モーニング2016-48号、グラゼニ~東京ドーム編~94話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

グラゼニ~東京ドーム編~94話

ダーティとの事前の話し合いの末ベースを1億にしませんか・・?というお話になったことを上司に説明する査定担当者綱木さんってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

モップス球団事務所

上司「なんだと~?ダーティ桜塚がそんなことを・・・?」

綱木「はい・・・」

上司「3年目の年俸の基本ベースを・・1億2千万と8千万の中間にしろだと?い・・意味がわからないんですけど・・物理的に基本給8千万なのが・・・どーして動く?」

綱木「まぁものすごく変な話なのは当然なんですが・・・」

上司「契約更改で来季の年俸を少しでも釣り上げるテクニックだと言うのか?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

綱木「ダーティ氏は2年目に育成に落とされたことを非常に恨んでます。とゆーか・・それを材料に・・コチラ側に恩を売ってたモードに・・・」

綱木「今シーズン10勝0敗という成績!アップ査定は当然です。ダーティ氏は本来1.2億からの昇給は狙っていた。8千万からの昇給とじゃエライ違いですからね・・」

上司「それで・・・恩も売ってるし球団の考え方も尊重して間を取ってはどーか・・って?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

上司「バカげたロジックだ・・・基本給は何があっても基本給!手当ては何があっても手当て!活躍したんでここぞとばかりに色々と言いたいんだろーが・・・数字が勝手に動くか!」

綱木「しかしダーティ氏は凡田のプライドプライド・・・と連呼したり・・・育成に落としたのはこの世界の仁義に反してるとか・・」

上司「つまりダーティ桜塚は人の心に依った言い方をしてくるんだろ?」

綱木「ええまあ・・そーゆー言い方をされると正直弱いっス・・」

上司「人の心に訴えかける言い方をしてくる奴は・・・自分の方が分が弱いと思ってる証拠」

綱木「・・・・」

上司「我が球団としては・・その提案ははねつけねばならん」

綱木「実は・・僕は・・ダーティ氏の要求には一定の説得力がある、と思ってしまった」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

上司「なんだ?取り込まれたのか・・?」

綱木「いや・・なにも・・(そんな言い方しなくても・・・)」

上司「じゃあ言おう・・凡田の基本給の考え方を動かせん理由を・・・」

綱木「え?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

上司「凡田の来季の年俸は9千万を提示しようと思っとる!」

綱木「9千万・・?10勝0敗なのに・・・9千万・・?8千万から考えたらたったの1千万アップ・・?基本給1億という考え方をしたら1千万のダウン。1億2千万からしたら3千万のダウンということになってしまいますが・・・」

上司「そーゆーこと!だから基点は絶対8千万!凡田は1千万アップという評価だ!パーセンテージにすると12.5%アップ!」

そしてそもそもの予定か呼び出されたかわからないがダーティだけ球団事務所へ

説明を受け立ち上がるダーティ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

ダーティ「10勝0敗なのに・・・たったの12.5%アップだと・・・?せ・・・説明を聞こーじゃないか・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

上司「我々は凡田の勝ち星は・・・3勝7敗という評価している」

ダーティ「なんで数字が勝手に動くの!?8千万という数字は勝手に1億円に動きません!と最初に行ったのはアナタでしょーが!」

上司「防御率は5.04。凡田クンが投げた試合の我がチームの平均得点は8.1点」

ダーティ「極端に打線に助けられたと言いたいんだろうが・・・10勝0敗は10勝0敗であって・・勝手に数字は動かない!」

上司「凡田クンは今シーズン超特別待遇の起用法!杉浦ピッチングコーチのアイデアでトミー・ジョンからの復帰を全面的にバックアップしていた。凡田クンは絶対5回で降ろすと決めていたのでリリーフ投手にも負担をかけた」

