ジャンプSQ.2016-01号、プラチナエンド2話感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

プラチナエンド2話

キャプチャ26

明日君、ビジネスホテルで眠る。

叔母を自殺させた事への罪悪感がある明日は、悪夢を見る。

キャプチャ

夢で包丁で襲われそうになったとこで叫んで目覚める。

キャプチャ2

ナッセ「もう起きちゃった?1時間も寝てないよ。怖い夢でも見た?」

明日「いや・・・大丈夫・・・」

明日(生きてる・・・)

ナッセ「・・・・ねえ、明日くん。あれから三日、何考えてるの?」

明日「・・・・」

ナッセ「このホテルの人に矢を一度刺したきり翼も矢も使ってないじゃない。叔母さんは自殺って叔父さんがしたみたいだし、心配ないよ。外に出て翼や矢を使って幸せになって」

キャプチャ3

明日はポケットからお金を出し

明日「俺は今これしかお金を持ってない。実際矢の力でここに泊まってる。ナッセは翼を使えば何でも盗める、矢を使えば心をコントロールできる。そう言ったよな」

ナッセ「うん」

明日「でも盗んだ物、騙したとったもので幸せは感じられない。感じられたらそれは悪人だろ。翼も矢もどう使うかちゃんと考えなきゃ」

キャプチャ5

明日「母さんがよく言ってた。人は誰しも幸せになる為に生まれ、人は誰しもより幸せになる為に生きている。そして自分が幸せでなければ人の幸せを素直に喜べない。逆に皆が幸せでなければ自分だけ幸せでも素直に喜べない。そう思わない?って」

ナッセ「皆が幸せになるかあ・・・・いいお母さんだね・・・人の不幸を天秤にかけて幸せ感じる人もいるのに・・・翼や矢で欲しいものを手に入れる。人間はそれで喜ぶと思ってた」

ナッセ「それに神様になれば全部自由に使えてもっといいと思ってたのに」

明日「!神って・・・」

ナッセ「あ、ちゃんと言ってなかったっけ?ごめん、明日くんの自殺を止めるのに夢中だったからだ。あのね・・・」

明日「13人の中から神を決める?」

ナッセ「うん、今地上には13人の神候補がいて、それぞれ天使がついてるの。そして翼や矢が与えられて好きなように使ってよくって、その中から一番ふさわしい人を選ぶの。だからそのうち他の神候補に会う事になると思うよ」

明日「ハハ」

ナッセ「うそじゃないよ」

明日「ああ・・・いや・・・天使がいるくらいだ。神も存在するんだろうけど、話がでかすぎ。自分のことで精一杯な俺が、神なんてなる気もなれるわけもない」

ナッセ「でも神様が他の人に決まったら翼も矢も没収されちゃうよ」

明日「そうなんだ・・・」

ナッセ「そうなんだって・・・明日くん幸せになりたくないの?」

明日「幸せ・・・俺は普通の幸せでいい」

ナッセ「・・・・フツウノ・・・シアワセ?」

キャプチャ7

明日「うん・・・・・寝る場所があって、食べるものがあって、学校に行けて、社会で働けて、そしていつか将来好きな人と一緒になって、その人と幸せな家庭をつくれたら。家族を失う前みたいな・・・そんな幸せ・・・」

ナッセ「・・・普通の幸せ・・・うん、わかった!私の願いは明日くんが幸せになることだから」

明日「となったら・・・やっぱりまずはお金だな。早くバイト探さなきゃ、それだけは矢を使いたいかも」

キャプチャ8

ナッセ「それなら叔父さんとその子供を殺せばいいよ」

明日「えっ」

ナッセ「そうすればあの家のお金、全部明日くんのものになる。明日くん養子になってるから」

キャプチャ9

明日「殺せばいいって、なに言ってんだナッセ。人を殺してまで金なんて・・・さっき言ったろ、騙し取るのも嫌だって。大体それじゃあいつらがしたことと同じだ!」

ナッセ「全然違うじゃない。明日くんの家族殺して大金得た人から取り戻すだけ」

ナッセ「でしょ。叔父さんは叔母さんと同じように赤の矢で死ぬ」

明日「あ・・・あれで死ぬなんて思ってなかったんだって・・・」

ナッセ「子供たちは死んで詫びるほどのことしてないだろうから、赤の矢じゃたぶん死なないの」

明日「おい待てって・・・人を殺すみたいなこと簡単に言うな・・・」

ナッセ「だって簡単だもん。明日くんにあげた天使の腕輪に入ってる白の矢」

明日「白の矢?」

キャプチャ10

ナッセ「その白の矢で刺せば死ぬの。100%百発百中一瞬でね」

明日「人を殺すための矢・・・!?うそだろ、天使なのになんでこんなの持ってるんだ。おかしいだろ!!」

ナッセ「えっ?おかしくないよ。死ぬ運命の人を苦しませず安らかに眠らせる安楽死の矢だから、特級天使は持ってるの。これを使えば明日くんのお金を取り戻せて、明日くんを苦しめた人たちをいなくなる」

