モーニング2016-29号、グラゼニ~東京ドーム編~78話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

グラゼニ~東京ドーム編~78話

アキラはいきなり初回4失点、凡田はってとこから

キャプチャ

野球の試合は・・先攻が有利なのか?後攻が有利なのか?後攻チームは・・・延長戦になった場合・・・サヨナラ勝ちできるという心理的優位性ができる

だが後攻チームは1回の表に失点してしまった場合・・・逆立ちしても先制点は取れない!

野球の試合は先制したチームにまず心理的優位性が生まれる。1回の表に得点できるチャンスがある。これが野球における先攻チームの利点。プロ野球は万国共通でビジターチームが先攻である。

名古屋ドームで文京モップスが試合をすると自動的に先攻になる。この試合、文京モップスは1回の表に4点を先制した。凡田夏之介は今シーズン初めて・・・援護点をもらった状態でマウンドに登ることになった

凡田マウンドへ

キャプチャ1

凡田(マウンドに登った段階で・・・4点もリードしてるって・・・東京ドームじゃ絶対ありえないこと・・・新鮮ッ・・・・!)

打者は1番セカンド鹿能

凡田(ただいまセ・リーグ第一位のワイルドワンズ打線・・・)

キャプチャ2

1球目投げて見逃し。球速表示は135km

凡田(135が出た。東京ドームでは131が最速だったが・・・中33日・・・一軍マウンドは・・・!)

2球目でゴロに仕留めワンナウト

凡田(簡単に1ナウト取れた)

2番ショート応村

凡田(左が続く・・・ワイルドワンズ打線は強力打線なれど・・・レギュラー8人のうち5人までが左打ちだ・・・)

キャプチャ4

凡田(本当はチーム打率高いんだけど・・プラシーボ効果というか・・・まじないのように・・どこか気が楽になる・・・)

凡田(そして始まった瞬間からプレゼントされている援護点4)

キャプチャ5

気楽に投げれてる凡田はさくさくと2番3番をフライに打ち取って1回を抑える

凡田(復帰11イニングス目にして・・・)

キャプチャ6

辺見「初めての三者凡退!」

キャプチャ7

凡田(1回だけだけど・・・なんか良かったぞ今日は・・・名古屋ドーム・・・)

杉浦「なんか今日の凡田、心なしか自信を持って投げてたぞ」

辺見「初めてのビジター。凡田にとっては良い方に作用しているか?」

石塚(初回を終わって4対0。う~む、スパイダースの同期対決・・・こりゃ分が悪いか・・・?)

アキラが2回のマウンドへ

キャプチャ8

渋谷(夏之介は4点もあったから堂々と投げていた。ちくしょう・・・夏之介に負けたら色々と言われる・・・)

1回で打者一巡したようで1番ライト尾上から

渋谷(2回もまた1番から・・・)

北王子(・・・・)

CBCラジオブース

キャプチャ9

実況の若挟「さあ2回のマウンドに登りました渋谷。解説の山田さんいかがでした?初回の渋谷」

山田「う~ん、疲れてたね~。こんなにボールがいってない渋谷は今シーズン初めて見たね。まるで前回登板の疲れが抜けていないように見えた。実況の若挟クンはどー思った?」

若挟「う~ん、中5日で前回は150球完投をやってますからね~」

山田「そう、ただそれだけなら中5日あれば十分回復する。だが渋谷はその前の試合も120球投げている。ここも中5日」

山田「この時は完投しての負け。その前は130球投げて勝っているが・・・その前はやはり100球以上投げて負け・・・」

若挟「渋谷は勝ちと負けを繰り返すがどっちにしても全ての試合で100球以上投げていますからねぇ・・・」

山田「そう!勝ち試合でタマ数を投げるのはいいとしても、負け試合でもキッチリ5回までいかされるから100球を超えてしまう」

山田「これは北王子カントクが渋谷のことをエース視しているからなんだと思うが・・・ただ試合早々に大量失点して・・・こりゃ今日はダメだって時もお構いナシだから・・・渋谷は来て投球回数いってる16人の投手のうち・・・」

キャプチャ10

山田「まさかまさかの防御率最下位!それもなんと5.50!だが渋谷の勝ち星は6ついている。防御率最下位なのにハーラートップ!」

キャプチャ11

北王子(防御率はカンケーない!年間を通じて何勝してくれるか?それが年俸1億5千万も取る投手に対するおれの見方)

渋谷(・・・それはわかるとしても・・・たとえ負け試合でも最低5回までいかされるおれの・・・年間イニング数まで考慮されんとは)

