週刊少年サンデー2016-27号、メジャー2nd54話、BE BLUES~青になれ~246話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

メジャー2nd54話

道累は吾郎に憧れてる事が発覚し、卜部は先発外れを告げられってとこから

大吾の家に田代から電話があり

大吾「え!?ほ、ほんとですか監督!?は、はい、がんばります!ちゃんと調整しときます、失礼します!」

いずみ「何?どうしたの大吾?」

大吾「こ・・・今度の準々決勝・・・・先発投手光でいくから、マスクも俺がかぶれって・・・!!」

一方、先発を光にすると告げられた卜部は、学校の校庭で掌に蟻を乗せて砂を被せて、ふてくされていた

アンディ「昼休みからずいぶんとたそがれてんな、オイ。例えるなら、大事な試合でルーキーに先発を奪われた元エースって感じの面か」

卜部「微塵も例えてねーだろ」

アンディ「・・・まあ、残念だが仕方ねえ。監督はとりあえず佐藤の球が東斗には有効だと思ったんだろ。佐藤が苦しくなれば、嫌でもお前の出番は来る」

卜部「・・・・」

アンディ「俺は4番ファースト、おまえは3番レフトだし東斗とやることには変わりねえ」

卜部「・・・・仕方ない?はぁん・・・おまえも俺より佐藤のほうがいいと思ってんのか」

アンディ「あ?」

卜部「そうだな、しゃーねーな。まあいーさ。ライバル視してた眉村は、女の方がピッチャーだし・・・なんかもうどーでもいいわ」

と会話を切り上げてどっかへいく

大吾と佐倉はバッティングセンターへきており、大吾は120kmのケージに入って練習中。佐倉はその様子を見ており

一通り打って出てくる大吾

大吾「うーん、ダメだ・・・」

佐倉「え?何が?半分くらいいい当たりしてたし・・・全然ダメじゃないよ。東斗のあの女の子も、このくらいの球速でしょ?」

大吾「ダメだよ・・・光のお父さんが言ってたんだ。同じ球速のマシン打撃で25球中20球は捉えないと、実戦ではまずヒットなんて出ないって」

大吾「マシンはリズムもコースも単調だし、それが100%打てるくらいじゃないとダメだって。それにあのピッチャー、ほとんど俺らが見たこともない左のサイドスローでしょ?バッセンでいくら打っても、シミュレーションになってるのかどうか・・・」

佐倉「まあ何もやらないよりいいよ。光君は平日来れないから、捕球の練習はできないんだし」

今度は佐倉が入り、大吾が打ってるのを眺めてると130kmのケージでボールを捉えるいい音出しながら、ホームランの板にあててる人物がおり覗きに行く

大吾(なんだ・・・すげーいい音させてんな)

その人物は道塁で

出てきたとこで顔を合わせることに

大吾(ゲーーーッ、ま、眉村道塁ー!!東斗ボーイズのエースじゃーん!!)

引き返そうと体を反転させるも

道塁「ちょっと!もしかして茂野・・・大吾君?」

大吾「え・・・そ・・・・・・そうですけど・・・」

手をがっちりつかまれる

道塁「は、はじめまして!!あたし、東斗ボーイズでピッチャーやってる眉村道塁っていいます!」

大吾「へ?」

その時、佐倉が打ち終わって出てきて

佐倉「フー」

大吾の手を握ってほんわか話している2人を目撃する

「!?はあ!?」

何か会話が進んでおり

大吾「え!?マ・・・マジで!?」

道塁「ええ、いいわよ。だってその練習がしたいんでしょ?」

大吾「で・・・でも・・・」

その時、同じく130kmのケージに入ってた渉が出てくる

「どうしたミチル?ん?」

大吾(うわ、相方もいたのか!!)

大吾「・・・・」

「なんだ。こりゃ三船のキャッチャー君じゃねーか」

道塁「今ね、話してたのこれから一緒に茂野君家で練習しようって」

「何!?」

佐倉(ええっ!?)

