週刊少年ジャンプ2016-26号、ものの歩35話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ものの歩35話

歌いながら日傘さして歩いてる人物がおり

キャプチャ97

?「ぼーくーはーつーちーのこ、あーまつーよりー」

一方のかやね荘

泰金「みんなーーっ!!!信歩ちゃんが出るよっ!!!見送りは!?」

香月「まだ6時じゃないか・・・試験10時からだろ!?今年の会場どこだよ!!」

泰金かな?「けんぼプラザ(将棋会館の隣)」

桂司「徒歩5分じゃねーか!!」

みなと「あによぉ、あはっぱらかあ・・・」

信歩「あのっ!!無理に見送りして頂かなくても・・・」

キャプチャ98

みなとが下着姿で出てきて、階段ですべって信歩の上に

みなと「落ちたらぶっ殺すわよぉ・・・」

信歩「・・・・・!!」

みなと「・・・・信歩どこ?」

桂司「・・お前が落ちたせいで死にそうだよ」

信歩(何か物凄く重い物が・・・!!?)

そしてみんなに見送られ

キャプチャ100

信歩「行ってきます!!!」

信歩(・・・今日は一人か・・・)

竜胆に電話した時の回想へ

キャプチャ101

竜胆「明日?行かないぜ、オレ」

信歩「え!?」

竜胆「勘違いすんな、一次試験はだよ。俺は中3の時、指定の大会優勝してるから一時免除なんだ。本当は一次から受けるつもりだったけどよ。お前と潰し合うのも嫌だしな」

信歩「潰し合う?」

竜胆「何だ下調べくらいしとけよ!一次試験は受験生同士での対局だ。2日かけて6戦!んで成績上位者だけが二次に進める。4勝2敗がボーダーらしいからな。絶対受かって2次で待ってろよ!」

信歩「・・・ハイ!」

回想終わり

信歩(とは言ったものの、やはり少し心細い・・・)

そこに

キャプチャ102

阿門「よお信歩!早ぇとは聞いてたがここまでとはな」

信歩「師匠!?」

阿門「乗れよ!送ってくぜ」

信歩(徒歩5分ですけど!?)

阿門「俺の教えは覚えてるな!?」

信歩「将棋は愛で指せ!です」

阿門「どーゆー意味かわかるか?」

キャプチャ103

信歩「・・・・・将棋を楽しめ!でしょうか」

阿門「正解!!しかしこの辺は赤信号が長ぇな。歩いたほうが早かったかもなぁ!!」

信歩(え~~~~)

と言ってると向かい側からトラックが突っ込んでくる

キャプチャ104

阿門「あ?ウソだろっ!?掴まれ信歩っ!!!」

なんとかよける

阿門「大丈夫か!?」

信歩「はい・・・でも人がっ・・・!!」

阿門「バカ、逃げろっ!!!」

キャプチャ105

冒頭の日傘さしてる人物にトラックが突っ込んでいく

そのまま突っ込みトラックは工事現場の柵に突っ込んだとこで止まる

キャプチャ106

突っ込まれた人物は煙がまう中、トラックが突っ込んだとこの横から何事も無かったように歌いながら歩いている

「ぼーくーは、そーらのーこ」

信歩「あのっ、大丈夫ですかっ!?おケガはっ!!?」

キャプチャ107

信歩の声に振り向いた人物はオッドアイで

オッドアイ「はい?」

信歩「・・・いえ・・その、あれ・・・」

オッドアイ「・・・すごい事故ですね」

信歩「・・・まさか気づいてなかったんですかっ!?」

オッドアイ「・・・いえ見てましたけど」

信歩「!?じゃあ何で逃げなかったんですかっ!?」

キャプチャ108

オッドアイ「・・・死ぬなら死ぬでそういう運命なのかなあと思って・・・」

信歩「・・・・・え?いったいなにを・・?」

オッドアイ「・・・でも大丈夫だったみたいなので・・・そういう運命だったんですね」

また歌いながら歩いてどっかへいってしまう

阿門「・・・ありゃ人間か?」

会場まで送り届け

阿門「運転手も無事で奇跡的に怪我人ゼロだったそうだ。俺のギブリも無事だったしな。早く出たのがよかったのか悪かったのか、いい時間じゃねーか。緊張はほぐれたろ!?」

信歩「・・・・ハイ」

阿門「結果出たらすぐ電話しろよ!」

信歩「・・・・あそこが将棋会館・・・(今日はお隣、ここに集まっている人たちが試験の相手)」

試験会場の中へ

キャプチャ109

信歩(小学生ばっかりー!?・・・ホントに高校生って遅いんだ・・)

受付へ

受付「ハイ・・・高良・・・信歩くんね。近くで事故があったみたいだけど大丈夫だった?」

信歩「あ、ハイ!」

受付「これで全員揃った?」

運営「いえそれが・・・まだ例の子が来てなくて。目が悪いらしくて家は早めに出たそうなんですが・・・」

信歩(・・・!あの人だ!!)

