ヤングアニマル2015-23号、ベルセルク342話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ベルセルク342話

今回からガッツ編

20151127103112

イシドロ「見えた!」

パック「おおゥ、いとしき我が故郷よ」

イシドロ「あれかっ!妖精地獄(エルフ・ヘル)スケリグ島」

イシドロ「しゃー!錨下ろせェ!総員上陸よーい!」

20151127103123

ガッツ「・・・・何とか、五体満足で辿り着いたか」

ロデリック 「五体満足って何だっけな?」

マニフィコ 「フフ・・・金脈の匂いがする」

ガッツ「感謝してるぜ船長。海賊に幽霊船に海の怪物、おまけに人魚・・・退屈しない船旅だった」

イバレラ「ちょっとちょっとォー!礼を言うならこっちが先じゃないの?誰のおかげで・・・」

シールケ「イバレラ!」

20151127103134

ガッツ「だな。お前らが居なけりゃ正直どうなってたか・・・オレにできることは敵をブッた斬ることだけだ。傷を治すことも、戦いながらキャスカの面倒見るのも、オレには無理な芸当だ。礼を言わせてもらうぜ」

イバレラ「そー素直に返されると、ナエルワネー」

小さい船降ろして、上陸へ

20151127103145

イシドロ「出発ァァっ!」

イスマ「おー!」

シールケ「落ちますよ」

パック「やー、我が古里。なつかしー」

イシドロ「パック。おまえどーして島出たんだ?」

イバレラ「ん?そう言えば聞いてなかったわね」

パック「知りたい?」

イバレラ「べつにー」

イシドロ「まーどーでもいーけど」

20151127103203

パック「それでは今こそ語ろう。妖精勇者パックの旅立ちの物語を。その日、私は島の平和を脅かす海鳥のボス、怪鳥アルバトロスの字を持つカモメのジョナさんと戦っていた」

イバレラ「ちょ、だれよ!?」

イシドロ「なんか始まった」

パック「陸・海・空でお互いの種族のプライドを賭けて、死闘はいつ果てる事なく続いた。やがて腹がへり飽きがきたので、強敵と書いてトモとなったオレは、ジョナさんの背に乗り家路についた。その途上、悲劇は起きた」

2015112710321120151127103222

パックはジョナさんの上で寝てしまい、さらに寝小便をした末に怒られて捨てられ船の上に落ちるのであった。

パック「若者は旅に出る。人生という未知なる大海原へ。ベルセルクプロローグ編でした」

イバレラ「ほんと・・・」

イシドロ「どーでもいー」

20151127103252

そしてあっさり島に上陸

イシドロ「おっしゃー!上陸一番乗りィー!」

20151127103238

イスマ母「私たちはしばらく島の入江に留まります。イスマこれを」

イスマ母「その貝に囁けば私に声が届きます。耳に当てれば声を聞くことも・・・何かあったならお使いなさい。妖精の世界では人として暮らして来たあなたにとって、不思議なことが沢山あるでしょう。気を付けていってらっしゃい」

イスマ「うん」

イスマ母「あなた方にも一つお伝えしておくことが。この島では外界との時の流れが異なります」

イシドロ「時の流れェ?」

シールケ「・・・もしかしてあれですか。妖精に誘われて妖精郷に迷い込んだ子供が時を忘れ、楽しく過ごし家に帰ってみるとなんと、人間世界では数十年の時がたっていたと言うおとぎ話・・・」

