週刊少年サンデー2016-28号、メジャー2nd55話、BE BLUES~青になれ~247話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

メジャー2nd55話

道塁、茂野家へってとこから

道塁「へえ・・・これが茂野君家か~。すごいね、ゲージまであって・・・!」

大吾「え・・・あ、ああ姉ちゃんも野球やってるから。じゃあ、軽くキャッチボールからやろうか」

道塁「あ、ごめん。ちょっとノド乾いちゃったから、お水飲ませてもらってもいいかな?」

家の中に入る

大吾「はい、麦茶でいい?」

道塁「あ、うん、ありがとう」

道塁は居間にトロフィーやグラブなどが飾られた棚を見つける

道塁「あれ・・・」

大吾「・・・・・(汗)あ~~~、あの・・飲んだらやろっか。日も暮れるし」

しかし棚に近づいて行く道塁

道塁「ええーっ!?茂野吾郎じゃ~ん!!え?え!?もしかして茂野君のパパってもしかしてこの人!?」

大吾「う・・・うん(あーバレちまった・・・)」

道塁「そうなんだ、へ~。うわーこれサイヤング賞の時の記念盾!?ひゃあ、これワールドシリーズの優勝リングじゃん!」

道塁「でも、このチャンピオンリング、第7戦で私のパパが負けてなけりゃ、うちにあったかもしんないのよね」

大吾「え・・・あ、ああ・・・・・・・そうだったんだっけ。俺まだ生まれる前の事だしよく知らないけど・・・詳しいね、眉村さん」

道塁「うん。DVDでよく観たからね。パパを倒したこの茂野吾郎って、何者なんだよちくしょ~ってね」

大吾「ごめん・・・」

道塁「いや・・・別にそーいうつもりじゃ・・・じゃあ、そろそろやろっか」

大吾「うん」

佐倉は自転車で追いかけて茂野家へ

佐倉「も~最悪!バカじゃないの、あいつ!バッセンに人を置き去りにして、敵の女とデレデレしけ込むなんて・・・!」

佐倉が家を覗くと2人はキャッチボールの最中

道塁「茂野君ってさあ、やっぱりパパに憧れて野球始めたの?」

大吾「う、うん」

道塁「じゃあピッチャー目指さないの?茂野君、今キャッチャーだよね?」

大吾「え・・・ああ・・・俺、地肩が強くないし」

道塁「それだけ?」

大吾「え」

道塁「それだけでピッチャーあきらめるなんて、茂野君、パパへの憧れちょっと足りないんじゃないの」

ちょっとムッとする大吾

道塁「ワールドシリーズの試合のこともよく知らないみたいだし、たぶんあたしの方が茂野吾郎のこと尊敬してるよ」

サイドスローで強い球を投げる道塁

大吾は捕球できず

佐倉「・・・・(驚いている様子)」

道塁「あーごめん、ちょっと本気で投げちゃった」

佐倉の後ろから

渉「ここか」

佐倉「・・・!!」

「悪いな。家わかんねーからつけさせてもらったよ」

佐倉「え、ストーキング」

「入るぞ、茂野!」

大吾&道塁「!」

「何をやってんだ、ミチル。対戦前の相手と仲良くするのはやめろ。油断するなと言ったはずだ。帰るぞ!」

道塁「しつこいなァ。別にいいでしょ。プロの二世同士仲良くなったって」

「見え透いてんだよ、おまえの魂胆は!どーせ大ファンの茂野吾郎の息子に取り行って、いずれ本人にも合わせてもらおうって腹だろ」

佐倉「え・・・」

道塁「うっわ最悪・・・!何こいつムカつく~」

佐倉「ちょっと聞いた茂野くん!?失礼な話ね!あの人、そんなミーハーな目的で近づいてきただけなのよ!!」

大吾「・・・まあいーよ別に」

佐倉「え・・・・」

大吾「なんかうまい話だと思ったけど、彼女の球が見れるんなら、それでいいよ。早く本物でシミュレーションさせてよ。そんなに親父のファンなら帰ってきたら紹介してあげるよ」