信歩「あのっ、自分たぶん今朝このへんでその人見ました!!探して迎えに行ってきます!!」

受付「ダメだよ、もうすぐ試験が始まる。どんな理由があっても時間を過ぎたら受けられない。酷だけどそういうのも含めて試験だからね」

キャプチャ110

信歩「・・・・・時間までには必ず戻ってきますっ!!!」

受付「!!ちょっとダメだって!!!」

駅の方に捜しにいく信歩

信歩(迷ったならきっと駅のほうに・・・)

キャプチャ111

信歩「いたっ!!あのっ!!!奨励会の受験ですよねっ!!?」

オッドアイ「・・・・はい」

信歩「もうあと10分ですよっ、自分が案内します!!!」

オッドアイ「・・・あ、ほんとだ、着信も一杯。早く着きすぎたから考え事を・・・」

信歩「とっとにかくまだ走れば間に合います!!走れますか!?」

オッドアイ「・・・走れますよ、医者はダメって言ってるけど」

信歩「じゃあダメですよっ!!?」

オッドアイ「いいですよ、ほっといて。間に合わないならそれはそれで、そういう運命何だと思いますし」

信歩「・・・そういうわけには行きませんっ!!!」

キャプチャ112

背負っていく信歩

オッドアイ「・・・ほんとにほっといていいんですけど、何でそこまで?あなたも受験生ですよね?」

信歩「ハイ!今日は受験生同士の対局ですよねっ!?あなたとも将棋指してみたいです」

オッドアイ「・・・」

信号が多く引っかかると長いエリアへ

信歩(・・・信号が・・・)

オッドアイ「大丈夫ですよ・・・あなたが間に合う運命なら世界はそうなるはずです」

信歩「そんな事言ってる場合ですかっ!?」

信号が青に

信歩「!!ちょうど青・・・」

キャプチャ113

信号を意味ありげな感じで見つめるオッドアイの子

信歩(一度も赤にひっかからない・・・偶然・・!!?)

オッドアイ「・・・どうやらそうだったみたいですね」

信歩「・・・・!!(今朝の事故といい、この人一体・・・!!?)」

会場内へ

受付「二人とも時間ギリギリです!」

オッドアイ「・・・すみませんでした。見知らぬお兄さんもありがとうございました」

信歩「あ、いえ」

キャプチャ115

オッドアイ「・・・いずれにせよ間に合う運命だったという事なので、感謝の気持ち自体は全然ないんですけど」

受付(えーーーー!!?)

オッドアイ「でも自分を顧みず、助けに来た貴方の行動には素直に感動しました」

信歩「・・・いえそんな、あ、あと自分は見知らぬお兄さんではなく、高良信歩といいます」

オッドアイ「・・僕は」

と名乗る前に将棋会館での噂話をする人たち

キャプチャ116

「お隣は今日一次試験だろ?今年はどうかな」「どうせ当たんないしどうでもよくね?」「今年はあの斑木がいるらしいよ」「え!?なんか入院とかしてなかった?」

「ああ、斑木兄弟の末っ子?」「誰?」

「・・・そいつには兄が3人いてね、皆プロを目指して奨励会にいたんだけどさ。四男が将棋を始めたのを見て、全員心が折れちまったそうだ」

「・・で3人はプロ棋士の夢を諦めて、仕方なく東大に行って医者や弁護士になるしかなかったそうだ」

「・・・とんでもねー話ですね」

「斑木兄弟も奨励会では期待の星って言われてたんだぜ。それでも上には上の天才がいるって事・・・」

キャプチャ117

王四郎「僕は斑木です。斑木王四郎。今日は全部勝つ事になると思うので、当たった時はよろしくお願いします」

ってとこで次回へ

また癖が強い新キャラが・・・しかも王ってことは最大のライバル候補だろうか。正直、運命運命としつこくて、ウザさの方が勝ってる最初の印象になりました。人間味がない感じのキャラはちょっと苦手。

