週刊少年サンデー2016-13号、メジャー2nd43話、BE BLUES~青になれ~233話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

メジャー2nd43話

大吾がうまくとらえて打つも、シフトを敷いてた守備で2塁ベース寄りにいたセカンドにとられてしまったってとこから

20160224101846

玉城「ナイスセカーン!」

藤井「な・・・なんだ!?普通ならセンター前の打球をなんであそこに守ってるんだ!?」

大吾「くそっ、うまく打てたのに・・・ヒット1本損した!」

卜部「イーファス用シフトだ。やつらサインプレーか何かわからんが、投球と同時に守備位置を動かしてやがる」

大吾「え!?」

卜部「おそらくスローボールをより確実に打たせてとる算段があるんだろう。ベンチからよく見ててくれ」

大吾「・・・・」

ウグ「3番、ピッチャー卜部君」

ベンチに戻って報告する大吾

田代「何!?イーファス用のシフトだと!?」

大吾「は、はい!どうやら投球と同時に動いてるらしいです」

田代「なんだと!?」

1球目で振らずに様子を見る卜部

20160224101928

卜部(二、三塁間に3人!?一、二塁間にはほぼセカンドの位置に一塁手だけだと!?)

大吾「・・・・」

藤井「なんだあれ・・・右がガラ空きじゃねーか!!」

田代「なるほどそーいうことか・・・確かにスローボールは振り遅れにくいし、左に飛びやすい。あのピッチャーで三遊間を固めるのは理にかなってる」

藤井「え・・・じゃあ右打ちさせりゃいいじゃねーか!簡単にあんなシフト破れるぜ」

田代「簡単に言うな、小学生だぞ?超山なりのボールにアジャストするだけでも難しいのに、流し打ちなんて芸当できるか!」

2016022410194020160224101950

2球目、流し打ちして右へ飛ばそうと狙うも、ミートせずにバックネット方面へファール

田代「卜部も右に打とうと試みたな。だが卜部レベルでも、あーやってこすっちまう」

卜部(くそっ、やっぱろくに練習してないことやっても難しいか)

卜部(なら、そこ(二、三塁間)をブチ抜く打球を打ちゃいいんだろ!?)

とバットを振るも空振り

20160224102002

卜部「あれ・・・?」

しかしワンバンしたボールを捕手がとれずに後ろにそれる

20160224102016

田代か藤井「あ・・・振り逃げだ!走れ卜部ーっ!!」

相手キャッチャー急いで投げるも間に合わずセーフ

藤井「やったーっ!!」

茂野「よしっ、ランナー出た!」

ネクストサークルにだれもいないのに気付いて

大吾「あれ?何してんだ光!次おまえだぞ!!」

「!あーっそうだ!4番だった!」

相手捕手「わりぃ玉城!」

玉城「まあ今のはしょうがない。山なりの短いボール球はどーしてもワンバンになって捕手泣かせだからな」

ウグ「4番、センター佐藤君」

20160224102153

玉城「この4番はデータがないから、まともにいかないほうがいい。監督にも念を押されてる。このケースならあの作戦でいいだろう」

捕手「オッケー」

小森「・・・・・」

茂野「さっきスーパーキャッチしたセンターの子か・・・4番てことはバッティングもいいのか!?あんな子が三船にいたんだな」

桃子「あれ?話してなかったかしら。あの子が寿君の息子さんよ」

茂野「え!?」

桃子「大吾がまた野球やる気になったのも、あの子のおかげらしいわよ」

茂野「マジか!!」

卜部(振り逃げとかダッセーけどまあいい、とりあえず塁に出られた。塁にでたらこっちのもんだ。あの遅い球なら、盗塁は楽勝だろ)

さっそく盗塁

藤井「走った!」

20160224102221

球が捕手に到達するころには悠々と二塁に

藤井「あいつ・・・様子も見ねーでいきなり走りやがって!クイックで速い球投げるかもしんねーだろ」

アンディ「いや、卜部はもちろんフォームを見てからスタート切ってますよ。あの遅いフォームなら、見てからでも十分間に合いますから」

大吾(・・・・・なんだろ?あのピッチャー、ランナーが出てもイーファスピッチのままなのか!?ランナー走り放題じゃないか。そんなバカなことってありえるのか!?)