明日「・・・・・」

キャプチャ11

ナッセ「でしょ?どう?これなら嬉しい?喜んでくれる?明日くん幸せになれる?」

明日「死んだら幸せになれない。それを教えてくれたのはナッセだ。助けてもらって感謝もしてる。でも人を死なせる白の矢は必要ない。叔父さんは赤の矢で自首させて罪を償わせればいい」

ナッセ「・・・・・・そう・・・明日くんがそれでいいなら・・・」

ナッセ「じゃあ今から自首させに行こう」

明日「ちょ・・・今日はもう遅いって。明日高校の二次募集の締め切りだからその後でいいよ」

テレビをつける明日

ナッセ(・・・・・・・明日くん喜ぶと思ったんだけどな)

明日「ナッセこれ・・・・」

ナッセ「えっ」

キャプチャ12

テレビに映ってたのはお笑い芸人とその頭上にはごっつい天使

ニュース音声「またお笑いタレントロドリゲス頓馬さんの交際の話題です。一昨日発表された女優の南川エリ子さん、グラビアアイドルの前島もゆさん、ビーチバレー選手の小谷ユキさんに続き、女流棋士の山多美衣さん、モデルの蟹沢桃子さんとの交際も発表されました」

明日「どう見てもこの芸人についてるよな」

ナッセ「うん」

ニュース「では早速記者会見をご覧ください」

「5人同時にお付き合いされてると?」

キャプチャ13

頓馬「ええ、モテモテの術を手に入れたので・・これからはモテ芸人としてやっていくでゴザル」

明日「これ・・・普通は見えないんだよな」

ナッセ「うん、翼や矢と同じで天使も見えるのは神候補だけ」

明日「神候補・・・この芸人もその一人ってことか・・・」

ナッセ「だね。赤の矢使えば5人なんて簡単だし」

「実にけしらんですね、ついに公に5股とは!」
「売れない芸人のバカげた売名行為と思ってましたが皆認めてますからねえ」
「あっ、蟹沢さんのインタビューが入ってきたようです」