道塁「え!?ほ、ほんとに!?」

「ふざけんな、帰るぞミチル」

道塁「あのさァ、ごちゃごちゃ言ってないで渉もついでにマスクかぶりなよ。何の心配?あたしの球を見たって打てるわけないんだし2,3球で諦めるでしょ」

「・・・」

結局マスク被ってキャッチャーミットはめて座る渉。大吾は打席へ

「ったく・・・」

道塁「じゃあいくよ」

道塁が球を投げボールはインコースに決まり大吾振らずのけぞるような形に

大吾「・・・」

「ストライク」

佐倉(うわ、すごい・・・)

大吾(こっわ・・・すげー右からこっちに向かってくる感じだ)

次も同じようなところに決まる

「入ってるぜ」

佐倉(・・・やだ・・・かっこいいー!!)

大吾「くっそ・・・」

佐倉(この前も遠目に見たけど、女の子だってこんなすごい球投げられるんだ!)

3球目はなんとか振っていくが当たらず

「はい、おつかれ」

大吾「え・・・」

「これで満足したろ。おまえのスイングじゃミチルの球は打てんよ。じゃあな」

大吾「ま、待てーい!早すぎっしょ。たった3球で何がわかるんだよ!そうだ!もうちょっと投げてくれたら親父のサインボールあげちゃうぞ!!」

道塁「え・・・」

「はァ!?」

道塁「ほんとに!?やるやる投げる!」

「ミチルー!!」

ってとこで次回へ

吾郎目当てとわかっても嫌な感じにならずそれを利用するとは・・・これは非常によかった。どっちかというとへこむ展開の方が多かったので、こういう風に前向きな大吾が見れると嬉しいね。才能がないというとこから始まってるので挫折はあってしかるべきなんだけど、それの繰り返しだと疲れちゃうのでねえ。

精神的な成長が見られてよかった。野球嫌いになってた頃だったらこうはいかないでしょうからね。それだけ野球に前向きに取り組めてると言う事ですな。

吾郎も寿君も眉村も相当メジャーで活躍したんですねえ。ワールドシリーズで投げ合ってるとはねえ。

サイドスローだとやっぱ捉えるのは時間かかりそうですね。でも苦労はしそうだけどエースって感じはしないので、やっぱ渉が本命かなあ。佐倉が道塁の投球に憧れてたり、色々先の可能性を感じさせる1話でした。

道塁は欲望に忠実で渉は大変そうですな。苦労人の弟という感じ。バッテリー組んでても大変な時ありそうですね。でもやりがいはありそうではある。道累が大吾が現状しょぼいことわかってる感じなのにそこにどうこういう言う感じじゃないのは意外ではあったかな。それより憧れの吾郎なんでしょうね。まあ突っかかる可能性はまだあるだろうけど。

しかし眉村家の子供と試合前にこんだけ軽い感じで絡むっていうのは予想できなかったですね。大抵最終的にはなんかしら険悪になって試合になることが多いんだけど、どうなんだろう。珍しくこの雰囲気のまま試合に入ったら面白いんだけども。でもやや緊張感にはかけるかな。

