週刊少年ジャンプ2016-29号、ものの歩38話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ものの歩38話

3勝3敗となった信歩はかやね荘に報告しってとこから

キャプチャ85

信歩「・・・ハイ、すみません。・・・ハイ・・・ハイ、すいません・・」

泰金「とにかくまだ不合格って決まったわけじゃないから・・・!」

桂司「発表までは諦めるなよ!」

みなと「・・・気休めは信歩の為になんないわよ」

香月「そうだよ。3勝3敗で受かったヤツなんて聞いた事ない」

信歩「・・・・」

キャプチャ86

信歩(落ちた・・・・でもそれより衝撃だったのは唯一の取り柄で負けた事)

意外に落ち込むような顔をしていない信歩に

明日美「お兄ちゃん」

信歩「明日美さん」

明日美「そんなに落ち込まないでよ。試験は来年もあるし・・相手が悪かったよ。アイツ・・・ホントに宣言通り6戦全勝しちゃって・・・何も言い返せないよ、まったくさ」

明日美「第一相性もよくなかったんじゃない?あいつお兄ちゃんと似た将棋指すし」

信歩「やっぱりそう思いますか!?」

明日美「え!?何!?相性!?」

信歩「自分も斑木君の将棋と似てるのではと、やはり・・・すると・・・」

明日美「あ、そっち?てか待って!試験落ちて落ち込んでたんじゃないの?」

キャプチャ87

信歩「え?いえそんなっ!自分と同じタイプですごく強い人がいるという事は、自分もこのまま頑張ればそうなれるって事ですよね!?」

信歩「自分は間違ってない・・・そう言われた気がした対局でした!!」

明日美「そ・・・そうかもね(ポジティブ!!ニンゲンって高校生になるとこうなるの?怖っ!!)」

信歩「あのっ自分の将棋どこが足りないと思いますか!?斑木君と違うんでしょうか・・・今はそれが気になって気になって」

明日美「・・・・」

キャプチャ88

信歩「お気づきの点があればどうかご教授下さい!!」

明日美「うわーーー!!ちょっとお兄ちゃん、小学生に土下座はやめてよ!!大体さ・・感想戦ならともかく、どうやったら強くなれるか?なんて、ライバルの為に教えてあげるお人よしいないよ」

信歩「・・・そういうものですか・・でも・・・・・・あ」

王四郎の姿を見つけ

信歩「あのっ!!自分・・どうしたら斑木君みたいに指せますか!!?」

王四郎「はい?」

明日美(それ本人に聞いちゃうー!?)

王四郎「・・あなたが僕みたいに・・ですか・・・それは、絶対にありえないか。仮にありえても当分先の事だと思いますけど」

「・・・何を話してるんですか?」

明日美「あんなヤツに聞くだけ無駄だよ」

キャプチャ89

王四郎「・・僕とあなたの違いという事でしたら、シンプルに勉強量が足りないんですよ。終盤に逆転するからと序盤中盤を流してませんか?」

王四郎「僕が突いた端歩の狙いをどれだけ考えましたか?序盤の勉強を始めから諦めていませんか?自分は力戦派だと定跡の研究から逃げていませんか?」

王四郎「指せばわかるんですよ、何かに甘えてる人は。センスに頼って無理を押し通そうとしても、ここより上では絶対通じませんよ」

明日美「・・・だからやめた方がよかったのに」

(あんな事言われたらしばらく立ち直れませんよ・・・)

キャプチャ90

信歩「・・・・・貴重な・・・ご意見、ありがとうございました!!確かに自分・・・不器用だからと勉強に甘えがあったかもしれません・・・!!」

王四郎「はい」

信歩「これからは逃げずに取り組んでいきます!!」

王四郎「そうですね」

明日美「みっちー僕怖いよ、あのお兄ちゃん」

(ああいう方が伸びるのかもしれませんね・・・)

信歩「もし斑木君がよければ今後も意見を聞かせて・・・」

王四郎「・・・?もうあなたと指すことは無いと思いますけど」

信歩「え・・・」

王四郎「話・・・聞こえました。試験落ちたんですよね」

信歩「・・・!!ら・・・来年必ず受かって追いつきます!!」

王四郎「・・・来年ですか?一日3局の例会が月2回として6連勝で昇級なので・・・あなたが来年5級で入ってくる頃、僕は初段になってると思います。追いつけるとは考えづらいのですが・・・」

信歩「・・・・・!!!」

明日美(全部勝つ計算じゃないか)

(一年で級位者抜ける気ですか・・・!!)

