イブニング2016-11号、いぬやしき56話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

いぬやしき56話

ニュースが流れる中、電話を受ける犬屋敷嫁から

キャプチャ

ニュース「今日は現在まで電波ジャックはありません。阿部総理は戒厳令を敷くにはまだ時期尚早であり・・・しかし全国では既に休校する学校が増えています。この事件が解決に至るまで自宅での待機をする人々が・・・」

犬屋敷嫁「もしもし犬屋敷です。はい、はい、わかりました」

「麻理、今日学校やるってよー」

麻理「えーーっ。ちぇー、せっかく友達とTDLでも行こーかと思ってたのに」

「気をつけて学校行きなさいよ」

犬屋敷息子「気をつけてって、どうやって気をつけんだよ」

「とにかくケータイは家に置いていきなさい・・・」

息子「えええ、ありえないって!!」

麻理「やーだ!!」

「死にたいの?あんた達」

息子「ケータイない方が」

麻理「死んじゃうってー」

ニュース音声「獅子神の行動に警察は打つ手がない状態ですが・・有識者からは獅子神に対抗する存在の指摘がされています。昨日の電波ジャックのうち15時42分の関東圏のスマホのみに送信された警報は明らかに別の人物からの」

息子「ネットで言われてる奴だ・・・日本にヒーローがいるって」

ニュース「有識者によると昨年12月の少年たちによるホームレス襲撃動画の電波ジャック放映と、昨年から関東近郊の病院で起こり続ける奇跡は時期的に合致しており・・・」

キャプチャ1

息子「ネットで言われてるよ。今実際に神と悪魔が闘ってるんだって。獅子神は悪魔で・・・もう一人神にあたる存在がいるって・・・ヒーローが実際に今の日本にいるんだって」

父の治療姿や飛ぶ姿を見てる麻理は表情は変わらないが父の姿を見ており

キャプチャ2

そして麻理たちは学校へ。麻理は入口にいるハナコに話しかける

麻理「かわいいな、キミは」

キャプチャ3

ハナコのペロ。これに微笑む麻理

麻理「帰りにおやつ買って来たげる。覚えといてね・・・じゃね」

登校中の生徒や会社に行く人達は獅子神について話しており

生徒「ケータイ持ってきた?」「うん」「だよねー」「獅子神がさー」「学校なんで休みじゃねーんだよ」「でもちょっとケータイ怖くね?」「えー」

社会人「獅子神?あの高校生でしょ?」「また新宿じゃないの?関係ないでしょ」「警察頼りないよなー」「東京は大変だよ」

キャプチャ4

一方の皓は前回いた屋上にいるようで、そこで寝っころがっている

寝ながらしおんに会いに行った時のことを思い出してる様子で

キャプチャ5

しおん「あっ」

「なんでこんなとこ住んでんの?お金・・・送ったじゃん・・・もっといい所住めるでしょ?」

しおん「あのお金使ってないよ・・・」

「なんで?」

しおん「テレビで観た。警察署襲ってた・・・もう人ころすの・・・やめて・・・」

「俺がこの世にいるかぎり追って来るんだよ・・・日本の敵なんだから・・・俺は・・・」

キャプチャ6

しおん「もう・・やめて・・・」

「もう・・・日本自体・・・消すしかない・・・それしか・・・俺達が平和に暮らす方法がない・・・二本を消したらどっか・・・どこがいい?ハワイ?フランス?3人で暮らそーよ・・」

