週刊ヤングマガジン2016-49号、ハレ婚。104話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ハレ婚。104話

小春が引っ越しを始めましたってとこから

引っ越しといっても部屋の引っ越しで、家具をせっせと運んでおり

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a330

小春「いやー、いいね!!シミひとつ無い畳!!張り替えたばかりの白い障子・・・!憧れのサンルーム!!窓ガラスが割れてない・・まどかのいい香りがする・・・最高・・」

今のセリフ通りどうやらまどかの部屋だった場所に引っ越しするようで

小春「そしてこの部屋の最大のメリットとは・・・・そうっ!!ここなら隣の部屋の騒音も届かないっ!!快適!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a332

元まどかの部屋はゆずから2部屋程挟む

ゆず「まだ気にしてたのぉ?とっくに慣れたんだと思ってた」

小春「慣れるかっ」

ゆず「そしたらぁー、ソッチの声も聞こえなくなっちゃうわね。寂しいわぁー。あ!でもぉ、その方が小春は楽しめるか」

小春「・・・・なんと言われよーとあたしはココを自分の部屋にしまーす」

龍之介「しばらく嫁が増える予定もないし別にいいけど。でも小春ちゃん・・・この部屋で僕と過ごすことに抵抗ないんだ?」

ゆず「そうよ。あんなにまどかが可哀想~とか言ってたくせに」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a333

小春「否っ、なんだかあたし今すごく心が軽いの。もう他の女の事になんて捉われない!もっと逞しく生きていこうと思う!色々あって強くなった・・・のかな?」

龍之介「そーなんじゃん?この漫画借りるね」

ゆず「ねー小春、悪いんだけど味噌勝ってきてくんない?急いでねー」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a334

ここはよくわからなかったのですが、2人の軽い対応?のせいか白目状態になる小春

そして新しい部屋で迎える夜。今夜はゆずの番で小春は布団で一人

小春(・・若干振動は伝わるけど、声が聞こえないのはやっぱりいい!よく半年もガマンしたよねあたし・・・・)

と思って障子の方を見ていると

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a335

うっすら着物姿の女性が障子の向こうに見えており

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a336

さらに手が動き

絶叫しながら真っ最中のゆずの部屋へ

小春「出たぁっ!!」

ゆず「!?」

龍之介「えっ・・・」

小春「なんか出たぁっ!!」

龍之介に抱きつく

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a337

龍之介「っと、出ちゃう出ちゃう」

小春「無理無理無理!!!!!!」

ゆず「ちょっ・・・なにアンタ」

小春「こっおっ・・おばけ!!おばっ・・・おばけ出た、おばけいたの!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a338

小春「ほんとなんだってえ」

龍之介(かわいい)

ゆず「・・・・・」

3人で部屋へ

ゆず「・・・なんにもいないわよ」

小春「いたの・・・!障子の向こうに!」

ゆず「夢でも見てたんじゃない?」

小春「起きてたもん・・・すっごい見てたもん・・」

そういう小春の後ろにゆずはオバケの姿を見る

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a339

龍之介「え?何・・?」

小春「きゃああッ」

ゆず「・・・・まっ・・まどか・・・・・?」

3人は同じ布団で寝ることに

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a341

小春「それって・・・生き霊ってやつ・・?まどかがこの家に未練があって・・・ってこと・・・・?」

ゆず「わかんないけど・・・そーとしか思えなくない・・・!?アンタがあの部屋に引っ越したから怒ったのよ、きっと・・・」

小春「そんな・・・!どーすんのおばけなんて・・・・勝てるワケないじゃん。引っ越そうよぉ・・・!」

ゆず「バカこくでね。そんなお金ないわよ!それかアイツ・・・まどかの身に何かあったんじゃ・・・」

小春「ええっ・・・!?で・・・電話してみる・・・?」

しかし最中で中断され二人に挟まれて寝てた龍之介は

小春「ちょっと何、ぼっ・・・そそり立ってんのよ!?」

龍之介「生理現象」

ゆず「まぁ」

小春「はぁ!?アホなのこんな時に!?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a342

龍之介「・・・あのねキミたち、いい加減にしなさいよ。僕だっていい気はしないよ?いつまでもまどかのことを引き合いに出して・・・他の女の事に捉われないって言ってたよね?ルール追加!いない女の話はしない!」