信歩(斑木君はきっと悪気があるわけじゃない。ただ正直に思ったことを言ってくれてるだけだ。だとしたらさっき言ってくれた可能性も・・・)

王四郎「?」

キャプチャ91

信歩(・・・!!もっと指したい。話を聞きたい斑木君と・・・今になって、不合格の重みを感じた。今年落ちたという事実の取り返しのつかなさ・・・)

そして

運営「それでは一次試験合格者を発表します」

キャプチャ92

合格者が張り出されるが明日美、満、王四郎の名前はあるも信歩はなし

信歩「・・・・ない・・・ですよね」

キャプチャ93

受験で落ちた事を思い出しさすがに心にくる様子の信歩。暗い顔で落ちたことを報告しようと携帯を取り出す信歩だったが

「・・・この発表おかしくないですか?」

信歩「?」

「前代未聞・・・合格者が少なすぎます」

信歩「え?」

運営「ここでお知らせがあります。一次試験は原則として4勝2敗を合格のボーダーとして例年25名前後の合格者を出しております」

運営「しかし今年は4勝2敗以上が9名!3勝3敗が37名と、受験生が非常に拮抗した珍しい年でした。先生方と協議した結果・・二次試験を控え一次通過者が9名では少なすぎると判断しました」

キャプチャ94

運営「その為、今年は特例として!3勝3敗37名のうち、6勝0敗、5勝1敗といった成績優秀者にのみ黒星をつけられた11名を合格としました」

追加で貼られた紙には信歩の名前

審判「明日の二次試験も全力を尽くして下さい」

キャプチャ95

明日美「やったじゃんお兄ちゃん!!!あれ!?もう!何か嬉しくなっちゃったよ!!」

信歩「・・・ハイ・・・!!!」

王四郎「僕とあたった結果3敗して、僕とあたった結果合格した・・変わった運命を持った人ですね」

信歩「・・・ハイ・・・!あの・・・また・・・」

キャプチャ96

王四郎「・・・まだ二次試験もあるので気が早いと思いますけど・・・あなたとは何かある運命なのかもしれませんね」

運営2「合格者・・あれで良かったんでしょうか」

運営「今年は斑木君がズバ抜けていたからね。彼は既に有段レベルでしょう。彼に土をつけられた子たちはあまりにもったいない」

運営2「5勝の五所川原くんや立花くんも光るものがありましたね」

運営「・・・うん。私は高良君が気になるますが、斑木君と・・高良君」

運営2「その二人が並びますか・・・?ちょっと差が・・・」

キャプチャ97

運営「・・・・いいえ、今のところはあの2人です・・・私も奨励会の幹事を任されて長いですが・・・なんとなくですよ?・・あくまでなんとなく感じるんですよ。新しい風を呼ぶ子はね・・・」

かやね荘に帰った信歩

キャプチャ98

泰金「わーーーー!!よかったぁー!!信歩ちゃん!!!」

阿門「今日はワインじゃ足りねえな!!!イギリスが置いてった高ぇ酒あったろ!!

弟子「50年モノのアレですか!?」「その前に僕らも明日例会なんですけど!!?」

みなと「まだ一次試験通っただけでしょ?浮かれすぎよ」

キャプチャ99

桂司「・・みなと、ああ見えて一番信歩のこと気にしてたん」

みなと「忘れた?ねえ忘れた?」

口封じと記憶消しされる

泰金「信歩ちゃーーん!!」

信歩は竜胆に電話

竜胆「おう信歩、バッカ野郎危なかったじゃねーか!!オレ一人で行かす気かよ!?」

竜胆「そんで?明日の説明はあったろ?わかってんだろうな。二次試験は」

信歩「・・・ハイ」

竜胆「奨励会員との対局だ」

キャプチャ100

ってとこで次回へ

うーん、素直に合格してよかったーと言いづらいかなあ・・ある程度漫画だし主人公に起こる出来事ですから許容しないといけないんですけど、今回のはちょっとご都合過ぎる気がしてしまう。

一応、試験開始時に合否は結果を総合的に判断と言ってるんですよね。だからその辺の合格の仕方も予想したんですけど、前回やたらこれで負けたら落ちるっていうのを強調されたので、やっぱないかと思ってしまったんですが、今回の展開と。