ダーティ「それはわかる!だがそれでも数字は動かんよ!」

上司「もうひとつの見方もある・・・」

ダーティ「もうひとつ・・・?」

上司「凡田クンの投げた試合の次の試合の勝敗を調べてみた・・!」

ダーティ「何?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

上司「なんと・・・1勝9敗だった・・!」

ダーティ「なんだって?」

上司「凡田クンの前の試合はどうか?こっちは2勝8敗!」

ダーティ「・・・・凡田の前と後ろにシワ寄せが行っていると言うのか?」

上司「凡田クン登板日の前と後ろは先発投手を1回多く引っ張る傾向がある」

ダーティ「リリーフ投手を注ぎ込みにくいと?」

上司「凡田クンの試合で多く使わねばならんことがわかりきっているからね・・凡田クン登板日を中心として3連戦と考えたとき・・10カード・・・30戦の勝敗は・・13勝17敗・・・!」

上司「凡田クンの復帰プログラムはうまく行ったが・・・シーズンの運営としては凡田クンの時はチームのバランスを崩していた」

ダーティ「!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

上司「やはり我々が期待する凡田クンの役目は・・・中継ぎエース・・・セットアッパーのポジションだ!」

上司「そりゃ先発投手が10勝0敗だったら手放しで評価するが・・凡田クンは先発投手にはカテゴライズされない。中継ぎ投手の復帰計画の中で先発をやらせていたわけだから」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

ダーティ「ぼ、凡田が10試合・・先発をやったから・・それでモップスは勝率を落とした・・と言いたいんですか?」

綱木と上司「!」

上司「じ、実は・・・8月に入った時、現場とフロントでミーティングが持たれた・・・その時フロントサイドからは・・そろそろ凡田をリリーフに戻してもいいのでは・・?という意見が出た」

上司「この時点で凡田クンは7勝0敗、そしてチームは4位だった。あと2ヶ月でなんとしても3位以内に喰いこんでCS出場のキップを手に入れたい!」

回想フロントの意見「さんざん他のリリーフ投手が頑張って凡田に勝ち星を付けるよりも・・凡田が後ろに回っていつでも他の人を助けに行ける体勢にした方が勝率が上がるんじゃ・・?」

上司「杉浦コーチは大反対した!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

回想杉浦「そんなことしたら凡田の労働環境が恐ろしく変わってしまう。凡田はたまにしか一軍に来ないから徐々に回復して来られているのです。毎日 一軍に居て毎日 緊張していなきゃならない生活は・・・まだ早いんです」

上司「8月から凡田クンをリリーフ戻せていたらチームは3位に上がれていたかも・・」

ダーティ「!チームが5位に終わったのは・・凡田の復帰計画が遠因だ・・と言いたいんですか?」

上司「そうは言わないが・・・超過保護態勢は間違いなかった。じゃあダーティさん、アナタはいくらを要求するんですか?」

ダーティ「基点1億円からの倍増・・・2億円です!」

上司「凡田クンは先発する日のみの登録だったので・・年間の登録日数はたったの10日です。3月末から9月いっぱい・・・1シーズン約170日のうちのたったの10日しか一軍にいなかったのです!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a315

上司「そーゆー選手の来季の年俸が2億になってしまったら・・・どこかバランスを崩していると思いませんか?」

ってとこで次回へ

9000万と1億前に線引きされたとこであー・・って気持ちになりましたね。球団側はマイナスポイントが何個もある時点でシビアに考えるだろうとは思いましたが、3勝7敗扱いで中継ぎの復帰計画の中で先発をやらされてたから先発投手にカテゴライズされない・・はちょっとシビアすぎないですかね。甘い考えなんだろうか。印象としてはダーティは要求しすぎだし、球団は渋すぎるという感じがしました。

球団としては3勝7敗扱いで1000万アップなんだから上げてるだけ評価はしてるだろって感じですかねえ。この防御率・稼働回数でチーム5位となると1億にしにくいという考えもわかるけど、結局今回も億に壁だとちょっとなあ・・なんとか1億~1億2千万ぐらいは狙って億の壁は越えてほしい。

