週刊ヤングマガジン2016-21・22号、ハンツー×トラッシュ112話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

監獄学園は休載です

ハンツー×トラッシュ112話

恋を自覚した堀口から

キャプチャ

堀口「待ってくれ速水!」

速水「堀口先輩・・・」

堀口「お前・・・・どこにも行くなよ!俺が守ってやる!」

キャプチャ1

と夢の中で抱きついたところで目覚ましの音で目を覚ます。

堀口は着替えて外へ

堀口母「あら!こんな早くどうしたの?」

堀口「・・・・ジョギング・・・・・」

「えっ、アンタが!?」

キャプチャ2

ジョギングしたり腕立てしたりする堀口

堀口(速水を幸せにできるのはハマジじゃねえ・・・このオレだ・・・!!)

店のドアに映る自分を見て

キャプチャ3

堀口(うーむ・・・少しは・・・やせたよーな・・・気がする・・・)

堀口「よしっ」

それを見ていた女学生に気持ち悪がられる

「あの人何やってんだろう」「きもっ」

学校の廊下を歩きながら考える堀口

堀口(オレが速水にしてあげられることはなんだ・・?何がある・・・!?)

堀口「あ・・・・(気付いたら一年の教室に来ちまった・・・)」

堀口(速水・・・いるかな・・・)

キャプチャ5

と口笛を吹きながら教室の前を通る

ちらっと中を見ると速水を確認

堀口(いた・・・!!)

堀口(速水もしかして・・・気づいたかな、オレがいるの)

と振り返るも速水が教室から出てくることはなく

堀口「・・・んなわけねーか!さーて昼メシ食うかぁ・・・」

と去ろうとする時に

キャプチャ6

速水「あ、堀口先輩。お弁当一緒に食べましょ」

と都合のいい妄想して振り返るも、やはり速水の姿はいない

堀口(ま・・まぁいいか・・・)

教室で友達と話していた速水は

キャプチャ7

速水「・・・・」

「真紀?どうかした?」

速水「えっ・・あ・・ちょっとね・・今・・・部活の先輩がいたような・・・」

「先輩?」

部活へ。更衣室で着替えるハマジ

キャプチャ8

ハマジ(そーいや速水のメール、最近返事がすぐ来ない気がする。調子悪いってよっぽどなのか・・・・オレ軽く考えすぎてたかな・・・ここの所先輩のことで気にしてやれなかったからな・・・直接会いに行くか)

と考えて部活開始

女子が試合形式で練習中

キャプチャ9キャプチ10ャ

GKの人「ディフェンス恐がんないで!!決めろ千聖!!!」

萩原がシュート打つも、その時に痛みが走り

萩原(痛っ)

相手のGKにあっさりキャッチされる

寺田「おいっ萩原!!シュートに迫力ねえぞ!もう一丁!!」

萩原「・・・」

ハマジ(先輩・・・今の・・・肩が痛んだせいか?練習休んだ方がいいんだろうな・・・やっぱ)

萩原を気にするハマジ。そんなハマジを気にする堀口

キャプチャ11

堀口(なんだあいつ・・・ハマジめ・・・萩原ばかり見てやがる・・!!速水のことはどーでもいいのかよ。そんなに萩が好きならとっとと付き合っちまえばいいじゃんか!!そーすりゃ・・・オレは速水と)

そんな考えをしているため、GKやってる堀口は動かず、中島にばんばん決められていく

中島「ちゃんとやれや!クソデブ!!」

萩原はプールから上がり

寺田「どうした萩原、体調悪いのか?」

萩原「いえ!ちょっと寝不足で・・・」

寺田「気をつけろよ。体調管理も大事だからな!」

ハマジ(先輩大丈夫かな・・・気になる)

キャプチャ13

堀口「・・・・おい、ハマジ!」

ハマジ「はっはいっ」

堀口「萩のヤツ、なんか変じゃねーか?お前、ちょっと様子見てこいよ!」

ハマジ「オレが・・・・ですか?」

堀口「そっ」

ハマジ(やった・・・!これで先輩の様子を見に行ける・・・)

ハマジは萩原のもとへ

堀口「いってらっしゃーい」

キャプチャ14

ハマジが萩原に声をかけたところで会話内容の描写はなく翌日へ

図書室で勉強する速水

キャプチャ15

そこに偶然装った感じで前に堀口が座ってくる

速水「!?堀口先輩!?」

堀口「んっ?あれっ速水じゃねーか!気がつかなかったぜ!」

速水「先輩もテスト勉強ですか?」

堀口「いや・・その・・・ヤンマガでもねえかなーってさ」

キャプチャ16

速水「ヤングマガジンですか!?あはは!そういうのって、図書室にはないと思いますよ」

堀口「えっそーなの?」

堀口(笑ったぁ・・・!!そうだよ。速水、お前には笑顔が似合う。オレがこの笑顔を守ってやるから!)