将棋中もこんな感じで運命運命言うんだろうなあ・・・儚げなキャラは将棋には合ってるんだけど、今の印象としては微妙な新キャラですね。

最初の蒼馬に感じたのと似たような感じの印象かなあ。強キャラ感はあるね。その蒼馬は竜胆の友達で収まっちゃったけど、さすがに王なんでこのキャラはしっかり強キャラでいるはず。

中性的な感じで背負う展開にしたから女キャラか!?と思ったら男キャラでヽ(・ω・)/ズコー基本的に女性ウケも狙ってるキャラが多い感じなので、このキャラもそういうタイプかなあ。

居眠りトラックが突っ込んでぎりぎり当たらず平然と歩いてくる。よくある感じな気もするけど・・うーん・・対局中もそうだけど、魅せ方がどうも苦手なとこがある。運命が口癖のキャラなので、キャラ立ての為の演出なのは理解できるんですけど・・・この辺は好みかなあ。

どうも対戦相手となると、最終的にはいいキャラになるんだけど、最初の印象が悪いのが多いんですよねえ、ものの歩は。かやね荘のメンバー等は最初からよかったんですが。

一次試験はさらっとやるのかと思ったけど、新キャラ出して結構しっかりやるっぽいですね。こんだけ持ち上げられると、さすがに現段階では彼には負けるんだろうなという感じですが。

心折れない信歩が描写される感じになるかな。圧倒されてもなお・・となるか、それとも相手の心に残るような粘りを現時点で見せるか。

信歩は探しにいっちゃうのは最悪の事を考えると、良くも悪くもだけど、人の良さがあるからそこは好意的に見ないとね。主人公があそこで、じゃあだめだってわけにもいかないしね。

おんぶして行くとこは勇ましくてよかったし、ハキハキしてるとこも良かったね。男らしさが出てきたかな。

みなとは露骨なまたサービスシーンでしたね。最近はかなり増やしてきてる印象がある。可愛いし良いんだけど下着姿で男性ばっかのとこに出てくるのはやはりちょっと気になるとこでもあるね。

コメントでもあったけど、信歩の恋を自覚した時に改めてくれたりするとギャップで好印象になりそうではある。

若干不安が大きくなった新キャラ回でしたが、今号も掲載順位がちょっと微妙なので試験回は面白い内容になってほしいところ。阿門回のような手放しで賞賛できる話が何個かあってほしいね。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年ジャンプ2016-26号、ものの歩35話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/05/30(月) 10:29:39 ID:k2ODg0MjE

    「月下の棋士」というマンガでラスボス的存在のキャラ(滝川)が横断歩道を突っ切って自分が選ばれた者であることを確認するみたいなシーンがあるんですよね

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/30(月) 21:16:21 ID:g2MzMyNTI

      ほうほう、それをパク・・・参考にしたんですかね。同じ将棋漫画からっていうのはちょっと微妙なとこですね

  2. 名前:: 投稿日:2016/05/30(月) 11:48:15 ID:I0OTEyOTI

    蒼馬は最初から強キャラ臭が漂ってて好きでしたが(弱体化したけど)、ちょっと王四郎君は無理ですね。
    謎めいてるけどある程度常識は有りそうだった蒼馬に比べて、ミステリアスなキャラ付けをやり過ぎてると言うか。
    こんなのなら蒼馬を奨励会編の強キャラとして引っ張って欲しかった。なんで若干ホモ臭い竜胆の友達にしちゃったんだろう。
    もったいない。

    四人兄弟で将棋を指していて、末っ子がプロの道に進み、他の三人は東大に行ったと言うのは米長邦雄さんのエピソードまんまですね。
    「兄たちは頭が悪いから東大に行った。自分は頭が良いから将棋指しになった。」
    という台詞は有名です(実際は言ってないそうですが)。

    今週ははっきり言って自分好みではありませんでした。
    掲載順がちょっとヤバいので、面白かったらアンケートを入れようと考えていたんですが。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/30(月) 21:22:53 ID:g2MzMyNTI

      自分は蒼馬も最初は苦手だったんですよねえ。まああそこまで変わるとは思わなかったですね。友達キャラで収まるとは予想できなかったですね。雰囲気はあっただけにもったいないとこありますね。

