モーニング2016-34号、グラゼニ~東京ドーム編~82話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

グラゼニ~東京ドーム編~82話

河内と凡田の因縁エピソードの続きから

2年目、河内は一軍スタート

河内(やっと北海道に来れた。ここからがおれのプロ野球人生)

凡田(おれは今年も二軍からと。当たり前だけどね・・・)

キャプチャ1

河内は一軍の壁にブチ当たる

河内(全然打てない!)

一か月で二軍落ち

河内(また鎌ヶ谷かよ~)

イースタンでは打ちまくる

河内(二軍のピッチャーはチョロイよ)

キャプチャ2

そしてイースタンスパイダース戦・・・あの男と再び対戦する時が来た・・・

河内(あの男と二度目の対戦。去年はアイツから4三振喰らって最後調子を落とした。今日はあの時のお返しをさせてもらうぜ~)

4三振はしなかった!だが・・・・この日も4タコ

河内(そんな・・・去年から8タコ・・・憎き男から・・・)

勝利投手凡田。この日は完投。

キャプチャ4

ちょっとむかつくすまし顔の凡田さん

河内(あの男も・・・二軍で絶好調。4勝目だという・・それも無傷の4勝目。去年とは違う顔だ。ちょっと自信を持っている)

キャプチャ5

凡田(プロの二軍は・・・おれのタマ打てないわ・・・)

スパイダースの二軍コーチと監督「夏之介は見ての通り体が細いからストレートの威力はイマイチだが・・・」「変化球は一軍クラスなんだよね・・・」

「絶好調の河内がキリキリ舞いしてしまうのは夏之介の変化球」「そもそも河内が一軍の壁にブチ当たったのは一軍の変化球が打てなかったからだった・・・」

「二軍の選手だってプロはプロ!」「速いタマはけっこー打ち返すんだ」「だが河内は一軍クラスの変化球に当たった時・・・どーしても対応できない」「だから二軍のバッター・・・」

河内(・・・・・それは自分でもわかっている。変化球を打てるようにならなくちゃ)

キャプチャ6

練習で変化球打ちに取り組む河内

河内「カーブお願いします」

そして・・・あの男と三度目の対戦が来た

河内(凡田打ちの練習は十分してきた。今日こそ打ってやる)

キャプチャ7キャプチャ8

しかし凡田の変化球にかすりもせず

河内(また今日も4タコ!これで去年から12タコ~~。あの男はこの試合も勝利投手になり・・・なんと今シーズンイースタン9連勝負けなし)

河内(ト・・・トラウマだ・・・おれはあの男にトラウマがあるんだ)

この直後、あの男は一軍に昇格していく

新聞を読む河内

河内「ちくしょう、アイツの引き立て役になっちまった」

だがその新聞の記事には

キャプチャ9

河内「へ?アイツ・・・たったの一試合で二軍落ち?敗戦処理で出て行って1イニング4失点?何々・・・?変化球に光るモノはあってもストレートが一軍の球威じゃない?」

河内(はは・・・ナルホドね、ご愁傷様・・・)

河内「しかしたった1イニングとは厳しいわー。おれですら打てなくたって一か月置いてもらったのに」

河内(・・・・まあでもよ・・・おれも・・ちょっと出て打てないとわかったらほとんどチャンスをもらえなかった。去年二軍では149本もヒットを打ったのに・・・)

河内(今年だってこんなに打っているのになかなか一軍に呼んでもらえない。アイツだって二軍で9連勝もしていた投手なのに・・・)

キャプチャ10

河内(・・・・・これが高卒2年目・・・!ドラフト7位・・・!ということなのか・・・?アイツとおれは似ている・・・・この世界で棲んでいる階層が!)

河内(ドラフト上位の選手は二軍でちょっと活躍したらスグ昇格していく。俺達に掛けられる言葉はいつも二軍でもっと試合に出てこいよ)

河内(ヤベッ・・・・おれ・・・アイツに妙なシンパシー感じてる)

この頃である。人づてにドラフトの時のいきさつを聞いたのは・・・

キャプチャ11

河内(スパイダースはやはりおれを指名するつもりでいてくれた・・・?凡田7位、俺8位・・・・で?)

河内(く・・・もう今さらどーでもいいよ。それにスパイダースだったら8位なわけだろ。今よりもっと階層が下になってたわ)

キャプチャ12

河内(おれはパープルシャドウズ7位で良かったよ。もうとっくにこの球団に愛着ができてる。凡田・・・同じ7位同士!ここから這い上がろーぜ!)

俺達の次なる対戦はすぐやってきた

キャプチャ13

河内(む!この前対戦した時とは顔つきがちょっと違う。この前はどこかふてぶてしかったのに・・・)

河内(アイツはこの日イースタン10連勝でかかっていた。アイツは相変わらず二軍では調子いい!おれも2タコ)

河内(これで一軍じゃ全然ダメだったの??)

そして勝利投手の権利が得られる5回の裏

河内(去年から14タコ・・・15タコにはならん!)

凡田(・・・・)

キャプチャ14

河内(アイツは一軍でメッタ打ちにあって・・・どこか変わった!ちょっとだけ大人になって帰ってきた。そうなんだ!おれ達ドラフト7位が・・上に上がって行く時は・・3歩進んで2歩下がる!要するにちょっとずつ・・・!)

