週刊少年サンデー2016-46号、BE BLUES~青になれ~263話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

BE BLUES~青になれ~263話

保志を止めにいく優人ってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a317

優希「優人ー!!」

優人(・・・食い止める!!)

保志「勝負・・・」

優人父と母「優人!」

宮崎「エリア内だ、落ち着けよ!」

後ろを走っていたポールも追いつき

ポール「おい!挟むぞ・・・」

しかし

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a318

ポール「あ!」

ナベケン「!」

優希とアンナ「あッ!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a319

観客「うまい!切り返しで置き去り!!」

矢沢「な・・・」

保志(オレはやれる事をやるだけ・・・だけど・・・)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a320

矢沢「何やってんだ!ごっつぁんだけ野郎だろ!!」

保志(やれる事がドンドン増えてきたっ!!)

(インターハイで得点王を獲得した事がものすごい自信に繋がっている。チームで今一番伸びているのは保志だな・・・)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a321

MFの槙原がニアのスペースへ

誰が言ったかわからず「8番の飛び出し!」

ジョージ「マークズラされっぞ・・・」

友坂「やばい!!」

優希「9番がフリーになる・・・」

保志が中にパス

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a322

するところを読んでいたのか優人がスライディングで防ぐ

保志「あ!!」

宮崎「しゃっ!!」

たぶん春畑「と・・・」

保志「とォ!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a323

保志がボールを拾いにいくが優人もすぐに立ち上がりダッシュ

PA外に転がっていくボールを追っていく

優希達「優人ー!!」

リンゴ「いいぞ!クリアしろ!!」

先に走っていた保志に並ぶ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a324

保志「だっ・・・」

クリアはできなかったが保志は下げるのが精一杯

宮崎「ようしッ!下げさせたァ!!ふう~ヒヤヒヤすんなぁ・・・」

諸星「・・・いや・・・」

下げた先に視線を向けると

優人「あ!!」

一条「!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a325

そこには小早川

一条「やばい・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a326

「忍ッ!!狙ええ忍ゥ!!」

一条「(打たれる・・・)ナベケンッ!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a327

ナベケン(オレのデビュー戦、IH予選準決勝!2失点で敗戦!!プリンスリーグ第12節では屈辱の4失点!!!!聖和台には6失点の借りがある!!!!!!)

ナベケン(今日こそは・・・)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a328

小早川のミドルシュート

ブレ球で変化しながらゴールへ向かっていく

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a329

ナベケン(やらせねぇ・・・)

そして保志がシュートと同時に走ってきており

一条「こぼれた所狙ってるぞ・・・ナベケーン!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a330

ってとこで次回へ

ほんとじっくり展開していきますね。いきなりの優人ミスからの失点はなかったですね。まだピンチは続いてますがまあナベケンが失点分の!マークを付けて決意を固める中、ポロリで保志ゴールとはならないとは思いますけどねえ。

こぼれ球も狙われてる状況でブレ球への対処は難しいと思いますが、パンチングor手ではじいて外へがいいんですかね、こういう時は。ただブレながら落ちてきてる感じもするから外にしっかり弾いていくとなるとその選択も簡単ではなさそうですね。さすナベ展開だと思うんですけど、ほぼボールの正面に位置できてるとはいえキャッチングはさすがに危険だと思うけど、ナベケンはこの状況でどういう選択をするんでしょうね。収めちゃったりするんだろうか。

全国がかかった決勝ですし今の所はわくわくしながら面白く読めてるのでいいのですが、やっぱ中学生編に比べると色んな選手に焦点が当たるので試合展開は遅くなり試合が必然的に長くなりますね。それだけしっかりキャラ立てしていった証拠なのですが、その分 準決勝の序盤は色々起こりすぎて辛い時期もあったので、決勝はあんまりだれないといいなと思います。

保志も成長してましたけど優人もしっかり食らいついてなんとかしましたね。しかし小早川フリー多いなあ。それだけうまく動いてるんだろうけど、あれだけ危険な選手なのだから一条ももうちょっと意識しておかなきゃいけないかな。

矢沢はベンチでわめいてましたが、見下してた相手の成長も認めないといかんかな。といっても他人を認めるって中々出来ない事だよね。矢沢の負けん気とプライドの高さは良さでもあるしねえ。同じ一年の選手がこれだけスタメンで出てると焦る気持ちもあるんだろうね。この試合で果たして出番はあるんだろうか。春畑が出てる辺り途中から使いやすそうではあるんだけど、マコさんが誰と交代で入るかという事と桜庭の扱いによるかな。

友坂、一条がいない武蒼と接戦の聖和台がベスト4で保志が得点王ってどうなの・・・と全国への期待値がちょっと下がってるとこもあったので、この試合で聖和台と保志の凄さをどんどんアピールしていってほしいね。最終的にはもちろん武蒼に勝ってほしいけどね。

次回、ナベケンがどういう対処をするか楽しみにしたい。

スポンサーリンク



                  

『週刊少年サンデー2016-46号、BE BLUES~青になれ~263話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/12(水) 08:10:08 ID:cyMDkxMTA

    ナベのパンチングでハーフラインまで殴り飛ばせばよろし

  2. 名前:あじ: 投稿日:2016/10/12(水) 11:48:42 ID:U1NjQwNTQ

    ほんっとに丁寧な描写というか展開が遅すぎるというか···
    現状は面白く読めてますが後半に入ってからも同じ気持ちで読めてるのか···って感じですね
    良い展開を見せてくれれば良いんですが、単行本で読んだ時も話の進みの遅さに驚きそうです(-_-;)
    準決勝まで無失点で戦い抜いたことを考えると今回も無失点だと県予選を無失点で切り抜けたチームって事になりますし相当な印象になりそうで流石に先制されちゃうのかな?とも思いますが、ナベケンのモノローグにあったように今まで点を取られ続けたので今回こそは聖和台に対して無失点を期待したいですね
    まあこの場は止めてくれそうな引きですけど、ポチも詰めてきてるしどうやって対処するのか楽しみです
    そして矢沢はどんどん扱いが可哀想になっていきますね···