フォームを見て3盗を狙う卜部

卜部(スローボール!)

20160224102250

しかし同じフォームのまま腕が強く振られ

速球に光も手が出ず

20160224102310

田代か藤井「な・・・何ィ!?はやっ!!」

捕手が3塁へ送球。卜部さされてアウト

20160224102322

卜部「え・・・・・」

スリーアウトチェンジ

玉城「オッケーーイ!」

大吾(・・・なんだ今の投球!?)

ってとこで次回へ

思ったより玉城のスペック高いですね。監督も小森ですし、想定してたよりずっと強い相手になりましたね。まあそれでも噛ませ臭は強いんですけども。盗塁は確かにスローボールだけだとし放題だから、そうなった場合どうなるか前回までに感想として思っておかなきゃいけなかったね。

しかしこのフォームで速球だと手投げな感じですよね。緩急の差で相当速くは見えるでしょうけど。まあやっぱ佐倉がキーポイントになりそうですね。特に最初は相手も油断して投げそうですし。崩れかかってるとこを2,3,4番がって感じになるかなあ。

しかし田代と藤井をちょっと無能に描きすぎな気も。卜部と同時に気づいてもいいんでは。まあ主人公側の監督ってあんま有能なことしないんですけど、藤井はともかく田代は無能イメージじゃないんで、もう少し采配とかアドバイスとか冴えてていいんじゃないかなあ。

まあちょこちょこいいとこも見せてきてはいますけどねえ。いくら今言ってもすぐできるもんじゃないはいえ、元捕手なんだし大吾に何か言ってあげたりもしてほしいね。

卜部は面白キャラが加わってどんどん良くなるね(;´∀`)やられるのが似合っている。

序盤はかなり苦戦しそうですね。小学生編がこんな密度が濃くなるとは思わなかったです。

BE BLUES~青になれ~233話

友坂先発となり試合前、相手高校とのやり取りから

20160224102439

大浦南の加藤「体、動かしとけよ!レガース忘れてねーか?シャツちゃんと入れろ!」

大浦南選手「いちいちうっせーな、加藤は」

リンゴ「あいかわらずだな、加藤」

加藤「へへ。中学の時以来だな、星。こっちはS1、そっちはプリンスで、リーグでも当たらなかったからな」

S1・・・・埼玉県高校サッカーリーグの1部

リンゴ「高校での初対戦が引退かけての大一番か」

加藤「フッ。おい、10番大丈夫なのか?準々決勝には出てなかったようだが」

20160224102457

リンゴ「・・・ああ。だから先発さ」

大浦南選手たちは一条を見て

大浦南選手たち「あれが一条龍・・・」「一年だからってナメた考えは捨てろよ・・」「あたりまえだ!これだけ結果みせられといて」

ナベケン「今日、結構雨降るらしいぜ」

優人「試合中はもってほしいね」

大浦南選手「ぜったい潰すぞ!」

と一条を睨みつけていると、一条がなにやら気付き歩み寄ってくる

大浦南選手たち「お!」

20160224102545

一条「菊田!」

菊田「お、おうイチジョー」

一条「大浦南でもうスタメンなんてさすがだな」

菊田「そ、そっちこそすっげえ活躍で・・」

20160224102556

一条「ベストを尽くして戦おうな!」

菊田「も、もちろんだぜ!」

大浦南の選手たち「ヘラヘラしてんじゃねーよ!」

菊田「あだ、あだ」

審判「時間です」

20160224102620

両チームピッチへ

20160224102637

大浦南伊狩監督「10番を使ってくるか・・なるほど・・・なるほどなるほど・・そうくるか・・・俺なら使えんがな」

両チーム円陣

加藤「伊狩先生に花持たせて定年迎えさせてやるんだからな。今日も気合いいれていくぞ!全国いくぞ、おら!!」

大浦南選手たち「しゃあ!!」

20160224102700

リンゴ「ここまで順調すぎるほど勝ち進んできた。だから、今日も楽勝・・」

優人(え?)