そう考えながら凡田の球を打つ

キャプチャ15

しかしその打球がピッチャー凡田を強襲

河内「え」

しかも頭直撃してしまう

河内「よけろ~~」

一塁を駆け抜けるもスパイダース側がタイムし河内もマウンドの凡田の元に駆け寄る

キャプチャ16

河内「凡田ァ~~~」

他選手「おい、触るな」

河内「し・・・し・・・死ぬな~~」

頭蓋骨亀裂骨折 凡田夏之介このシーズンはここで終了。10連勝ならず!

河内「ボンダ~」

回想が終わりパープルシャドウズ球団事務所へ

「そうか・・・そんなことがあったな・・・11年前・・・」

キャプチャ18

凡田推しの人「もっとも凡田はあのケガケロっと治っちゃったんだけどな・・・この後しばらくふたりの友情物語がマスコミを賑わせた」

「時は経ち凡田はモップスへ・・・」「そしてお互い31歳になるシーズンでこのふたりのトレード??」

凡田推し「トレード相手の塩梅としても絶妙だが・・・おれはこのふたりの因縁が面白いと思う。同じトレードをやるにしても少しでも話題になる方がいい」

「じゃあその線でモップスに申し込んでみるか・・・」「ああやってみようよ。ダメで元々なんだから・・・」

数日後

キャプチャ19

凡田推し「モップスから返事が来たぞ」

「!」

グラゼニ札幌ドーム編スタートなるかってとこで次回へ

年月たって億選手となった今の気持ちは違うだろうどころか、案外早い段階でわだかまりなくなってましたね。その後共に一軍で通用し、かたや球界屈指の中継ぎ、かたや年俸1億5千万の選手になったという事ですね。

しかし後遺症とかなくてよかったね、無事じゃなかったらドラフトのトラウマどこじゃないよね(;´∀`)

これがトレードフラグなのか、他選手とトレードによってチームメートになるフラグなのかってとこですね。単に破談ってこともありますけど、漫画的にそれじゃつまんなすぎるからないかな。

自分はチームメートになると思ってるんですが果たして。現時点で凡田を出す可能性はかなり低いですからねえ。パープルシャドウズの思惑と違って、辺見と杉浦は重荷とは思ってなくて、元々評価してただけに復活後に期待してますし、何より現状勝ち星だけはとってて上昇傾向であるから出す理由がほぼない。

セカンドが足りなくて喉から手が出るほど欲しい・・・ぐらいかなあ。でもそれでもね・・・手術から支配下登録の件もあるし、せめて今の契約結んでる間は面倒を見ないとちょっとね。

まあわざわざ2軍落ちして練習にいそしんでる場面と、直前交代で辺見ときまずくなってると思われる描写を描いた則川が絡まないとは思えないので、則川+他選手or金銭が提案されてくるんじゃないかなと思います。

そうじゃないと則川のそういう所見せてきた意味があんまないですしね。まあ近年の中継ぎエースで、今回も中継ぎエースに指名してただけにすぐ出しちゃうのはどうなのっという面もあるんだけど・・・

則川と嫁好きだけど、河内と凡田がチームメートになる姿も今回でちょっと見たくなりましたね。果たしてどうなるか・・・

次回モップス側から則川とのトレード提案が来るか、それとも予想外のトレード受諾となるか楽しみにしたいね。ないとは思うけど普通に破談だけはやめてほしいかな(;´∀`)

スポンサーリンク



                  

『モーニング2016-34号、グラゼニ~東京ドーム編~82話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:グレープフルーツ: 投稿日:2016/07/21(木) 20:48:40 ID:EyMzcxNTA

    ナッツ編の高校時代の“ナッツ”と本編の“夏之介”の性格が違い過ぎて、当初はナッツ編が凡田の高校時代のものとなかなか気づかなかったわけで、高校時代の傍若無人・ふてぶてしいナッツが、どこかの時点で鼻っ柱折られて“夏之介”になったんだろう、初期の『グラゼニ』で、プロ入り時にスカウトの安田のシビアなアドバイスを受け入れる姿から、高3のときかな?とおもっていました。

    しかし、プロ入り1軍昇格前までは“ナッツ”は健在で、鼻っ柱折られて“夏之介”になったのは1軍昇格でメッタ打ちにあった時点だったと。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/07/25(月) 09:35:56 ID:k0MDU3MjQ

      なるほど・・確かにあの顔はあの時点ではナッツ時代のまんまってことを表してたんですね。プロの二軍でも案外通用しちゃったけど、一軍で1イニングめったうち二軍落ちは相当心にきたんでしょうね。そしてサイドスローへと投げ方も変えていき、今の凡田になっていくと。

  2. 名前:伸吾: 投稿日:2016/07/21(木) 22:39:13 ID:EyNDA4Nzc

    則川選手と交換じゃ当たり前すぎじゃない

    確か最後に以外の返答とあったので、もっとビックリする
    提案かもしれない

    次回のお楽しみです

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/07/25(月) 09:38:00 ID:k0MDU3MjQ

      今の時点では則川の名前が出てないので作中の中では当たり前ではないと思うんですよね。読者の多くは予想するでしょうけど。そのまま凡田トレードの方が意外性あるかもですね。他選手か破談ではつまらないですし。

      まあなんにせよ次回を楽しみにしたいですね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)