週刊少年ジャンプ2016-18号、ものの歩28話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ものの歩28話

矢倉の信歩に対して仙國は穴熊でってとこから

キャプチャ120

信歩(最強の防御力を持つ囲い穴熊・・・まるで要塞だ)

信歩(城壁は高く、玉はその遥か奥。あの壁を突破しなきゃ勝機はない。矢倉でじっくり攻め合っても押し負けるだけ。このままじゃいい様にやられてしまう)

キャプチャ121

城壁(イメージ)の前にある尖った木の囲いを飛び越えて指す

モブ「9七桂・・・急戦・・・!?」

仙國(囲いを崩して突っ込んできた!?やぶれかぶれか)

みなと「・・・・!!」

みなと(振り飛車に睨まれ、穴熊の堅牢さを目にして、恐れはないの?)

キャプチャ123

仙國(そんな手が通用するか!!認めろ。お前は負けるのだ)

モブ「・・・先手の奇襲は無視だぜ」「やっぱ穴熊相手には厳しいな・・・」

能塚「・・・・!!」

能塚さんはみなとの表情の変化に気づく

キャプチャ124

みなと(矢倉を教えたら矢倉しか指せない。信歩の不器用さはそういうものだと思ってた。でもあの将棋は違う。岬戦ではわずかな勝機に賭け矢倉を貫いたけど)

みなと(勝機なしと見れば殻を破って、矢倉の先へ。まっすぐにしか進めないんじゃない。まっすぐならどこでも行ける)

キャプチャ125

みなと(信歩はまだ、対局の中で強くなる)

一方、蒼馬と竜胆

キャプチャ126

モブ「俺・・中学のとき藤川の対局見たことあるけどよ・・・あんときより更に強くなってる・・!!!」

蒼馬「・・・!!(竜ちゃんは少なくとも僕が知ってる最後の数年・・・スランプで成長が止まってた・・・この強さは新しい友達のおかげ!?それとも・・)」

キャプチャ127キャプチャ128

竜胆の飛車の一手にフッと笑みを浮かべる蒼馬

蒼馬(飛車を捨てたがらない癖は相変わらずだけど)

竜胆(どうだ、蒼馬っ!!!俺は強く・・・)

キャプチャ129

と蒼馬を見るとその表情は笑っていた

同じように笑って指す信歩を思いだし見て

竜胆(・・・ああ、これだ。信歩が笑ってんの見て、これを思い出したんだ。お前はいつも笑ってたよな。将棋の何がそんなに面白いのか、ずっと疑問だった)

竜胆(・・・俺がバカだった・・そうか、そうだったんだな)

雨の日、部屋の中で指している藤川杯手前ぐらいの二人の回想へ

キャプチャ130

竜胆「まだまだだな」

蒼馬「やっぱり強いな・・・竜ちゃんは。もう一局お願い」

竜胆「ああ、プロも目指してないお前に抜かれたらお終いだからな」

蒼馬「・・・うん」

蒼馬(あ・・・ここに指したら逆転できる・・・?・・・竜ちゃんより強くなっちゃったらもう遊べなくなるかも)

結局そこに指さなかったようで

蒼馬「負けました。ね、もう一局指そう?」

竜胆「・・・お前ほんと楽しそうだよなあ、負けてんのに」

蒼馬「・・・僕は別に勝ち負けとか興味ないから」

竜胆「勝たなきゃ手に入らねーんだ。藤川杯もプロも名人も、勝つしかねーんだよ」

蒼馬「・・・・竜ちゃんがプロになっちゃったら・・・こうして指せなくなるね」

キャプチャ132

竜胆「なんだよなっちゃったらって。そりゃそうだろ、プロは忙しいんだぜ」

蒼馬「・・・・(ほんとに?ほんとに龍ちゃんと指せなくなる・・・?)」

そして藤川杯決勝

竜胆「やっぱ決勝はお前とか・・・全力で来いよ」

蒼馬「・・・・うん」

蒼馬(そうだ・・・竜ちゃんはプロになる。指せるのはこれで最後かもしれない。本気で・・・戦ってみよう)

キャプチャ134

終盤、先が読めて負けを理解して青ざめる竜胆

同じく気づいた蒼馬。それと同時に竜胆がこの大会の優勝への思いを知っている蒼馬は

蒼馬「・・・!!」

竜胆が負けました宣言をしようとする前に

キャプチャ133

蒼馬「・・・・負けました」

竜胆「!?」

優勝トロフィーをもらう竜胆だが暗い表情で沈んだまま

蒼馬(・・・・竜ちゃん。何で・・・勝ちたいわけでも強くなりたいわけでもなかった。こんな才能いらなかった。僕はただ・・)

取材の人かなにか「百合峰くんも大健闘だったね。プロは意識してる?」

キャプチャ135

蒼馬「・・・・・プロにはなりません。将棋は遊びなので」

蒼馬(せめて最後に気付いてほしかった。僕にとって将棋は・・・)