「はあ?何いってんだミチル!俺達はこいつらと今週末対戦するんだぞ!バカも休み休み言え!帰るぞ!」

道塁「やだ、じゃあワタルだけ帰ればいいじゃん」

佐倉「ちょ、ちょっとどーいうこと?茂野君。次に戦う相手なのになんでそんな話になってんのよ!?」

大吾「いや・・・確かに変だけど左サイドスローのボール打たせてくれるって言うから・・・」

佐倉「ええっ!?」

(・・・・)

大吾「せっかくだから、やらせてもらおうかなって」

(・・・まてよ、ミチルのやつまさか・・・)

道塁「じゃ行こ、茂野くん」

大吾「う、うん」

佐倉「し、茂野君!!」

2人は茂野家へ。渉と佐倉は残される

卜部家では

部屋にある1番のユニフォームを手にとる卜部

それをゴミ箱に投げ入れる。そして机には退団届

と言ったとこで次回へ

卜部の心の弱さ半端ねえ。まあ挫折から逃げるタイプなんでしょうね。こうなると東斗でもという感じですね。今回は目標にしてきた事が台無しになったってことでそうそう切り替えられるものじゃないのでしょうがない部分もありますが。

外野でも勝てれば、投手としての役目回ってくればやってやると、辞めようとするときにまたアンディの熱い説得等があるでしょうから、それで気持ち切り替えられるのかどうかといったとこですかねえ。

道塁は普通に可愛いですね。初代の涼子ちゃんも最初こんな感じに思ってた気がするけど。

吾郎好きなので憧れの想いをストレートに大吾にぶつけて、大吾はそれに戸惑って、吾郎を素直に尊敬の思いは出せないでしょうから、その部分で衝突して喧嘩するか、もしくは吾郎の息子なのに、しょっぼいとこ見てがっかりするか、その辺りですかねえ。

こいつ俺好きなのかって思ったとこで吾郎に憧れてたから近づいてきたって知ってショックパターンとか色々考えられそうですが。

でも録画してきたのでプレー見てるだろうから、それでたいしたことないのはわかってるのかな。案外しょぼいとこ見ても幻滅しないのなら、更にヒロインとしての魅力あがりそうではあるけど、それだと佐倉と差がついちゃいそうだからどうなんだろ。

佐倉はその辺を許容してる存在っていうのが大きいですからねえ。

初期眉村に比べたら渉は人間味あって結構親しみやすいですね。小学生編のメンバーは今後も結構絡んできそうだから先が結構楽しみです。同じ中学校だったりするんだろうか。でも渉あたりはリトルシニアに進んだりするんだろうか。でも今いるのって軟式ですよねえ、どうなんだろ。

3バッテリー出てきてるから、この辺の入れ替えでドラマ作りそうではあるのかな。

とりあえず道累と大吾のやり取りがどうなるのか楽しみにしたい。

BE BLUES~青になれ~246話

友坂決死の思いで作ったFKチャンス。一条が決めないとと打ったとこから

友坂はコーチ2人に肩を貸してもらって見守っており

友坂「決まれェ!!」

高木「にィあっ!!」

壁に入ってる大浦南選手達「高木ィ!!」

ボール壁を越えて左隅へ

しかしそのボールに高木が触り


ボールはバーに当たってはずれてしまう

観客「バーッ!!」

友坂「突っ込めー!!!まだ生きてるぞっ!!」

バーに当たったボールは高木の真上に

そこに突っ込んでいくマコさんとジョージ

しかし高木が立ち上がりジャンプしてボールをとられてしまう

高木「ぬん・・・が・・・」

大浦南「高木ーー!!」

ゴールにならずショックの一条

ミルコ「プレッシャーに飲まれたか・・・少年・・・」

一条「理想の軌道より高くなった・・・コースも甘かった、くそ・・・大事・・いきすぎたっ!!」

優人「龍ちゃん!」

高木はスローイング体勢に入っており

優希「走り出してる・・・カウンター来るよー!!」

走り出してる選手に出される

一条「く・・・」

リンゴ「戻れ!!」

ジョージ「ヌオオ!!」

相手選手は右サイドと中央に。後ろに残ってるのはレノンとポール。それに次いで小田辺りが追いかける。

F組の人たち「枚数そろってないぞ!」「ヤバイ!これヤバいぞ・・・」

ポール「るおっ!」

ボールホルダーにはポールがついていくが

リンゴ「ポール!遅らせろ!」

動きを止める前のスペースに出されてしまう

ポール「あ、チィッ!」

中央に走り込んでた選手が右のスペースに出されたボールに追いついていく、レノンがそれを追いかける

窪ちん「簡単に前に出してきたわねっ!!」

優希「レノンさァん!」

レノン(今、後ろはキーパーしかいない!絶対に抜かせないのが第一!)

