週刊ビッグコミックスピリッツ2016-31号、恋は雨上がりのように43話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

恋は雨上がりのように43話

店長のためにマフラーを編むことに決めたあきらから

キャプチャ88

はじめてのあみものという本を読みながら学校で編むあきら

時間が15:19分になり、バスへと向かう

キャプチャ90

毛糸をいれたバッグと鞄を持ちながら急ぐあきらだったが、坂で毛糸がバッグからこぼれてしまう

先を掴むも本体は坂を転がっていき、その先には陸上部が走ってきており

キャプチャ91

その先頭には喜屋武 はるか。目の前からあきらがくるのに気付く

はるかの足元を毛糸が転がっていき

陸上部員「えっ、喜屋武先輩!?」

はるか「先行ってて!」

キャプチャ92

追いかけるはるか。糸を持ちながら追いかけていたあきらもそれに気付く

はるかが追いついて毛糸を拾うと後ろから足音

キャプチャ94

振り返るとあきらがおり、糸でつながるお2人

キャプチャ95

照れた感じで言葉が出ないあきら。はるかをそれを見て笑みを浮かべ

はるか「はいっ!」

毛糸を渡す

あきら「ありがとう・・・・」

はるか「珍しいね、あきらが編み物だなんて。何編んでるの?」

あきら「マフラー・・・」

はるかの脳裏には祭りの時の店長とあきらの姿

あきら「うまく編めるかわからないけど・・・」

下を向きながら言ってあきらが暗い表情になりそうだったが

キャプチャ97

はるか「編めるよ」

この言葉に顔をあげ

はるか「マフラーだったら誰でも編めるよ。編み物得意なあたしが言うんだから間違いないっ!わかんないとこあったらいつでも聞いてよ!ねっ!」

2人とも笑顔になり

キャプチャ98

あきら「ありがとう、はるか」

はるか「じゃあ、あたし行くね!」

あきら「あ・・・うん・・・」

キャプチャ99

坂を駆け上がっていくはるか。それを見送り電車へ

電車で編み物の本を読むも理解できず

キャプチャ100

悩みながら編んでいくが、その様子を見ていた隣の人が話しかけてくる

キャプチャ101

「ちがうちがう、そこはすくっちゃダメ!あ、ごめんなさい。つい・・・あのね、そこの目をすくうの。ちょっとかしてみて」

「ここをこうしてこうしてこ~~~・・・ホラ!簡単でショ?」

あきら「ありがとうございます」

「ごめんなさい~~、おせっかいで~~」

ほっこりする2人

「編み物するのははじめて?」

あきら「はい」

「自分用?マフラーよね、キレイなブルー♪」

ちょっと照れながら

キャプチャ103

あきら「プレゼント用に・・・」

「いーなぁ」

と大声で言う隣の女性

「(前に立ってる人に対して)あ、ごめんなさい。プレゼントって・・・恋人?」

キャプチャ104

あきら「恋人じゃないけど・・・好きな人・・・です」

「うん・・・そっか・・・おばさんも昔、編んだなー。好きな人にマフラー。お世辞にもいい出来とは言えなかったけど・・・夢中で編んだわ・・・」

あきら「・・・その人、喜んでくれましたか?」

キャプチャ106

笑顔だったおばさんだが遠くを見つめような感じで一瞬真顔になり

キャプチャ107

「もう忘れちゃった!フフッ」

アナウンス「日吉ー日吉ー」

「あらヤダ!降りなきゃ!じゃあ、ごめんなさいね。急に話しかけちゃって」

あきら「あっ・・・ありがとうございました!」

「健闘を祈る!」

いい出会いに笑顔のあきら

駅に降りたおばさんは

キャプチャ108

「あ、もしもし勇斗?お母さんだけど、今晩、何食べたい?なになに?ハンバーグ?オッケー・・・」

と店長の息子の名前を出して電話しており

キャプチャ1098

その女性がかつてマフラーを渡した相手は・・・ふとした出会いと別れ。二人はまた、それぞれの人生に戻ってゆく

ってとこで次回へ

ついに出てきましたねえ、店長の元奥さん。最後の文的に当分絡むことはなさそうですが。辛抱強そうな奥さんでしたけどねえ・・・この奥さんを呆れさせちゃったのか、店長。

小説への未練から家族の時間を犠牲にしまいって感じっぽかったですけど、相当ひどかったんですかねえ。勇斗とは仲がいいから夫婦の険悪な姿は見せてなさそうですけど。奥さん的には喧嘩する姿を息子に見せる前に別れたって感じなのかなあ。

隣にいた相手が意中の相手の元奥さんで、奥さんからすれば隣の店長とは28離れた女子高生が、元旦那のためにマフラーを編んでる・・・考えると中々怖い図ですね(;´Д`)

こういう元奥さんの素性とかを知ってくると、尚更上手くいくのがいいのか、上手くいかないで青春の1ページで終わるのがいいのか考えてしまうね。悩ましい。

元奥さんはもうやり直すとかはなさそうな感じですけどねえ。かといって年齢差がありすぎるし障害を考えるとね。でもあきらも店長も好きだし、漫画だし漫画だからこそ上手くいってもとも思う。うさぎドロップやお弁当の漫画ぐらいしかぱっと浮かばないけど、現実を考えると~より年齢差なんて関係ないENDの方が可能性高いとは思うんですが。

以前と変わらずどっちかといえば上手くいって終わってほしいけど、どちらにせよ変にドロドロせずに終わってくれれば受け入れられると思う。ぐだぐだしすぎる方が嫌かな。

あきらとはるかがやっと仲直りの兆しができたのはよかったね。どっちも嫌いになったわけではないから、結局きっかけですよね。特にはるかの対応がよかったですね。

陸上への想いは時間でなんとかするしかないと思ってたけど、はるかの仲は心配してたとこだったので、ここがどうにかなりそうな気配になったのは非常によかった。

次回は7月11日発売号で掲載予定のようです

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)