週刊少年サンデー2016-39号、メジャー2nd64話、BE BLUES~青になれ~257話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

メジャー2nd64話

渉を三振に仕留めた光ってとこから

キャプチャ19

5,6番もあっさり三振に

審判「ストラックアウッ!!スリーアウトチェンジ!!」

藤井「おっしゃああ!!ノーアウト一、二塁を4,5,6番連続三振で凌ぎやがった!!」

キャプチャ20

永井(あーあ、俺のメガネが役に立って、本格的に俺の出番が遠ざかっちまったよ・・・)

大吾「ナイスピッチン!」

キャプチャ21

東斗ベンチ「三者連続三振かよ・・・」「マジか」

小松「フーン、なかなかやるじゃんメガネ君」

キャプチャ22

「おまえら初回みたいな緩みはもうNGだぞ。この試合、ロースコアゲームになる可能性がある。佐藤から何点とれるかわからん以上、1-0で勝ち切るぐらいのつもりでいけ」

茂野じい「やるじゃないか、佐藤君の息子。球も速いし、コントロールもすばらしい。ほんとにあれで初心者なのか?」

「なんかうちの人もちょっとアドバイスしたみたいですよ」

茂野じい「え?」

キャプチャ23

「電話で大吾がおとさんにコントロールつける方法訊いてましたから」

ウグ「2回表ドルフィンズ攻撃は、6番、サード有吉君」

田代「よーし、いけーっ!」

藤井かな「追いつけばうちにも勝機が出てきたぞ!!」

しかし球にかすりもせずあっさり三者凡退

三船ベンチ「まあ下位打線だし、そうはうまくいかねーか・・・」「まだまだ次だ次!」

キャプチャ25

光も次々と三振に仕留めていくが投球を注視していた渉が気付く

道累「うそでしょ、マジで苦戦しそうじゃん」

「わかったぞ」

道累「え?」

キャプチャ26

「やつのピッチングのからくりがわかった。次のおまえからの攻撃で崩せるだろう」

三船ベンチ「よーし、いい感じいい感じ!この回いこーぜ!!」

ウグ「9番、ライト佐倉さん」

ベンチ「出ろォ、佐倉ァ!!」

小松(うはっ、女の子いたんだ。かわいいからヒット打たせてあげちゃう。ってわけにはいかないのねん)

キャプチャ27

佐倉は小松の初球をうまく捉えライト前ヒット

キャプチャ28

三船ベンチ「やったァライト前!!」「おおっ、佐倉が出たァ!!」

(小松め・・・女だと思って甘く入りすぎだ)

道累(へえ・・・この子いいスイングしてんじゃん)

ウグ「一番、ショート木村君」

ベンチ「続け木村ーっ!」

田代からサイン。バントの模様

大吾(送ってスコアリングポジションで俺かー!)

小松(まずい。クリンナップの前にランナー二塁なんて作ったら、またワッキーに怒られる)

キャプチャ30

すると小松が一塁へ牽制

しかし球は逸れ道累捕れず

田代「やったーっ!!」

藤井「ゴーゴー!!」

佐倉は二塁へ

キャプチャ31

「あのバカ・・・」

そして木村君が送って1アウト三塁に

ウグ「2番、キャッチャー茂野君」

初球はボール

キャプチャ32

大吾はベンチの田代のサインを見る

田代(頼むぞ大吾!)

投球動作に入ったところで佐倉がスタート

キャプチャ34

大吾はバントの構え

道累「スクイズだー!!」

ってとこで次回へ

ほんと初代と違って全体が主役って感じですね。視点が目まぐるしい。東斗は強豪だけどあんまそういう印象にならないですね。小松君に隙があるのが印象として強いからかな。三振連発は光がそれだけ凄いんでしょうけど。

でも早くも見破られたので次回から苦戦しそうですね。自分だけじゃなくからくりがわかれば、他の打者でもって感じなので、どこに投げてくるかわかるって感じかな。やっぱ立ってる場所とかなんですかねえ。

それでも光の球は速さがありますけど、そこは強豪ですからそれだけでは打ててしまうんでしょうね。

今回大吾と吾郎が電話した回想はなかったですし、この早いばれ方は見破られるのも想定されてて、ばれた後の策があるのかもしれないですね。苦戦して卜部ってパターンもありそうだけどね。

大吾のバントは・・・初回から早くも見せてしまったので、渉に読まれてそうですね。1ボール3塁なんてわかりやすそうな場面ですし、外されて佐倉アウトかな?次、バントを上手く活かすとしたら道累登板の時な気がするけど、どうなるでしょうかね。