レノン「5秒付き合ってもらう!!」

志村「そうは、いくか・・・」

ナベケン「ディレイ!ディレイディレイ!」

ナベケンが中央を見ると

ナベケン「!上がりがはええ!!」

後ろから中央に走りこんでくる。ジョージがそれを追いかける

大浦南選手「志村ァー!!」

伊狩「出せェ!!」

志村がすぐにクロス。レノン触れれず

レノン「こいつら・・やっぱりカウンターの意識がクソたけェ!!」

ボールは正確に中央を走り込む選手の前へ。ナベケンも前へ出よとするが

優人「と、通るッ!?」

ナベケン(ボールはペナの外!相手の触る方が速いッ・・・・)

PAライン手前ぐらいで止まるナベケン

窪ちん「止めて!」

優希「ナベ・・・」

相手の選手がボールに触れるその時

ジョージ「ク・・・」

ジョージが後ろからスライディング。ボールではなく完全に足を狩る形に

当然笛がなり

ナベケン「2枚目の・・・」

窪ちん「イエロー・・・・」

優希「あ・・・ああぁ!!」

2枚目のイエローでジョージが退場、さらにPA前でFKってとこで次回へ

引きで嫌な予感あったけど、は、は、は、はずすんかーい。まあ予想する人も多かったから覚悟はできてたので、ショックまではいかないですが、決めるべき決める一条龍とは。まあ毎回そういう場面で決めてばっかだとどうせ決めるんでしょってなるから、それもよくないんですけども。ましてまだ高校生1年生ですもんねえ。

主人公としては更に悪い状況になったことで、後に決めればかな・・友坂が必死に作ったチャンスっていうのがあるから気になるけど、友坂の思いはこの後に活きてくるんでしょう。

まあこの大事な場面ではずして、一条の一時的な挫折ってことで、さらなる成長につながるという感じなのかなあ。それでも最終的に最低でも点には絡むとは思うんですが、できれば一条に決めてほしいかな。もしくは一条絡んでコーメイなら。

桜庭が決めて試合は勝つも一条ははずした事を悔やみ、選手権には必ず友坂を連れていくと練習に更に熱が入るとかもありそうだけど。色々考えられますね、先が読めなくなった。

高木のノッてる台詞は一条がゴールを決めるフリじゃなくて、止める説得力を出すためのものだったとはねえ。

しかしここまで苦戦するとは思わなかったです。後はコーメイが復活して勝ちだろうって思ってたので、予定調和にならず、試合自体はめちゃくちゃ面白くなりました。ジョージも退場してどう勝つんだろうと素直に先が気になりますね。

一人減った以上、単純に守備を考えると桜庭を入れられるのかという点もあるけど、どうなんでしょうね。今度は引いて耐える形になるから、カウンター要員として入る可能性があるのか。しかし今までまったくCBの控えの描写なかった気がするけど・・誰がやるんだろ。さすがにいないって事は無いと思うけど。

それともポール、レノン、リンゴの3バックでやるんですかね?高さの面できつそうですが・・・守備も考えるとコーメイも怪しいとこですし、交代策もかなり気になるところ。

勝つのは間違いないとしても、どう勝つのかというのがはっきり読めなくなりましたね。その分、かなり面白くなったと言えます。当初思ってた万全で決勝ということにはとてもならなそうですね。

というかこれ次ジョージ出れないですよね。怪我が厳しいなら友坂、ジョージ抜けで決勝ですかね(;´Д`)そうなるとCB誰がやるんでしょうね、フォーメーションも含め、この後の交代でだいたい察することができそうですが。決勝はもう苦戦の理由が出来ましたねえ。

FKも単純に打つだけならナベケンだから決まる気しないですけど、変化つけてくるパターンなら・・・わからないですね。先がわからなくなったという点で非常に面白くなったのでどう動いて展開するか楽しみにしたい。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年サンデー2016-27号、メジャー2nd54話、BE BLUES~青になれ~246話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:あじ: 投稿日:2016/06/01(水) 11:18:13 ID:MxNTQxMjQ

    外しちゃいましたね・・・
    まさに嫌な予感が的中してしまったというところ
    まあナベケンである以上FKまで決められるような不安はありませんが
    しかしこんな走りあいの試合で数的不利になるだけでも厳しいのに次回もジョージは出られないとは
    友坂交代の部分も次回に持ち越しになりましたがミルコが話していた気持ちの勝負である以上桜庭投入はあり得たとしてもどう転ぶのかなあと思えますが・・・
    勝ちは展開的に揺るがないにしても残り時間も迫ってますしどうやって勝つのかさっぱり予想が付かなくなってきましたね
    本当に面白くなってきましたが数的不利なのと、さすがにここまで話数かけすぎてて延長まではいかないだろうと思いますし決着ももうすぐなことを祈ってます

