週刊ビッグコミックスピリッツ2016-46号、アイアムアヒーロー254話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

はっきり46号は休みと休載予告があったのに載ってました・・・WHY

アイアムアヒーロー254話

英雄が桐谷を狙撃し屋上は大混乱ってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a368

メットに命中した桐谷は血をボタボタと流し倒れる

瀬戸「おいっ!!桐谷っ!?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a369

キズキ「!なにコレ死んだの?ハハッ・・・ザマーミロ!」

瀬戸「何やってっんだ!!蹴るんじゃねーよっ!!」

キズキに向けてパチンコを放つ

キズキ「キャッ・・・」

キズキには当たらず

ここで再び英雄の狙撃の銃声音がなる

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a371

何処を狙ったかはわからず誰にも命中してない模様(警告かな?

瀬戸「わっ・・・」

コロリ「身をかがめてくだしゃいっ!瀬戸しゃんは桐谷しゃんを見てくだしゃいっ!」

瀬戸「あっ・・了解です!」

おばちゃん「くそっ・・・」

スコップ「我々の仲間だよ。自衛隊の狙撃部隊だ。君達は包囲されている。諦めな」

瀬戸「桐谷!!」

おばちゃん「ウソだよ。あたしら以外に誰もいなかった」

コロリ「その狙撃手は・・・どこに所属してましゅか?」

スコップ「・・・・知るかよ」

するとスコップの額から崇の顔が出てくる

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a372

崇「仲間なんていないです。僕ら3人だけです」

スコップ「やめろよ。さびしいだろ」

瀬戸「うわっ・・・スゴくキモいっ!!」

コロリ「おおっ・・・額から出て来た人誰でしゅか?瀬戸しゃんは桐谷しゃんのもとに早く!」

崇「ぼ・・僕は崇です・・・」

スコップ「頭の上で自己紹介するなよ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a373

コロリ「崇しゃん・・あなた達の目的はなんでしゅか?そしてあなた方のうしろにいる・・・巨大な怪物の目的はなんでしゅか!?」

崇「目的?僕は日々無自覚に生きてきて将来はその・・・」

スコップ「頭の上で語れるほど生きてないから黙れ。目的は無い」

コロリ「そうでしゅか・・・」

おばちゃん「コイツらは無駄に感染を拡大させている。久喜からここまで沢山生きていたのに」

崇「僕は何もしていないよ・・取り込まれただけで関係ないよ。むしろ被害者だよ・・」

スコップ「俺がうしろのバケモノなど知るかよ。俺はムカツク奴を無意味に殺すだけだ。しかも、俺以外全員ムカツクんだよ」

コロリ「皆殺しでしゅね?で、最初にいた人は何者でしゅか?一番、狂気を感じましゅた」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a374

スコップ「あ、そう、わかる?あいつの闇はヤバイぞ。この俺様が取り込まれたんだ・・・」

崇「あの人は赤ん坊だよ。無邪気で闇が無いんだよ!」

スコップ「お前、そろそろひっこめよ。頭の中、声が響いてうるさいんだよ」

スコープを覗いて様子を見ていた英雄だが

英雄「ムっ!?おっさん手をあげてるっ!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a375

正面からは見てないため、スコップのおでこは見えず・・・

英雄「降伏・・・したのかっ!?くそう・・がんばってたのに・・・どうなる?なんだか許される状況じゃなさそうだけど・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a376

英雄「こういう場合はリーダーを倒せば事態は収束する気がする・・・と、なると・・コイツがリーダーっぽい!」

しかしスコップとコロリの体が重なって撃てず

英雄「あっ・・くそっ!!」

スコップ「ひとつ言っておくが、クルスは俺達3人だけではない。お前の仲間もクルスだよ」

女の子「?」

スコップ「俺が力を解放してやった。もう自由だ。好きにしろよ」

コロリ「?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a377

コロリが女の子の方を見ると苦しげな表情で感染状態だった足の肉がブチブチと

コロリ「お前はコッチ側だ。報われない人生だったんだろ?さっさと人間やめて楽しもうぜ」

コロリ「・・・・我々はどーしたらいいでしゅか?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a378%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a379

女の子「こ、殺して」

一方、巨大ZQNの枝分かれした頭は更に英雄に接近し

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a380

英雄「くっ・・・どけっ化物っ!!」

とまた一つの目をふっ飛ばしたとこで次回へ

確かに46号の予告には作品名があったのですが話の終わりにしっかり46号は休載と書いてあったので、載っててびっくりしました。代わりに次号が休みみたいですね。担当の人が1号間違えたのかな。

崇がしゃべったけど・・好きだっただけにこんな出方はつらいね。覚醒して男前になりかけてたけど、やっぱ今は元の崇の精神っぽいから弱々しく卑屈でしたね。ベースはやはり来栖みたいですけど、ならなんで巣作り目的があるのに今は引っ込んでるのかという事ですよね。まあ無邪気な考えをするから常人の思考では読めないタイプなだけに、スコップがやりたいって言ったからまっいいかって感じなのかもしれないし、他に事情があるのかもしれないし、考えてもたぶんわからないですね。

英雄は悪い予感通りまったく状況に気付かずコロリ狙いになってしまったけど、巨大ZQNとやりあってるうちに把握できるぐらい屋上の状況が変わってるかどうかですね。まあしかし巨大ZQNが目の前にきても比呂美云々ではなくどけと屋上が気になってるようですから、比呂美救出の事より命がなくなる前にだれか(今はスコップ)を助けたいと言う気持ちに完全に優先順位が変わっちゃってるみたいですね。まあ・・・英雄らしいといえばらしいですけど・・全てを知ってる読者としてはやきもきさせられますね。

女の子が無理やり解放されちゃったようですけど、ZQNの意志の方が強くなって意識もってかれちゃう感じになるんでしょうかね。対クルスは彼女が鍵になりそうだったんだけど・・彼女の言葉通りやってしまうんだろうか。彼女が意志を保てて力を拡大すれば勝てそうですけどねえ。完全にZQN軍勢が優勢という状況ですが・・こっから世界を救うとまではいかないにしても、脱することはできるんだろうか。スコップ倒しても来栖が出てくるだろうからなあ・・

目的が変わってしまった英雄がこっから比呂美とどうこうになるとしたら接近している巨大ZQNと接触して精神世界に入ってとかかなあ。

先が気になりますが感想冒頭で書いた通り次号は休載です(たぶん

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)