リンゴ「だとは考えるな。そうずっと都合よく事が運ぶもんじゃない。もし、思いどおりいかなくてもあせるな。イライラするな。最終的に1点でも上回って勝つ!いいな、いくぞ!」

武蒼選手たち「おぅ!」

20160224102746

ポール「やりましょう亮太さん!」

ジョージ「気合いいれろよ!」

昨晩のことを思い出し心配するマコさん

マコ「・・・・」

そして小田

20160224102757

小田「亮太たのむぜ!」

タッチをかわす

コーメイ「このチームはオレが回す」

20160224102808

と言って友坂の方を睨むように見るコーメイ

ナベケン「一体感のなさを感じるのは、気のせいだと思いたいぜ・・・」

そして開始の笛がなる

アイコ「友坂さんがスタメンとは思いませんでした・・・」

ミルコ「そうかね?彼は活躍してもらわねばならない選手だよ」

20160224102823

早速パスを回していく武蒼

「しょっぱなから武蒼の激しいパス回しだ!」「すげえな!!」

ボールは友坂へ

脳裏に昨晩の小田とのやり取りが浮かぶ友坂

20160224102847

コーメイ「ヘイ!はやく出せ」

友坂「なにやってんだ俺・・・集中しなきゃ」

20160224102859

加藤「省吾いけ!!」

菊田「イエッ・・・サー!!」

友坂との距離を詰める菊田

20160224102912

試合には九重さんに加え、F組が見にきていてってとこで次回へ

菊田相手とはいえ、友坂ならキープしそうかな。それとも菊田の成長みせるために友坂でも・・となるか。でもノア相手でもキープしちゃう選手ですから、ここは強さ見せてくれると思いますが。

気負い気味というかコーメイの方も精神的に良くない状態と言えそうですね。パスに縛られちゃってるというか。コーメイがいわゆる鎖の弱い部分として中盤で狙われそうな気がします。友坂は友坂でパス回しに関しては序盤はリズム崩す要因になってしまうんでしょうけど。

友坂のキープ戦術によって長い事使われてなかったわけですから、なんだかんだ思うとこがあるんでしょうね。このサッカーでは自分が中心という自覚が芽生えてるんでしょうし、今更あのキープでそれを崩されたくないってプライドみたいのが出てきちゃってる感じかな。

意識がパスに寄ってる分、コーメイがパスサッカー対策された時に一番対応できない選手かもですね。お互いいいとこがあるので、頼り頼られ引き出し合って最終的にはまりそうかなとは思います。どっちも頭いい選手なわけですし。

試合始まったら一条はトップ下っぽいとこいましたね。まあこの辺は流動的なんでしょう。

雨が示唆されてたんで、そこでまた波乱がありそうかな。雨のパスサッカーは全然違うでしょうからね。色々課題が出て来そう。その分、それを乗り越えて更にいいチームになり決勝へとなるんでしょうね。

しかし一条に話しかけられた菊田の反応がかわいかったですね。憎めないキャラですねえ。

続きが楽しみです。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年サンデー2016-13号、メジャー2nd43話、BE BLUES~青になれ~233話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:nanashi: 投稿日:2016/02/24(水) 22:50:01 ID:EyODIxMDY