蟹沢「はい・・・交際させていただいてます。はい・・・私を一番愛してると言ってくれます。はい・・・私も誰よりも愛してます」

明日「・・・・矢をこんな使い方するなんて・・・」

ナッセ「こう使いたくなる人も多いみたいだね」

頓馬「まあそうスね。この世の女は全部俺のモノっスかね。俺もう神になった気分っス。はい、ここ笑うとこっスよー」

明日「こんな使い方してるやつが神に選ばれたりしないよな?」

ナッセ「使い方に決まりはないけど・・・ロドリゲスさんはかたっぱしから33日だけ愛されていく・・・それもひとつの使い方ってだけで」

明日「?33日?」

ナッセ「矢で愛されるのは33日って言ったよね」

明日「ああ、だったらまた刺せば何度でも・・・」

ナッセ「1人に刺せるのは1回だけって決まってるの!じゃなきゃ33日の意味ないし」

明日「そうか・・・じゃあ両想いでいられるのは33日だけか・・・」

ナッセ「もし永遠に愛し合いたいのなら、その33日の間に本当に好きになってもらえばいいの」

明日「・・・・・・可哀想だ・・・救う方法はないのか・・・」

ナッセ「え?」

明日「こんな矢で刺された女の人達可哀想だよ。矢で狙われたら防ぎようないのか?」

ナッセ「あるよ」

明日「?」

ナッセ「翼と矢どっちがいい?って聞いた時言わなかった?」

明日「聞いてない」

キャプチャ15

ナッセ「あ、ゴメン。矢は百発百中なんだけど、例外がひとつあって翼の方が矢のスピードより速いの!矢は翼で逃げられたら敵わない。だから・・・普通の人は逃げられない」

明日「・・・・」

場面変わって、車の中で大量の女性と絡むロドリゲス頓馬。

キャプチャ16

最高だわ、夢は48人同時などと供述しており・・・

調子に乗ってると車のドアを開けて入ってくる人物が

キャプチャ17

頓馬「ん?何だ?おまえ・・・何そのカッコ何かの収録か?車間違ってんぞ」

黒コスチュームさんは右手から天使の矢を出す

頓馬「天使の矢!?おまえもか・・・!ちょ・・・向けんなよ。ん?白・・?」

キャプチャ18

頓馬の体に白の矢

白の矢は心臓に埋まり頓馬は死亡。

黒コス「ああ、赤しか持ってないのか・・・」

赤の矢で心を奪われた女たちは頓馬が死ぬと正気に戻る。

キャプチャ20

黒コス「みっともねーな、素人童貞が。ったく、もてねーからってやっていいことと悪い事があんだよ」

夜が明けて、明日は願書を出しにいく。

明日「願書出したし、試験日まで勉強するよ」

ナッセ「勉強なんかしなくても学校の偉い人に赤の矢刺せばいいのに」

明日「実力で入りたいんだって」

ナッセ「わー、やっぱり真面目。でもホントは赤の矢を刺したい人別にいるんじゃない?この高校に決めたのもその子が行くからでしょ」

キャプチャ21

明日「!ナッセ・・・俺の好きな子まで知って・・・」

ナッセ「うん!幼なじみの花籠咲(はなかごさき)ちゃん」

明日「俺・・・そんなことに矢を使うつもりないから・・・」

ナッセ「またまた~」

学校の子達「ロド頓死んだって!」「えっ、うそ」「ホント、ほら突然死だって」「うわーっ、天罰」「めっちゃウケる!いい気味!」

明日「突然死・・・」

キャプチャ22

ナッセ(神候補が突然死・・・これって殺された・・・?)

一方の天界

天使「ルタ、13羽に選ばれたのに」

天使2「まさかもう離脱ですか?」

キャプチャ23

ルタ「思惑通りさ。早く終われてやれやれだ。にしてもこいつを殺した人間・・・実に面白い・・・」

地上では

候補者の一人「あと11人殺せば自動的に神だ・・・」

その候補者についてる天使「はい、私も最も端的な決め方だと思います」

キャプチャ24

候補者「白い矢で殺す・・・・面白いや、ははは」

ってとこで次回へ。

明らかに後先考えてない使い方で典型的な噛ませキャラですなと思ったら、あっさり粛清されましたね。最後に相当いい思いしたから本望だろう(・∀・)まあついてた天使は乗り気じゃなかったんで細かい事は話してなかったんでしょうね。

前回の最後でめんどくさがって、適当なやつでいいやって言ってた人が、頓馬についてたやつかな。2,3の天使がそんな感じでしたけど。まあ候補者を神にして、その神のおつきになるっていうのは、そこまで必死になってやるもんじゃないってことですかね。白の矢を与えられてないから、能力不足で諦めてるってのもあるんだろうけど。

あと11人殺せばって言ってるから最後に出てきた人が変なかっこして頓馬をやった人でいいんですよね。まあやっぱ他の候補者と戦っていく感じになりそうですね。赤の矢しかない人は他の候補者を操るのが狙いになるかな。

時には候補者同士で共闘していったり、協力したふりで赤の矢で撃たれるかもしれないと疑ったりの心理戦があったりかな。

まあ他の候補者を消すってのが一番わかりやすいですけど、普通に999日の時間切れまで複数残った場合どんな基準で選ばれるかってのが気になりますねえ。

ナッセを見ても倫理観が普通の人間の考え方と比べるとかなりぶっ飛んでるんで、普通に考えると善行に力を使えば神に近づくってなりそうなもんですけど、この天界ではそういう感じではなさそうですかね。最後に出てきた天使の口振りからして他の候補者を殺すでOKってことですもんね。

適当なやつといい、天使の性格が中々面白いですね。

ヒロインの一人はどうやら幼なじみの子っぽいですね。その彼女にも天使がついてるのか、それとも普通の人間として接していって巻き込まれていくのか。

個性はちょっと薄いですが、今のとこ好きなタイプの主人公なので感情移入しやすくていいですね。ライトみたいなタイプも新鮮でダークーヒーロー的なかっこよさがあってよかったですけど、同じ感じだと比較されがちであんまよくなさそうですしね。

そのうち矢の力を使うのに慣れていく苦悩や葛藤もありそうかな。

流石にこのコンビですので安定して面白いですね。単行本出てから手を取る人も満足する出来にはなりそうです。宣伝もかなりするでしょうし、売り上げも安定していけるでしょうね。

めだかボックスコンビも連載陣に来るようですし、SQ.も相当層が厚くなってきてますね。この辺はさすがジャンプ系列って感じです。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)