イシドロ「あー、聞いたことあんなそれ」

ロデリック「それじゃシーホース号とオレ達の間の時間も・・・?」

イスマ母「入江の内ならば時の流れは同じです。ですが・・・あまりに永きに渡る御逗留はお勧めできません。ここに留まり続けると言う事は外界との断絶を意味しますので」

イシドロ「おまえ知ってたのか、それ?」

パック「・・・・」

イバレラ「知らなかったのね」

ファルネーゼ「・・・あのガッツさん」

ガッツ「・・・ん?」

20151127103303

ファルネーゼ「・・・あ、いえ・・・(キャスカさんを送り届けた後、あなたは・・・・)」

ファルネーゼ「あなたも同行されるのですか?副団・・・お髭の騎士」

アザン「腕を見込まれてな、護衛を任された」

パック「オレの命をかけた一代大冒険叙事詩も、ここではまたたく間のできごとだったと言うことか・・・なんか納得いかね~!」

イバレラ「人生とは一夜の夢のごとし」

マニフィコ「それよりもパック殿」

パック「ん?なぁに?マニ彦さん」

マニフィコ「例の件への協力よろしく頼みましたぞ」

パック「??」

マニフィコ「とぼけちゃって、ほら!お主を王座につける代わりにこの私に協力すると・・・

パック「・・・・あ」

イバレラ「忘れてたわね」

イシドロ「忘れてたな」

20151127103315

マニフィコ「よろしく頼みますぞ」

パック「よきにはからえ」

イバレラ「絶対痛い目見るわね」

イシドロ「だな」

20151127103323

少し歩くと妙な石がごろごろあるとこに着く

イシドロ「なんだこりゃ?石?墓石か?」

セルピコ「この紋様。以前何処かで・・・」

シールケ(これは・・・)

イバレラ「シールケ、これってもしかして」

イシドロ「けっ!かまうこたねえ!とっととこんな丘突破すんぞ!」

イスマ&パック&シールケ&イバレラ「あ」

シールケ「ちょ、また考えなしに・・・」

イシドロ「墓場が怖くて死霊の相手ができるかよ!」

20151127103332

しかし石の間でぐるぐるしたあげく戻ってくる。

イバレラ「戻ってきた」

パック「おかえりなさい」

イシドロ「あで?な、なんだ?戻っちまった!?直進したはずなのに?呪いか!?おい、どうなってんだ、パック!?」

パック「さあ?前はこんなの無かったぞ」

シールケ「恐らく、あの世界が変革した日以後造られたのでしょう。これは島に立ち入る者を迷わせ送り返すための結界です」

シールケ「妖精や妖術師の住まうこの島は、本来幽界に在るはずのもの。それがあの日を境に現世と重なってしまった。そのため現世の人間の到来を嫌う島の住人達がこの陣を築いたのでしょう。闇雲に進んでも元の場所に戻されるだけです」

イシドロ「んじゃどーすんだよ!?」ここまで来て立ち往生か?」

シールケ「大丈夫。パックさん」

パック「ん?」

20151127103351

パックの体に糸をつなぐ

シールケ「それではお願いします」

パック「・・・と言われましても」

シールケ「大丈夫。元々この島の住人であるあなたには、この結界は効かないはずです」

イバレラ「とっとと道案内するのよ」

イシドロ「こんなんで何とかなるのかァ?」

シールケ「皆さんその糸を離さないで下さいね」

イバレラ「ほら!キリキリ行きなさぁい♪」

パック「ほんとかなぁ」

適当に進んでいくパック

イバレラ「ちょっとあんた!てきとーに飛んでんじゃないの!?」

マニフィコ「これぞまさに金蔓」

セルピコ「なんだかずいぶんと間抜けな絵面ですねェ」

ガッツ「ま、あいつの故郷らしいっちゃらしいけどな」

イスマ「なんか楽しーな、これ!」

20151127103429

妖精島の妖術師らしき人達「・・・また来たわ、人間共」「海賊かな」「問題無いわ、只の人間があの結界を抜けられるはずないもの」

しかしあっさり石のエリアを抜ける。

イシドロ「どうやら抜けたようだな、でかしたパック!」

シールケ「ご苦労さま」

パック「フン。地もピーなら当然ね」

妖精島の妖術師らしき人達「あの人達、結界抜けちゃったよ!?」「だ、だめじゃない!どう言うこと!?」「大丈夫、まだスケアクロウがあるわ。あれを見れば脅えて逃げ出すはず・・・!