リリーフ陣に負担がいってたのは確かにそうなんですが、凡田は5回終わりで10回の登板だから、凡田登板での中継ぎの負担は年間40回、早期降板はなく5回は必ず投げ切ってるし、最終順位が5位ってところから見て明らかに他の先発投手も仕事できてなかったと思われるからなあ。全選手の成績が見てみたい。

手術明けの凡田にそこまで期待するべきではないから、補強もちゃんとしとくべきだし、中継ぎが疲弊してたなら則川出したのも考え物だし、8月にリリーフに戻せてたら~っていう たられば はどうなんだろうね。納得いかないかな。あんな風に順位に影響したと暗に言われるとちょっとね。

まあ河内は美味しい話だったし則川は不調だったからそこはまあ突っ込むべきとこでもないんだけど。色々な面で超過保護だったのは間違いないですしね。でもちょっと厳しすぎるかなとは思いました。

まあ査定マイナスポイントがかなりあるのは事前にわかってましたから、シビアな判断をされると思ってた人も多いでしょうし、この査定に納得の人も結構いるでしょう。次回がダーティターンでしょうから、球団側の揺らぎ具合で着地地点がどこになるかがわかってくるでしょうか。

銭闘回はやっぱ面白いね。2億要求はさすがにどうかと思いますが、有能代理人の実力を発揮して最終的になんとか1億以上は勝ち取ってほしいところ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a316

今週のモーニング、村田さんのグルメ漫画が巻頭だったんですが表紙も担当されててそれが凄かったです。各モーニング作品のキャラ(たぶん)全部描いてるんですよね。ほんと素晴らしいね、この人の画力は。今週はこれだけで買う価値があるかも。雑誌の方も買ってとっておこうかな。

スポンサーリンク



                  

『モーニング2016-48号、グラゼニ~東京ドーム編~94話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/27(木) 03:29:58 ID:I0MzEyNDM

    いや、だから2億はありえないからね。ワイルドワンズの渋谷だってエースなのに1.5億じゃないですか。それでいて中5日できれば完投、絶不調でも5回まで晒し投げですよ。それに全て5イニング…ローテピッチャーなら平均6イニングいきます。エースなら7イニングいきます。スーパーエースなら7.5イニングいきます。5イニングは短すぎます。ぶっちゃけ現状維持で0.8億でもいいと思います。だってローテピッチャーの3分の1くらいのイニングしか投げてないし…

    てか杉浦いい人だなww低迷したら自分のクビ危ういのにwww

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/27(木) 06:52:01 ID:M2NjAxMTU

    2億は単なるブラフでしょ。
    ダーティがアメリカで得られる給料を高めに設定して凡田を説得した時みたいな。
    球団側の評価は言いがかり半分。
    凡田自身がチームに対して10の貯金を作った事実は変えようがないし、10試合の4イニングを他の投手が投げたからっていうのは1+の貯金という事実を否定するマイナス要素としては弱い。むしろ凡田が後ろ足(中継ぎ)にいないから低迷したってのは凡田へのプラス向きの評価にしかならない。
    普通の貯金10投手ほどの評価は無理としても、結果としてチームに貢献した投手に現状維持はあり得ない。

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/27(木) 07:45:41 ID:MxOTQyOTc

    流石に厳しすぎないかと思いましたね。
    そもそも後続に負担を掛けたと言うならそれこそ凡田の怪我の原因を考えろよと。
    明らかな球団側の酷使が原因なんだからその理屈で言うなら育成に落として4000万まで下げたのがおかしくなる。(勿論投げられない投手なんだから落ちるのは当たり前といえば当たり前だけど)じゃあその時他の投手の査定はどうだったんだよ?と。
    他の中継ぎ連中は下げたのか?微増だったのか?と。

  4. 名前:伸吾: 投稿日:2016/10/27(木) 20:14:41 ID:gyNjA1NTI

    渋い

    ありえない

    10連勝だけでも

    3000万の価値があると思います

  5. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/27(木) 20:17:53 ID:U1MjUzMzM

