モーニング2016-43号、グラゼニ~東京ドーム編~89話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

グラゼニ~東京ドーム編~89話

河内の意中の相手は35歳のバツイチ子持ち。その女性と子を実家に呼びってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a331

河内母「さあ・・・中に入ってください」

中へ

ぽっくん「うわ~、でっかいおウチ!これがたっちゃんのおウチなの?」

婆や「あ、いらっしゃ~い」

居間へ行き、お食事

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a332

ぽっくん「うわ~ッ、すっごいご馳走。んまんま」

母「おばちゃんと婆やが二人で腕によりをかけて作ったんだ」

婆や「ぽっくん久し振りだねー」

ぽっくん「久し振り~。バーヤも東京に来たのー」

婆や「そう、バーヤもたっちゃんにくっついて東京に来たんだ。今日はたんと食べて」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a333

母(今まで達也が連れて歩いてた女とは全く違うタイプの女・・・35・・・?ちょっとオバサンが入ってきてるんじゃないの?)

河内「彼女は以前のダンナとは6年前に死別している。ぽっくんが2歳の時に亡くなった。おれと接点があったのは・・彼女が球場に花束を届けていたんだ」

回想

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a334

まーちゃん「スイマセ~ン」

パープルシャドウズ時代の河内「お、今日はいっぱい届いたねー。なんの記念だ?オバちゃんいっこおれにもちょーだい」

まーちゃん「あたしゃオバちゃんじゃありませんよ、まだ32-」

河内「ゴメンゴメン。これ持ってって・・・いきなり彼女にプレゼントしたらビックリするだろーな」

まーちゃん「もー河内さんたらプレイボーイなんだからァー。一体何人彼女いるんですか?」

河内「はは・・・今は一人もいねーんだよ」

まーちゃん「このこの~、一人もとか言っちゃったりして~。複数いるのが当たり前ですかー。花束はやれないよ・・」

河内「あの時おれは・・・おれの子供を産んだ女二人がほぼ同時に別の男と結婚した」

その後

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a335

河内「あれ、オバちゃん今帰り?おれ今日タクシーで球場に来たんだ。これでウチのマンションまで乗っけてってよ」

まーちゃん「え~、いいけど・・・」

河内「へへ・・・タクシー代浮いた」

まーちゃん「なんか変なカンジ」

河内「オバちゃん、ちょっとおれの部屋でお茶飲んできなよ」

まーちゃん「え?」

部屋へ。子供の事などを話したらしく

まーちゃん「河内さんて子供二人もいんのー。でも二人とも・・いきなり同時に新しいパパができちゃうなんてねェ・・・どちらかと一緒になるということは考えなかったの?」

河内「同じ年に二人の女に子供を産ませちまったら・・その瞬間にどちらか一方をとるという選択肢は無くなっちまった。どちらか一方を捨てるということになっちまうからな・・」

まーちゃん「そ・・・そうか・・捨てられた方はたまったんもんじゃないモンね・・」

河内「まあおれがつきあってた女は生命力強いからね~。おれなんかよりはるかに金持ちと結婚しちゃうんだから」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a337

河内「めでたいことでありがたいことなんだが・・・ちょっとおれ・・さびしかったなァ・・・まあ俺が全部悪いんだけどね」

まーちゃん「・・・・」

回想終わり

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a339

母(ありがちねェ・・・それでこーゆー包容力のある年上の女に包まれたくなった・・と。コイツといると安心できるんだとか言うんでしょ。プレイボーイも安住の地を見つけたんだとか言っちゃうわけ?)

母(・・・・達也はこの女をこのウチの嫁として迎えたがっている。この子どもと一緒に・・・一緒に住む家族が出来たらこの家を継ぐ理由ができると!達也は結婚できなかったらこのウチを売却したいと言う・・・)

母(相続税の支払い期限は名義人が亡くなった10か月以内。パパは3月に亡くなったので期限は来年の1月。それまでにこのウチを処分してキャッシュを作りたいのだろう)

母(ただ結婚した場合は・・・多少分割にしてもおれの貯金と年俸から相続税は払うよ!と言う・・・)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a340

母(ただあたしももう・・・このウチをそこまでして維持していかなくてもいい。この人は見た目どおり良さそうな人じゃないか。達也はこの人と結婚したらいい。達也の女を見る目は間違いないだろう。そして家族を作ったらここじゃない所に住むのが望ましいよ!)

玄関では爺が静かに待ち、居間の隣の部屋では婆やとぽっくんが遊んでおり

おもちゃのバットを見つけたぽっくんは婆やにトスをしてもらうようお願いする

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a341

楽しそうな声がするので河内たちが隣の部屋にいってみると楽しそうにバットを振るぽっくんが

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a342

この光景を羨ましげに見る母。爺も部屋にくる

母「・・・・・・婆や・・あたしにトスさせて」

婆や「あ、はい、奥様」

母「ぽっくんいくよ」

ぽっくん「こい」

母「それ」

うまいこと打つ

母「うわ~ぽっくん筋いいねぇ。おばちゃん自分の息子がプロ野球選手になったからこーゆーのは見る目あるんだよ」

河内「ぽっくんには俺が野球教えてたんだ。でも元からいいモノを持っていたんだ」

母(・・・・・昔を思い出すなぁ~)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a344

母は同じように子供時代の河内にトスしてた事を思い出す

その後もぽっくんへのトスは続き、空気がなんとも優しい世界に

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a345

河内(ああなんて幸せな時間なんだ・・おれに家族ができたら・・・爺と婆やにもウチに帰ってきてもらって・・またこの家でみんな暮らしたい)