20151127103524

イシドロ「さあ、お次はなんだ?って畑?」

イシドロ「カボチャ畑か・・・」

イスマ「すっげェー!実がぎっしり!食べられるのか、これ!?」

シールケ「・・・いけない」

イバレラ「どしたの?」

ガッツ「・・・只の畑じゃねェな」

イシドロ「しかしやたらとカカシが多いな」

パック「近づくと危ないぞ」

イシドロ「あん?」

パック「思い出したんだけどー、この畑、魔法の畑だから勝手に作物に触れたりすると・・・」

シールケ「皆さん!畑から出て・・・!」

20151127103537

パック「襲ってきます」

カカシが動き出す。

イシドロ「んだァー!!どっかであったな!このパターン!?」

20151127103549

逃げるイシドロ。追いかけてくるカカシをガッツが斬り捨てる。

ガッツ「ちったァ、学べ」

イシドロ「うェへへへ・・・」

20151127103605

カカシさんと戦闘ですよってとこで次回へ

ガッツ編に移行してくれて、すんなり念願の妖精島についたどー。ガッツたちの時間じゃ数か月くらいだろうけど、読者的にはかなり長かったねー(;´∀`)なんかバリアやら上陸を阻む者がいて、上陸に時間かけるかなと思ったけど、そこまではあっさりでしたね。

上陸してからはさすがにありましたが、上陸するまでにまた時間かけられるとちょっと辛いんで、辿りついてからの妨害で良かったですね。辿り着いたときはここまで長かったので、なんかゴール的な感じの満足感というか達成感みたいなのがありました。

こっから妖精王がいるとこまでどんくらいかけるかなと言うとこですが・・・あんまり時間かからず着くといいですね。辿りついてからキャスカが元に戻るかどうか、ガッツの身の振り方やら他のキャラの動向、グリフィスに対抗するための手段の提示やらなんやらでかなり話使うでしょうからね。

しかし久々にガッツ編になったけど、賑やかなパーティになったもんだなと感じました。パックが島を離れた理由が、パックらしいけどしょぼかったですね(´∀`)この後、旅芸人一座に拾われて~冒頭につながるでいいのかな。

まだまだ先に描くものを考えると長いんだけど、リッケルトたちで戦力増強のめどが立ち、ガッツたちも妖精島について、ようやく終わりが少し見えてきてるかなと思います。新生鷹の団との決戦へ向けて準備が進んでるなと。

まあ他の4人のゴッドハンドやらをどう扱っていくかで大分長さが変わりそうかな。過去掘り下げてちゃんと倒していくなら時間すごいかかりそう。その場合は髑髏の騎士さんが活躍してくれるとは思うけど。

次回は12月25日発売の2016年1号で掲載予定。

スポンサーリンク



                  

『ヤングアニマル2015-23号、ベルセルク342話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:ついに!: 投稿日:2015/11/27(金) 13:38:07 ID:MyMjMxODc

    安定的に連載が見れる、気付いたらそれだけで幸福感が得られるほど三浦先生に飼い慣らされてしまいましたよ!

    ガッツのコメントにはこちらもなんか感無量なものが。でも着いたけどそれでどうするかですよね~。旅の動機も取り敢えずキャスカに安住の地をってだけでしたから。時間軸違うならキャスカ置いてきぼりにして離れたら強制的にお別れですよね。

    復讐を諦めるのか向こうから攻めてくるのか。グリフィスは霊樹の森を襲撃させたりと魔術師を警戒してましたからね。ダイバは下宿させてたけどw

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/11/27(金) 19:53:04 ID:U1MzQyNDg

    時間軸が違うってところがどんくらい関わってくるかですねえ。あんまいるとリッケルトたちやグリフィスたちの時は進んでいっちゃうわけですし・・・キャスカは確かに置いて行ってしまうとそうなっちゃいますね。元に戻すかどうするか問われると思うんですけど、その選択次第ですかね。

    フローラへの警戒を考えると時期に来そうな気もしますね。一度妖精島で戦闘になって、決着つけるためにファルコニアに~ってなるかどうか。

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/11/28(土) 10:18:55 ID:k1NjU0MjQ

    やっとだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!(大満足!!!)

