週刊少年サンデー2016-44号、BE BLUES~青になれ~261話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

BE BLUES~青になれ~261話

桜庭単独突破でシュートまでいくもゴールならずってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a319

野口「ショウ、クロ、いいプレッシャーだったぞ。スキを見せるなよ!」

庄野と黒田「おう!」

黒田「あれが桜庭か・・・」

庄野「やっかいな野郎だぜ、確かによ!なあ、クロちゃん」

黒田「ショウ、締めてかかるぞ!」

ジョージ「か~~、黒田と庄野が自由にさせなかったなァ」

友坂「でも、桜庭もよく打ちきったよ。相手は全国を知ってる聖和台ディフェンスだからな」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a320

真鍋「(せいぜい調子に乗ってろ・・・)桜庭・・・!」

ゴールキックから再開、中央でボールが行き交い落ち着かず

「なんとか武蒼ボールかな?」

名橋「聖和台の奴らプレスとばしてんな。輪舞やりたくてもボールが落ちつかないぜ」

「ガンガン!!!そうだ、ガンガン行け!」

ミルコ「落ちつかせろ!空いてる者を使え!」

優人「下げて!」

戸部「おう!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a322

プレッシャーを受けてた戸部がCBに優人下げる。そこに保志がチェイス

ナベケン「来てるぞォ!!」

優希「優人!!」

優人「ナベケン!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a323

ナベケンに下げるが保志が読んでいてすぐにボールを追いかける

優人「!」

ジョージ「保志のあの反応。狙ってやがったな!」

保志「クリアするトコに体ごと・・突っ込むぞォ!」

しかしナベケン

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a324

ナベケン「フ・・・」

保志「え!?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a325

ナベケンが冷静に保志をいなし、優人に渡す

保志「うそお!?うまっ・・・」

観客「GK足元うますぎないかァ!?」

窪ちん「GKも輪舞で鍛えられてんのよ!」

宮崎「ナベケンの奴・・・くう~」

諸星「余裕あるなァ」

優人「ナイス!ナベケン」

前を向く優人に

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a326

コーメイ「落ち着いて行こう!ビシビシ回して、ペース掴んでいくぞ!!」

そう声をかけるコーメイへパス。その瞬間

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a328

「プレッッッ・・・シャアー!!!」

と大きい声をあげる舘監督

ジョージ「あっ!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a329

コーメイに対して3枚寄っていく

優希「FWが2枚戻って、3人が寄せて来るッ!」

コーメイ「ハイプレスで、輪舞させないつもりか!」

リンゴ「コーメイ!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a330

コーメイにボールが渡った時点でほぼ距離がなくすぐに囲まれる

夏川「行けっ!!」

槙原「おう!」

コーメイ「ち・・・どりゃ!」

なんとか横の戸部に出すが

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a331

槙原「おらぁ!」

すぐにその戸部に対し3人でプレスへ

久米「プレッシャー全開だぞ、おい!3トップが全員下りてきてる!」

九重「ウチにまともにボールを持たせないつもりか・・・」

小塚「うひゃあ・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a332

小早川姉「うわあ・・・きっつい戦術とらせるなぁ・・・聖和台の先生鬼だわ~」

観客かな「聖和台、前線に人残さない気か?奪った後の攻めどうすんだ?」

一条「こっち!」

戸部「く・・・」

なんとか前の一条へ。しかしすぐに小早川が突っかけてくる

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a333

一条「!!」

優希「あぶなぁい!インターセプト狙ってる!!」

一条「小早川!!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a334

なんとか体を入れインターセプトされるのを防ぎ、倒れながらも後ろに下げる

一条「ぐっ・・・」

ボールはコーメイへ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a335

小早川「一条・・・徹底的にマークする!」

一条「・・・・」

そしてそのコーメイの前に枝野が割って入り

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a336

ジョージ「あ、やばいコーメイッ!」

ってとこで次回へ

ふむ・・・これをずっと続けるのかどうかはわかりませんが、聖和台の作戦は前からの徹底したハイプレスという事でいいのかな。そして奪ってジョージのいないDFラインに対して速攻で攻めるという感じですかね。ポゼッションサッカーに対しての対策としては普通かな?まあそれだけ体力とプレスの連携に自信があるという事なんでしょうね。

これをずっとはさすがに・・と思うのですが、高校サッカーの選手はみんな真面目に鍛え走りこんでるので思った以上に持つのかなー。全国高校サッカー選手権を見ただけの印象ではあるのですが、かなりハイラインハイプレスの高校サッカーチームは多いですよね。そしてその中で輪舞をできるような技術がある選手が集まった高校のチームはほぼないというイメージではありますが、武蒼は果たしてというところですかね。

技量に差があると個人技やパスワークでかわされてスペース使われてピンチを招くのですが、武蒼と聖和台にそこまで差があるわけもなくという事かな。近くに出すのが精一杯なので続いていきやすいと。