前回はいきなり小森でしたけど、今回はじっくり試合前やって相手と絡んで試合となりそうですね。卜部は今週放置だったけどどうなるかねえ。誰が止めるのか。

今回は4人の会話が面白かったですし大吾の前向きなとこがよかった。試合も面白くなるといいね。

BE BLUES~青になれ~247話

大浦南のカウンターに対し、ジョージ後ろからのスライディング。ミルコはそれを見てってとこから

ミルコ「交代、いったん中止だ。待て!」

アイコ「は、はい!」

アイコ「春畑さん、待ってください!」

春畑「わ、わかった」

ミルコ「おそらく、2枚目のカードが出る・・・」

審判から赤の提示

武蒼スタンド「退場だ!!10番がケガしたのに・・・センターバックまで欠けちまったよォ!!」

リンゴ「ジョージ・・・」

ジョージ「すまねえリンゴ・・・あと5分とロスタイム・・・頼んだぜっ!」

一条「ジョージさん・・・すみません」

ジョージ「なんでテメエがあやまんだよ・・・」

一条(あのフリーキックを決めなきゃいけなかった!友坂さんが負傷してまで得たチャンスを、オレが決めていれば・・・カウンターなんて喰らわなかった・・・!!)

優人「・・龍ちゃん!大丈夫?」

一条「ああ

優人「龍ちゃんは前の選手だから、次のチャンスで決めればいいよ。まずはこのピンチを・・・

一条「決めるさ絶対・・・!決めてみせる!」

優人(こんなプレッシャー感じてる龍ちゃん・・・見たことないよっ!)

優人「・・・・うん」

交代が入る。友坂に代わって入るのは戸部。

窪ちん「友坂さんの代わり、戸部さんだ。そうよね・・ここは春畑さんより守備的な戸部さんよね!」

ジョージはピッチの外に出てロッカールームへ向かう中

ジョージ「いくらナベでも1対1でもしかわされたら、防ぎようはねえし・・・あれ以上仕掛けるのが遅けりゃPKだった。フリーキックならなんとかなんだろ。頼む・・・ナベッ!!」

と最後にピッチの方を見て願うジョージ

リンゴ「死守だ!!ここを守りきらなきゃ、ジョージの覚悟が・・・元も子もなくなるぞ!!」

スタンド「ゴール!ゴール!ゴール!」「止めろォー!」「止めてェ渡辺くぅん!!」

FKの位置には大浦南の選手は2人

志村「ここで決めるぞ!」

ジョージはロッカールームに戻り顔を手で抑え・・・

ピッチでは再開の笛がなり

ナベケン「絶対・・・やらせねえぞ!!」

大浦南はキッカーがすぐ横の志村にだし

一条「横に出してきた!」

加藤「いけェ志村ァ!」

志村がそのままシュート。壁を抜けていく

しかしこのシュートはナベケンが弾く

ゴール左にこぼれるボールに選手達が詰めていく

志村「押し込めェ!!」

歓声だけ聞きながら心臓の音が高鳴るジョージ。そこにマネージャーの富田麻里が入ってきて

まり「ジョージさぁん!!あ~~~~ん!!」

試合に場面が戻る

こぼれたボールはナベケンがおさえており

ナベケン「やらせ・・・ねぇんだよ!!」

ピッチに出てきたジョージ

ジョージ「ナベッ・・・・」

武蒼スタンド「うおおおお!!」

優希「ナベケーーン!!!」

アイコ「やりましたよ!止めました!」

ミルコ「ああ、ケンタの闘志に救われた!切り札(カード)を・・・切るぞ!」

切り札とはもちろんカ・・・桜庭

ってとこで次回へ

ううむ、熱いね。今週は素晴らしかった。いい盛り上げ方でしかも次回桜庭と。ちょっとどうかなーっという試合模様の時もあったけど盛り上がっていい感じで終われそうな予感。FKはナベケンだから決められる気しなかったけど、さすがとしか言えないね。ジョージの泣き顔がよかったなあ・・・

桜庭登場となるともう残り時間で決着と思ってよさそうかなあ。この流れから延長だと盛り上がった熱が一瞬冷めてしまいそうだから90分で終わってほしいね。コーメイの問題があるけど、桜庭と絡んでゴールの方に絡むか、苦手な守備の方で闘志見せて変わったとこを見せるか、もしくは両方か。