    「責任を押し付けられても困る。優勝したかったらいい投手を獲ってきて欲しい」

    凡田悪くないやろ!
    登板試合前後のチーム勝率を交渉材料とかw

  6. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/27(木) 22:36:35 ID:k3NTM0MDk

    (一応)貯金10のピッチャーがいて、シーズン5位って一選手の問題じゃないだろ。

  7. 名前:高田隆史: 投稿日:2016/10/27(木) 23:10:00 ID:E3Mjc5OTg

    2億は「ありえない!」と思いましたが、9000万円はさすがに厳しすぎますね。
    個人的には1.0~1.2億円くらいが妥当だと思います。

    あと、9000万円という金額以上に、球団側の「前後含めて13勝17敗だから3勝7敗相当」という理屈に納得がいきません。
    単純に、「10勝0敗でも投球回数・防御率の両方が悪すぎるので9000万円が妥当」と言えばいいと思います。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/10/31(月) 09:16:15 ID:AyNzY5NzU

      そうなんですよね、自分も1~1.2億ぐらいまでならと思ってるのでちょっと低いかなという印象ではあるんですが、特に問題なのが言い方なんですよね・・・防御率・投球回数は8000万の給料に見合った働きをしたとはとても言えないが、10勝0敗という結果に加え、終盤には復調の兆しが見えたので来季への期待を込めて1000万アップさせてもらったとかなら印象違うんですけどね。言いがかりに近い説明のされ方だから、納得のいかなさが何倍にもなってるんですよね。これを凡田本人にも言うなら球団への不信感が増すと思いますね。

  8. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/28(金) 10:14:47 ID:gzNTY4NzY

    凡田の存在からして流石に上がらないとは感じていた
    チームが優勝でもしていたら一気にアップもあっただろうがチームは沈んだしね
    要するに優勝しないと個人成績だけでは年棒アップは望めないだろうと…

  9. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/28(金) 11:42:53 ID:U5NDA2NjI

    投球回数と防御率、先発の経緯で普通のローテーション投手の10勝0敗と同じ評価はされないとしても、これは球団側が渋すぎるわ
    凡田の起用がチームに悪影響を及ぼしたとしても、一選手に起用の是非が決められるわきゃないでしょうに…それこそ監督コーチの過失部分やろ
    そんな自分の権限が及ばない部分まで査定に組み込む方が、よっぽどバランス崩れてるやん

  10. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/30(日) 09:01:26 ID:I0MDM5OTg

    外様と生え抜きの差か・・・。
    というか防御率の低さで勝敗を勝手に弄るなら投手はどんなに勝ってる試合でも常に全力投球しかないじゃん。
    そもそも5回まで投げてるなら充分先発としての役割は果たしてるし他の選手も5回までってるのは知ってるんだからそれが負担になったとしてもそれは調整が下手な生え抜き勢の問題では・・・

  11. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/31(月) 03:03:54 ID:QyNjYxMTI

    あれ…けっこうもっとUPじゃねーの?って人が多いですね…優勝チームなら貯金10を評価されるかもしれませんが5位ですよ。一部の活躍した人以外はかなり辛い査定になって当然です。ローテピッチャーなら150イニング、エースなら200イニングと考えると50イニングは1/3か1/4ですよ。それで5.04って周りのピッチャーに迷惑かけまくりじゃないですか。

    • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/31(月) 07:46:47 ID:U0NzM4OTk

      確かにその通りだけど凡田の場合は前提として怪我の原因が正に活躍したのに他の選手が足を引っ張ったせいで登板が増えたのが原因でしょ。
      でその次の年に下げられてしまってるわけ。勿論1年間投げられない訳だから下がるのは仕方がない面もあるかも知れないがこの1年は本人から言ったわけではなく監督の指示通りに登板してその登板では全て勝利って結果を出してわけだろ。
      そもそも凡田に10勝がついてるってことは全試合凡田が降りる時には勝ち越してる訳だし。
      普通の投手だってリードしてるならある程度力はぬくでしょ。