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/01(水) 19:20:10 ID:A3NTg0Mjc

      引きが嫌な感じではあったとはいえ、そう思わせての~と期待してただけにちょっとがっくり(;´∀`)決勝でジョージいないっていうのはねえ・・・うーん。

      守備面もそうだし気持ちの部分で熱は桜庭にはないでしょうからねえ。その点がどうなのってとこがあるんですよね。気持ちの面だと矢沢も期待できそうだけど、さすがにないかなあ。どう動くのかどう展開して勝つのか色々考えられすぎて読めないですねえ。その分、先が気になるだけに面白くなってきたといえるのですが。

      泥試合ってことでいくとこまでいってしまうのかもしれませんが、それだと長くてだれてしまいそうですからねえ。かといって桜庭投入であっさりというのも、何とも言えなさそうですし、わからんですね。どう試合を動かしていくのか注目したいですね。

  2. 名前:nanashi: 投稿日:2016/06/01(水) 12:34:25 ID:M5MDU1MjU

    BE BLUES…はっ、入らね~~っ…。
    この漫画だと、前回の引きから巻き戻って、改めて演出して決めます、って展開もあるのでどうかなと思ったんですが、入りませんでしたね…。
    内容は見ての通りという感じで、ジョージ退場なんですが…っていうか、友坂が下がった代わりってまだ入ってませんよね?(春畑がアップ命じられたとこ止まり?)
    守備の問題は出てるメンバーで解決させて、春畑入れる(春畑のポジションが分からんのですが)のか桜庭入れるのか…二枚代え三枚代えして、時間が短いなかで新たな策を授けるのか…。
    とりあえずここで武蒼敗退の線を除外して考えると、やっぱり1-0勝利ですかねえ…それか、1-1からのPKとか?
    あんまり2点取る展開も想像出来ないんですけど、2-1の場合は龍とコーメイなんかの活躍で1点取って、トドメの桜庭って感じでしょうか。
    ジョージのプレーはまあ演出上なのかイエロー二枚ってことでしたが、正直一発レッドですよね(笑
    勿論、本人も覚悟済みでタックルはしたのでしょうが。
    とりあえずCBどうすんの問題は恐らく、次の試合の前に詳しく描かれると思いますし、この試合はボランチ落としの即席CBとかで対応かな?
    普通ならFW削ってCB投入なのでしょうが。
    色々想像出来ますがあんまりヒントもないんで、次週を待つしかないですね。
    そういえば、コーメイが友坂を意識してるのって、きちんとAvs選抜戦の時に描かれてたんですね…連載だけ追いかけるのでは、全体の流れを把握しきるのはなかなか難しいです(汗

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/01(水) 19:39:42 ID:A3NTg0Mjc

      それを期待してましたが外れちゃいましたね(;´∀`)交代はまだですねえ。ミルコがどう考えどう動くのか・・・CB出来る選手が控えにいるのか、春畑ができるのか、攻撃も考えて桜庭を出すのか、出てる選手でどうにかできると考えるのか、色々考えられ過ぎてわからんですね・・

      とことん泥試合やったろってことで延長PKもなくはなさそうですけど、それだと長くなりすぎかなってとこがあるので、どうなんでしょう。点差や決着の仕方含めて読めなくなりましたね、ほんと

      交代は普通に考えたら小田ちゃんあたりなんでしょうけどねえ。ボランチは優人、コーメイなので・・うーん・・色々考えられすぎて憶測すぎるので、おっしゃる通り次週待たないとわからんですね。

      まあ完全に一発レッドものですね。審判がその辺甘いタイプだったということで(;´∀`)

      後から読み直して気づくっていうのはよくあることですね~。その時はすら~っと流して読んでますからねえ(;´∀`)

  3. 名前:tanu: 投稿日:2016/06/01(水) 21:28:39 ID:EyNDMwODA

    ジョージはハーフタイムでアイコの檄に強く反応して闘争心剥き出しだったので、皮肉にも戦う気持ちの強さを前面に出した二人が相次いでピッチから去ることになってしまったんですね。見るのが苦しい展開になってきました…。
    やっぱりこうなると、「桜庭!いくらでも尊敬するから、助けてくれ~」って気持ちです(笑)。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/02(木) 18:34:43 ID:k5ODI0NDQ