小春「いない女の話してないもん!おばけの話をしてるんだもん」

龍之介「おばけなんていません。気のせい」

小春「はぁ~~!?いたよねっゆず!?」

ゆず「気のせい・・・かも」

小春「ええ!?」

龍之介「うるさいよ」

ゆず「気のせいだったらうれしい」

小春「そりゃそうだけど」

翌朝、小春はまた部屋の引っ越し

家具をまたせっせと運び、前の自分の部屋へ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a343

小春「いやーやっぱりいいね。住み慣れた部屋は!ガムテープとか変なシミとか・・愛着あるし?」

龍之介「・・塩でもまいとけば?」

小春「あっそれいいね!!塩持ってきて!」

龍之介「・・・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a344

その会話をバックには釣りの時の写真がありってとこで次回へ

んー・・これは単なる単発話なのか、まどか復帰フラグなのか。後者じゃないとしたらまどか好きだった読者としては気分的に良いものじゃないかも。ギャグ回なんだろうけど、ああいう別れ方で未練の幽霊的に出す扱い方はどうなんだろう。自分にとってはシリアス回の出来がギャグ回に響いたのを象徴するような回でした。ギャグの面白さより他の部分が気になっちゃいましたね。

それに確かにいない女性の事を気にしすぎるのはよくないし、前を向くというのは大事だけど、まどかがー、まどかがーって言ってた小春にまどかを他の女扱いさせるべきではないと思う。

もういないとはいえ(そこが描写不足で伝わりきってないけど)家族として特別な想いがあったんじゃないのかと。引きずる想いと残す想いは違うんじゃないかなと思うんだけどね。部屋移動自体はありだと思うし、ハレ婚生活に精神的な強さは必要でしょうから、たくましく生きようと考えるようになったのはいいけど、もうちょっと言い方があると思うんだよなあ。他の女の事って言い方がねえ。

こういうとこが自分の中で小春がいまいち好感度上がりきらない原因になるんだよね・・・良い子だなと思うとこももちろんあるけど、なんだかな・・と思うとこも多いんだよなあ。まあ未だにまどか関連であーだこーた言ってしまうのは、小春以上に読者の自分の方がまどかに未練がましくてよろしくないとも言えるんだけどね(;´Д`)

まあ去った後にハレ婚祭挟みながらこれだけ話題に出したり、電話しようとしたりするんだから、作者さんとしてはまどかを話にまた参加させたいのかなとは思うけどどうなんでしょう。これは探りの段階と言うか、匂わせて~って感じにしたいのかなあ。ただ子宮をとったりしてるし子供の問題がどうしてもねえ・・そこは解決しようがもうないから、他の男と幸せになってるとこを見る等はできても、龍之介家で幸せに~は厳しい気がするからなあ・・

相当悩んだ結果、心の中で答えを出して決意固めて話にきたとわかって龍之介も諦めたわけだから戻し方は相当難しいよね。部屋移動も結局止める辺り戻るフラグな気もするけど、読者の反応次第だったりするのかな。

この怖い話の後日談はいつかまた・・お祓いをしないまま次号へ続くだから次の展開は依然として読めず。これで終わる気もするし、多少繋がってくる気もする。ハレ婚祭があんな終わり方で嫁が追加されなかったから、話の膨らませ方が難しいと思うんですよね。どうしていくつもりなんでしょうね。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2016-49号、ハレ婚。104話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:ななし: 投稿日:2016/11/07(月) 07:56:47 ID:E4NjUwODc

    まどかを幽霊扱いってのはちょっとまどか好きの私にとってショックというか・・・。
    もうここまできたらそんな無理やり出してこなくても。涙
    と思っちゃいます・・・。
    塩を持ってきてとか小春なんなんすか・・・。ひどすぎ・・・。
    小春ね~・・・やっぱり一番好きになれないキャラです・・・。
    あえてそうしてるのかな?汗