  12. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/31(月) 06:21:03 ID:E1ODA0Mjg

    5イニング限定なのに毎回3.4イニングで降りててそのたびにブルペンがスクランブルしてるとかならマイナス評価だけど、5イニングはしっかりこなした結果の貯金10が評価されないわけがない。
    144試合の10試合で4イニングを中継ぎが担当してバランス崩れるなんて、どんだけ危ういんだよってだけのことだわ。
    200イニング投げてる選手の活躍と比較はできないけど、与えられた仕事はこなして(5イニングは投げきって)結果も伴ったんなら評価されないわけがない。
    それを他に迷惑かけたとか、それ凡田にどうにかできたことですか?で終わり。

  13. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/01(火) 21:42:46 ID:A4MDc5NTQ

    援護率8,1点ならだれが投げても10勝0敗か悪くて9勝1敗だろうし
    50イニングしか投げてないし

    50イニング防御率5点 8000万

    チーム競技で勝ち星なんていうものをなぜか投手の手柄にする日本的考えを除けば
    この年俸だと当然ダウンで別に自由契約でもいいレベルの成績でしかないからなあ

    • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/02(水) 07:44:01 ID:U3NzU5Mzc

      今回の起用形態が凡田からの提案だってんなら解らないでもないけど、球団が5イニング限定は決めてるからな
      そもそもが成績で査定するだけの単純作業じゃないし、背景無視して結果だけで査定とか無能フロントの典型やんけ

  14. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/01(火) 21:45:12 ID:E5Njg4NzI

    5回まで限定で50.0回防御率5.04ってことは1登板あたり5回2.8失点ってことなんですよね。しかも一回も中継ぎをスクランブルさせていない。
    谷間でこれなら十分戦力な気も…。
    中継ぎ陣も登板が判ってるから準備出来るわけだし前後の先発がだらしねぇだけなのにそれで査定下がるとかありえない。
    4イニング繋ぐのがそんなに負担になるようなリリーフ陣が問題なんじゃないのか?則川放出したフロントのミスを選手が被るっておかしくないですかねぇ?

  15. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/01(火) 21:54:59 ID:A4MDc5NTQ

    谷間でこれなら十分戦力な気も…。

    戦力だけどそんな成績(50イニング・防御率5点)のピッチャーは3000万で十分
    8000万というのがありえない
    現実世界でその成績でアップなのに文句いったらじゃあ自由契約にしてあげるからすきなとこいってね、だよ

    • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/02(水) 06:59:04 ID:U3NzU5Mzc

      球団が(おべんちゃらや方便かもしれないけど)今季の途中から中継ぎの「戦力」として配置を戻したがってた選手を3000万とかねーわ
      復帰計画の中で5イニングを投げきった、無事球団の復帰プログラムをこなした選手にダウン査定する球団があってたまるかw
      本編中も終始アップ査定、上げ幅の交渉なのに現状維持とかダウンとか、ズレすぎだろ

  16. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/02(水) 08:14:04 ID:c1NzE4Nzg

    本編は作者が勝手に考えたことでしかないから
    この成績でダウンかアップかは元の年俸と今期の成績による
    元の年俸が高ければ先発で50イニングしか投げてなくて防御率が
    悪いんだから上げようがない、そんなんで年俸8000万からアップする現実の選手って誰だ?
    査定っていったら「年俸」なのにシーズンの3分の1以下しかいない時点でダウン以外ありえん

  17. 名前:ななし: 投稿日:2016/11/02(水) 10:14:06 ID:IwNDA4NTM

    球団主導で50イニングだからなぁ
    打球直撃がなければあと数試合あったとしても、60イニングくらいが今年の最高イニング数だってのはこの起用方法を球団主導で決めた時点で決まってた値だろう
    フロントがそこに目を瞑って「50イニングしか投げてないし」は通らんでしょ
    なまじ監督コーチの首脳陣が決めたことといっても、どっちみち選手の意思は含まれてない
    つまり査定に50イニングしか投げてない、の主張はできないと思いますがね

