週刊ヤングマガジン2015-53号、西尾維新×はっとりみつるの新連載 少女不十分1話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

少女不十分1話

キャプチャ44

西尾維新さんの小説をはっとりみつるさんがコミカライズ化したもの。主人公は大学生の男の子。

これは物語ではない 出来事であり事件だ

キャプチャ45

これは作家志望のとある若者の話だ。彼はどこにでもいる若者だったろう。文章を書くのは早かったけれど、それだけの男だった。

当時大学生だった彼はレポートや論文の試験を何より得意としていたし、更に振り返れば彼は昔から国語の授業やらで、作文を書くときは常にクラスで一番早く書きあげていた。

ものを書くのが得意なだけの若者。

キャプチャ46

逆に言えば決して小説を書くのが得意だったわけではなく、だから、どんなにあっちこっちの賞に応募したところで、どこからも色より返事はもらえていなかった。

この時点でもう何社かの編集者と会ったこともあったのだが、残念ながらそれが実を結ぶことはなかった。対人スキルがあればあるいは、そういう絶好の機会を逃さないのだろうが・・・

僕を見込みなしとしたあの編集者たちの判断は正しかった。

当時はもちろんどうしてこの面白さがわからないだなんて、生意気なことを思ってはいたけれど、今から思えば色んなものが欠けていたし、そこにつぶれるはずもない目をつぶったとしても、やはりどことなく、それらの小説(らしきもの)には輝きがなかったように思う。

作家の小説ではなく、作家志望者の小説だった。

では作家と作家志望者の違いはどこにあるのかと言われたら、物語を作っているかどうかという点にあるのだと僕は思っている。

作家は物語を作る。が、作家志望者は嘘をついているだけなのだ。当時の僕はただの嘘つき、ただのほら吹きに過ぎなかった。

キャプチャ49

だから僕はあの出来事がなければ本当に何にもなることができなかっただろう

キャプチャ50

だから僕はあの子に感謝しなければならないのだと思う。あの子に、あの少女に

自転車での帰り道、目の前に小学生の女の子2人がゲームしながら歩いており

キャプチャ51

トラックに轢かれる。

主人公(ふたりとも轢かれ、いや・・・ひとり・・・ひとり無事だ・・・)

キャプチャ53

頬とランドセルに血をつけた女の子は普通に歩いていたが、隣の女の子がいないので周りを見渡し、後ろの事故現場を見ると、一瞬目を見開いて口を開けるが

声を出す前にやっていたゲームを操作する。

キャプチャ54

主人公(えっ、なん・・・で・・・?友達がすぐ自分の後ろで死んだというのに?)

キャプチャ55

女の子はゲームの電源をオフにし、ランドセルにしまってから

死んだ女の子もとへ行き泣き叫ぶ。

キャプチャ56

主人公(・・・見てしまった・・・あの子・・・プレイしていたゲームを・・・ちゃんと・・・セーブしてから、友達のところに・・・・ッ!!)

これがUと僕との出会いである

キャプチャ57

主人公は心臓の鼓動が早くなる中、その場を後にする。

その後ろでは不気味に彼を見つける少女の姿が

キャプチャ58

僕は見てしまった・・・そして彼女はみていた

ってとこで次回へ。

んー、最初の方はいかにも小説のコミカライズって感じの導入でした。小説の雰囲気を崩さずに表現しようって感じがうかがえるかな。

まだ何とも言えないけど、ちょっとホラーチックというか不気味な感じなんですかねえ。ゲームのセーブをしてから~っていうのが、異様さをうまく出してましたね。

この子と出会って起こる出来事を小説の題材にしていくのかな?代わりに呪われるというか憑りつかれる的な感じですかね?西尾さんだし、あんま単純なものではないんだろうけど。

まあ西尾さんの作品は物語シリーズやめだかボックスぐらいしかまともに読んだことないんですけども。

小説何巻ぐらい出てるのかなと調べたけど、単巻ものみたいですね。そうなるとすぐに終わってしまうのかな?漫画ではもっと続けていく感じになるのか。

どうやら小説は一週間の物語らしく、一冊だからこその面白さというか凝縮したよさがあると思うんで、わざわざそれを崩しはしないかな。引き伸ばし要素がなくて、すんなり終わる作品は結構好きなので、そうなるといいかな。

まあそうなると何巻も続いて、雑誌を引っ張っていくっていうのはできないんでしょうけど、このコンビだと単行本は売れるでしょうし、一時的に雑誌の売り上げにも貢献するだろうから、それだけでも十分でしょうね。

今回はほんと導入部なんで、次回から少女がどう動いて彼がどうなっていくか楽しみにしたい。

ヤンマガサードでも西尾さんの作品をコミカライズするみたいなんで、講談社さんから出た小説をどんどん漫画化していくんですかねえ。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2015-53号、西尾維新×はっとりみつるの新連載 少女不十分1話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:クマー: 投稿日:2016/02/01(月) 20:55:03 ID:I0MjY0NTA

    小説版読んだ俺、先を知ってるので驚きが足りない

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/02/01(月) 22:40:06 ID:MwNjg4MjA

    あ~、こういう作品は先知ってしまうとね(;´∀`)

  3. 名前:あほか: 投稿日:2016/04/25(月) 14:33:42 ID:M1MTA0ODU

    ヤンマガは毎週買ってるけど
    こんな糞漫画を楽しみしてる人々の感性が信じられんわ。

    なんだこの説得力のないストーリーに
    稚拙な言葉繋ぎは。

    ゴミだ、こんなもん。

  4. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/25(月) 17:36:14 ID:g4MjkwMDM

    まあ1話時点の感想なので・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)