ただ桜庭と代わって入るのが誰かってとこですよねえ。コーメイが下げられる可能性もなくはないでしょうけど・・・できれば準決勝の間にこの熱を受けて変わってほしいからできれば他の選手がいいんですが・・・問題が持ち越しになってしまうし。まあ一条が出し手になればいいからコーメイ下げてもってとこはあるんですけども。

コーメイ、優人、小田ちゃんあたりになりますかねえ。マコさんはターゲットにもなるし、ジョージ抜けたのでセットプレイの高さ的にはずせなさそうですし。優人は一人少なくなったとこでははずせないかな。むしろこういう時に頼りになるスタミナですし。小田ちゃん下げて一条トップ下の4-3-2とかが無難なんだろうか。

友坂との交代ではあるけど、気になってたCBがどうなるかというのは春畑やめて守備的な中盤の選手いれてって感じで対応したようですね。たぶんモブ中盤のボランチだった選手ですよね。戸部がCBの位置にそのまま入るとみていいのかな。それともポールレノンリンゴで3バックなのか。でもその3バックはきついよねえ・・・やっぱ4バックキープかな。決勝も戸部なんですかねえ。

一条は台詞的に決めるべき時はこの後にくるという感じになりそうかなあ。でもやや思いつめすぎなとこも見られるから、ここは決められず決勝で必ずとなる可能性もありそう。精神的な成長にもつながりそうではあるだけに。

まあPKならともかくFK外してここまで責任感じて思い悩むのはってとこありますけどねえ。友坂が必死に作ったチャンスで、しかも得意の位置っていうのがあるからしょうがないですけど。ましてカウンターで退場につながってしまったしね。決めてれば・・と思ってしまうよね。一条の性格ならなおさら。

でもあの場面でジョージが一番戻ってるっていうのは、切り替えの部分で一条だけじゃなく他の選手も良くなかったし、そこを一番反省しなきゃいけないと思う。

点は決めるかはわからないですけど絡むことには間違いないとは思いますが、できれば一条に決めてほしいね。ここまできたら久しぶりに桜庭がネット揺らしてもいいかなという気持ちもあるけど。どっちにしろ90分で決着ついてほしい!

残り時間短いけど今回の熱さのまま桜庭の流れで決まってほしいですね。そこでコーメイも熱さを見せて一条も絡んでとなってほしいところ。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年サンデー2016-28号、メジャー2nd55話、BE BLUES~青になれ~247話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:nanashi: 投稿日:2016/06/08(水) 12:18:28 ID:gyMjQyMTk

    BE BLUES…戸部はA vs 選抜の時に、Aチームのメンバー表でDFの次に名前があったから、変則性がなければ中盤の底でしょうね~。
    DFはAチームに控えがいるはずですが、名前一回も出てない(下手したら顔も)かもなので、漫画的な事情ってやつかな(笑?
    ジョージが退場する流れを、この試合中に考え付いたってことはないでしょうから、何処かで仕込みは出来たかもですが…。
    ジョージとリンゴは黒部先生が手塩にかけて育てた選手ですし、簡単に替えが利かんですねえ。
    そしてついに桜庭キマシタワーってとこで。
    流石に小田、マコさん、一条のどれかと入れ替えるのでしょうが…さてどうなりますかね。
    友坂が怪我してジョージが退場してで、試合後のロッカールームや次の試合に向けてのところでも色々エピソードはありそうですから、全部無理にこの試合中に消化しなくても~って感じなのかもしれないですね。
    下げ展開あった分、コーメイには男を見せては欲しいですが…。
    桜庭と菊田のマッチアップになって、止めきれずファウルしてFK…って形もありそうですが、それだとちょっと菊田がかわいそうなのと、ノアの学校とやった時の3点目と似たよーな展開なんで、どうなんでしょうかね。
    桜庭ブッチギリのシュートだけは外す、ってのも見飽きた感ありますが。
    試合終盤で盛り上がって来て、毎週目が離せないですね~!