      王四郎のキャラ背景はモデルがいるんですね。まあそこはありですね。

      先週今週と微妙ですね。新キャラはキャラ立てが濃すぎてかなり好み分かれそうです。阿門回ぐらいの出来がぽんぽんきてくれれば良いのですが。もうあんまはずせないとこまできてると思います。

  3. 名前:: 投稿日:2016/05/30(月) 13:18:49 ID:UyNzA1NzA

    今週はアンケート入れられないです。
    ちなみに、一次試験免除は該当年の優勝のみですので、竜胆が一次試験を免除されることはありません。
    下調べくらいしとけよ、は盛大なブーメランですね。

    しかし、これで竜胆は来年の受験になってしまったわけで、池沢先生は何を考えてこういう展開にしたんでしょう。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/30(月) 21:28:24 ID:g2MzMyNTI

      この漫画の将棋世界ではそうなのかもしれないと超好意的に解釈すれば・・・とはいかんですかねえ。まあ何度も間違えしてるのでどうもこの辺のチェックの甘さが気にかかるとこですかねえ、特に知識ある人からすると。自分みたいに知識ない人は間違いに気付かないのでってことで、あんま気にしてないんですかね。

      担当さんも調べる時間がないのかな。最後に監修さんに見てもらって~ってできれば違いそうなんですが。

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/05/30(月) 13:40:15 ID:M2MzE5OTk

    僕もこれは完全に月下の棋士だと思いましたw
    でもそれをここまで超能力的に書いちゃうのはどうかなぁ

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/30(月) 21:30:31 ID:g2MzMyNTI

      月下の棋士読んでる人は思い浮かぶとこなんですねえ。ここだけで2人いるんですから相当数いそうですね。能力っぽくなってしまってるのがジャンプっぽくもあり、将棋漫画としてはぶっ飛びすぎな感じもあり、なんともいえないところ。

  5. 名前:遠藤: 投稿日:2016/05/30(月) 18:39:46 ID:cyNjkzNzM

    あーこの人、王なのか。そこは気付かんかった。しかし、何だこの中二的なキャラは、テコ入れで戦闘ものに走ったかと思った。ゆらぎ壮の様に。こいつには負けるだろうな。じゃなければ、主人公補正強すぎ。目見えないのに、将棋指せるのこの人。読み駒するのかな?コムギみたいに。それとも、音だけで聞き分けるとか?

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/30(月) 21:35:03 ID:g2MzMyNTI

      まあなかなかの中二病的なキャラですね(;´∀`)さすがにこんだけ強キャラ設定にしてたら現時点では勝てないでしょう。王ですしね。将棋指す時はどうなるんですかねえ。信歩の終盤の力みたいに能力的なの発動してとかにはなりそうですが。オッドアイってことで目の演出が凄そう

  6. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/05/30(月) 18:44:50 ID:cyNjkzNzM

    おっどあいか

  7. 名前:T-2012: 投稿日:2016/05/30(月) 23:50:25 ID:cwMTg5MDA

    新キャラは一瞬、何かの特殊能力でもあるんじゃないかと思ったけど、これは偶然に強いキャラだと思います。
    言い換えれば幸運ですが、やる事なす事偶然上手くいき、事故にあっても偶然生き延びる。
    将棋だと何気なく指した駒が、偶然良い位置にあったり。
    例えるなら、信歩の十歩戦でのたれ歩みたいになりますかね。
    偶然上手くいく事を自慢せずに嫌味みたいに言うのは嫌われキャラですね…。
    だけどよくよく考えたら、そういった偶然の運命力なら信歩の方も力は強いと思うんだけど…。

    一次試験では王に信歩が実力を見せつけ(負けて)、二次試験で勝負がつくのかな?
    このキャラがどう変わるのか、楽しみでもある。

    • 名前:: 投稿日:2016/05/31(火) 22:14:17 ID:g1MDUyMTQ

      二次試験は受験者と奨励会員の対局になるので、そこでは信歩と王四郎はぶつかりません。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/05/31(火) 23:29:02 ID:A1NTU2NTM

      強すぎて嫌われキャラは、信歩頑張ってこいつに勝ってくれよと思えるから、いいライバルキャラとも言えるんですが、雰囲気といいどんなもんですかねえ。魅力的なライバルキャラになるかどうか。いずれにせよ対局中に面白く描くのがまた難しそうな感じではありますね。納得いかねーとなりそうな気も。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)