週刊ビッグコミックスピリッツ2016-39号、あさひなぐ238話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

あさひなぐ238話

旭の飛びからのスネが決まり勝者決定ってとこから

キャプチャ75

審判「勝負あり!二ツ坂高校!!」

ボー然とする寧々

キャプチャ76

審判「礼っ」

2人が礼をした後、対照的な表情の両高校のメンバーが整列し

キャプチャ77

審判「二ツ坂高校の勝ち!」

勝者を告げられ試合場の外に出て防具を外していると、旭が真春に気付き走り出す。それに続いて他のメンバーも

キャプチャ79キャプチャ80

旭が傍に近寄り心配そうに服を掴む

真春は右手を挙げ

キャプチャ81

真春「上段!奥ズネ・・・」

そして手を前に構え

キャプチャ82

真春「本選っ、行こうっ・・・!」

真春の言葉を聞いて旭は涙を流し抱きつく

キャプチャ83

(勝ったのだから、泣いてはいけない。泣いてはいけないのに)

そんな2人の様子を観ていた寧々

キャプチャ84

的林「おい。座れ。座れって」

キャプチャ86

その場に座りみんなに防具を外してもらう

的林か三須さん「手上げて」

寧々「・・・・」

キャプチャ87キャプチャ88

防具を外し終わった後、立ち上がった寧々は少し離れたとこに立っていた寒河江さんの元へ歩き出す

向かいあうと寧々は下を向き

キャプチャ89

寧々「・・・・っ、ゴメンなさい・・・っ」

寒河江さんは

キャプチャ90

寒河江「いいのよ。がんばったね」

旭はそんな様子の寧々を見て

キャプチャ91

(本当はもう、ずっと前から。だってそうでなければ、彼女は抗う必要などなかったのだから。何かは確かに、きっとそこにあったのです)

そして表彰式

キャプチャ92

「薙刀競技団体戦、優勝、二ツ坂高等学校。あなた方は高校総合体育大会東京都予選において、頭書の成績を修めましたので、これを表します。おめでとう」

キャプチャ93キャプチャ94

モノローグ(始まるのです。この、東京武道館の小さいほうの会場で、長い、長い、長い、長い)

モノローグ(夏が、始まるのです)

キャプチャ95

ってとこで次回へ

続くことが明言されてなければ、次回らへんで時間が飛んで最終回をちょっと心配してしまいそうな締め方でした。それだけ良い余韻だったという事ですね。旭が寧々に勝ったこと、寧々が試合を終え負けて笑顔でいれたことは最初の大会から今までの事を考えると感慨深いものがありますね。

旭との心を開いた対戦を経ての敗北によって素直に言葉に出き、分り合えたという感じでしょうかね。寧々がちょっと歩み寄れば変われる関係ではありましたからね。言葉はあんまりいらないという描写でした。

真春がああいう風に一緒に行けるよと告げてお互い涙ながら抱きしめあったのは良いですねえ。演出がやっぱうまいね。寒河江さんと寧々も同様ですね。二人の関係はかなりきついものがありましたからね・・・

寧々は孤独が強さにつながるって事で追いこんでましたけど、自分でも自覚してきてましたが限界が来てましたので、それから解放された事で迷いがなくなりまた強くなるんでしょうね。変わった寧々と奈歩との対戦も見てみたいね。旭も一皮むけて更に強くなっていくんでしょうけど、安定感のなさは解決されるんだろうか。ムラがあるのが旭らしさではあるんですけど(;´∀`)

次回は一区切りついたってことで休載が続き45号から再開みたいです。このタイミングである程度の休載期間があるのは納得ですね。長い事続いてた2人のお話が一旦落ち着いたってことで、一番の盛り上がり所と思われていたとこが終わり、こっからまた話を作りどう盛り上げていくかを考えるのは大変でしょうけど、なんとか頑張ってお休みの間に話を練っていってほしいですね。

新キャラも出るようですし、次回からの展開に期待したいです。単行本20巻は8月30日発売です。

スポンサーリンク



                  

『週刊ビッグコミックスピリッツ2016-39号、あさひなぐ238話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/08/22(月) 23:53:35 ID:Y0MDk1MjE

    いやー良い最終回でしたw
    寧々の涙と 最後の二人の笑顔が最高に良かったですね。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/08/23(火) 01:15:41 ID:cxNDA5MDI

      最終回でも違和感はなかったですね(;´∀`)今までの事を考えるとねえ・・・ホントに良かったですね。これからの2人の関係もまた楽しみです。

  2. 名前:なぎなたかっこいいな: 投稿日:2016/11/11(金) 21:22:24 ID:Q5NTk4ODc

    第一部、完。
    といったところでしょうか。
    単行本で追いかけていますが、私は次の巻で脱落するかもしれません。
    王道を外してほしくなかったです。

    しばらくここで第二部の粗筋を確認して、以降買うかどうかを決めたいと思うので、お世話になりますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)