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/10/13(木) 03:04:41 ID:M4MTQ0MTc

      今回対処したとこまで進んでくれても・・というとこはありますね。準決勝も長かったですからねえ。中学生編は基本一条中心のたまに優人と宮崎でしたけど、高校生編はキャラが充実した事により話の主役となれるキャラが増えましたし、スタンドや監督、アイコ等が絵で抜かれる場面が多いですから必然的に長くなりますね。決勝だからある程度の長さは想定してますし、期待感あるだけに今はほんと楽しめてますが、長くなりすぎてだれる時期がきてやっと終わったか・・とならないといいですね。まあ長くなるかどうかより面白いかどうかなんですけどね。面白ければ長さなんて気になりませんから。興奮できるような話の展開をしていってほしいですね。

      優人急造CBで小早川と保志の存在を考えると2失点ぐらいはしちゃうのかなと思ってますが、予想外の無失点あるんですかね。ナベケンと小早川のFKでの読み合い勝負も注目点の一つですね。今回ナベケンの決意があっただけにプリンスに続いて小早川にFK決められちゃうとちょっと残念に感じるかもしれません。
      矢沢はミルコになってベンチ入りしてるので評価してる部分があるんでしょうけどねえ。友坂が抜けてる今回で出番なければ1年時の出場はちょっと厳しいかもですね。まあ可哀想とは言ってもこういう風に抜かれる場面があるだけ扱いが良くなってきてるとも言えるんではないでしょうか。空気化が一番出番と活躍を期待できませんからね(;´Д`)

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/12(水) 12:26:59 ID:U3NDcxOTE

    ポチは何だか主人公的な成長をしていますね
    桜庭と組ませると相性良さそうですよね
    ハイエナした後も「桜庭さんのおかげで点が取れました!」とかいい感じにヨイショしそう
    桜庭側のメリットもそこそこあるから案外名物コンビになれたかもしれませんね

    で、小早川のマークはポジションとしては一条なんだろうけど緩すぎぃ

    無回転は安全に処理するのが第一なんで足元に落とすか上に押し上げてコーナーに逃げるか、ポチが押し込み狙いに来てるからコーナーかなー

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/10/13(木) 02:39:53 ID:M4MTQ0MTc

      確かに桜庭とはこぼれ球という点でも性格の面でも相性が良さそうですね。持ち上げの会話が容易に想像できて面白い(´∀`)

      そうなんですよね、最も注意すべき選手なのに一条のマークが緩いのは気になりますね。小早川の動きが良いのもあるんでしょうけど、こうなる前のパスもマーク離してフリーにしてましたし、もっと意識してほしいとこですね。

      外に弾くが安全な選択だと思いますがどう対処するんでしょうね。

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/12(水) 14:06:57 ID:AwMjU0NjE

    初コメです
    ナベケンって2失点と5失点じゃありませんでしたっけ…?あれ…?って思ったのはさておき、
    じっくり描きますね〜、展開が読めないだけに毎週この記事と一緒に楽しく読ませて頂いております
    個人的には今の聖和大の攻めが無得点に終わったとしてもしばらく劣勢状態になる予感がします
    ロンド出来ない→桜庭で攻めるしか手が無い→真鍋登場、桜庭封じられる→相手はガンガン攻めてくる、やばいぞこれ
    みたいな
    得点に動きは無いけどずっと攻められる展開が続きそうではあります
    優人の覚醒、マコさんの伏線、桜庭の改心(?)がどう関わって来るのか、そこが今回の試合のポイントでしょうか?
    聖和大には1度も勝ててないので今回こそは是非勝って欲しいですね!
    ナベケンの「どるぁ!!」も久々に見たいですしね、ナベケン頑張れって事で長文長々と失礼致しました。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/10/13(木) 02:33:02 ID:M4MTQ0MTc

      ですね、5失点でしたね。単行本で修正されるでしょうかね。まあ5点目の小早川のFKはともかくそれまでの4失点は滅茶苦茶なポジションだったわけですから仕方ないんですけどねえ(;´Д`)

      プレスかいくぐるのにしばらくは苦労しそうな気がしますね。でもさすがに今回は勝ってくれるでしょう。これで終わりでは友坂があまりにね・・・それにマコさんの活躍示唆はほぼ勝ちフラグだと思いますしね。ただ桜庭のコンビネーションに関してはこの試合でやるかどうかというのはまだわからないとこなので注目したい点ですね。コメントありがとうございました。

  5. 名前:ゆに: 投稿日:2016/10/18(火) 16:00:29 ID:EyODg4ODg

    初めてコメントします。1試合に1巻以上費やされるのではないか。。。これは平成の「ドカベン」ではないか、と最近おもいます。年齢的に解らない方スミマセン。。。
    話が進まないので、どんな展開になるのか、と予想したくなりますね。
    小早川薫さんは、サポーターしていたので、フィギュアスケーターで怪我したのでは?という話がでていたかなとおもいます。全てのコメントを読んでいなくて申し訳ないのですが、アンナちゃんとぶつかって怪我した選手か、という予想は既出でしょうか?

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/10/18(火) 19:37:54 ID:Y3MjA2ODM

      アンナの出番を増やせるし同じフィギュアの選手で関わりがあるんではと言われてたとは思いますが、アンナの十字靭帯を損傷した原因がはっきりしてないというのもあるでしょうけど、ぶつかった選手では?という具体的な予想はなかった気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)