BE BLUES~青になれ~257話

CBに入った優人だったがうまく動けず苦戦で気分も沈む。しかしリンゴの言葉で吹っ切れ気合いを入れ直しってとこから

キャプチャ

聖和台の練習風景から始まる。といってもすでに陽は暮れ練習は終わったようで部員は引き上げていく

舘(聖和台監督)「さて、打てるだけの手は打ったな」

コーチ「はい」

キャプチャ1

他の部員がもういない中、小早川は残ってFKの練習。ポチがそれに付き合ってる模様

聖和台ロッカルーム

聖和台選手達「しかし、明日はしんどい戦いになるぜぇ」「先生も鬼のような戦術立てるよなァ」「リーグ戦でオレたちがきりきり舞いにさせられた、あの輪舞・・・」

キャプチャ2

「まいったよな。あの時は・・・」「後半だけ見たら完敗」「前半からあのサッカーやられてたら負けてたよな」

「でもあの時、手の内を晒してくれてよかった。身をもって体験したおかげで、対策に手応えも掴めたからな」「明日も勝つのはオレたちだぞ!」

「忍の人生を左右する戦いになるしな・・・」

キャプチャ3

この言葉を聞いて全員が神妙な顔になる

「あいつは高卒即プロを諦めてはいない!全国に出て最後までアピールする気だ」「大学からの誘いも断って、これに懸けてる」「バカ正直な奴だよな・・・」

「プレーはスマートなくせに・・・」「泥臭ぇ奴だよなァ、ったく!」

キャプチャ5

「プロになってほしいぜ!」「忍の夢の手助けしてえよな。明日勝ってよ」

FKの練習を終え部室前まできてた小早川はこの会話を聞いており

キャプチャ6

小早川「ったく、あいつらよォ・・・・」

保志「忍さん、オレも明日・・・絶対点取りますよ!」

小早川はそんなポチの頭をわしわし

保志「わひ」

中へ入り

「忍!今日は上がり早くねえ!?」

小早川「会心の1本が蹴れたんでね」

「お。そういうの明日にとっとけよ」

着替え終わりみんなで帰路へ

キャプチャ7

小早川(負ける気がしねえ。負けるわけがねえ。おまえら連れて行く・・・オレの右足で)

駅前あたりまでくると前にいる人物に話しかけられる

キャプチャ8キャプチャ9

女の子「忍!ただいま!応援しに帰って来たよ!」

小早川「薫!」

どよっとする他の部員達

「誰だよ!?」「忍って・・・」「か、か、彼女かよ!?」「呼び捨てェ!?」「おいおいおい!!?」

小早川「落ち着けよ!姉キだ。双子のだけどな」

「双子ォ!?」「小早川・・・カオル・・て。あ!」

「姉の小早川薫です!弟がいつもお世話になってます!」

「あ」「いえいえいえ・・・・」

キャプチャ11

「明日、応援に行きますから・・・がんばって!」

キャプチャ12

「がががががんばりまぁす!!」「忍なんかじゃなくキミのために!!!」「勝ちます!!」

盛り上がる中、姉弟二人で帰路へ

「あははは!」

小早川「あいつらバカだろ?」

「いいじゃん、パワーあって!あたし、役に立ったんじゃね?」

小早川「どうだか!」

キャプチャ13

「あたしもう平気だから!忍は自分と仲間のために戦いなよ!?」

小早川「ったり前だろ。他に何があるってんだよ」

「ならば・・・よし!」

場面変わり武蒼の練習へ

キャプチャ14

一条のマークにつく優人

リンゴ「コース切れ!!」

優人(切りつつも・・・あと半歩前へ詰める・・・焦って簡単に飛び込まず・・・プレッシャーをかけるよう・・・)

ミルコから話をされていたらしく

キャプチャ15

ミルコ(アイコ)「相手が一旦、攻めを諦めれば、奪えなくてもDFの勝ちです!」

一条が切り替えしマークをはずそうとする

キャプチャ16

友坂「優人!」

ジョージ「ねばれェ!!」

キャプチャ17

今回はちゃんとついていき距離を詰め追い込む

一条は諦め一旦下げる

リンゴ「ようし!下げさせた」

ミルコ「なんとかサマにはなってきたな」

キャプチャ18

ってとこで次回へ

今回ほんとじっくり掘り下げてから決勝戦突入ですね。大一番ですから良いと思います。でもじれる人はじれるかな。とはいえ次回で決勝戦突入なのでここまで読んできた人なら大丈夫でしょう。

前も同じ感想書いてたとは思いますが、小早川は全国ベスト4の原動力でFKの名手、パスセンスもあるでしょうにプロに誘われないもんですかねえ。ユースも合わせて見るとぎりぎり選択肢に入らないレベルなのかなあ。技術は足りてるが・・・って感じなんですかね。高いレベルでやると弱い部分が如実に表れて評価下げちゃってるのかもですね。消える時間が多くその技術を活かせる場面が少ない的な感じなんでしょうかね。

