週刊ビッグコミックスピリッツ2016-25号、あさひなぐ226話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

アイアムアヒーローは休載です

あさひなぐ226話

大将戦、旭vs寧々ってとこから

キャプチャ45

一年前、最初の大会で一堂寧々なんて来年私が、ブチのめしてやりますから!という旭のコマがあって

「先輩、最後お願いします」

「うん」

キャプチャ46

薙が旭の背中を叩き、旭は前を見据える

キャプチャ47

冒頭の回想コマに対しての返事だった楽しみにしとるけんというコマがあって

安藤「・・・ゴメン」

キャプチャ48

薙と旭とは対照的に目を反らして、背中を叩かずにその場を去る安藤

あの日から、一年が経った

キャプチャ49

審判「國陵高校、一堂選手!」

寧々「ハイ!!」

審判「二ツ坂高校、東島選手!」

「ハイ!!」

両者前へ

キャプチャ50

(コートの中に、魂を見た)

二ツ坂のメンバーの意志が言霊的な感じで旭に語りかける

紺野「旭ちゃん、頑張ってくださいねッ」

(この中でつないで来た、皆の意志のような何かを)

キャプチャ51キャプチャ52

大倉「頼んだぜ、東島」

将子「しっかりやれよ」

えり「あと、よろしくね、東島さん!」

「私の一勝、大事にしてくださいよ!」

キャプチャ53

そして立ち合い線の場所に立ってるのは真春

旭が線の場所まで近づくと、真春がその場所を譲り、横に立ち

キャプチャ55

旭の背中を叩く

(私はもう、あの頃とは違う)

キャプチャ57

審判「礼」

互いに礼をして構える

大将戦 東島旭 対 一堂寧々 開始

審判「始めっ!」
キャプチャ58

お互い間を取った後、旭が仕掛け、そこを狙って寧々もカウンターの面

これは決まらず、すかさず寧々が面、旭がスネで攻める

キャプチャ60

どっちも引かない戦いってとこで次回へ

今回は集大成って感じの盛り上げ方でしたね。この漫画での大一番でしょうからねえ。作者が続くの明言してなければ終わるんでは・・・と心配してしまう展開です。

そういえば最初の出会いでブチのめすって(直接じゃないけど)言ってましたね。こうなるとやっぱ引き分けでチームが勝つとかじゃなくて、旭に勝ってほしいですね。

寧々解放の話しでもあるでしょうから、やっぱ負けてこそな気がしますし。寧々からすれば引き分けでも屈辱なんでしょうけども。

背中を叩かれつないできた二ツ坂と、叩かれなかった寧々。この辺の細かい表現がいいんですよね。

孤独が勝つかチームの意志を背負い力に変える旭が勝つかというとこですかね。自らを孤独に追いこんで強さを求めて闘う寧々もカッコイイし好きなんですけど、無理してるって思わせるとこも描写されてますからねえ。

180度変わる必要はないから、ちょっとだけ歩み寄って、足りない分は仲間がその分寄ってくれれば。寧々の強さに引っ張られ惹かれてる人達もいるわけですからね。初めて弱さを見せることによって変わってくるのかなあ。

試合も試合後の描写も非常に楽しみです。

スポンサーリンク



                  

『週刊ビッグコミックスピリッツ2016-25号、あさひなぐ226話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:なぎなたかっこいいな: 投稿日:2016/05/29(日) 22:38:24 ID:A0MjMyNDQ

    あさひなぐを単行本で追いかけています。
    先が気になって、ついここへ来てしまいました。

    今回はさわりだけでも胸が熱くなりました。真春のシーンです。でも、話をまとめにきている感じがして、同時に不安にもなります。

    新刊が近々出るそうで、楽しみです。

  2. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/30(月) 04:25:01 ID:g2MzMyNTI

    作者さんのツイッターで同じように不安な声が多く寄せられたのか、3月14日ぐらいのツイートで終わりませんと明言したらしいのでたぶん大丈夫だと思うんですけどねえ。クライマックスを感じるぐらいの盛り上がりなのでみんなそう思いますよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)