場面変わって放課後になった学校での麻理

麻理の友人「麻理ー、映画観てかない?」

麻理「んー?いいけど何?」

学校を出て

友人「今日、獅子神まだ始まってないみたいだね。ケータイどうしてる?」

麻理「いや、普通に使ってるけど・・・あんなヤツ怖くないって。何もないよ」

と映画館に向かいながら話しており、場面変わって会社から安堂と話をする犬屋敷へ

キャプチャ7

犬屋敷「うん・・・今のところ・・・」

安堂「はい・・・今のところ動いてないみたいです。でも・・・今日・・・も、アイツは絶対動くと思います」

皓はまだ回想中

しおん「お願い!!もうやめて!!」

と泣きながら嘆願するが

キャプチャ9

「フランスで3人で暮らそう。フランスで死んだ日本人の分、人を救うよ・・・それでいいだろ」

回想が終わり、最後にちょっと皓の表情に変化が

キャプチャ10

そして行動開始なのか起き上がる皓。近くには皓がいる場所がわかる建造物があり

映画を観終わったと思われる麻理たちは

友人「展望台行かない?」

麻理「いいよー」

展望台の目の前へ

友人か麻理「ひょーっ、高っけーっ」

キャプチャ11

麻理たちが向かう東京都庁第1本庁舎っぽい建物には皓がいますよってとこで次回へ

しおんと距離置いたのは皓は自分といると危険だからもう関わらないパターンじゃなくて、危険を及ぼす敵を排除したら向かいに行くよのほうだったんですね。しかしそれなら現時点で会いに行ってあんな場所で話してるのはどうかと思うけども。

皓視点で話してたので皓の格好とか分からないけど、ばれないようにフードぐらいは被ってたのかな。

全部消してからなら、わざわざ1000人とか区切らないでもどんどん減らしていけばいいだろうに、ほんとよくわからないです。楽しんでる部分もあるのか、自分が苦しんだ分恐怖にさらされる時間を増やしてやろうという感じなのか・・・

日本全滅させる前に他の国が介入してきそうだし、それ蹴散らしたら更にに敵が増えるし、他の国で一緒にと思ってるなら、こんなことして更にマークされる前にもっと遠い国へ行けばいいのになあ。皓の能力があればどこでも暮らせるだろうし。

まあ皓からしたら増えたら増えたで全て消すまでという感じなんでしょうけどね。

しおんの想いは全く伝わらずって感じでしたね。人の生き死にへの価値観が違いすぎるのかなあ。でも母の死にはあんだけ泣けたんだけどねえ。しおんの涙にも表情変わってたから、少し心にくるものはあるんでしょうね。

身近な人以外はどうでもいいって感じかな。自分本位って言葉だけで片付けていいものかわからんですけどねえ。

理解しがたい思考ですけど、序盤の何の恨みもない一家を襲ったりする時点でぶっ飛んでるわけですし、理解できたら逆にまずいか。常人には理解できない支離滅裂具合がちゃんと表現されてるということですかね。

有名人が目の前でやられる映像があったのに、みんな危機感なかったですね。現実にあったとしてもこんなもんですかねえ・・・まだ一回だけですし自分が標的に合うとは思ってないんでしょうけどね。実際近くで起こらないと実感わかないかな。

まあどんどん続いていけば恐怖も増していくんでしょうけどね。皓もそれを狙ってるんでしょうし。

最初は何とも思ってなかったですけど麻理はなんかどんどん可愛くなるね。まあ主人公が麻理の父ともう一人の主人公と言える皓なので、恋愛描写での可愛さは見れなさそうですけど、やっぱ魅力的な女性キャラ描きますねえ、奥さんは。

もうちょっと皓無双が続きそうですけど、早いとこ犬屋敷の活躍に期待したいですね。皓が焦るとこを見たいね。次回は麻理に危機になるのか、それとも皓があそこで実行してるってことを知って、安堂や父に知らせる役割なのか、どっちかな。

スポンサーリンク



                  

『イブニング2016-11号、いぬやしき56話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:: 投稿日:2016/05/15(日) 10:05:19 ID:c3NDE4ODc

     コメント失礼します。
     前々回、ミ○ネ屋の司会者っぽい人がやれたので、次回は色々と話題になっている桝○都知事っぽいが襲われるのでしょうか。
     警察署、都内、都庁と少しずつ場所を拡大しているので、ゆくゆくは国会議事堂を襲撃して政治家を殲滅する気でいるのでしょうか。

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/16(月) 02:48:54 ID:E3MTk2Mjg

    そこまで時事ネタでやってくるかですね。誰かはっきりとわかる画のクオリティだけに、あまりやりすぎると漫画とはいえ怖い気もしますが・・・まあ掲示板の人たちを狙ったり、奥さんが嫌いな人がやられてる気もするので該当したらやるかもしれないですね。ただ2度目の有名人となると、くどい気もするのでどうでしょうね。やるならあっさり目になりそう。

    政治家云々より人間全体が嫌いな感じですからねえ。警察は直接的にしおんの家にきたから標的になったんでしょうし。国会で対策の議論みたいなのしてたらそこに乱入するとかはあるかもですね。犬屋敷のじいさんがどの辺で介入するかで違ってくるでしょうから、何とも言えないですが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)