まあ実際誘われてないんだからそこにケチつけてもしょうがないですね(;´∀`)盛り上げるための一つの要素ですから。どっちも強い思いを持って決勝に挑むと言う事ですね。

双子の姉が出てきましたが・・一部の部員の表情や台詞から見てもなんか事情がある感じでしたね。3年の部員全員が知ってるとかではなさそうだったので、マネージャーやってたとかではないのかな。昔からの付き合いがある人だけ知ってるとかでしょうか。

姉の想いを背負ってるような感じの台詞で、薫が意味深なセリフを言った後、足元映すコマになってて片側のソックス?サポーターかな?が膝まで上げられてたので足に関係する病気・怪我ですかね。

その治療の為に海外かなんかに行ってて一時的に帰ってきたんですかねえ。治るような病気だといいんですけど。即プロを目指す理由として姉に早く活躍する姿をテレビ等で見せれるようにとかもあるんでしょうかね。まあ色々考えられちゃうので、この辺は回想などでわかるのを待ちたいですね。

小早川のキャラが立っての決勝となるので、より面白く読めそうです。やっぱ相手側のキャラ立ても大一番の試合では大事ですからね。舘監督がたてた鬼のような戦術も気になるところ。

しかしこの漫画の女の子キャラは可愛いね。特に笑顔が良い。忍なんかじゃなくキミのために!は笑えたなあ(´∀`)

優人はある程度形になって決勝と。これぐらいの対応はSB・ボランチこなしてた時の優人を考えるとアドバイス前にできそうなものなんですが、やっぱ実際CBでの対応となると判断の面で全然違うんですかねえ。気持ちに迷いがなくなったのも大きいのかな。

本番は先輩たちのフォローを受けながらもなんとか守り、IH得点王のポチの動きにどれだけ食らいついていけるかですかね。FKでのナベケン対小早川も楽しみの一つ。

結局、中盤前線のメンバーはまったくわかりませんでしたね。これは次回のスタメン発表の楽しみにということになりそうですね。桜庭は流れ的に先発だと思いますが、コーメイの相方は3年の元レギュラーの誰かかな。

次回から決勝戦突入らしいのでとても楽しみです。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年サンデー2016-39号、メジャー2nd64話、BE BLUES~青になれ~257話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:あじ: 投稿日:2016/08/24(水) 07:41:19 ID:A1NDcwMzM

    小早川の事情が出てきて気持ち的にもお互い譲れない戦い感がやっと出てきましたね
    まあ小早川個人でプロになりたいと思ってるだけじゃ若干弱いところもあったのでいい演出ですね
    優人の懸念はある程度は払拭されてバックラインは一応なんとかなったので安心ですね
    問題は中盤ですがそこのところは次号ですかね
    自分で書いてたようにまさかの矢沢があるんでしょうか···
    正直なところ感情に左右されがちな矢沢が入っても良い展開にはなりにくそうなのでどうやって出番を作るのかなあと思うのですが
    ミルコも対策されたり切り札の桜庭を切ってしまったことは分かってるでしょうし、どうやって戦術で対応するのか楽しみです

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/08/24(水) 22:50:04 ID:kxMjE2MTI

      そういうのがないと熱い試合にはなりづらいですからねえ。ちょっとテストで終盤圧倒してしまったのがイメージ的に相手の格を下げてるようなとこあったので、ちゃんと掘り下げてくれたのはよかったです。

      桜庭についで更に今まで使われてないような一年の選手をスタメン追加だとどうなんでしょうねえ・・気持ちは強いところあるので、出番あるなら途中からかなあという気がしますが、そこは読めないとこあるミルコですからどうですかねえ。次回のスタメン発表を待ちたいですね。

  2. 名前:オギコ: 投稿日:2016/08/24(水) 12:27:59 ID:YxMzE4OTI

    毎週拝見させてもらってます。
    来週から銀の匙が連載再開されるので、お時間があればネタバレお願いします‼

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/08/24(水) 22:54:34 ID:kxMjE2MTI

      現状週中はちょっと体力と時間がなくて作品を増やすことはできないと思います、すいません。MAJOR2ndもちょっと悩んでるくらいでして(;´Д`)

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/08/24(水) 13:25:38 ID:A1NDcwNDE

    小早川姉可愛いなー。
    深刻な事情がありそうだけど、うまいこと武蒼と絡んでくれないかな(笑)

    やっぱ相手側の掘り下げがあってこそ盛り上がりますもんね。
    龍ちゃんのプロ編まで描くんじゃないかなと思ってるので小早川とはまた絡みありそうですけどね。
    何にせよ次から決勝。
    面白い展開になってほしいです。

    来週は休載?