    そして道塁かわいい。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/08(水) 21:42:44 ID:Y1MzI2NTQ

      2枚看板のCBもそうですし4バックは完全に固定ですからあんま入れ替える事も考えてなかったと思うのであんま描写してこなかったんでしょうね。ここでとってつけたように控えCB出すのもって感じだったんでしょうかね。この試合の前に出してきちゃうとあれこれCBになにか・・・と思われちゃいますしね。

      まあコーメイは準決勝と決勝の間で決意エピソード的なのをやってもいけるでしょうからね。ただ必死に守備やるなり心が変わったとこを見せる話はさすがにあるとは思うんですが。こっから決勝はピッチも戻って友坂もいなくてぐへへとはさすがにならないとは思いますが。友坂怪我時に表情の変化もあったし。

      菊田は既にイエローもらってるあたり、桜庭に翻弄されて退場させられる気もしますね。かわいそうですけどそれで人数同数となる可能性もなくはなさそうかな。安定のスーパープレイするけどゴールはなしとなるか、そろそろ決めてるくるかどっちになりますかね

      かわいい

  2. 名前:あじ: 投稿日:2016/06/08(水) 13:27:43 ID:EyNTUzNDM

    いやあ、熱すぎますねこの展開
    盛り上げ方がさすがですモトユキ先生
    ナベケンが想いを繋げてしっかり止めたのがホントに良かったです
    そしてついに桜庭投入ですね
    なんだかんだと投入してもどうなんだと思ってはいましたが、いざこんな引きを見せられちゃうとテンション上がりまくりですわ
    まあ結局のところ桜庭の使い方はどうなるのかという話ではあるのですがね
    龍ちゃんがこれだけ責任を感じているので決めるのは龍ちゃんなのかなあと予想しているのですが
    結局のところ桜庭は自分のためにしかプレーが出来ないので紅白戦の時のようにチームの勝利を喜べない状況がまた起こってミルコに咎められるんじゃ?と思ってしまいます
    この問題も今のいままで先送りにされてきましたからね
    コーメイのことも含めて決着がホントに楽しみです
    ジョージのリンゴへのあのセリフもあったのでやっぱり延長いかずに終わりそうですし決着も近そうですね

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/08(水) 21:48:13 ID:Y1MzI2NTQ

      この盛り上げ方はさすがといったとこでしたねえ

      自分もさすがに最後は一条かなとは思うんですが、この試合はちょっと予想外のことも多いので何とも言えないとこあるんですよね。思いつめすぎてる気もしますしね。見せ場は決勝にという可能性もありそうですし、桜庭もゴールには絡んでるけど決める事が少ないのでそろそろという気もしますし、うーむ・・・どちらにしろ楽しめるとは思いますね。

      その問題がまたここで起こされるかどうかは何とも言えませんけど、決勝に確実に桜庭は出番あるでしょうからその問題を決勝に持っていってそこでというのはあるかもしれませんね。

      確かにあのセリフ的に延長って事はなさそうですね

  3. 名前:名無し: 投稿日:2016/06/08(水) 15:12:49 ID:Y0MDExNDg

    暑い展開ですね。龍ちゃんは今まで自分が一番の選手で言ってはなんですが龍ちゃんのチームだったので、今回のように先輩のこれからが懸かった試合はあんまりないと言うか自分の責任が自分以上に他人に懸かる場面をあまり経験したことがないのかもしれませんね。
    道塁は普通にかわいくて楽しみですね。ただナチュラルに下に見ているのが実力に裏打ちされたもので慢心というかたちで出ないといいですけど・・・。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/08(水) 21:54:51 ID:Y1MzI2NTQ

      確かにこういう類のプレッシャーをもって試合に挑むのは初めての経験かもしれないですね。特に試合中にずしんときたものですからねえ。自分が挑む想いより強い気持ち持った先輩ばっかでしょうしねえ。今までの決めるべき時決めてきたものとはまた別物といえますね。

