週刊ビッグコミックスピリッツ2016-48号、あさひなぐ242話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

あさひなぐ242話

関東大会開幕ってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a360

前橋駅、そこには旭がポツーンと一人でおり

旭(見知らぬ土地で、ひとりです)

扉絵で新キャラのビジュアルが紹介された後

旭(関東大会本選、2日間のうちの初日、群馬県は前橋市。みんなは来ていません。学校でいつも通りの稽古をしています)

回想の会話

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a362

えり「ホラ、私たちインハイ本選に向けた練習もあるし、節約もしなきゃだし、決勝トーナメントまで残ったら応援に行くからね!」

紺野「そこそこ盛り上がる保証がないと、ちょっと前橋までは・・・私の応援がほしかったら頑張ってくださいね!」

旭「えぇ~・・・」

旭(元々は真春先輩と2人で出場予定だった大会です。ゆえに、私は今日、ひとりなのです。さ、さみしい・・・)

夏之「ホラ先生、早く!」

コバ「待って宮路、そこで水沢うどん買っていい?」

夏之「明日の帰りにしてくださいよ」

旭(真春先輩が来れなかった分、ホテルに空きが出たので、一日だけの予定だった夏之君が前のりしてくれることになりました)

夏之「どうかした?東島さん」

旭「いやなんか、ひとりで大会出るのって初めてだから、変なカンジで・・・考えてみると真春先輩の出てない大会に出るの初めてなんだよねぇ・・・」

夏之「あのーひとりって・・一応オレいるんですけど・・・」

旭「あ、いやゴメン、そーじゃなくて・・・同じ大会でも男子と女子は別々のトーナメントだし、そういう意味でひとりってことで・・決して仲間と見なしてないとかでは・・・」

夏之「(見なしてないのかよ・・・)ひとりじゃないよ!オレ、練習相手にだってなれるし!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a363

旭「う、うん(・・・緊張すんだよなあ、夏之君といるとき・・・)」

夏之(少しは頼りにしてくれてもいいのになあ・・・)

コバ「ハハハ、なんかこーして並んでると、お前ら付き合ってるみたいだな!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a364

旭と夏之「!!!?」

コバ「いーじゃんいーじゃん青春じゃん、どうだ宮路、東島も見ようによってはカワイイし、付き合っちゃえば?」

コバ先生の腹に旭が蹴り

コバ「アハハ、ゴメンゴメン、恥ずかしかったかァ!?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a365

夏之「やめろよこのノーデリカシーのバケモノめ!」

旭「わあああああ~」

旭(くう・・・こういう時野上先輩や文乃先輩がいれば・・・)

夏之「待って東島さん、バス停あっち!」

旭「えっ。わあ~待ってー」

バスに乗ろうと走るが乗る前にこける

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a366

旭(将子ちゃんもさくらちゃんも、先輩達や一年生たちも、やす子先生も、いない。不安です)

バスの中は選手だらけ

夏之「流石に選手でいっぱいだな~、大丈夫だった?」

旭「うん。男子の大会って二日目のいつやるの?」

夏之「女子の団体決勝まで全部終わった後、授賞式の前だよ」

旭「へ~すごい!大トリだねぇ!」

夏之「ハハハ・・・オマケともいうけどね・・女子も決勝後で疲れてるところ申し訳ないけどさ・・十数人くらいしかいないからあっという間に終わるよ・・」

旭「ま、まぁまぁ・・・応援するからね!」

夏之「・・・うん。乃木さんの最後の試合になるとは思うけど、オレはオレって稽古してきたつもりだし、華を持たせようなんて相手にも失礼だろ?」

ペラペラ話しながら心の中では

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a367

夏之(そうだ夏之、コレはまたとないチャンスだ。東島さんは今ひとりで心細い。それを支えられるのはオレだけ・・・オレという存在の大きさを、東島さんに思い知らせてやるぜ!!」

夏之「だからオレは全力で」

その時、バスが揺れる

夏之「わ・・」

そして夏之が旭の方に寄りかかる形に

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a368

夏之「ゴ、ゴメン東島さん!!オオオオレ、わざとじゃ・・・」

当の旭は自分が寄りかかった人を見ており

夏之「?」

その子はこの状況で微動だにしていなかった

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a369

?「びっくりしましたね~、今のは!お二人とも、おケガは?」

旭「ハ・・ハイ・・・おかげさまで・・・あ、ゴメンなさい!」

?「なんのなんの、なんならつかまってもらってても!」

旭(ホウ・・・❤)

夏之「!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a370

旭(この子すごい・・・こんな大きな荷物持ってるのに全然フラついてない!すごーい!かっこい~!!)