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/08/24(水) 23:02:45 ID:kxMjE2MTI

      小早川とは世代代表編とかで絡まないかなあとは思いますが2歳上だからどうなんだろう。サンデーのサッカー漫画は早めの海外イメージが自分にはあるためか、プロ編はミルコの紹介とかでJリーグよりは海外に行きそうな気がしてるんですが、Jなんでしょうかねえ。まあまだ先の話しですね

      休載とは書いてないですけど次号予告になかったので来週は載ってないのかもしれませんね。次号じゃなくて次回決勝戦突入となってましたし。

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/08/24(水) 23:43:39 ID:I3NzA5MzM

    Jクラブが2つもあるサイタマーでユース落ちでもなく特指でもない時点で相手にされてない、
    という創作に現実のツッコミ入れるのは野暮かな(笑)
    高校生への勧誘は編成の都合もあるから総体予選前には終わらせるんですけどね

    ミルコ氏のアドバイスはFWの子をDFにコンバートする時にするアドバイスだよ!
    少なくともSB本職の子にCBやらせる時にするアドバイスじゃなくてモヤモヤする
    ついでにCB経験の無いSBを促成でCBやらせる目処が立ってることが羨ましくて仕方ない

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/08/25(木) 21:31:54 ID:ExMDIzMjI

      詳しいからこそのモヤモヤ苛立ちって感じですね(;´∀`)まあ確かに冬の選手権で最後までアピールしてっていうのはギリギリまでという範囲を超えてる気がしますが・・・まあ漫画だからある程度はってことで。必殺技とか使わない漫画だからリアルを求めちゃいますけども。

  5. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/08/25(木) 00:38:42 ID:M2MzAzNTM

    小早川姉は膝あたりをケガしているのでしょうか?スポーツ選手?
    ひょっとしてフィギュアの選手で代表候補くらいの実力者である可能性はないでしょうか(弟の仲間の反応から察し)。そうするとアンナとのからみがでてくるのかと、最近サッカーの試合中心で(当たり前ですが)出番ないですからね。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/08/25(木) 21:23:21 ID:ExMDIzMjI

      確かにアンナの出番の作り方が通訳とられてかなり難しいですからねえ。膝の怪我っぽいですがそういう風に絡ませてくるんでしょうか。アンナも同じようにケガから復帰してきてますしね。ただそうだった場合でもメイン(一条とかと絡む)の話の出番を増やすのは案外難しいかな?

  6. 名前:nanashi: 投稿日:2016/08/25(木) 13:17:19 ID:Q2NzI2NTk

    BE BLUES…監督は指導力ありそうですが、未だに全国ベスト4の格を聖和台に感じません…。
    対戦する中でこの選手はこういう特徴や長所があって~みたいに、聖和台の良さを出していくんでしょうかね。それとも監督の戦術眼が素晴らしく、相手の良さを消して勝つようなチームなのか…。

    小早川プロになれない問題はよく分からないですね。それだけプロは狭き門ということを示したいのか…BE BLUES世界ではユース選手絶対なのか…J1チームからのオファーじゃないとイヤ!とかなのか…。

    とりあえず両チームの描写済ませたってことで、次回からさあ決戦ですかね!

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/08/25(木) 21:13:06 ID:ExMDIzMjI

      友坂、一条居ない時に対戦して2-1で競ってて、プリンスリーグでは終盤圧倒してしまったのもあって、いまいちIHベスト4で素晴らしいFKの名手と得点王がいて監督が優秀そうなチームにしては格を感じないんですよね。目立つ選手が2人だけっていうのもありますかねえ。またポチが得点王っていうのが全国どうなのってとこもあり。まあでも今回の掘り下げがあって気持ちの面では盛り上がったかなと思います。

      プロとしか言ってないので何とも言えないですけど、J1にこだわりとか行きたいチームとかがあるんですかねえ。まあでも現時点でオファーきてないなら、さすがに目当てのチームとかは現実的じゃなさすぎますね。ユースがとにかく上で、かつ人材豊富な世代なんでしょうかね。J2,J3のチームにとっては狙い目でもありそうなのですが・・・この辺の事情は現実の事も含めてよくわからないので私には何とも言えませんね(;´Д`)

      次回から突入って書いてあったので開始でしょうね。ただ次号は休載の可能性あるかもです。

  7. 名前:高田隆史: 投稿日:2016/08/27(土) 15:23:30 ID:czNDEyMzM

    > しかしこの漫画の女の子キャラは可愛いね。特に笑顔が良い。忍なんかじゃなくキミのために!は笑えたなあ(´∀`)

    田中モトユキ先生の作品の女の子は本当にどの子もかわいいと思います。
    前作の「最強!都立あおい坂高校野球部」も作品自体はあまり好みではありませんでしたが、登場する女性キャラクターはすごくかわいかったです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)