回想終わり

キャプチャ136

竜胆「何であの時投了した?負けたら俺が傷つくとでも思ったのか?・・・お前にだけは負けてもいいって思えるからライバルなんだろうが」

蒼馬「・・・竜ちゃん」

キャプチャ137

竜胆「・・・でもよ・・今ならわかるよ。そういうバカを見てきたから。蒼馬、お前は、俺と・・・遊びたかっただけなんだよな」

竜胆「・・・俺は許せなかった。ただ一人のライバルだと思ってたがお前が、ずっと手を抜いてた事。それ以上にお前にそんなことさせちまった俺の弱さが」

竜胆「なあ、俺強くなっただろ?全力で来いよ」

蒼馬「・・・・!!!」

竜胆(その方が楽しいだろ)

キャプチャ138

ってとこで次回へ

蒼馬の真意は予想できる範囲でしたね。まあ予想を外すのが良い漫画というわけじゃないんでそれはいいんですが、竜胆の真意の理解が予想より早かったね。対局の終盤、もしくは後かなと思ってたから意外でした。早いのはよくも悪くもかな。もうちょっと引っ張っても良かった気がするけど、ここで解決したことで気持ちのいい対局になりそうではある。

竜胆の精神面の成長が見れてそこが良かったと思う。勝ちを譲られた悔しさを自分の弱さのせいと言ったことは非常に好感もてるしね。あれで最後に気付いてほしかったは無茶な事言うなあという感じですが、竜胆は信歩を見てきたこともあり気づけたと。

蒼馬は自分も竜胆ともっと指したいから、ライバルとして自分もプロへとなればよかったのかもしれないけど、そもそも普段打ってる時に遠慮しちゃってるし、その時点では精神的にプロ向きではないと言えるから、しょうがないかな。

遊びからプロへとは中々ならんでですもんね。ただ普通の少年だなあという感じで、当初の凄味みたいのはほんとなくなりましたね。まあ当初は何考えてるか分からないし、好きになれそうにもなかったっから、今の感じの方がイイとは思う。

まあこれはどう決着を見てもどっちも奨励会へとなりそうかな。蒼馬はライバルとして竜胆と指していきたいから目指していきそうだしね。竜胆は負けた場合がどうか・・というとこはあるから、勝ちも見えてきたかも。蒼馬の勝ち濃厚かなと思ったけど、竜胆は当時はスランプだったらしいですし、現状互角っぽいみたいですしね。

まあ竜胆が負けても、俺は強くなってる云々プロの世界で決着しようぜ、もしくは蒼馬が僕もプロを目指すから云々など会話の流れではいけるでしょうしね。同じように楽しそうに指す信歩がプロを目指してるってことに感化される可能性もあるかな。

問題は信歩ですね。殻を破って矢倉の先へって簡単に言われても、心意気の部分はともかく、実際にそれほどのレベルアップをするとなると中々受け入れづらい気がしますが・・どう描写していくか。矢倉しかやってないってインプットされてるのでねえ。まあ他のも研究はしてるんでしょうけど。

先へって言うのが具体的にどんなもんかによるかな。将棋が良くわからない分、そこを理解できるかどうか・・矢倉からの派生みたいのがあるのかな。そこを仙國は想定してないから崩れていく感じになるのだろうか。

対局(試合)中に成長している・・・ってのはよくある描写ですけどね。ただ限度があるから、それをうまくできるかなあという不安がある。特にファンタジー漫画ならともかく、こういう競技漫画だとリアルを求める部分もあるから、難しいでしょうからね。

まあ少年漫画ですから、少年と良い歳いった私との求めるものが違いすぎるんで、何が正解かは何とも言えないですけどね。ある程度主人公補正でガンガン行く方がわかりやすくて良かったりするのかもしれないですしね。そこが将棋という題材にマッチするかですけども。

ただ仙國は負けるにしては小物っぽすぎてねえ・・そこが引っかかるところ。途中で態度が変わっていくんだとは思うんですが。認めよう・・・的な。それ次第では負けてもとなるとは思うけど、最初の煽り考えるとなあ・・勝っても負けてもな状態になってる気がするけど、どう描写してくるか注目ですね。

蒼馬と竜胆戦はあっさり気味だったとはいえ、気持ちが晴れたことで共に応援はできる気持ちのいい展開にはなったので、後は信歩戦の出来が鍵かな。

キャプチャ122

しかし例えに出した城がちょっと洋風なのはシリアスな笑いなんだろうか・・(;´∀`)

スポンサーリンク



                  

『週刊少年ジャンプ2016-18号、ものの歩28話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:遠藤: 投稿日:2016/04/04(月) 08:20:01 ID:YyODM2Mzc

    純粋に面白かった。竜胆はメンタルが、信歩はスキルが向上したな。で、どっちも負けて欲しいな。どっちにとっても、価値ある負けだから。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/04(月) 20:47:54 ID:Q1ODU2NzU