      熱い気持ちはないだろうけど、今の重い空気のとこには尊敬しろ精神が丁度いいかもしれませんな

  4. 名前:ハチ: 投稿日:2016/06/01(水) 23:50:30 ID:MzOTM4NDE

     道塁は可愛いですね。「やだ」と渉に対して言ってる所とかなんだか自由奔放で猫っぽくて可愛いなと思いました。
     53話で外野手だった頃の道塁のコマがちょっとだけありましたが、別に投手じゃなくてもやる気満々でしたね。吾郎に憧れているということは最初は世代的に打者としての吾郎のプレイに感銘を受けてからのファンになったのかもしれませんね。実際吾郎は投手でも打者でも人を惹きつけるプレイをしますからね。それから父との映像で投手としての吾郎に憧れて、投手を目指したのかなと個人的に想像してしまいました。まあとりあえず道塁にとって吾郎は本当に憧れなので大吾に興味を持つのは当然かもですね。同じ女子投手として泉との絡みも少し見てみたいです。

     しかし以前何かで作者の満田先生は女性キャラを出すときには物語に関係するなんらかの大きな役割を持たせるとか読んだような気もするので、道塁は重要なキャラになるでしょうね。もしかしたら中学編では大吾とバッテリーを組んだりしたら面白くなりそうですね。渉と大吾の組み合わせも楽しそうではありますが。
     ただこの作者は試合前になると敵チームの選手は寿也や小森でさえそっけなくなることが多いので、このまま仲良く試合開始ってことにはならないかもですね。

     そしてヒロインであるはずの佐倉は新たなヒロイン候補のキャラが出て来たので何とか目立って欲しいですね。まだ佐倉の代わりにベンチになった永井くんとの気まずさも無くなってないと思いますし。なんとなくですが、今回の佐倉の役割はまずは卜部の説得じゃないですかね? 卜部の説得はアンディや大吾でもいいですけど、佐倉は以前卜部に自分より上手い奴は出るのは当然だと言われましたからね。今度は佐倉がそんな感じのことを言うかもしれないなと思いました。

     そして着実に大吾が成長しているのもいいですね。物語開始当初はあんなに120キロのボールに当たらなかったでしょうし、何より自分が才能ないと開き直ってからは凄く素直ですね。選手としてはある意味それは才能の一つなのかもしれないですね。今回の道塁や渉との出会いをきっかけにさらに成長してくれることを願っています。何せアンディの代わりに出るんですから。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/02(木) 18:53:54 ID:k5ODI0NDQ

      今回は吾郎の家にいきたいっていうのがあるから、媚びてる風だったのも可愛さにつながってましたね。それだけ憧れてるってことなんでしょうね。いつものパターンなら大吾と吾郎関係で衝突して試合開始時は仲良くではないでしょうね。大吾としては素直に父に憧れてる気持ちをがんがんぶつけられると複雑なとこあるでしょうし、映像でプレー面見てなければ大吾にがっかりもしそうですし。

      まあ無印の涼子ちゃんみたいにならず、同世代ってことで長い付き合いになればいいなと思います。

      佐倉は確かにヒロインとして目立ちたいとこですが、卜部の説得にいくと卜部が惚れそう。目立つにしても大吾の相手としての存在感が増すかどうか。確かにブーメラン状態なんで言いそうではありますね。自分は退団届見たアンディに引っ張ったくぐらいしてほしいかな。一緒にチーム辞めてまでついてきてくれたのに、いくらショックとはいえね。永井君はどうなんでしょうね、活躍の時とか試合後になんもないくらいだからなあ。忘れては無いと思うんですが。

      挫折挫折成長って感じですが、頑張って成長していってほしいですね。挫折部分は見てて辛い時ありますが、今回は才能のないというテーマから始まってるのでしょうがないですね。吾郎よりは素直に応援できる性格なのが非常にいいとこですね。

  5. 名前:さか: 投稿日:2016/06/02(木) 01:28:25 ID:E4MzUyMzA

    長期で海外にいてサンデーが読めないので毎週楽しみにしています。ありがとうございます。

    じょーじさん代役にはまこさんCB説がありますね。小田さんサイドハーフで桜庭がトップに。しかし、りんごさんはカウンターのとき一体どこにいたのか。そしてレノンさんの対応も絵を見る限りでは良くなさそうですね。この距離だったら出されたあとに対応できる位置にいないと。