    ていうかまさかまどかは死んでるとかそういう結末じゃないっすよね。涙
    そしたらトラウマだ・・・。涙

    たぶん何事もなく次回にいって新キャラとかでてきそう・・・。

    きっと作者にとっては何かしら意味があるんだろうけど
    全然その意図が読者に伝わらないからまったくわからん。苦笑

    もちろん全部の心理をわざわざ漫画にしろって言ってるわけじゃないですよ><
    他の漫画ならそんなことないのになぁと思って・・・。

    まどかに未練もできちゃいますよね・・・。
    子宮とっただのされちゃあ。苦笑

    まあとにかく次を待ちます・・・。
    多分けろっと違う展開で新キャラっすよ・・・。苦笑
    早く次が見たーい!笑

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/07(月) 20:35:19 ID:gzNTI3MTA

      作者さんは可愛い等身大のキャラとして描いてるんじゃないかと思うんですけどね。ちょっと好感あがってもすぐ下げるような発言や行動させてしまいますね。そのあたりの感覚が読者と少しずれてるかなと。良い子+強さを持ちつつある女の子はこういう発言させなくても表現していけると思うんですけどね。まあさすがに死んでるはないでしょう・・あそこまで下げたら後は彼女なりに幸せを掴んでもらわないと。

  2. 名前:名無し: 投稿日:2016/11/07(月) 17:20:35 ID:gzMjkxNDM

    作者はまどかを切り捨てた(?)割には未練がましくちょこちょこまどかの存在感を示してきてもしかしたらまだまどかにもワンチャンありなのかと期待させるような描写で読者を釣ってるように感じますね。
    まあそうやって読者を翻弄するのが漫画なんだって割り切らなきゃいけないんだけど勝利を約束されたヒロインの小春がどうしても好きになれないんでもやもやします。
    まどかが可哀想と散々言った後の「他の女」発言が自分も理解できません;;この作者は小春を良い子にしたいのか小悪魔にしたいのかどっちなんでしょう。。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/07(月) 20:50:16 ID:gzNTI3MTA

      作者も探り探りなんじゃないですかねえ。週刊連載で子供もいるようですし、その中で話をちゃんと考えるの大変そうでしょうから、勢いで描いてる部分も多そうなだけに、まどかの件はやりすぎた感があったりするのかもしれませんね。

      心に表裏があんまりなくドジで愛嬌がある元気な良い子だけど、繊細なとこもあり、ハレ婚生活を経て一夫多妻制の妻として精神的に成長していき、逞しさも持ち合わせていくって感じにしたいんだと思うんですけどね。その通りなら好感持てる主人公になってくれそうなんですけど。小悪魔ならまだいいですけど、無自覚な悪さって感じがたまに見えるのが印象としてよろしくない時がありますね。

  3. 名前:これはアカン: 投稿日:2016/11/07(月) 17:44:57 ID:E4MjY1MjE

    前回のエロコメ回が良かっただけに。この作者さんの悪いところが出てる回になってしまいましたね。
    仮にも家族家族言うてたまどかを他の女呼ばわりは言い過ぎ。幽霊騒ぎで、まどかを本気で心配するでもなくキャーキャー怖がって、そりゃあないでしょう…。これじゃあ、所詮はハレ婚の嫁なんていくらでも代わりや補充が効く軽い存在ってことじゃないですか。
    家族ってそういうもんなんですかねぇ?この漫画においては、家族連呼してる割にその扱いが粗雑すぎて。
    笑えないギャグ回になってしまいました。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/07(月) 20:54:47 ID:gzNTI3MTA

      3人の妻でわいわいやってる期間が読んでる側としては短すぎて家族感を急に出してきた時もちょっと違和感ありましたからねえ。なのに今回の他の女発言と。ちょっとセリフ回しに気を付けて欲しいなと思います。印象がかなり変わるのでねえ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)