週刊ヤングマガジン2016-26号、ハンツー×トラッシュ114話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ハンツー×トラッシュ114話

ハマジとの別れを惜しむ萩原から

キャプチャ23

ハマジ「先輩・・・?どうしたんですか!?駅こっちですよ」

キャプチャ24

萩原「えっ、そ・・・そうだよね・・・(なんで・・あたし・・もう少し・・なんて思っちゃったんだろ・・)」

ハマジの腹がなる

ハマジ「あらら、オレ達そーいや何も食ってないスよ・・・うーん・・何か安く食えるとこないですかね・・・」

萩原「安いとこかぁ・・・」

ハマジ「おっ、ハンバーガー!ちょうど今季節限定のヤツがうまいんスよ!!」

萩原「えっ、ちょっとハマジ君!あたし達大事な練習試合が控えてるんだから・・・ジャンクなのはダメ!」

ハマジ「ハッ、そーか!そうでした!!」

結局コンビニの肉まん、中華まんの棚の前へ

ハマジ「・・・うまそう・・・・こっ、これなんか・・・どうですかね!?」

萩原「中華まん?」

ハマジ「ダメスか?」

キャプチャ25

萩原の腹もなる

萩原「あ・・・」

キャプチャ26

萩原「お腹空いちゃったね、たまにはいっか!」

買ってコンビニの外へ。ハマジが速攻食う

萩原「(あ・・・)も・・もう食べちゃうの?」

ハマジ「あ・・あっつ!すげーうまいッスよ!先輩も食べましょうよー、冷めちゃいますよ」

萩原「えー、ベンチとかないのー?」

ハマジ「こーやってのんびり歩きながら食うのがうまいんスよ!」

萩原「そ・・そうなの?どーしよ・・」

ハマジ「そうそう!ゴーカイにいっちゃいましょう!」

キャプチャ27

萩原「・・・・おいし・・・!ホント!!ハマジ君の言う通り・・・」

萩原「って・・!もう食べ終わってる・・・」

ハマジ「うめーっ。それにしても今日観た試合の興奮が冷めませんね!なんたって日本代表戦ですからね!応援に力入っちゃって」

萩原「あたしも声が枯れそうになったよ!」

ハマジ「オレもっ!!なんか・・・血が騒いできたー。体動かしたくてたまんねえ!!」

キャプチャ28

急に走り出すハマジ

萩原「ハマジ君!走ったら危ないってば!」

ハマジ「全然平気っスよ!!!」

萩原「もう・・・」

ハマジ「あー!!!先輩、あれ見てくださいっ。あれやりましょーよ!!」

萩原「バッティングセンター?」

入ってみると

ハマジ「あらー・・・お客・・・オレ達しかいませんね・・・」

打席に立ってやってみるも空振り連発のハマジ

ハマジ「・・次どうぞ・・・先輩ならガンガン打てると思う・・・(オレ・・もーちょい打てる思ってた・・)」

萩原が打席へ

キャプチャ29

ハマジ「おお、かっけー!!さすが先輩っス!!ん・・・?先輩っ、持ち方が逆です!逆っ!!」

萩原「えっ?何!?」

球が発射される

萩原「き・・・来たよ~~~、ハマジ君~~~、どーすんのこれ」

ハマジ「打つんです!」

キャプチャ30

萩原「えいっ」

と振り下ろし空振り。バットが地面に当たる

萩原「いったー・・・手がしびれた・・・」

ハマジ「先輩・・・」

萩原「あたし・・・実は水球以外のスポーツってほとんど苦手なんだ・・」

ハマジ「・・・・」

萩原「これ・・・どうしたら打てるの?」

ハマジ「いや・・だからまず正しくバットを持ちまして・・・」

萩原「こう?」

萩原「きた!!当たれっ!」

すべて空振り

萩原「打てない・・・」

ハマジ「ああもう!先輩!ボールをよく見るんですってば!」

萩原「教えてくれるのはありがたいけど、ハマジ君だって1回も打ててないし」

キャプチャ31

ハマジ「あっ!!次が来ますよ!ほら、バットはもっと寝かせて!」

やや強引ではあるが後ろから抱きつく体勢でフォームを正す

萩原「!!(・・・!?)」

ハマジ「ボールをよく見て引きつけて!」

萩原「うん・・・!!」

キャプチャ32

二人で振ったバットに球が当たり

ハマジ(当たった・・・!!)

ハマジ「先輩やりましたね!」

キャプチャ33

萩原「打てた・・・・」

ハマジ「ま・・・オレも一緒に打っちゃったみたいなもんですけどね・・・」

キャプチャ34

萩原が笑い、2人でほっこり

ハマジ「よしっ!!次オレがやりますよ!次は打てる気がする・・・」

萩原「うむ・・・!行ってこい(笑」

萩原(楽しい・・・なんでこんなに楽しいんだろ・・・)

バッティングセンターから出て

萩原「結局あたしもハマジ君も打てたのはあの1回だけだったね」

ハマジ「いつもならもっと打てるのになー・・・ああ~っっ、やばいスよ先輩!時間・・・!!」

萩原「わ・・・ホントだ・・・」

キャプチャ35

ハマジ「駅まで走りましょう!すいません!オレの寄り道のせいで・・・」

と手を掴んで走り出そうとする

キャプチャ36

後輩を見る目が少しずつ変わり始める、萩原ってとこで次回へ

肩の炎症があり、すぐ試合があるというのにバッティングセンターに連れていくハマジ・・・と突っ込みたくなりましたし、話としては平凡で、サービスシーンもなかったけど、悪くはなかったかな。

というのも最近はずっと堀口がどっからしら絡んでたので平穏な感じで読めなかったんですよね。それがなかったのが今回はプラスに感じましたね。

まあ彼女放置して他の女となにやっとんじゃと言えるとこですけど、まあそれ言っちゃうと話が作りづらい進めづらいですからね(;´∀`)

速水と萩原を同列で扱っていくとなると、どうしてもこういう回が必要ですからね。萩原エピソードどんどんやっていかないとね。でもその為に露骨に速水を下げたりハマジを下げたりはしてほしくないかな。

こういう回が増えれば萩原でもいいかもって読者が増えていくでしょうしね。萩原はメインヒロインにしてはこういう感じの話が少なかったんですよねえ。でも速水を堀口にっていうのとはまた別問題なんですが(;´∀`)

水泳部内で恋愛模様がごちゃごちゃしちゃしてるんで、これからもその辺でもやもやしそうではありますが、それが楽しめるようになるかどうかですねえ。

次号は休載です。単行本10巻は6月6日発売。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2016-26号、ハンツー×トラッシュ114話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/05/31(火) 10:03:03 ID:Y3MDE4MzY

    NTR属性があれば楽しめた

  2. 名前:NTR嫌い: 投稿日:2016/06/06(月) 17:52:11 ID:AyNjA5MTA

    ハマジの行動に物凄くイライラする。テメェには速水がいるだろうが!

  3. 名前:中居正広: 投稿日:2016/06/08(水) 13:15:07 ID:E2Njk0NTE

    速見真紀が浜路洋平と付きあつています。速見真紀が浜路洋平と結婚しています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)