この回もぽかぽかヒットを打たれている様子で

山田「北王子カントクは渋谷をエース扱いしてるくせにエースのプライドを考慮していない・・・それがチームに不協和音を生まなきゃいいんだけどね・・・」

ベンチの北王子に石塚から電話。ベンチ裏にいって通話する

キャプチャ12

北王子「!なんだ?」

石塚「カントク・・・ダメだよ。今日だけは渋谷・・・代えてやろうよ」

北王子「なんだと?石塚」

石塚「初回もボロボロ。この回もいきなり2連打。疲れが抜けてないのがミエミエ。ここで代えればこの試合はまだ拾えるかもしれん」

北王子「そーゆーことじゃないだろ石塚。今シーズンは渋谷を出した時はどんな展開になっても早々の降板はさせん。そう言いだしたのはお前の方だろ」

石塚「渋谷に対して愛の鞭を振るのはいいとしても・・・今日ばかりはまずかった」

北王子「なんでだよ?」

石塚「凡田との対決だ!この二人が闘ったら間違いなく渋谷の方にプレッシャーがかかる!今日はここを考慮してやってやはり中6日にしてやるべきだった!」

北王子「・・・・」

石塚「それに渋谷は防御率のことも気にしている。ピッチャーの本能としてな・・・余計な不協和音を作ることない。今日は今スグ代えてやろう」

キャプチャ13

北王子「だめだ石塚。おれは最初に決めた通り渋谷には厳しく接する」

石塚「おい北王子・・・」

その渋谷は

キャプチャ14

実況「渋谷2回も3失点~!都合7失点~~ッ」

渋谷「・・・・」

ってとこで次回へ

こりゃ思った以上にアキラきついですね・・・中5日で毎回100球以上。イニング数は査定に入らない。防御率も査定に入らないとはいえ現状でさえ5.50でさらにこの試合で悪くなるわけで、やっぱ数字を見た時に投手としては嫌ですよねえ。

さすがにある程度緩めてやらないと故障してしまいそう。精神的にもどんどんしんどくなりそうだし、エース云々とはいえ潰してしまったら元も子もない気がしますけどね。

7失点でこっから5回まで投げさすとなると非常に辛い。北王子的にはこれを超えてこそのエースで、このシーズンでそれを証明をしてほしいという感じなんでしょうか。回を投げる事で中継ぎは楽できるし、その辺もエースの仕事という考えかな。

もっと疲れ考慮して使ってあげた方が結果的に勝ち星増えそうな気がするけど、そこは結果論だからねえ。

元は石塚の案だったみたいですけどねえ。石塚も駄目だったから凡田云々言うなら事前に北王子とその辺話しておきたいとこだった気がする。北王子は北王子で意地になってしまってるし、悪循環になって内部崩壊の始まりなのかな。

凡田は初回無失点とはちょっと意外だったかも。7失点だしさすがにこの試合に関しては競らないのかな。打線は強力そうだから何とも言えませんが。ワイルドワンズは打線で知ってる選手関谷ぐらいだったかな?かなり変わりましたね。7番だから次の回で回るかな。

やっぱ気楽とか気持ちの部分を強調してるので、そういう面が球速などの原因っぽいのかな。といってもまだ135kmですけども。まあ毎回気が楽な状態でとはいかないので根本的な解決になるのかは何とも言えないですが、少なくとも復活の兆しになる試合にはなりそうですね。

しかし復帰後初めての三者凡退でしたか(;´∀`)喜んでる監督と杉浦がちょっと可愛かった。

次回は悲惨なことになってるアキラの動向に注目したいね。

スポンサーリンク



                  

『モーニング2016-29号、グラゼニ~東京ドーム編~78話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:伸吾: 投稿日:2016/06/16(木) 20:17:48 ID:M3NTM3ODI

    エースとしてのブランド

    エースの責任どちらも大事です

    凡田の3連勝かな

    今回の先発転向成功なのか?

    凡田が急速でないの先発に向いていない

    のか登板間隔が空きすぎ

    特に中継ぎの元スペシャリストが

    やっぱり先発がダメなんじゃないの

  2. 名前:グレープフルーツ: 投稿日:2016/07/08(金) 05:36:51 ID:UxNDQzMzY

    たしか、復帰後1戦目の初回は三者凡退だったような。。。
    フェンス手前1mの大飛球三本なので、三者凡退「感」は
    全然無かったのかもしれませんが。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/07/08(金) 08:50:19 ID:Y3MjQ4OTQ

      あ~、そうですね、大飛球3本で間違いなく三者凡退でしたね。16話前のことを原作・作画・担当さんみんな気付かなかったんですね。自分も三者凡退してた印象になってなくて完全に忘れてたからどうこう言えませんが(;´∀`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)