週刊ヤングマガジン2016-25号、ハレ婚。84話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ハレ婚。84話

まどかと龍之介の過去編開始ってとこから

龍之介「ここで働いてるってことは、アンタもワケあり?」

キャプチャ18キャプチャ19

まどかは怖い顔してスルー

龍之介「!」

龍之介「おっさん、あの女、愛想悪い」

ママ「ママとお呼び!落ち着いて見えるけど、まどかは13歳よ。ちなみに嫌いなものは不潔でだらしないナンパ男」

龍之介「・・・18くらいかと思った」

ママ「・・2か月前、そこの通りでアザだらけでうずくまってたところを保護したの。家出しては補導され・・・自立したいんですって。地道に頑張るって条件でウチで面倒見てるの」

龍之介「フーン・・・」

ママ「・・・もしあの子に手を出したりしたら」

龍之介「なんでアンタこんなことしてんの?行き場のない人に寝床と職を紹介しているとは聞いたけど、13歳まで働かせてるの?さすがにヤバいんじゃな~い?」

キャプチャ20

ママ「・・・龍之介。今日からここがアンタのホームになるの。でも、嫌ならいつでも出て行って構わない。ただし、いる限りは貢献してもらうわ。たとえ未成年でも」

龍之介「・・・わかってるよ、ママ」

キャプチャ21

龍之介が客前でピアノを弾いており、それを見ているまどか

ママ「腕はいいでしょう?」

まどか「(ママが料理の準備してるのを見て)あ・・・私やります」

ママ「いいのよ。表で聴いてたら?」

まどか「・・・・わたし、あの人嫌いです。とても」

キャプチャ22

ママ「フフ・・・わかるわ。仲良くしろなんて言わない。でもね、あんた達よく似てるのよ」

まどか「!?」

キャプチャ23

店の営業が終わり、客席で寝る龍之介を見てイラつく顔になるまどか

龍之介「ふ!?」

キャプチャ24

まどか「そこで寝ないでください」

龍之介「ふあ・・・いま何時~?」

まどか「・・・・・」

龍之介「あーお腹減った。酒ばっか」

とキッチンの棚をあさりはじめる

まどか「店のものを勝手に食べないでくださいっ!!」

龍之介「酒は食べないし・・・」

キャプチャ25

龍之介があさっているとこを閉めるまどか。龍之介はその閉めた手に縄の痕があるのに気付く

龍之介「・・・あれ?縄の痕だ。しかも新鮮」

急いで隠すまどか

龍之介「へーー、可愛い顔してそーゆう趣味なの?13歳でねぇ・・・それとも副業?」

龍之介「あは・・・そんなにビビんなくていーよ。おっさんには言わないから。ホラ」

キャプチャ26

自分の腕にある痕を見せる

龍之介「僕のはガムテープだけど。こわーいお姉さんに軟禁されたんだ。出てくって言ったら怒っちゃって・・・逃げたはイイけど寝床も金もなくて困ってたんだよねー・・」

龍之介「おっさんがさ、ピアノ弾くなら置いてやるって。仲良くしようよ・・・同じ傷を持つ者同士さ・・・」

キャプチャ27

まどか「断固拒否します」

龍之介(そんなに・・・!?)

日は変わってお店でサックスやらとセッションしたようで拍手喝采

キャプチャ28キャプチャ29

まどかはそんな様子を寂しげに見ている

更に日が変わって、女を連れられて街中を歩く龍之介

「ねー、龍くぅん。行こうよー、花火ー」

龍之介「ヤダよ。暑いし人多いんでしょ・・・」

「スウィート取ってあげるから」

キャプチャ30

すると目の前に制服姿のまどかがおり、そのまどかに女が話しかけるとこを目撃

「まどかちゃん」

キャプチャ31

龍之介が一緒にいた女性に壁ドンして、その場にとどまってまどかの様子を見ようとする

「!?