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/11/29(日) 01:56:23 ID:A2ODkyNTU

    時間の感覚が外と違うって設定ロストチルドレン編のピーカフの話にもあったな。よく作者は覚えてたもんだ。

  5. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/11/29(日) 02:05:32 ID:A2ODkyNTU

    時間の感覚なんてシールケと烙印刻まれた人間二人もいるんだし気にする必要ないでしょ(適当)

  6. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/11/30(月) 06:47:38 ID:Q5NDc2MjU

    島を出たら数年経過してて、ファルコニアとリッケルトのレジスタンスチームの関係性が進展してて、ガッツとリッケルトと合流後に回想で説明って言う方法が読者にとっては望ましいんじゃね。

  7. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/11/30(月) 11:08:19 ID:E2Nzk2ODM

    確かに数年たってて、リッケルトの方の戦力が増強されてて~って方がすんなり進める気がしますね~。

  8. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/11/30(月) 11:17:40 ID:c1NjEzMDk

    ガッツはグリフィスに対する絶対的なアンチテーゼを貫いたから、ガッツのベヘリット使ってリッケルトがエリカ捧げる展開ありそう

  9. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/12/02(水) 03:16:08 ID:c1NjE4OTc

    こんなに仲間増やして団体になるなら霧の谷のジルも仲間でよかったじゃん。
    まっその後にあっさりあの世逝きかもだけどw

  10. 名前:金本監督: 投稿日:2015/12/02(水) 22:02:34 ID:gwNTI3ODM

    今回も面白かった!
    投稿解説ありがとう!

  11. 名前:です。: 投稿日:2015/12/06(日) 02:49:13 ID:MwMTk3Nzk

    いいねぇ〜‼️

  12. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/12/11(金) 20:57:12 ID:Q5ODk4ODg

    つまり、パックはかなり老けたことになるのかな?妖精だから関係無いか。

    38巻いつ出るかな?

  13. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/12/12(土) 14:31:08 ID:Q4Mjc1NTc

    だいたい9~11話分が単行本だったと思うので、1月の掲載で確実に話数足りる感じかな?単行本作業の時間によりますが3月くらいですかねえ。

  14. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/12/12(土) 20:49:18 ID:cyMzcxODA

    ゆぺおさん

    3月ですか?ありがとうございます。前回は狂戦士figmaが付いてたので、今回も何かつかないかな?

  15. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/12/16(水) 14:39:10 ID:MwMjE0NzE

    話数からの勝手な予想なので全然違う発売月になったら申し訳ありません(;´∀`)

    限定盤のあれですかー、クオリティ高くて評判よかったですね。2巻連続はどうですかねえ。期間空いたからなくはないのかな。

  16. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/12/22(火) 14:53:16 ID:EzNDkzNzc

    約20年前に読んだ漫画がまだやってるのか。
    すげぇなぁ。ファンもよく黙ってるもんだ。

  17. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/12/23(水) 08:07:08 ID:kxODMxOTA

    どんなに期間が空いても続いてる限り読まなきゃ気がすまない。俺の人生観に大きな影響を与えてくれた大切な漫画だから最後まで読み続けます。

    • 名前:名無しさん: 投稿日:2015/12/23(水) 10:00:05 ID:gwNDIzODc

      全くもって同意だわ

  18. 名前:名無し: 投稿日:2015/12/25(金) 01:39:33 ID:cxMTU5MzM

    もうYahoo!ニュースでアニメ化の記事が出てますね。早い。
    ビジネスを感じますね。
    しかし、まあ喜びましょう。

  19. 名前:ゆぺお: 投稿日:2015/12/25(金) 05:52:41 ID:E0NTc3NzY

    ここにきてのアニメ化は嬉しいですね。クオリティが満足いくものになるといいんですが。

  20. 名前:名無しさん: 投稿日:2015/12/26(土) 00:49:03 ID:g2OTkyNzA

    38巻はフェムトfigma込みだったりして!ゴッドハンドは一応すべてfigmaになる噂だよ。

  21. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/01/05(火) 01:03:31 ID:I0MjU2OTM

    新暗行御支に先手打たれてから右往左往だね
    結局同じ道辿るよ
    キャラ色々だして掘り出して敵の攻撃で9割の主要キャラが消える
    主人公は相打ちでくたばってイシドロが旅に出る話で終わる

  22. 名前:名無し: 投稿日:2016/01/06(水) 00:32:32 ID:A5MjE1MDY

    ガッツがベルセルクじゃなくてディズニーのいかついお兄さんみたいに言われたりしたが、船に乗って人魚に案内されて女子供多数の集団で妖精の国目指してたなんて状況じゃ一部納得だった。
    これからどうなるだろ?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)