  18. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/02(水) 12:29:31 ID:c1NzE4Nzg

    そしたら球団主導で2軍にずっといた場合、ずっと2軍にいたとは球団は主張できないからそれも年俸下げれないなw
    てか凡田だけでなくすべての選手が球団や監督の主導で起用方法きめられているだろ、だれであっても起用に選手の意思なんてない、入団時に契約条件付けていない場合以外は
    だいたい投げていないではなく投げられない選手でもあるし
    防御率5点な時点で普通なら1軍では投げさせてもらえない

    • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/02(水) 19:32:57 ID:c0ODA2NzM

      球団が率先して一軍での起用方法を決めることと、二軍落ちを宣告することは同じじゃねーでしょ
      前者は文字通り起用方法、リリーフに15勝しろとか、先発に30Hしろとか言ってるもんだよ

  19. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/02(水) 20:09:48 ID:E3Nzk2NDc

    防御率5.08って、9回投げてたらの指標だから、5回限定ならトータルで2~3点なんだけどね。
    そして直近のコメントが言ってるような一軍二軍の裁定ではなく、凡田の場合は起用法の話だから。
    どんなに頑張ってもイニングは喰えない中で、最大限のイニングを消費して、試合を壊すことも少なかったんなら十分な評価点でしょうよ。普通なら普通はと煩いのがいるけど、そもそもの使い方が凡田は普通じゃないから。

  20. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/02(水) 20:25:42 ID:c1NzE4Nzg

    普通じゃない気を使った起用方法なんだからそうでない選手より評価が低いのは
    当たり前
    5回限定で2~3点って当たり前のことでしかないけどそれになんの意味があるの?
    9回投げて5点取られるほうがはるかに価値があることも分からないような擁護だけど
    おまえが怪我して長いイニング投げられないからそうなっているのに
    起用法って、それはその起用法がなければ長いイニングを年間通して投げれれる
    選手しか主張できないことなのに
    寝ぼけるにもほどがある頓珍漢な意見だよ

  21. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/04(金) 06:47:32 ID:EzODEyMDk

    だいたい普通でない起用なら、それを背景にした評価がされるのは当然だろ
    大谷の一年目、野手として2割前半で投手としては防御率4点台で3勝だけど、これなら当然今年は減俸だわ、って言ってるくらいの頓珍漢っぷりだろ
    大谷、この年は普通に倍増なんだけど?
    60イニングしか食えてないよ?

    • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/04(金) 10:55:43 ID:QwMzI2MDI

      大谷の場合はルーキーイヤー、二刀流という話題性とかが背景ってこと?
      凡田の場合は移籍初年の酷使と球団が指示した5イニング限定っていうのが、確かに普通の選手にはない背景だわなぁ。
      個人的には同意する。ついでに言えば期待値みたいなものも織り込まれてるとは思うけどね。
      防御率5点台で使えない先発投手ってフロント側が評価してるとしても、交渉の中で思いっきり中継ぎとしてなら使える投手だと認めちゃってるわけだし。

      • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/04(金) 11:09:11 ID:QwMzI2MDI

        まぁ1500万と8000万じゃあ年俸のつけかたも変わってくるとは思うが。
        それでも今年の凡田がマイナスになることはないわな。
        てか球団の言い分も大概だよなぁ。
        「さんざん他のリリーフ投手が頑張って凡田に勝ち星を付けるよりも」って、月に一、二回、必ず六回から中継ぎリレーがあることを、さも酷使みたいなニュアンスで言われても、10/144でそこまで疲弊するような投手陣に難ありでしょうよ。
        まぁこのへんは交渉だから盛ってるだけだとは思うけど。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)