龍之介「・・・・・」

「やっ・・やだぁ。こんなトコで・・・」

「遅くなってごめんなさいね」

キャプチャ32

とまどかに話かけたとこで次回へ

13歳とはね・・・縄の後は何度も家出ってことを考えると虐待かな。まどかちゃんって言ってる女性が母親で、義父がそういう人で・・っていうのがよくあるパターンだけど、どうでしょうね。

今回出たのは紹介する人で、お金のためにそういうプレーをする人と・・・っていうのもなくはないだろうけど、普通に考えたら母親ですよね。どのみち辛い話ではある。

龍之介は龍之介で辛い過去あるようですけどね。ピアノへの指導や期待がでかすぎて・・・って感じで家を出たのかな。

ちょっとまどか話はどろどろ感が凄いね。まあ元々そういう感じのキャラではあるんだけど、青年誌のどろどろというよりは女性雑誌向けのという感じがする。過去も思ったよりずっと暗い始まりですね。こっから結ばれたまどかと龍之介の間にゆずが入ってきて~って展開になるわけで・・・うーん、龍之介への好感が更に落ちそうな気が。

まあハーレムやってるんだから紳士的な面は薄いんだろうけど、かといってハーレムマンガの男主人公的に見れてる訳じゃないからなあ。

家庭に恵まれず家族愛に飢えてる2人だろうから、龍之介からしたら家族になった自分たちを頼らず出て行ったのが許せない理解しがたいという感じなんですかねえ・・・

まどかは子供作って家庭を築きたかったから、その夢がなくなってしまって自暴自棄という感じなんでしょうか。嫁が他に2人いるので普通の家庭ではそもそもないんだけど。そのすれ違いがあるから~っていうの描きたいっぽいですけど、やっぱちょっと演出過剰すぎる気が。

想像してたよりずっときつめの展開にしてきてるので、この作者さんのシリアス話特有のついていけない感が強くなってきてます。過去編終わったらちゃんと龍之介が行動してくれればましにはなりそうだけど、まどかへの救いがどの程度あるかで話の印象が変わるかな。

制服まどかは可愛いんですけど・・・展開が暗すぎてサービスシーンに期待するのは違う気がしてしまう。まあヤンデレ具合を考えるとこういう深い過去があったからこそって感じにしてるのかなあ。

過去編みてどれだけ2人の現状の想いに共感できるようになるかってとこなので、過去編の出来が重要ですね。縄の理由に注目したい。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2016-25号、ハレ婚。84話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/05/23(月) 05:38:20 ID:EzMDgxMDc

    やはりデリヘル女だったか。

  2. 名前:名無し: 投稿日:2016/05/23(月) 20:30:45 ID:IxNDI2ODc

    13歳で自立もクソもないですよね。虐待されてるなら、然るべき機関につないで保護してちゃんと教育を受けさせるのが筋なわけで。ママが捨て猫でも拾うのと同じような感覚でいるのが違和感爆発です。そしてこんな過去を背負ったまどかより、ゆずと先に籍を入れた龍之介の人間性が疑われますな。
    ディープな設定なのに、なんというか、色々浅くて。
    絵は本当に好みなんですけどねー。

  3. 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/23(月) 22:47:15 ID:UxNzY0NDA

    客に通報されたら終わりですからねえ。細かい事はいいんだよって感じなんですかね。そのリスクを背負って面倒見てるママ優しいっていう方に受け取ってほしいのかもしれませんね。画がリアルな方で重いテーマになってるのでその辺が浅いのが気になっちゃうとこありますね。

    そうなんですよねえ、こっからゆずと先にってのがあるから、どんな理由があろうとそこで龍之介に幻滅してしまいそうで。しかも一度おろしてるわけで。更なるどろどろは避けられなさそうだしねえ。シリアスの部分が改善されればきっかけ次第でもっと売れそうな作者さんなんですけどねえ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)