モーニング2016-46号、グラゼニ~東京ドーム編~92話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

グラゼニ~東京ドーム編~92話

凡田、打球が額に直撃で無事ではあったものの大事をとってシーズン終了ってとこから

病室にはユキちゃんと金太郎、そして義母がお見舞いに。ユキちゃんの膝には帽子

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ユキ「あ・・・あれだけのライナーがモロに額に当たっても・・奇跡的に大事に至らなかった理由は・・・このボーシだった・・・」

ユキ「このひさしのつぶれ方・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

凡田「ほんの・・・ほんの1~2センチの奇跡。や・・・野球選手・・・もうやめようかなァ~」

ユキと義母「・・・・・・」

凡田「今年の年収1億2千万(年俸8千万+手当4千万)。来年の税金いくらくらいくるかわかんないけど・・・ママ・・・とってある?」

ユキ「ぜ・・・税金分は・・・大丈夫だよ・・・」

凡田「だったらやめても・・・さ・・・さすがに・・・こ・・こ・・こ、今度ばかりは・・・死ぬかと思った・・・」

ユキと母「・・・・・」

凡田「河内の奴ったらさ・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

河内「お前の骨が折れなかったのは・・11年前に1回俺が折って骨を強くしといてやったからだぞ」

凡田「なんて言ってたけどね。骨が折れたとこが強くなるっていつの時代の迷信だよ・・・額の骨ってのはもともと強度があるからね・・ある意味当たりどころもよかったと言える・・・」

ユキと母「・・・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

凡田「・・・・・確かに・・・野球は怖いです・・・心配かけて・・・悪かったと思ってる・・・でもやっぱ野球はやめません」

ユキと母「!」

凡田「どんなに危険でも・・・これしかできないし・・・素晴らしいチームメイトがいる・・・・アイツ(河内)ともっと野球をやっていたいから・・・」

河内とのグラウンドでのやり取りや活躍が思い浮かぶ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

凡田「アイツの余分な頑張りによって・・・おれは10勝目がついた・・・あと何年野球選手をやれるかわかんないけど・・・おれに10勝という数字がつくのはおそらく最初で最後・・・」

ユキ「パパ・・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

さて・・・文京モップスは・・・このシーズン・・・・屈辱の5位に終わる!2年契約だった辺見監督はここでフェードアウト!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

新カントクには高橋ノブヨシが就任!それと同時に現役を退く!

練習場でノブヨシと会い

凡田「ノブヨシさん・・・カントク就任おめでとうございます」

ノブヨシ「凡田・・・・脳しんとうはもう大丈夫なのか?」

凡田「ええ、もうだいぶ良くなりました」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

ノブヨシ「来年はまたリリーフに戻ってやってもらうぞ!全試合ベンチに入る覚悟でやっていってくれ!」

凡田「え?は、はい」

帰り、愛車を運転しながら考える凡田

凡田(そうか・・・そりゃそーだよな。今年10勝ついたと言ってもそれは復帰計画の中で先発をやっていたわけだから・・来年は定位置に戻らねば・・・)

凡田(そう・・杉浦コーチはおれを中継ぎに戻すために遠大な計画を立ててくれたわけで・・・おれの肘は治って・・・杉浦さんの期待に応えられるようになったのに・・・辺見カントクとともに一軍のピッチングコーチをやめざるをえなくなった・・・)

凡田(辺見さん・・杉浦さん・・来年僕は中継ぎとして復活して恩返ししてみせます)

そして自宅にいやらしい顔のダーティ登場

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

ダーティ「さあ・・・契約更改の季節が来ましたよ・・・」

凡田「・・・・・」

ダーティ「ひひひ」

持田「ボス・・・よくない顔をしてます」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

ダーティ「今回はあがるぞ!10勝0敗!勝率10割!勝率のタイトルは13勝以上が条件なのでとれなかったが・・全部先発して・・10勝して・・・勝率10割はデカイ!リリーフしてたまたまついた勝ち星は1個もないわけだからな・・・」

凡田「しかしですねダーティさん・・・・僕・・・10試合しか投げてないんですよ。投球回数はたったの50イニングスなんですよ・・・・」

凡田「普通のローテーション投手は20回以上は登板するし・・・イニング数だって150回はいく・・・」

ダーティ「つまり運がよかったための数字と言いたいわけだよな!それもわかるよ。ただそれを考慮したとしても・・来年の年俸は・・・・2億だ!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

凡田「に、2億・・・・」

ダーティ「そう・・・・」

持田「に、におく・・・?」

ダーティ「今年の年俸8千万+手当4千万=1億2千万、そこからの6割6分増し」

凡田「1.2億からの66%アップ・・・?いやとてもじゃないです。そこまで望めませんよ」

ダーティ「なんだよ!案外欲がないんだな。じゃあいくらだったらいいんだよ?」

凡田「う~ん・・・じゃあ・・・1.5億・・・?くらい・・・?」

ダーティ「1.5億・・・?あ・・・あのね・・・そーゆーモンじゃないんだよ・・・君は忘れちゃいないか!?文京モップスは去年君を育成に落としたんだよ!」

凡田(え?育成・・・)

