イブニング2016-23号、いぬやしき68話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

いぬやしき68話

やっと麻理がいるビルに辿り着いた犬屋敷だったが、彼女は息をしておらずってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

犬屋敷「麻理!!いやだ・・・いやだ・・麻理、麻理・・・」

犬屋敷「あ゛あ゛ぁ゛あ゛あ゛あ゛、そんなあ゛あ゛ぁ゛ぁ゛、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛麻理ぃい゛い゛い゛ぃ゛」

犬屋敷「ああ・・・ああ・・そんな・・いやだ・・・いやだ・・う゛ーっ。あああ麻理、いやだ・・・助ける・・・絶対、絶対、麻理、麻理」

犬屋敷の脳裏に麻理が生まれてからの日々の思い出がよぎる

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

犬屋敷「あああああ麻理ー、お願い・・・神様・・神様・・・」

冒頭から両手で頭を抑え蘇生を試みているようだが彼女の意識は回復せず

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

犬屋敷「う゛う゛う゛ー、あああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛、いやだあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

泣き嘆く中、犬屋敷の妻から電話

妻「ああ・・やっとつながった。あなた・・無事?どこにいるの?」

犬屋敷「僕は・・無事・・・だよ・・・・」

妻「良かった・・・無事なのね、何やってんの?」

犬屋敷「いや・・・ちょっと電車が止まってて」

妻「タクシーつかまらないの?」

犬屋敷「歩いて・・・帰るよ・・・」

妻「わかった・・・ねぇ麻理知らない?全然携帯に出ないのよ。あなたからもかけてみてよ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

犬屋敷「・・・・・わ・・かったよ。かけて・・・みるよ・・麻理・・・は・・・」

妻「え?・・・・・」

犬屋敷「いや・・・なんでも・・・ない」

妻「気を付けて帰ってね」

妻「もう・・・どうしたらいいのよ・・警察にもかからないし・・じゃ・・・本当に気を付けてね・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

電話が切れると両手で顔を抑え絶望にくれる犬屋敷

しかし犬屋敷は諦めず

犬屋敷「いやだ・・麻理・・・麻理・・・麻里・・・」

再びしゃがみこみ、今度は麻里の心臓に手を置く

機械による蘇生ではなく、心臓マッサージを行う

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

犬屋敷「麻理・・・帰って来て、麻理・・・帰って来て・・・麻理・・・お願い・・・」

何度も願いながら心臓マッサージを続けていく

犬屋敷「麻理・・・麻理・・・麻理!!お願い!麻理!!」

しかし息を吹き返さず手を離す犬屋敷

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

犬屋敷「ごめん・・・万理江・・・・ごめん・・・」

と妻の名前を呼び謝り諦めたと思いきや、再び犬屋敷は心臓マッサージを再開

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

犬屋敷「あぁああ麻理!!帰ってきてお願い!!麻理!!麻理!!」

その叫びと懸命な心臓マッサージにも息を吹き返すことがなく、立ち上がりその場を去ろうと歩き出す犬屋敷。その時・・

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

麻理「こふっ」

それを聞いた犬屋敷はすぐに麻理の傍に駆け寄る

犬屋敷「今!!今!」

息を吹き返したのを機に今度は頭を抑えて機械蘇生を行う

すると今度は蘇生成功したようで目に生気が戻っていく

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

犬屋敷「あ・・・・あ・・・・あああ・・・・」

涙する犬屋敷

通じたのは人としての思いってとこで次回へ

何度も諦めては挑み、諦めては挑み、最後は心臓マッサージで蘇生のきっかけをつかみ→機械の蘇生技術でっていうのはいい流れでした。片方だけだと微妙に感じだと思うんですよね。蘇生無理→心臓マッサージだけで意識が戻ってしまうとちょっと狙いすぎな感がありますし、機械の力だけだとあっさりすぎるし。人類の蘇生技術と娘への思いで息を吹き返し、それをきっかけに蘇生技術を使って一気にというのがよかったです。細かいとこですが両方活かされてるのが自分的にグッドでした。

英雄には悲劇は訪れずと。皓があれで終わりなら後は隕石問題で終わりかなあという気がしますが、皓はどうなんでしょうね。仮に水分でエネルギー補給しても破壊されると再構築は無理なのかな。

なんにせよ麻理は好きになってきてたキャラなので結果的に蘇生されてよかったです。しかし犬屋敷でこんなセリフの吹き出し多いの久々な気がする。戦闘パートで画だけ見ていくのが続いてましたからね。迫力あって綺麗だけどすぐ読み終わっちゃってたからなあ(;´∀`)

スポンサーリンク



                  

『イブニング2016-23号、いぬやしき68話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/08(火) 02:19:08 ID:k2ODQyNDk

    こんだけかよお

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/09(水) 02:59:51 ID:M1MTUyMTY

      まあ進みは遅いので単行本で通して読むのが合ってる漫画だと思います(;´∀`)

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/08(火) 09:20:57 ID:Q4OTY5MDE

    友達は?

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/08(火) 20:06:08 ID:YxMDAwMDY

    3巻の23話でも心臓マッサージで蘇生させましたね。今回の布石だったんですね。
    それと一緒だったクラスメートがどうなったか気になります。死んでたら麻理に責められたりして。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/09(水) 03:10:42 ID:M1MTUyMTY

      うーん、友達はだいぶ前からもう錯乱状態でしたからねえ。この状況なのだから心細いですし近くで寄り添うように倒れてそうなもんなんですけどね。窓割ろうとしてた男達も見当たりませんし・・・麻理が奇跡というレベルですから友達までどうにかできる状況かどうか。さすがに今の麻理が助けにきてくれたお父さんを友達が救えなかったからといって責めはしないと思いますけどね(;´∀`)

      • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/09(水) 11:40:56 ID:gwODUyMTA

        そうですね。
        だからなのか犬屋敷さんが到着してから今のところ
        意識的に(展望室内の)他の人達を描いていませんね。

  4. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/10(木) 12:37:07 ID:k0MzYyNjE

    その場を立ち去るのは違和感が・・・
    自分ならたとえ遺体でも抱えて出ていくというか・・・

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/10(木) 18:16:19 ID:YwOTY0NzA

      あー、確かにそうですね。立ち去るというよりは苦悩してうろうろしてるような感じなのかもしれませんね。

      • 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/11(金) 19:15:42 ID:EzNTg3NDA

        あぁー!違います!
        語釈むずかしいですね・・・
        何か、ゆべおさんの感想にケチをつけたみたいに
        とらえられてたら、そうではないです!

        コマから受ける印象は
        自分も普通に立ち去ってるように見えたし
        その上で、なんで作者がここで立ち去らせようと
        描写してしまったのかという独り言のつぶやきというか
        自分のはそんな感じのコメントなんです

        • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/14(月) 09:14:05 ID:Y0MjE0ODM

          誤解でしたか、了解しました。でも自分の解釈通りだとしてもケチをつけたという印象ではなく、そういう見方もあるか、なるほどな!という感心ですね。他の人の感想で新たに気付く事って多いんですよね(;´∀`)やっぱ自分だけだと偏った視点になりがちですから。

          確かに立ち去ろうとしたのなら不自然ですからねえ。これだけの事態ですから動転してるんでしょうけど。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)