その時、花屋の社長から電話

まーちゃん「はい、もしもし。あ、社長」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a346

社長「ちょっと話があるんだけどね・・・あのねまーちゃんはね・・今日限り・・・ウチ・・クビだから」

まーちゃん「ええ!?ちょっと社長。どーゆーことですか?」

社長「まーちゃん・・・アンタはね、もう札幌に帰ってきても戻れる場所は無いんだからね」

まーちゃん「ちょっと社長」

電話きれる

まーちゃん「うん、も~」

社長(・・・・)

そして河内母が急にぽっくんに抱き着く

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a347

母「ぽっくん!」

ぽっくん(へ!?)

河内(ママ・・・)

ぽっくん「おばちゃんね・・・ちょっと遊んだらなんかぽっくんのことが大好きになっちゃった。ぽっくんさー、おばちゃんのウチの子になる?」

ぽっくん「え!?」

婆や(奥様・・・)

河内(ママ・・・)

母「もちろんママも一緒だよ。ぽっくんのママとたっちゃんが結婚するんだ。そんで東京に引っ越して来るのね。そしたらおばちゃんはぽっくんのオバーチャンになるのかな?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a348

ぽっくん「お・・・おばちゃん何言ってるの?おれ・・札幌にいっぱい友達いるんだよ・・いっぱいいっぱい・・・いいっぱい・・」

そして札幌、花屋の前には

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a349

社長「まーちゃん・・・な、な、なんで帰ってきちまったんだい?」

まーちゃん「あたし・・・札幌で生まれた女やさかい・・無理だよ。東京へはようついていけん。ぽっくんも札幌で生まれた女だからね・・・」

社長「ク、クビだって・・クビだって言ったのに・・・」

まーちゃん「労働基準法違反ですよ・・社長」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a351

社長「う~ッ、ト、トレード・・・トレードさえなけりゃねェ・・・まーちゃん、プロ野球選手の奥サンだったのにねェ・・」

まーちゃん「日本で一番大切なのはぽっくんのお友達ですから」

河内母「ううう・・・」

河内「ママ・・・もう泣くなよ」

母「ぽっくん・・・ぽっくん・・・」

札幌では少年野球チーム?で元気にバットを振るぽっくんの姿が

「そーだ、いいぞ、その調子」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a352

ぽっくん(おれは・・・たっちゃんみたいな野球選手になるんだ!)

ってとこで次回へ

なんとも微妙な人情?話でした。北海道のままなら何の障害もなく結婚までいけたと・・・これもトレードで生まれた弊害というか悲劇というかそんな感じでしょうか。大人も大変ですけど、子供にとって住む場所が変わるっていうのは辛いですからね。

ただ子供が望まないならというのは素晴らしいと思うんですが、ぽっくんだって初めてあったおばちゃんにあんな風に抱き着かれ泣かれて言われても引くよねっていう。最初は気に入ってないのかな?と思った河内母が乗り気になったんだし、ぽっくんも河内を気に入っていて障害は住む場所だけなんですから、河内が真剣にもっとぽっくんに対して話すべきではないのかと思います。

河内母が言うのと河内が真剣に説得するのでは全然伝わるものが違うと思うのですよね。ぽっくんからしたらなんかおばちゃんが感極まって言いだしたわ~ぐらいの感覚なんじゃないのか‥と思ってしまう。

まーちゃんも1億円プレイヤーの野球選手は気後れする部分もあるだろうけど、子供が望むならって感じでしょうからねえ。先の子供の幸せや経済状況を考えたら、これからのまーちゃんの出会いにもよるけど、河内と結婚して東京へ行き、一時は友達と離れて寂しいだろうけど、なんとか説得して連れて行った方が幸せに繋がると思うけどなあ・・

まあどの選択が正しいかなんてわからないからはっきりとは言えないんですけど、納得いかない部分もあるから、良い感じに締めてたけどちょっともやもやした気持ちが残りました(;´Д`)

結婚はタイミングが大事ですから、一つ噛み合わないだけとはいえ、このまま終わるという可能性もありますが、この先も河内の想いが続いて、ぽっくんが多少年と重ねればまた変わってくるものもあるでしょう。引退後に北海道にまた戻るという手もあるだろうし。ただ来年の1月までが期限じゃあの実家は厳しいかなー。

次号は夏之介10連勝なるか、なので試合になりそうですね。あっさり二桁となるのか・・それとも壁があるのか・・楽しみです。

単行本8巻は9月23日発売

スポンサーリンク



                  

『モーニング2016-43号、グラゼニ~東京ドーム編~89話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:伸吾: 投稿日:2016/09/26(月) 20:33:33 ID:I0NzEyNzc

    まさにプロの世界の厳しい舞台裏という話でいsた
    10勝か
    もし達成しても年棒上がるのかな

    3000万くらいの時代ならともかく億単位ならば現状維持

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/09/26(月) 21:34:19 ID:k0MzU3MTE

      ダーティーは強気に出そうですけどねえ。貯金の数は立派ですがやはり他の面がどうかというところ。年俸交渉の回はかなり楽しみですね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)