ダーティ「その時の恨みを・・活躍したときこそ・・・晴らす!あの時ユーは野球選手としてのプライドをズタズタにされた!これは銭闘だけじゃないんだ。プライドをかけた男の・・・純粋たる闘争なのだ!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a315

凡田「でもダーティさん・・・僕の年季の年俸のベースって・・・1.2億じゃなくて・・あくまでも8千万ですよね?そこからのパーセンテージ計算ですよね?」

ダーティ「違う!ベースは1.2億だ!」

ってとこで次回へ

いやいやいや・・予想以上にダーティの狙う年俸が高くてびっくりしました。序盤の病室での会話の印象が吹っ飛びましたよ。2億はさすがに無理過ぎるでしょ。強調材料があるってだけで代理人としてはいけるって感じになるんだろうか。酷使からの手術→育成落としの負い目もあるって感じだろうけど、それは手当つけてるしなあ。球団としてはそれで話はついたって感じなのではないかと思うんですが、ベースを1億2千万にするとこはさすが名前にダーティがついてるだけあって本領発揮といったところか。

しかし強気で代理人として頼もしくもあるが2億はねえ・・1.5億でも上げすぎだと思う。最初は高く言って徐々にまとめていくってわけじゃなく本気で狙ってる感じだしねえ。これが普通に先発投手として投球回数も多く稼働できての10勝0敗なら狙っていくべきだとは思うけど違うからねえ。

10個の貯金はでかいけど、チームは5位だし稼働率は悪いし防御率も悪い。球団としては尻上がりに調子をあげていたし来年への期待も込みで8千万をベースとして1億、良くいって8千万+手当だった今季の1億2千万までじゃないですかねえ。ファン視点で見たら5位に終わったシーズンで10勝0敗とはいえ2億という報道聞いたら球団は馬鹿なのかなと思っちゃうね。

8千万のベースに対して今季の働きで現状維持ではなく1億いかせられるか程度で考えてたからここまでの話しになるとは思ってませんでした。それだけに楽しみではありますけどね。球団は絶対渋い考えをするでしょう。まずはベースを1億2千万としてと球団に納得させるとこから始まるだろうけど、普通に考えたら8千万よね。ギャップがある中でダーティがどれだけうまく強気に交渉していくか注目したいね。

しかし5位とは流石に思ってなかったですね。辺見や杉浦が凡田の勝利にウキウキしてるとこしか見てなかったから上位にはいると思ってました。さすがにそりゃ契約終了だよね。というか凡田が10個も貯金作ってるのに他の投手はどれだけしょぼかったのだろう。打線も厳しかったんだろうけど・・チーム内が全く描かれないからその辺の事情まったくわかりませんね。まあリリーフに戻る来季は凡田がほぼ球場にいることになるだろうから、もうちょっと詳しくわかるようになるでしょう。

そして現実と同じくノブヨシ監督就任と。同じように笑わらない厳しい姿勢で行くんだろうか。若くしての監督だから意識してやってるんだろうなという印象なのですが、漫画内でも同じように描いていくのかな。

名古屋ワイルドワンズは最終的にどうだったのか、則川は移籍後活躍したのか等はわかるのかなあ。基本的に凡田中心の漫画なので関わりがなくなると細かくは描かれない(さくさく進むのでそこがいいとこでもある)んだけど、則川の移籍シーズンぐらいの働きは知りたいね。ワイルドワンズはまあ北王子政権崩壊するとしても来季あたりな気がするけど、悲惨な使われ方だった渋谷の最終的な成績は気になるね。

とにかく次回以降の年俸交渉楽しみです。次回は球団の考え方は?という煽りなので、どれだけダーティの狙いと差があるのかがわかる回になるのかな。

スポンサーリンク



                  

『モーニング2016-46号、グラゼニ~東京ドーム編~92話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/13(木) 04:54:56 ID:c4OTY3MDE

    貯金10作ったと言っても1年間ローテ投手として作ったわけじゃなくて谷間で10勝しただけだから貯金10の価値が思ったより軽いかもしれない
    それでも5位はあれですが

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/13(木) 13:36:52 ID:gyMjc0MTk

    普通に考えたら良くて現状維持だと思います

  3. 名前:伸吾: 投稿日:2016/10/13(木) 21:34:21 ID:g0OTk0MTI

    貯金10で、10割だけでもかなりの好材料
    さらに公傷の怪我もあるので
    残りの日数も-材料にならない
    2億だめでも1億6000万
    倍増と予想する

    それと辺見=堀内だったのかな?

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/14(金) 06:25:55 ID:Q2NzkxNjE

    10試合50イニングで防御率も悪い、チームも5位で2億はバカすぎるだろ…凡田が毎回5回で降りてるから中継ぎが疲れて5位になった可能性も高いし…丸一年棒に振ったのにその分の手当てまで貰ってるのに手当て分をベースに組み込むとか頭おかしいだろ…外様のくせして…

  5. 名前:名無しのナッツ: 投稿日:2016/10/15(土) 10:19:53 ID:EyNjE3MDc

    ついにノブヨシさんきましたか
    そろそろ過去編してほしいですねぇ
    持田とユキオは同学年なはず…どっちが強いんだろう

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)