週刊ヤングマガジン2016-21・22号、僕たちがやりました52話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

僕たちがやりました52話

マルがどうなったかはまだわからず今回はトビオの話へ

病室の前から声がきこえ

市橋「死ね、オラ!」

トビオ「やめろお前・・・それ待て!うああああぁ!!」

キャプチャ18

場面が病室に移ると、2人がサッカーゲームをしていただけであった

市橋がゴールを決める

市橋「うぇーい」

トビオ「だぁぁクソ!フィジカル強すぎ!CR7無しだろー」

市橋「お前だってイブラ使ってんじゃん」

リハビリルームへ移動し二人でリハビリをこなす

キャプチャ19

トビオ「よーい、ドン!!」

歩行訓練で競争する二人

トビオ「ハハハハ!遅ぇぞ市橋!」

市橋「くっ・・・待てコラ!」

トビオ「ゴルゴルゴルゴルゴォーーーール!!」

キャプチャ20

先生「ちょっともう増渕君!?危ないからそーゆーことしちゃダメって言ったでしょ!?」

トビオ「あ!ミナミちゃん!ごめんなさーい!」

ミナミ「ミナミ先生って言いなさい!そんなことして転んだら長引くんだからね!」

トビオ「ミナミ先生、正直言っていいですか?」

ミナミ「何?」

トビオ「めっちゃ可愛いっす!超タイプっす!」

ミナミ「はいはいわかったから。ちゃんとリハビリしますよー」

トビオ「ミナミちゃんが言うならやるー」

ミナミ「ミナミ先生って言いなさい!」

屋上へ。市橋がタバコを吸っていると

キャプチャ21

トビオ「おーい、市橋!ゲットゲット!ミナミちゃんのLINEゲットぉ!」

市橋「おー、やったじゃん」

トビオ「良いわぁ、年上の落ち着いた感じ?雰囲気好きだわー。ミナミちゃーん」

市橋「ハハ・・・正直・・・お前のことカスだと思ってたよ」

トビオ「ん?」

キャプチャ22

市橋「俺さぁ、自信ない奴嫌いなんだよねー。そういう奴ってさ、世の中に不満あるはずなのにさ・・・戦おうとしねえじゃん?そういうの見てるとイライラすんだよ。お前のこともそういうゴミの一個だと思ってた。でも違ったわ。ちゃんと胸張って生きてる感じ、トビオ、お前いいよ」

トビオ「あざーっす!いや、それよりさぁ・・何て送ろっかなぁLINE・・丁寧な感じの方がいいのかなぁ・・?」

市橋「・・・なあトビオ、お前レンコとどーなん?」

キャプチャ24

トビオ「ん?別に普通だけど。そっちはどーなん?会ってんの最近?」

市橋「・・・・まぁ、告ったけど」

トビオ「えーマジ!?どーだったん?」

キャプチャ25

市橋「うーん・・・わっかんねぇ」

キャプチャ26

トビオ「なぁんだよそれー!!もっとガンガンいけよぉ!!オレの妹に手ぇ出すってんなら話は別だけどさぁ・・相手蓮子だろぉ?」

市橋「なんだそれお前・・・どういう意味だよ」

トビオ「だってお前矢波高じゃん?妹の彼氏が矢波高生とかマジ勘弁!」

市橋「んだとコラ・・・」

キャプチャ27

トビオ「いいじゃん!お前と蓮子!オレ応援するわ!」

市橋「・・・・」

「あ・・・いた市橋さん。検診の時間ですよー」

市橋「あーい」

トビオ「・・・」

キャプチャ28

市橋はいなくなり、息をつくトビオ

そんなトビオにミナミ先生からLINE

リハビリお疲れ様でした 一緒に治していきましょうね という内容

トビオは事件から逃亡生活、飛び降りまでのことを思い浮かべ

トビオ(あんなに辛い思いしたんだ。そこそこじゃ足りねえよ・・・)

よろしくお願いしまーす!治ったらデートいってください!

と返信をし

トビオ(幸せになってトントンだろ)

キャプチャ30

ってとこで次回へ

そこそこでいいやと言ってた男が幸せを求め出すと。まあその幸せを求めてるのに、蓮子の事に突っ込んでいかないのは傷つくのが怖いということで、根本的な所は変わってない気もする。逃げてるわけですし。

色々ハイテンションで行動してるんだけど、それが続くものかなとは思う。先生とうまくいったり交友関係が派手になっても、それも空虚に感じる日が来る気もするけどね。まあ塞ぎこんでるよりはましでしょうけど。

求めすぎるあまりに何かまずいことになってしまうのか、その前に冷めるかどっちかな。

市橋はちゃんとした返事はもらってないっぽいですけど、断れてもないようですし、唇が近づいたのがやっぱ気になるなあ。まあこうなると市橋とくっついても構わんかなとは思うけどね。

序盤悪印象すぎる市橋と仲良くなられても・・・という感じですが、まあばれた時のギャップのためかなあ。もうちょっと疑う感じだと思いましたけどね。蓮子のことについて語ってる時は真意を探る感じでしたが、まあ彼からしたらあっちが遠慮してんならって思うでしょうね。

しかしまあ次号予告で察してましたがすぐにマルがどうなったかの話しにはいかなかったですね。たぶんつった時の伊佐美パターンかな・・とは思いますがね。時系列がはっきりしないですけど、最低でも病院行きだから話は伝わってくるとは思うんで、まだこの時点では襲われてないってことかな。

次号は恋の予感だから、これもたぶんマルじゃないでしょうし、結構引っ張られそうですね(;´Д`)最近はトビオ回も微妙だから、この漫画で一番活きてるキャラといえるマルがいなくなると漫画的に面白みがなくなるかもね。そう言う意味では苦しむ形になって生きてる方がいいかな。

精神的に耐えられずそっから何かを起こすとしたらやっぱマルかなという感じですしね。早めにマル編に戻ってほしいところ。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)