    BE BLUES…う~ん、菊田いいキャラです、キライじゃない(笑
    ノアが戦術眼ありそうなタイプに対し、菊田は愚直に自分のゾーンへ来た相手を潰しまくる猟犬的なタイプなのかもですね。
    スペック的にはかなり似て見えるのは変わりませんが。
    雨が降りそうってことで、程よい水気だとボールも走るのでしょうが、水溜りまで出来始めると、自慢のパスサッカーも展開できなくなるってとこですかね。
    サクラバ出て来たら、ピクシーが見せた伝説のリフティングドリブルをやりそうだ(笑
    あからさまにコーメイサゲな展開になりそうですね。
    友坂は試合の入りに失敗してる様子で、しばらくは菊田相手になんも出来ないのかもしれませんね~。
    雨でパスサッカー出来ないから友坂の出番だ!っていうのも、限定的過ぎてあんまり救われる感じしないので、
    よりよい解答が得られると良いのですが。
    そういえば、ミル爺は友坂の選手生命やサッカー人生を心配してプレースタイルの改善を提案しましたが、黒部先生はそこについてどういう考えだったのでしょうね。
    友坂はあんまり黒部に対する思いを吐き出してる感じじゃないですが、実は黒部に認められたプレースタイルだから…ってのも、内側ではあるのかもしれませんね。
    さーてどうなるでしょう。

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/02/24(水) 23:36:38 ID:Y1MjIxMjE

    ノアは自発的に考えて動けますしねえ。菊田とはその辺が大きな違いですかね。使われるタイプというか。今は正に潰し屋って感じっぽいですね。

    コーメイも友坂もどっちも苦戦する展開でしょうねえ。コーメイも意地になりそうですね。友坂に預けることで自分が余裕持って受けれるとかお互い補い合うことになりそうですが。友坂自体も基本のパスサッカーに馴染むようになってほしいですね。怪我の事もありますし。

    結構長い離脱してもその辺には言及してなかったようですから、黒部先生はそこまで先のことを危惧するまではいかなかったのかもですね。ミルコは同じようなタイプの選手が駄目になっていくのを見てたりするでしょうからねえ。

    黒部に認められたスタイルだからっていうのはありそうですねえ。黒部サッカーの中心としてチームを引っ張ってきたわけですし、そのスタイルで自分が活躍するとこを黒部先生に見せたいってという気持ちもありそうなもんですしね。

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/02/26(金) 03:09:02 ID:A0MzE0NDA

    友坂がレノンに言っていた「器用じゃない」
    は、サッカーじゃなくて精神的な部分のことかな。

  4. 名前:流浪の漫画人: 投稿日:2016/02/26(金) 22:44:12 ID:Y0MzQ5MDU

    武蒼は好きだった頃のイタリアににてる気がする。
    コーメイと友坂の連係ミスから一点ビハインドで後半へ。
    ハーフタイムで友坂が交代を申し出る。もしくは、コーメイが代えてくれとミルコに詰め寄る。
    ミルコがアドバイスをして友坂覚醒へ。
    って感じで進むか?

    そろそろカスラバの出番かな。
    矢沢が使われるビジョンが見えないんだよな。
    全てにおいてカスラバの下位互換って感じで。

  5. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/02/29(月) 09:23:21 ID:YxMzQxMzA

    サッカーにプレイに関してはどの程度球離れが悪いのか、以前からなのか、ミルコへの確執からひどくなっているのか、正確にわからんので何とも言えんのですよね。

    でも精神的な部分のことを言ってそうではありますね。そこが改善すればサッカー面では問題なくできなそうもんですし。

    どの程度苦戦させるかでしょうかねえ。カッスが出てくるとしたら友坂問題解決したからといって楽勝とはならないんでしょうから、前半は言われてる通りビハインドで終わるかもですね。

    まあ比較すると運動量だけはって感じですかねえ。後コーメイが弱点をつけないやつだけど、一条に対抗していく姿に精神面評価してたことがあったんで、そこかな・・・ミルコになってベンチまできてるから評価はしてるんでしょうし、案外決勝とかで出番あるかもですけど、矢沢まで見せ場作るとなると控えに回された元モブレギュラーの方々が更に犠牲に・・ってことになるけどまあしょうがないですかね(;´∀`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)