ボーダークリアした人たちが抜けて行かない方式で、抽選で組み合わせが決まってるわけですが、3勝3敗の人は、その3敗の相手が6勝0敗と5勝1敗だった場合って・・かなり抽選の運ですよね。

運も実力の内といえるんですが、試験としてその説明でいいのかという点がどうしても・・他の3敗の人たちが納得いくとはとても思えないけど。仮に5勝1敗に勝ってたとしても4勝2敗以下に一度でも負けてたら駄目ってきついですよね。

信歩が5勝1敗の満に勝ってる訳ですから5勝1敗に勝っている、4勝2敗に勝っているなど勝っている相手と負けた相手と内容を総合的に判断して3勝3敗の中から選びましたの方が納得いった気がする。

試験官がしっかり見てて4勝2敗以下に負けた人達は合格に相応しいレベルではないという感じだったんですかね・・その場合はその辺も含めてしっかり説明するべきだと思う。落ちた人や読者が納得するためにも。

まあそこまで細かい事考えるべきではないのかもしれないけど、うーん・・・これなら他のルートでっていう方が納得いくという面ではよかったかも。

試験前の親とのやり取りとかを考えると1次試験落ちは考えにくかったし、奨励会編見たいって気持ちはあるけど、強引な通過なのでもやっとはちょっとしちゃいますね。

信歩が怖いくらいですけど、上位互換といえる相手に完敗したものの、前向きだったのは良かったと思う。あれだけの人に応援してもらってて、将棋で頑張ろうと決めたわけですから、すぐ心が折れてしまってはね。阿門というポジティブ師匠についてもらったわけですしね。

始めた時期が遅いのだからまだまだ伸び白があると思ってほしいとこですしね。ポジティブすぎると人間味感じなくなってしまうとこあるのでバランスが大事なのですが、うじうじ主人公やられるよりはよっぽどいいかな。

たださすがに張り紙見た時は落ちこむ様子でしたし、若干ショックを隠すために無理をしているとこもあったのかな。

今回の合格はちょっとすっきりしないとこありますが、二次試験が面白くなれば良いといえるので、そうなってほしいとこですね。

しかし背景が最近はすんごい白いですけど、アシさんあんまついてないんですかねえ・・・掲載順位も含めて色々怖いですね。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年ジャンプ2016-29号、ものの歩38話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:: 投稿日:2016/06/20(月) 10:43:44 ID:cwNjY0MDc

    長文になります。
    正直もう色々あかんと思っています。
    打ち切り的にも、自分の気持ち的にも。

    単行本が2ヶ月連続刊行されるのは打ち切りサインじゃないでしょうか。
    人気漫画でもないものの歩の連続刊行。
    それは、本誌から消えて時間が立たず、宣伝効果が残っているうちに単行本を売ろうとしているのかと。平均掲載順は新連載最下位、売上も3巻まで出てるなかでは最下位ですし。

    今週の内容は酷い。
    いくらなんでも、主人公が受験する年だけ周りの受験者の実力が拮抗するとかご都合主義が過ぎる。
    それに、負けた相手だけではなく勝った相手の成績も見るべきです。
    良い成績の相手に負けたことは実力を担保しません。負けるだけなら弱くても出来る。
    2勝とかの相手に3回勝ったけど、5勝に3回負けた人と、5勝相手に3勝2敗で、4勝に1回だけ負けてしまった人、普通に考えたら好成績なのは後者ですが、この基準だと前者が受かって後者が落ちる。理不尽です。
    他に選考基準はなかったのか。
    有ったとしたら、敗北の基準だけ説明してそれを説明しないのは試験官として間違っているのではないか。
    また、管理人さんが仰るように、運の要素が強すぎるのも問題です。
    仮に、正規合格者9名全員が成績優秀者だとしても、成績優秀者の総対局数は54。
    このうち、繰り上げ合格者11名は少なくとも33回の対局を独占しています。
    100人以上受験者が居るのに、11人に明らかに偏り過ぎています。
    これでは、落ちた他の3勝3敗も納得出来ないでしょう。
    あと、王四郎の1年で初段発言には、じゃあもっと上の級で受けろよと感じました。
    また、絵も酷かったです。BLEACHファンの自分ですら背景すかすかだと思いました。
    そして作画ミスが多い!
    靴下、ズボン、ネクタイなどの色が変わってたり 、TシャツがいきなりYシャツに変わってまたTシャツになったり。
    勘弁してほしい。