      まあ道塁は性格的なものが裏目に出る展開はあるでしょうねえ、たぶん。

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/06/08(水) 16:53:35 ID:E2NTYwODk

    一条交代かも

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/08(水) 21:58:51 ID:Y1MzI2NTQ

      確かに思いつめすぎてるとこは気になりますね。ただ桜庭とは相性のいい方ですから入れるからには併用する気もしますしどうでしょうね。

  5. 名前:てとら: 投稿日:2016/06/08(水) 18:21:52 ID:k1MDk1MDU

    ジョージ熱すぎる。覚悟の退場ですが、あの苦悩と涙、ヤバイです
    退場覚悟をさせるだけの信頼を得ているナベケン、見事信頼に応えて止めた!
    PA外から決めるのは困難・・・ナベケンは若林源三かw

    因みに弾いたボールに詰めた相手10番が詰めてますが、マークしてた
    FW小田ちゃんがしっかり寄せて遅らせた感じ、龍もマーク選手の前に体を入れて良い仕事
    相手10番がヒックリ返って監督も『闘志』って単語を出してるし際どかったと思われる

    そしてナベケンが二人に何か言って、二人がうなずく
    人指し指を立ててるし、二人に1点とってこいって言ったのかなw

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/08(水) 22:02:04 ID:Y1MzI2NTQ

      2人の関係でこんだけ熱くさせてくるとは思わなかったですねえ。よかった。

      確かにあの一本指見るとそんな感じですかね。そうなると小田ちゃんと一条は残りかな。マコさんあたりが代わるんですかね。

  6. 名前:tanu: 投稿日:2016/06/08(水) 19:00:41 ID:IxNjgxNTU

    桜庭来ましたね!感動的な熱い展開の中で満を持して登場、となったので、誰が絡むのか誰が決めるのか分かりませんが、BE BLUESらしい最高に気持ちいいゴールが見られそうでもうテンションマックスです。
    個人的には(妄想ですけど)、桜庭が亡くなったじいちゃんと雨の中でサッカーやってるカットバックかなんかが入って、そのじいちゃんの姿ががミルコさんとかぶって、とか(笑)、なんか桜庭の中にあるサッカーへの想いみたいなのが垣間見られるようなエピソードが描かれたらいいな~と思ってます。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/08(水) 22:06:43 ID:Y1MzI2NTQ

      この切羽詰まって熱くなってるピッチの中で、桜庭だけはいつも通り平常運転という感じで描く気もしますが、雨のエピソード的なのはあるかもですねえ。普通のドリブルはきつそうなだけに。

  7. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/06/08(水) 21:25:47 ID:c2MTQ0NTI

    確か相手校に桜庭のジュニア時代のチームメイトが居たと思うのでそこを切り口に掘り下げとか来るんですかねえ
    マコさんと小田ちゃんだと桜庭と組ませるならサポート能力高い小田ちゃんの方がいい気がしますが誰が交代するのかドキドキしますね

    あと個人的に本職SBがCBやるとサイドからクロスが入った時にボールウォッチャーになる傾向が怖いのでいやですねw

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/08(水) 22:26:42 ID:Y1MzI2NTQ

      あの頃は桜庭のワンマンチームだった印象ですが、桜庭とのエピソードがあるんでしょうかねえ。桜庭側から語るわけじゃないからできそうですが。前に話しに出した時は天才ってだけだったので、凄さを語ってその危険度を伝える感じでしょうかね。ちょっと性格の部分も触れたら面白いですが。

      まあ小田ちゃんの方がスペース作ったり桜庭が動きやすくするためには小田ちゃんのほうがいいでしょうけど、マコさん抜けると高さの面が怖すぎる気も。桜庭いれる時点で攻撃優先なのでそこは賭けでという可能性も十分ありそうですが。色々可能性はありますし次週待ちたいですね

      やっぱポールレノンリンゴの3バックはきついですよね(;´∀`)戸部がジョージのとこに入って4バックでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)