イブニング2016-19号、いぬやしき64話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

いぬやしき64話

皓を振りきれず麻理を助けにいけない犬屋敷だったが、麻理の最後を覚悟した別れの言葉を聞き、絶対助けると決意を固めってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

高架下に逃れた犬屋敷だがすぐさま追いかけてきた皓に追撃を食らう

今度は背中から直撃してしまう

皓「ざまぁっ」

爆発し広がる炎と煙

皓「ざまぁっ、じじいっ!!」

しかしその爆発の中から

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

炎にまかれた犬屋敷が飛び出してきて皓にくっつく

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

皓「じじぃ」

犬屋敷「あぁ」

皓「じじぃ、はなせじじぃ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

そのままもみ合い、見開き2つ使って空へとくっついたまま上昇していく

離れない犬屋敷に向かって皓は頭突き

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

これを食らって離れた犬屋敷だったが

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

前の皓を見据える。背中の部分がパッカー開いており

そこからレーザー兵器的なものが形成されていき

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

小さいいくつもの発射口から数えきれないほどのレーザーが放たれる

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

距離もなく不意をつかれた皓は被弾

街中を走ってた安堂は空中の爆発を見て足を止める

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

落ちていく皓を少し悲しいような不安なような表情で見つめる犬屋敷

皓は目をつぶったまま落ちていき

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

ってとこで次回へ

うーむ、画が凄まじいね、ほんと。台詞がほぼない上に大コマと見開きが多いからすぐ読み終わってしまうんですけど、こんだけ画が素晴らしいと不満にはしづらいね。何度も同じこと書いてしまうけど映画を観てるような感覚になる。コマが大きい分、迫力あってかっこいいしね。バトル展開だと映えるなあ。

隔週で追っていくとなると話の進みがどうしても遅く感じるとはいえ、待望の2人のバトルっていうのもあるだろうけど、これだけ画のクオリティが高い回なら進みの遅さも気にならないですね。単行本で読むと更に良いでしょう。

とりあえず1回戦は決着ってことでいいのかな。娘の危機に覚醒的な感じで皓も知らないような機械の力を引き出して使うような展開になるのかなと思いましたが、案外頭使った方法でしたね。くっついてる間に背中の兵器出しておいて、不意をつくという作戦だったってことでいいんですよね、たぶん。

背中からあのタイプの兵器を自力で出すのは練習の中でやったことがあったのか、それとも娘の危機に賭けに近いけどぶっつけ本番でやってみようって感じだったのか、どっちだろう。

機械の体は本人の意識(ブレーカー的な)が落ちると自動操作モードに入るような感じが警察署の時あったから、今回もそうなると怖いけど、さすがにここでそれがあったら、麻理救出に間に合わないから、今回はこのまま水にどぼんかな。

すぐ救出にいくでしょうし、犬屋敷の性格的にトドメをなんて思わないだろうから、この機械の体は水がエンジン的な役割をしてるようなので、皓は川に落ちて少しして復活ですかね。

次に戦う時は皓も色々考えてきそうだから、よりきつそうですね。まあ今は麻理の事が最優先ですから仕方なし。さすがにこれ以上なんかあると麻理死んでしまうと思うので次回に救出かな。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)