週刊ヤングマガジン2016-48号、僕たちがやりました77話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

僕たちがやりました77話

玲夢をやってしまったパイセンってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a328

モブ「きゃあああああああ!!」「マジか・・・えっ!?え!?」「ヤッベ!ヤッベ!」

偉そうな黒服「坊ちゃん・・レイム・・坊ちゃん・・レイム・・・!!レーイム!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a329

トビオ「パイ・・・セン・・・」

パイセン「脚シビれたの、治ったわ」

パイセンは後ろから近づいてきていた警官3人によって取り押さえられる

そして手錠をかけられる

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a332

トビオ「パイセン・・・パイセン・・・何やってんだよぉ!?何で人殺しなんだよ!?バカかよ!?」

トビオも2人の警官に両脇を固められる

警官1「危ない、下がって!」

警官2「高校生一人を保護!!」

トビオ「おい、触んな!!はなせよ!!」

警官1「コラッ!!」

トビオ「パイセン!!パイセン!!」

パイセンはそのままパトカーへ乗せられていく

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a333%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a334

トビオ「パイセン!!!なんか言えよぉ!!?」

トビオの方を向くことなくパトカーの中へ

その時

?「トビオ!!」

トビオ「!」

声の方をみると蓮子が立っていた

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a335

トビオ「レンコ・・・・」

何かを言いかけていたが心の中で踏みとどまったのか

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a336%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a337

トビオ「べぇ・・・」

トビオは警官に連れられパトカーへ誘導されていく

今までの蓮子との日々を思い出しながら歩いていき

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a338%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a339

最後に蓮子の笑顔を思い出し、笑みを浮かべパトカーの中へ

と入ろうとした時、蓮子がトビオの背中を掴み

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a340

キス

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a342

レンコ「あなたが一生逢いたくなくても、私は逢いたい」

警官に引き離されるが、目で伝わったことを感じたのか

蓮子「待ってる」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a343

ってとこで次回へ

ここで蓮子かあ・・また今回はドラマ化されたりしたら映えそうなお話だったね。ドラマっぽい演出は個人的にちょっと微妙でしたが、蓮子の台詞は良かった。しかしすんなりどっちも捕まりましたね。こうなると後は有罪になるか云々という話が終わって時間が飛んで最終回なのかな。刑務所編もやるならまだまだ続くでしょうけど。トビオは蓮子という希望があるので刑務所での辛い日々もなんとか我慢して過ごしていけそうですね。ただパイセン父の事考えても刑務所内でも相当厳しい事になるのは間違いないでしょうねえ。

それ以上に残された家族は辛い日々を過ごすことになるといえるかもしれませんが・・この感じだとトビオに関しては家族も罪を償おうとするトビオを支持しそうではあるかな。

パイセンの笑顔前回も怖かったけど、今回の笑顔からの台詞は狂気を感じさせてまた怖かったねえ。ここまでの事態に発展させてしまった無能ともいえる秘書さんは生きてましたが・・・彼がこの事をパイセン父に報告したとしてどういう反応するんでしょうね。普通に怒り狂うのか、それとも意外にもパイセンを見直したりするのか・・・パイセンは一線を越えたことで人が変わったようになるのかなあ。殺されかかってたのだから・・と思うとこもあるけどね。まあ伊佐美、マルと同様にここにきて本性が出たという演出でもあるのかな。

更に殺人犯しちゃったパイセンは最低でも別件で刑務所行き決定ですが、パイセン父の圧力に加え、すでに逮捕者が出てるという点でトビオはあの事件でちゃんと裁いてもらえるのかってとこはあるけど、どうなんだろう。パイセンの身代わりは捕まってるけど、他の協力者がいたってことは分かってたと思うから、3人はいけるのかなあ。

伊佐美は最後を覚悟しての今宵だったのか、それとも普通にそのまま過ごしていくつもりなのか。マルはお金を使って逃亡するのか、それとも豪遊するのか。パイセンとトビオが捕まった以上、彼らも一度警察署にという事になるでしょうが、爆破事件の罪が認められるかどうかで色々変わりますからねえ。

顔出ししてるからどのみちまともには過ごせないわけなんですけど・・・逃げた2人がどう扱われていくかも注目ですね。逃げてヘイトを再び集めただけに悲惨な目にあったりするのかな。本気で逃げたんだとしたらそうなってほしい気持ちも正直あるね。

まあ今回の引きからトビオの自首は認められずってことは肩すかし過ぎるのでないと思いますから、全員刑務所行きにはなるんでしょうね。飯室刑事が頑張ってくれるんだろうかね。パイセンがカオスにしちゃったけど・・どうなっていくんでしょうか。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2016-48号、僕たちがやりました77話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/31(月) 06:49:40 ID:U0NzE4NjU

    ドラマ化を狙ってるならなおさら
    ストーリーをちゃんとして欲しい

    読んでいて展開が無理矢理感があるし
    なんか隙間が多い展開

    流れをしっかりして欲しい

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/10/31(月) 08:26:22 ID:U3NjgyMTM

    これで終わりかな?
    なんだか釈然としないな

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/01(火) 16:45:09 ID:kyMTY1MzI

    前号の表紙にクライマックスって言葉があった気がするから
    どうまとめるのか気になる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)