      どっちも成長にはつながってるんで負けたとしても価値はありますね。

  2. 名前:ななし: 投稿日:2016/04/04(月) 12:01:11 ID:M5Mzc4Mjg

    信歩が勝つ選択肢もあるのかなと思わせる今週でしたね。
    でもやっぱり信歩には勝ってほしくないな。
    ※俺、向こう側の人間です(・∀・)bと証明~なんかされてしまったら、こちら側の自分はもう主人公に共感できなくなってしまうから。
    現実はどうあれ、こちら側も向こう側もないんだよという架け橋を残しておくのは、やはり大切かと・・・

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/04(月) 21:02:18 ID:Q1ODU2NzU

      そうですねえ、竜胆もそうですけど勝敗が読めないとこありますね。それはいいことだと思います。
      読み続けていくには主人公への好感は大事ですからねえ。対局中に成長を見せるも負けが一番いい落としどころなのかもですね。決勝前に過剰な煽りしちゃってるから、そこで負けるのはちょっとなって気分にされちゃってるので、負ける場合は対局中と後のやり取り次第で溜飲が下がるので、その描写が大事かな。

      主人公に勝ってほしくないって思わせてしまってるのは、あんまいい描写ができてない証拠かもですね。この年齢からプロだと急成長、努力、才能が必要なので難しいとこなんでしょうけど・・・もう一段階踏むのが読者視点としては丁度いいのかもしれないですね。奨励会編は一気にライバルが増えるので面白そうではあるんですが。

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/04/04(月) 19:34:45 ID:g3OTIzNjk

    竜胆さん勝負が始まる前まで
    「お前が何考えてるかわかんねえ!」みたいに
    掴みかかるぐらいキレてたけど……
    何ヶ月もずっと拗らせてて相手も挑発しまくりだったし
    勝負が始まった瞬間にいきなり和解しはじめて意味がわからないよ

  4. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/04(月) 21:18:52 ID:Q1ODU2NzU

    ここまでの蒼馬に勝ちを譲られた悔しい思いや、棋譜の研究、対局前のやり取りからするとすんなり過ぎたかなとは思いますね。対局終盤、もしくは後でっていうのがベターだった気がします。竜胆の精神面の成長はよかったんですけど、もう少し引っ張ったほうがより良かったかなとは思います。対局自体は和解したことで気持ちいいものにはなるとは思いますが、ここまでまともに竜胆の対局描かれてなかったので、もう少しじっくりでもという気はしますね。ジャンプだとゆっくりしてるとアンケとりづらいから中々・・ってとこがあるのかもしれませんが。

    美学の時もそうですけど、どうもキャラのドラマを作るところが荒いというか、あんまうまくないかなあとは思いますね。日常回はかなり面白いんですけどねえ。

  5. 名前:プーのくまさん: 投稿日:2016/04/05(火) 03:45:49 ID:g1ODM0NjA

    もう主人公が10年に一度の天才でいいじゃん

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/05(火) 22:40:43 ID:AzODA5Njk

      そのレベルの才能が必要かなとは思います。まあそれに加えて愚直に努力できる信歩の性格があって、この年齢からプロになることを実現することが出来るんだと思いますね。ただその成長速度についていけるかという不安が現時点ではちょっとあるかなあ・・

  6. 名前:ニャン丸: 投稿日:2016/04/05(火) 21:40:20 ID:Y1Nzc0Njk

    今週最高に良かった
    将棋最高でしたし主人公のいつでも直向きな所や真っ直ぐ自分の道に突き進もうとする所見ていてとても共感出来ました

  7. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/05(火) 22:47:55 ID:AzODA5Njk

    最高でしたか!共感ができるというのは大事ですね。漫画がより面白くなりますし素直に主人公を応援できますからね。自分は信歩の性格は好きなんですが、漫画内の描写についていけてないとこもあるので、そこのギャップを埋められればより面白く読めそうかなという感じです。今週は自分は竜胆により好感抱きましたね。

  8. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/04/08(金) 15:20:42 ID:g1OTA1MzE

    すごくいい回なんだけど
    竜胆の髪色が前の回想と変わってるのと棋譜も少し変わってるのが気になる

  9. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/08(金) 20:22:14 ID:YxNDgxNzQ

    前の時の回想だと藤川杯時は思いっきり今の髪色でしたね。適当なのか、やっぱこの時期は黒でってことにしたのか・・・制服のミスとかもありましたし、ぎりぎりの仕上げで編集さんとかがチェックする時間がないのかもしれませんね。

    棋譜が変わってたりするのは自分みたいな将棋分からん人は気づかないでスルーしちゃう人が多いと思いますが、将棋知ってる人からすればめちゃくちゃ気になるでしょうね。監修さんも困るでしょうし、そこはしっかり正確にやっていってほしいとこですねえ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)