存在の大きさをアピールできなかった夏之うなだれる

そしてバスが県スポーツセンターにつき降りる。旭と女の子が仲良く会話しながら歩く

旭「ね、ねえ、体幹強いね!普段もああやって乗り物できたえてるの?」

?「あい!そちらもなかなか!自分以外でつかまらないトレーニングやってる人に初めて出会いました!」

旭「アレいいよね!コアマッスルに効くんだって」

?「ほう!そのコアナントカは存じ上げませんが、荒波の中でも立って構えられるような頑強な軸を持ちたいと思っております!」

旭「へぇ~~。私 東京から来た東島旭っていうんだけど、何県から来たの?」

?「あい!茨城のほうからやって来ました。あ、これはこれは名乗りもせずに失礼を・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a371

摂「河丸摂(かわまる せつ)と申します!河童の河にまん丸の丸、摂生関白の摂です。本日はよろしくお願い致します!」

旭(かわいい・・・・)

その時、摂が旭の怪我に気付く

摂「い、いかがされましたそのヒザのおケガは!」

旭「あ、ああコレはさっきちょっと転んで・・・でも大したことは・・・」

摂「いけませんいけません、ばい菌が入ったら脚を切り落とすなんてこともあると聞きます。ちょっと待ってて下さいね、そのままそのまま」

リュックをがさごそとしバンドエイドを取り出す

摂「コレをどうぞ、使ってください!」

旭「わー、どうもありがとう!」

摂「いえいえ、困ったときはお互いさま、情けは人のためならず、です!あ、消毒液もよかったら!」

旭「わあ、ありがたい!」

摂「あとティッシュと・・・包帯の方がいいでしょうか?痛み止めも一応差し上げましょう。あ、アメちゃんいかがですか」

旭「ずいぶん用意がいいんだねぇ」

摂「あい!ひとり旅にはあらゆる備えが肝要ですから!」

旭「河丸さんもひとりなの?」

夏之(だからオレがいるってのに・・・!!)

摂「せっちゃんで結構です!引率の先生がいらっしゃる予定だったのですが、あいにく寝坊をされたようで・・・」

旭「そうなんだ・・・」

摂「しかし常日頃の遠征もいつもひとりで行っていますし、普段とあまり変わらないですね。あ、ゴミお預かりします!」

旭「あ、ありがとう」

摂「私の学校は薙刀部がなく、いつもひとりで稽古をしているものですから」

旭「わっ、私も今・・・」

ひとりと言いかけたとこで

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a374

摂「でも、なーんの!武士はいかなる時でも、ひとりで旅するモノですから!」

その台詞に心うたれた様子の旭

旭「武士・・・」

摂「武士!」

摂が手を振りスポーツセンターの中へ

旭「・・そっか!武士か!武士・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a375

やす子の「シャンとしなさい。弱いならせめて強く見える努力をしなさいよ」というセリフを思い出し、少し駆け足になる旭

旭「武士!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a376

旭(今日の主人公ば私゙)

前向きに一人スポーツセンターの入り口を通る

旭(こうして私の、たったひとりの関東大会が始まりました)

夏之(オレがいるのに・・・)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a377

夏之が旭モノローグに突っ込んだ形になったとこで次回へ

早くも新キャラ出てきましたね。茨城ってことは茨城の汚れくの一のやす子先生と何かしら関わりかつながりがあるのかな。薙刀部がないってことは団体には出てこないので、インハイの団体の敵として出てくるわけじゃなさそうですね。インハイ団体戦のライバルが出てくる大会になると思ったんですけど、この子はやす子関連の話を進める為のキャラなのかなあ。

プラス真春の対戦相手として出てくるのかなと思ったけど、薙刀部がないってことはそもそもインハイの予選に個人として出れるのかな。まあ競技人口が多い競技ではないし、そういう人を弾いてたら参加者減っちゃうでしょうし、出場登録すれば出れると考えていいのかな。都川とか連盟の選手が出てたりしますしね。

でも団体で闘う相手だと思ってたからそこはちょっと意外だなあ。団体用の新キャラは別に出てくるのかな。まあ関東大会でそんな多く出す必要はないんだけど。摂は強キャラだと思いますがどういう立ち位置になるんでしょうね。3年編に向けての旭のライバルになるのかなあ。作者さんがまだまだ続くと言ってるから現3年が引退しても続く気がしますし。

めっちゃいい子でしたが試合中はどうなるのか。武士精神だから真春並の殺気を出して雰囲気ガラッと変わったりするんだろうか。新キャラに負けるのが定番でしょうけど、やる気になった旭が何処まで勝ちぬけるのか。精神的にムラがあるけど事前に前向きになれたからとりあえず決勝トーナメントはいけそうかな。

寧々が摂の噛ませとかになったらちょっと嫌だけど、主人公のライバルだったキャラが負けたのをきっかけに新キャラの噛ませになるのって定番だよねえ・・

國陵のメンバーとわかりあった後だからより強さ見せて勝ち進んでほしいけどね。でも個人も団体も両方出るから団体の方で結果を出すという方向にもできるか。個人では寒河江さんも出るし、國陵の雰囲気の変化が見れるのが楽しみです。

高校男子らしい邪な夏之君も頑張ってほしいね。女子の後らしいから試合での出番は相当先っぽいですね。

スポンサーリンク



                  

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)