    自分は3巻までこの漫画の単行本を買ってきましたが、4巻も買うかは微妙です。
    色々と酷いと思うので。取り合えず本誌で最期までは読みます。

    長文、駄文失礼しました。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/20(月) 17:22:09 ID:k2MDE0NzU

      勝ちの相手もみるべきだと思いますよねえ。負けの相手だけってというのはどう考えても落ちた3敗の人は納得できないでしょうし。信歩は成績上位者(5勝1敗)の満に勝ってる訳ですからそっちを活かした合格判定の方が良かったんではと思いますね。

      どうも抽選で当たった人が成績上位者で内容に関わらず負けてても通過というのはやっぱ納得しがたいとこですね。対局の内容含めて全て見ての判断なのかもしれませんがそれも説明してほしいとこですからねえ。

      単純にアシが確保できてないのか、単行本の売上的につけないようにしたのか、先が決まってしまった影響なのかわかりませんが、ちょっと週刊のペースについていけてない感じですね。将棋経験者にはより納得しがたい内容が続いてる気がしますから、購買意欲がそがれるのもしょうがないかもしれませんね(;´Д`)

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/06/20(月) 11:53:01 ID:g2ODAyOTg

    あの二人強かったんだな。このままメインキャラになるのか。ついに、かねや荘の人達との戦いか。普段とどう違うのか、楽しみだな。今の状態がどうのこうの言ってるが、昔の岬や十歩に勝った方が、よっぽど主人公補正な気がするが。まあ今回の所も、無理やりくさい所はあるが。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/20(月) 17:35:52 ID:k2MDE0NzU

      漫画だし細かい事はいいじゃないと気にしない人は合格だけ素直に受け取れるのでいいと思うんですが、納得して読んでいきたい人には引っかかる回だったかなと思います。もうちょっとやり方があったんではと。

      十歩戦は一応勝敗自体は信歩が負けてますし、岬戦は信歩の土俵に乗ってきた、弱点を突かなかった、信歩の終盤の力を知らなかったと一応勝てる要素は描いてましたからねえ。成長が急すぎるからそれでも勝つのは・・ってとこがありましたから、補正を感じる人も結構いたと思いますけども。

      明日美と満は年齢的に奨励会までついてくるかは微妙そうではありますね。二次試験までかなあと予想してますがメインまで昇格しますかね。明日美はいいキャラだからなるべくいてほしいですが。荘のメンバーとやる時はしっかり事前を描いてもらって盛り上げてやってほしいですねえ。

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/06/20(月) 18:34:47 ID:g2ODAyOTg

    龍さんに質問です。その理屈は分かるのですが、だったら、普通の時の合格者を決める時も、ナルトの中忍試験の時みたいに、全員に絶対評価をつけないとおかしくないですか?

    • 名前:: 投稿日:2016/06/21(火) 10:34:30 ID:c4OTY3MDM

      絶対評価は必要ないと思いますが、受験者の中で相対的に優れたものを選ぶのに合った試験が必要だと思います。
      ものの歩のやり方では、その選り分け方に問題があるんじゃないかと。

      ちなみに、現実の奨励会試験ですと、2局目以降はなるべく同じ勝敗のものと対戦します。
      信歩のように2敗した場合は、全勝の相手ではなく同じ2敗の後がないもの同士で対戦です。
      ボーダークリアで勝ち抜け、ボーダークリア出来ないと確定した時点で失格となります。

  4. 名前:T-2012: 投稿日:2016/06/21(火) 00:53:23 ID:c0NjY4NTE

    信歩受かったか~…、まあ最初の香月の3勝3敗は難しいでややフラグ立ってましたが…。

    自分は他のコメントと同じで、ちょっと納得し難いですかね…。
    王四朗みたいな強い奴がいるって分かっているなら、ボーダーの4勝した時点で勝ち抜きにした方が良いし。
    それに勝率5割の受験者が多いのなら、後日勝ち抜きリーグ戦を開けば納得出来る結果になるのに…。
    だけど1次試験の翌日に奨励会員との対局が控えているなら、現場の判断に任せるしかないですね。
    それに信歩なら、今の自分の弱点を理解したし、時間があれば勝率5割の受験生とのリーグ戦ならギリギリで勝てそう。

    そして2次試験の奨励会員との対局は、かやね荘以外の新キャラ会員登場するのか?
    信歩が知り合いと戦うのは、ちょっと想像し辛い。

    人気ですが…危ないと思った王四朗の時から初めてハガキで投票していますが、本当に大丈夫かな…。
    今回は…入れますか。

    そしてみなとにチョークされている信歩、そこ変われぇぇぇぇぇ!