キャプチャ17

ってとこで次回へ

うーん・・・まあこの4角関係?をしばらく楽しんでねって感じですかねえ。堀口に感情移入できる人は面白い展開かもしれませんね。まあ結果サービスシーンが減ってしまってるのがよろしくないですが。妄想じゃちょっとね。

堀口はストーカー化寸前ではあるけど、まあ恋愛して来てなかった人が急に燃え上がるとこんな感じになりやすいかも。好きな人できると、急にジョギング始めたり、筋トレし始めたりするのはあるあるですね。まあ恋愛がうまくいかない限りは長続きしないんだけどね。

図書室の前に座ったりする行動を健気とみるか、気持ち悪いとみるかは堀口への好感次第かな。ハマジがやっと速水を気にかけ始めたので、これでちゃんと行動して思いやる行動をしてくれるなら、堀口は噛ませで終わる可能性も大きいかな。

ハマジがまた速水の事を考えてない行動をするなら、更に傷ついた速水は堀口の行動が魅力的に移るかもね。速水は堀口を気持ち悪いと思わないタイプなだけに余計に。萩原との仲を下心ありで後押ししようとしてる辺り、成功しそうにないなとは思いますが、ハマジの次の速水への行動次第かなあ。

誰が主人公状態ですけど、しばらくはこの辺の関係を見守る内容になりそうですね。もっと話軽めでサービスシーン見れたほうがいいんだけどね。

萩原速水ハマジ関連がシリアスになりすぎてるから、そこの話を動かすと仕方ないですかね。堀口が入ってきたのが意外すぎましたが。

堀口の行動やらは気持ち悪くもあり、理解できなくもなく、多少頑張ってほしい気持ちもあるんですが、やっぱ速水はやっぱヒロインとしてかなり可愛いだけに、くっつくまでは以前としていってほしくないかなあ。

ほんと速水じゃなければ応援できるんですけどね・・・くっつけるならハマジとあそこまでやらせた意味がね。噛ませで終わってゲスキャラに戻って他の女キャラではっちゃけてくれると個人的にはいいんだけど。

今週が合併号にも関わらず次号、次々号は休載。1か月休みかな?まあ単行本で読み切りがあったり、その作業の分でしょうね。でも休載多すぎっす(;´∀`)

単行本10巻は6月6日発売。OAD付きもあるでよ。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2016-21・22号、ハンツー×トラッシュ112話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/04/25(月) 01:02:01 ID:cwNzM0NDM

    何も感情移入できないね。ハマジと速水の恋愛が短すぎるし、作者の狙いが露骨過ぎて面白くないです。

  2. 名前:ふた: 投稿日:2016/04/25(月) 03:41:41 ID:QxMDUwOTk

    自分はありだと思う!
    堀口…応援してるよ!!

  3. 名前:中居正広: 投稿日:2016/04/25(月) 18:25:54 ID:QxMTExODE

    速見真紀が浜路洋平と結婚してます。堀口をぜつたいゆるしません。

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/04/27(水) 08:49:01 ID:g5MDI4MDc

    速水が堀口の妄想のネタになっているのが不快で堪らない。

  5. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/04/28(木) 17:42:58 ID:Q1OTYyMDg

    まあ意見が割れるあたり誰かしらがっかりすることになるお話の流れになってるということですな(;´Д`)主人公の恋人となったヒロインが対象ですから、そりゃそうなんですが。どう収拾つけるんだろう。

  6. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/05/17(火) 21:38:13 ID:I3ODM4NTE

    これはきもすぎ…。まあ、妄想であってほしいですけどね。速水も速水かなと思う。いつかのハマジと同じじゃないか。次から話が普通に進むといいですが、この話がいつまで続くのやら(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)