週刊ビッグコミックスピリッツ2016-15号、恋は雨上がりのように36話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

恋は雨上がりのように36話

キーホルダー目当てに植物園を訪れたあきら。そこで店長親子と出会う。さらに加瀬兄弟にも遭遇しってとこから

キャプチャ66

どっかのカフェかなんかでお話する4人

近藤店長「ガーデンの店長やってます。近藤です」

珠子「亮ちゃんがいつもお世話になっております。姉の加瀬珠子と申しますぅ~~」

店長「いや~~、すごい偶然でビックリしたよー」

珠子「ホント!でも、ご挨拶できてよかったですわぁ~」

キャプチャ67

店長「橘さんとも偶然会うし、スゴイ日だね!」

加瀬(偶然にもホドがあるだろ・・・)

店長のMトレーナー見て

加瀬(なんでオッサンってこういうトレーナー着るんだろ・・・クソダセェ・・・)

勇斗「お父さん、はやくー」

加瀬「俺たちも行こうぜ」

珠子「あっ!そーだあ。せっかくだから、皆でまわりません?この偶然も何かの縁だし」

キャプチャ68

加瀬ははぁ?顔も一緒に回ることに

受付のお姉さん「中は温室となっております。上着をお預かりいたします」

加瀬(なんでこうなるんだ・・)

温室植物園へ

勇斗「わぁっ!ジャングルだーーッ!」

店長「本当だ。あったかいなァ・・・」

加瀬(あの変なトレーナー脱いでる・・・)

珠子「すごーい。わぁ~」

とぼんやり歩いてるとつまづく

珠子「あっ!」

キャプチャ69

腕をとって支える加瀬

加瀬「危ねぇな・・・」

珠子「あははは、ごめぇーーん」

加瀬「気をつけろよ」

珠子「大丈夫大丈夫~」

店長たちは

店長「ハハハ、食虫花」

勇斗「お父さんこっちー!!すずしー風出てる!」

キャプチャ70

店長「観覧客用のオアシスかな。ハー・・・極楽・・・」

珠子「あたしもぉ~~~~!」

加瀬「コケんなよ」

3人でひんやりしていると

勇斗「お父さんお父さん!!」

店長「今度はなんだ」

キャプチャ71

勇斗「ヘンな奴がいる!ぐにゃぐにゃヘビみたいな木!」

店長「ホントだ」

勇斗「なんで?他のはまっすぐなのに」

店長「光を探してこうなったんじゃないかな。ホラ、先はまっすぐ太陽の方へ伸びてるだろ?理科でやらんかったのか?」

店長「お前も暗い所にいたら明るい所に出たくなるだろ」

勇斗「ふぅん・・じゃあコイツ、光見つけたから、ずっとまっすぐ伸びる?」

店長「のびるのびる」

珠子「なんかイイハナシ~~。あの木写メっとこー。あたしも失恋なんかに負けないッ!」

キャプチャ72キャプチャ73

珠子のセリフのせいなのか、木に大して思うとこがあるのか、冷めた表情で見ている加瀬

そして一緒に見ているあきらにたいして

キャプチャ74

加瀬「まるで君みたいだね」

キャプチャ75

言われたあきらは睨んでキーホルダーがついてるバックをぎゅとつかんで歩き出す

外に出た後、珠子は飲み物を買ってくると言って、その場を離れ、店長も勇斗がトイレというのでその場を離れる

加瀬とあきらが二人になり

あきら「加瀬さん、お姉さんとあんまり似てないですね」

加瀬「血ィつながってないからね」

あきら「えっ!すみません・・」

加瀬「別にあやまんなくても・・・」

キャプチャ76

加瀬「・・・・光を見つけたって、誰しもがそこへ向かっていけるとは限らないよな・・・」

珠子が飲み物買ってこっちに走ってくるのを見つけ、微笑する加瀬

キャプチャ77

その様子を見ていたあきらは何かに気づいたようで

珠子「亮ちゃん、買ってきたよー」

キャプチャ78

しかし段差につまづき、珈琲が・・・

そして

珠子「本ッ当~~~に・・・ごめんなさい!!お洋服お借りしちゃって~~」

キャプチャ80

Mトレーナーを借りて加瀬がお着替え

店長「いやぁ。もう帰るだけですから。車だし」

珠子「クリーニングしておかえししますぅ~~!」

加瀬(死にたい・・・)

店長あ、車乗って行きます?同じ方向だし・・・」

珠子「いえいえそんな・・・そこまでお世話になるわけには・・・!!」

キャプチャ84

加瀬「店長!!是非乗せてってください!!!こんなカッコで電車に乗れるかよっ」

店長「うん、いーよー」

珠子「亮ちゃん・・・」

全員で店長の車へ

珠子「すみませぇ~~ん。なにからなにまでお世話になってしまって~」

店長「いえいえ!皆、同じ方向ですから!」

珠子「亮ちゃんを、今後ともよろしくお願いいたしますぅ~~~」

キャプチャ82

まったりした会話が流れる中、ため息の加瀬。この様子をあきらが見ており、義姉への想いを察した感じ?

キャプチャ83

ってとこで次回へ

ふむ、あきらが加瀬が抱える想いに気づいたってとこですかねえ。これがどう転ぶかですね。

普通に協力体制になるならまあいいんですけど、余計な事すんなよ、言うなよ的に暴走されるパターンだと嫌だなと思うしね。唯一かき回す可能性があるキャラなのでねえ。必要な場合も結構あるんですけど、この漫画においてはあんまドロドロ要素は欲しくないなと思う。

諦めないあきらにイラつく~とかはやめてほしいね。その姿に励まされるって感じになってくれれば。

加瀬がギャグに使われたのは雰囲気が柔らかくなるのでいいと思う。まあできるだけ店長とあきら中心で読みたいんだけど、それだとすぐ終わっちゃうしねえ。

二人で進めて伸ばそうとするとじれる展開ばっかになってよろしくないだろうし、引き伸ばし方が難しいでしょうから、他キャラ使わざるを得ないって感じでしょうね。売り上げ的に簡単には終わらせたくないでしょうし、これからもっと増えるかなと思う。

伸ばしすぎて最終的に印象が悪い作品になるものもあるので、まあそうはならないように調整してほしいなと思う。

吉澤とユイの仲は素直に応援できるからそういう話はウェルカムですけどね。加瀬もそういう存在に変わってくれればいいけど、店長とあきらの難しい関係を考えると、かき回すキャラも必要な場合もあるのでどうなっていきますかね。

あきらは店長との話以外なら、はるかとの仲が戻る話がほしいかな。

次回掲載は17号なので、予定通り隔週のようです。

スポンサーリンク



                  

『週刊ビッグコミックスピリッツ2016-15号、恋は雨上がりのように36話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:ゆゆ: 投稿日:2016/03/07(月) 06:45:28 ID:Q1MjY4NTE

    加瀬は気になるキャラクターですね。更新ありがとうございます(*^O^*)

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/03/07(月) 10:07:43 ID:QwMzM1MzI

    加瀬は女性人気高いっぽいですね(;´∀`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)