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/21(火) 20:05:46 ID:E1MjM4Nzc

      結局、本当の試験と同じ勝ち抜けルールにしておいて、最初の組み合わせは運なのでそこで王四郎と当てて、同じタイプの上位互換に負けたってことでちょっと落ち込んでしまい次の相手にも負けてしまうけど、今回みたいなポジティブ信歩や阿門の教え思い出して立ち直り、4勝する方が展開としては綺麗だったかも。

      二次が翌日じゃなければリーグ戦も良かったと思うんですけども。

      かやね荘のメンバーとやるにしてはここ最近は将棋そっちのけで信歩を気にしてて仲良し感がちょっと凄いので、こっから二次で対戦が決まり、顔つきや言動が厳しいものになるってやってもせっかくの対戦なのに盛り上げが足りない気がしますね。新キャラが濃厚ですかね。

      アンケもそうですが単行本の売り上げが気にかかってしまうとこですね。でも入れないよりはもちろん入れた方がいいですね。

      みなとというヒロインは上手く魅力的に描けてるんですけどね(;´∀`)

      • 名前:: 投稿日:2016/06/22(水) 05:40:34 ID:g3MjUyMTA

        何回もコメントしてなんか申し訳ないんですが、二次試験でかやねメンバーとやるのには級位が違いすぎますんで(信歩、6級、かやね、1級一人、後は有段者)まずあり得ないと思います。
        二次で当たる奨励会員は精々4級とかまでじゃないかな。

        • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/22(水) 19:43:20 ID:M0NDYyNzg

          ほうほう、改変してこなければ新キャラ確定ということですね。

  5. 名前:Ryo: 投稿日:2016/06/21(火) 08:17:30 ID:c4OTQzMjM

    奨励会の一次試験で採用されてるのかは不明ですが、スイス形式なら勝ち点が近い者が常に当たるため”強者と当たれる”ってのも序盤を除けばある程度運より結果が加味されるため3勝3敗同士でのあの決め方はまだ納得の余地があります。(本来なら勝ちも負けも関係なく対戦相手全員の勝率を参照するのですが…)

    だから、最後に2敗の信歩が全勝と当たったのが納得行かない原因の大半なんですよね。
    現実通りにやる=面白いわけではないので、漫画故の演出もあるのでしょうが、色々と厳しいですよね。

    大好きな作品なだけに踏ん張って欲しい所なので、2次試験に期待したい所です(>_<)

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/21(火) 20:12:31 ID:E1MjM4Nzc

      現実の一次試験も同じ感じのようですね。漫画ですから多少は都合よく変えていいとは思うんですが、最後の組み合わせまで抽選というのが運の要素が強すぎて納得という面でちょっと・・となってしまいましたね。変えた結果、疑問符を生むような内容なってしまったのは残念でした。

      すぐ2次みたいなので素直に面白い!って言える内容になってほしいですね。

  6. 名前:コレン: 投稿日:2016/06/22(水) 11:53:37 ID:U0ODQzMTM

    効果線しかない背景とか不自然極まりない繰り上げとか受験者とその内訳の計算が合ってないとかはみんな言ってますけど、信歩っていつのまに読みが得意なキャラになったんですか?一つのことをとことん考え込むから選択肢の少なくなる終盤に強い、矢倉に持ち込めば勝てる(というか他に定石勉強してないからそれしかできない)とかは言われてましたけど読み合いって真逆ですよね・・・?

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/06/22(水) 20:18:16 ID:M0NDYyNzg

      阿門の指針によってより絞り込むようにして、力戦という形に持ち込んで、そっから得意の終盤の力で最後までの手を読んでいって勝つって感じなのかな?今は。その終盤の一気の読みの部分のところが読み合いに強いってことになってるんじゃないんですかね。王四郎は序盤からの手を終盤に活かすようなやり方ができるので、序盤を不利にならない程度でという状態の信歩とは差が生まれてしまったようですが。読みの幅が広いというべきなのかな。

      将棋は詳しくないので正しいかは非常に怪しいのですが漫画を読んでるとそんな感じかなと。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)