    負けそうな気もしますが勝つという前提では失点してロスタイムに桜庭が決めて延長でFKで一条さんですかね。

    またよろしくお願いします。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/02(木) 18:58:00 ID:k5ODI0NDQ

      海外ですかあ・・大変ですね(;´Д`)サンデーも電子書籍化されれば海外でもなんとかなるんでしょうかね。

      マコさんはテストでCBやってますけど、凄い苦労してたのでどうなんでしょうね。前線のターゲットマンとしても優秀でしょうからねえ。

      まあレノンが対応遅れるくらいのカウンターの完成度ということで(;´∀`)

      リンゴさんに限らずGKのとこに詰めてたジョージがあそこまで戻ってるのに、他の選手は何してるの・・・っていうのはありますねえ。それだけ一条のFKがはずれたのがショックで切り替えが遅れてしまったということなんでしょうかね。

  6. 名前:てとら: 投稿日:2016/06/02(木) 13:48:45 ID:E5NDQ3MzQ

    GKやマネージャーが龍は決める所は決めるってフラグを立てなかったので
    外すだろうとは思ってましたw そこをコウメイが押し込む予想でしたが外れ
    代わりのCBが凄く楽しみです、漫画が長続きしてくれたら次の世代が大事です

    長続きといえば
    マガジンのテニス漫画もアニメ化とかで馬鹿売れして続き39巻まできて安心ですが
    当時は25巻~30巻辺りで終わるのでは?って毎週ファンが危惧してました

    この漫画も高校だけでなく龍の目標のプロ、代表とか踏み込んで欲しいのですが
    いつ終るか内心ビクビク。五輪ありますし今年中に新巻は倍を目指して欲しい
    メジャー7倍、マギ10倍、コナン12倍、銀の匙20倍の初回出荷・・・アニメ化推進剤欲しい><

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/02(木) 19:42:29 ID:k5ODI0NDQ

      他キャラの決めるとこ決める台詞フラグかあ・・・なるほど(;´∀`)

      高校から始まってる漫画じゃないので、選手権編はまだ一年ですが盛り上げ方的に今回が本番という感じで、次が世代別代表編って気がしてますが、どうなんでしょうね。より長く続けるつもりならもっとじっくりやるんでしょうけど。

      アニメ化ねえ・・どうなんでしょう。単行本の売上は現状足踏みって感じですがファン層の拡大のためにも実現してほしいとこですけどねえ。子供たちにいい影響与えると思いますし、夕方枠あたりで是非。まあ境界のRINNEやら競女やら電波教師やらサンデー内で微妙な売り上げでもアニメ化実現してたりするんで可能性はいくらでもあるとは思うんですがねえ。うーん・・ファンとしては単行本買って応援していい知らせを待つしかないんですよね(;´Д`)

  7. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/06/02(木) 18:44:03 ID:MyNjMzMDA

    道塁はやっぱり吾郎目当てなのかな?
    個人的には道塁が泉と出会った時の反応が気になります

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/02(木) 19:47:51 ID:k5ODI0NDQ

      現状はそうでしょうねえ。家に入れるし、仲良くしていけば本人に会える可能性もあるわけですし。当然その息子の大吾にも興味はあるでしょうけど、今はあくまで吾郎の息子として、でしょうしねえ。泉との絡みは確かに気になりますし、楽しみですね。

  8. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/06/02(木) 23:07:45 ID:MyNTI5OTY

    やっつけ予想
    レノンがSBだけど守備力は高いようなのでCBにコンバートしてSBには勇人
    勇人の居た位置に何となく守備の人っぽい気がする春畑を友坂に変えて投入して守備の形はこれで多分OK
    前線はマコさん下げて桜庭投入して小田さんとツートップにして一条はやや下がり目
    これなら守備力はそれなりに維持しつつ桜庭というデタラメドリブラーで崩す形がつくれそう
    流石に桜庭スタメンは構想になさそうなんで決勝はヤザワあたりがスタメンでしょうか
    個人的には桜庭と一条のツートップが見てみたいんですけどね

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/03(金) 19:47:41 ID:kyMDY0NjE

      ミルコだし決勝も含めて色々読みづらいんですよね。矢沢はミルコになってからベンチ入りさせてる辺りどっかで出番はありそうですが、決勝でとなりますかね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)