キャプチャ5

凡田(今はコイツらの方がよっぽど速いタマを投げる。当たり前の話しではありますが・・・)

育成の選手(このオッサン・・・こんなんで復帰できんの?)

キャプチャ6

凡田「ん!君・・・今何か思った?」

育成の選手「え?いや別に・・・」

コイツらは練習が終わると・・・寮に帰って・・・たらふくメシを食って、個人練習して・・・部屋でゲーム!

おれはマイカーでウチに帰ると高級マンション(家賃40万円)。ワンちゃんのお出迎え。ハッキリ言って広いリビングです。

凡田「ただいま」

キャプチャ7

ユキ母「おかえりなさい、パパ。キンちゃん、パパ帰ってきまちたよ」

この人は奥さんのお母さんです。つまり義理の母

凡田「金太郎・・・」

ウチは奥さんが働いているので大阪の実家から出張してきてもらってるのです

ユキ母「ねぇ、パパ気がつかない?」

キャプチャ8

凡田「へ?あ、最近そうじゃないのかな?って思ってたけど・・・金太郎完全に首がすわってる!」

凡田「キンちゃ~ん、やったじゃないのよー」

凡田(奥さんが働いてるのでこの時間は義理の母と二人っきり。ちょっと気まずくもあるんで・・・)

凡田「あ、あの・・・」

ユキ母「はい?」

凡田「ユキの店にいって晩御飯にしましょっか」

ユキ母「そ、そーね。そーしよっか、キンちゃん」

ユキの店へ。

キャプチャ9

おばさん「わ~、キンちゃん、いらっしゃーい。あらまー、首が完全にすわったのね~。キンちゃん、うちの子になりまちゅか?」

自作自演おばさん「うん」

ユキ母(も~このおかみさん会うと毎回こればっかり)

おばさん「そーだ!キンちゃんもゴハンにしたら。ねぇユキちゃん」

ユキ「え、そんじゃスイマセン」

ユキ母「じゃああたし達は定職を・・・晩ゴハンの手間が省けたわ」

ユキ(それにしてもキンちゃんすごい勢いで大きくなるな~、さすがプロ野球選手の息子)

ユキ母「ホントここの定食はオイシーわよねー」

凡田(おれは寮のアイツらと比べたら全然違う生活を送っている。同じ育成という身分なのに・・)

キャプチャ10

あくる日、持田と金太郎と共に犬の散歩中。

持田「ペナントレースは名古屋ワイルドワンズが走ってますね」

凡田「ああ・・・・去年2位からクライマックスを勝ち上がり日本シリーズも制した。そして今シーズンも首位を独走。北王子さんもカントクになって3年目、やっとチームが軌道にのってきたな・・・」

凡田「ウチは今2位・・・ゲーム差は5と離されちゃいるが、まだまだ全然逆転できる。みんな闘っているのに・・・おれは・・・犬の散歩」

持田「へ?先輩・・・今はまったくあせる必要ないんですからね」

凡田「あせっちゃいねーよ、あせりようがない。あんなキャッチボールしかできねーんだからよ。ただ確実に回復をしてきている。それは自分でもわかるのよ」

持田「ドクターもいい経過だって言ってますよね。僕もシロートながらそれがわかるんで、日々期待感は高まってます。おっとあせっちゃいけないんですが」

キャプチャ220

しかし凡田は神妙な表情。

持田「それはそーと先輩・・・キンちゃんの金太郎ってのは先輩がつけたわけですよね?その由来は・・?」

凡田「そりゃオメ・・・おれのムスコだからよ・・・カネが稼げますよーにってことだよ」

持田「へ~・・・じゃあやっぱ夢はプロ野球選手っスか?」

凡田「別にプロ野球選手じゃなくたっていいよ」

キャプチャ11

夏之介のキャッチボールの距離は・・・日に日に延びてくる。そして秋・・・今シーズンは名古屋ワイルドワンズが一位になった。そしてCSも制し日本シリーズへ・・・

キャプチャ12

日本シリーズも制し・・・なんとワイルドワンズ2年連続日本一!北王子カントクの黄金時代が到来か・・?

一方金太郎は・・・すくすく育ち・・・

キャプチャ13

持田「こりゃ今寝返りうとーとしてるんじゃないんスか?」

凡田「寝返りうつ瞬間はビデオに収めたいもんだね。おおー、泣きながらがんばっとる」

持田(先輩・・・肘は確実に戻ってきてるんだけど・・・体のしまりがなかなか戻ってこない)

凡田「がんばれがんばれキンちゃん」

キャプチャ14

持田(この秋にきてあらためて感じるのだが・・・正直先輩には・・緊張感がない!)

金太郎寝返り成功。

ユキ母「やった~」
凡田「バンザ~~イ」

凡田「ママが帰ってきたらこのビデオ見せてあげよ~」

キャプチャ16

凡田(おれは・・・・緩んでいる。3年で2億4千万もらえることは決定してるんだ。アイツらと違って大金持ちなんだから・・・来年うまくいかなくたっていいじゃないか!)

ってとこで次回へ。

思った以上に月日が飛びましたね。これは辺見監督解任により約束が駄目になるフラグが立ちまくりですね。もともとそうだろうとほとんどの人が怪しんでただろうけど。

お金の面のゆるみがかなりあったんで、流石に放出はないだろうけど、給料の点が守られない感じかな。複数年もなくなって・・・自分より下の育成選手を見て優越感と安心感をもってた凡田もそれで緊張感がやっと出ると。

1億に線引きしてる感じがするので、そこまではいかないとして、故障前の8000万とかになるのかな。さすがに育成の4000万からちょっとあげたくらいだったら鬼すぎるし・・・

ダーティさんに頑張ってほしいとこだけど、契約書かわしてないんだしやりようがないよね。どの辺で折り合いつくのかが楽しみではある。

しかし犬の話に時間使うなら、リハビリ中のシーズンの様子をもう少しじっくりやって、他の選手の動向を見たかったな。杉里もどうなったかいまだにわからないし、辺見監督や杉浦コーチの苦悩とか、則川のシーズン中の様子とか、その辺ももう少し時間使ってもよかったかなと。まあそれが長くなっても凡田の話しを進めろとじれてくるだろうから難しいとこではあるかな。

リハビリもう少しじっくりやるかなと思ったけど、予想外でしたね。その分、早めに展開しそうなんで結果面白くなればいいですね。

二人の両親出なさすぎだったけど、やっとユキちゃんの母は出てきましたね。しかし凡田は義理の母の前であんな恰好で出ていくのはちょっとどうなのか。

やっと話しが動いて気になるとこですが次回は休載(´Д`)宇宙兄弟もないから次号は買わないでいいかな。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)