どうもプリンスリーグの終盤で圧倒しすぎたのでこのハイプレスの中でもできちゃうんじゃないか・・と思っちゃうとこがあるんですが、長らく全国に行けてないチームがそんなうまく聖和台の選手達のハイプレスをかわせるわけもないか。あの時は後半途中からいきなりだったから聖和台の選手も対応もできなかったんだろうし、武蒼としては中盤に友坂がいないのもきついとこでしょうしね。

しかし小早川のプレッシャーのかけ方からしてDFが駄目なわけでも別にさぼり癖があるわけでもなし、なぜプロから声がかからないのだろう。J1にこだわってるとかならわかるけど・・・それだけユースの選手が優秀という事かな。それとも今回はプロに是が非でもという意気込みだからなんだろうか。まあ今回小早川姉が出てきましたし、姉をふまえてのその辺の事情もわかるかな。

戦術とか言ってましたしちょっと詳しそうでしたね。弟がサッカーやってるから自然と知識を得たという可能性もありますが、怪我に関してはサッカーに関わりがあるのか、それとも指摘してる人が多いようにアンナがいるあたりやはりフィギュア関係なのか。あれ・・あの人は的な感じで話に入りやすいでしょうからね。まあ後々わかることですから楽しみにしときたい。

しかしナベケンはほんと凄いね。現時点で目立った欠点なし。人の目にとまればすぐ世代別代表でしょう。現時点でも選ばれてないのが不思議なくらいだけど、この年代のGKのレベルがやたら高いのかもしれないね。

真鍋君の小物・噛ませ臭が相変わらず凄いだけに、実際にどれだけやれる選手なのか早くみたいですね。

体いれられちゃってるけど、コーメイがこっから先に触って難を逃れられるかってとこですが、友坂の一件で気持ちに変化が生まれてるコーメイがここは奮闘してなんとかって感じを期待したいね。武蒼に不安がある中、序盤から激しいので前半から点が入る展開になる気がしますが果たして。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年サンデー2016-44号、BE BLUES~青になれ~261話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:nanashi: 投稿日:2016/09/28(水) 19:34:38 ID:Q0ODA5NjM

    ハイプレスもかわされると逆にロンドの餌食になるので、
    リスキーと言えばリスキーな戦法選んで来ましたねえ…。
    常にボールホルダーに対してキツくいく感じなのか、コーメイを取りどころにしてるかは
    分かりませんが。
    ポチが優人からナベケンにまでプレス掛けましたけれど、
    そこから連動してる感じはなかったので最終ラインにまでハイプレスでは
    ないかもしれません。
    むしろこういう相手こそ友坂がいれば…ってのはありますね。
    友坂がいなからこそハイプレスを選択した可能性もありますが。

    まだ始まったばかりですが、小早川と真鍋の回想が控えてますし、
    長丁場になりそうだ…。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/09/29(木) 03:28:56 ID:cxNzk0NzE

      プレスを抜けられたら個の桜庭もいますしよりリスキーでしょうからねえ。友坂が欠ける中盤を取りどころにしてるんですかね。3トップとMF2人でハイプレスにいって一条は小早川がマークと。ベストメンバーだったらどうしてたんでしょうね。まあ決勝の大一番ですからある程度の長丁場は望むところですが相手側の掘り下げですし回想の入れるタイミングは大事ですね。

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/09/28(水) 20:23:21 ID:g3MjAxNDc

    プレスといえば友坂なんだよなぁー

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/09/28(水) 20:34:30 ID:E1NDMxMDQ

    今回のメンバーだとロンドのキーマンが龍とコーメイで
    龍は小早川のマンマークでコーメイは人数かけて狙う、みたいなプランかもしれませんね
    この二人をロンドの輪から外したらボール回しはかなり停滞しそうな感じがします

    ユートからコーメイにパスを入れるシーンで聖和台の選手には動きが感じられるけど、
    武蒼の選手は棒立ちだったんでまだロンドに進化の余地を残してるかも?

    小早川はJチームが2つある県でユース落ちでも無く年代別代表でもなく、
    なんで高卒で獲得するほどの評価ではなく大学経由で考えられてるかもしれませんね

    凄くどうでもいいことだけど聖和台のCBコンビの顔が老けすぎで20代後半くらいに見えません?

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/09/29(木) 03:54:50 ID:cxNzk0NzE

      友坂がいないだけにそうっぽいですね。この2人の関係を制限するだけでかなり厳しいでしょうし前線に運ぶのも苦労しそうですね。その分、抜けられるときついのですが、もし奪えれば小早川からのショートカウンターで聖和台も大チャンスですからリスクを負う価値はあるという感じでしょうか。

      まあ全国ベスト4までいってアピールできてるのに声がかからないってことは高卒時点で獲得するほどのという評価ではないんでしょうね・・・いい選手ではあるけど、代表に選ばれてないあたり、やはり同世代のユースの選手の方が優秀なんでしょうし。FKという付加価値があるだけに獲ってチーム内で数年様子見てもいい素材と思わなくもないですが、プロとしては厳しいと評価を落とす部分もあるんでしょうね。

      確かに大人っぽく20代後半と言われても納得しないでもないですが
      何も知らずに何歳に見える?と聞かれたとして自分は大学生ぐらいかな?という答えにたぶんなりますね( ´∀`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)