週刊ヤングマガジン2016-50号、僕たちがやりました79話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

僕たちがやりました79話

パイセンの殺傷事件から10年後ってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a342

週刊ヤングマンボ編集部

編集者の人にグラビアに使ってもらえるようにアイドルユニットのメンバーが挨拶しており

現実「はい!上目遣いと左利き♪セクシー担当、岸本現実(リア)です」

羅真々「おバカすぎて赤信号!だけどリーダー♪渡辺羅真々(らまま)です」

佐オリ「みんなの警備担当!霊長類最可愛♪良田佐オリです」

紫与「世の中知ってる事だらけ!初耳なんてない♪今出紫与(しよ)です」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a331

全員「4人合わせてホバーボードアイドル!!バック・トゥ・ザ・フューチャーズです」

編集「・・・はぁーい、ありがとうございまぁす。お座りくださぁい。えー・・・なるほど、あと何かあります?マネージャーの、えーっと・・・増渕さん?」

27歳のトビオはアイドルのマネージャーに

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a332

トビオ「はい!!ホバーボードを使ったパフォーマンスアイドル!ホバドルとして若い子の間でジワジワキテまして!その層とこちらの雑誌の読者層もマッチしてると思うんですよ!ぜひ巻頭グラビアなんかで使っていただければ売り上げに貢献できるかと!」

トビオ「ウチもいまこの子達推してますんで!売り出す為ならなんでもやります!バック・トゥ・ザ・フューチャーズ!」

編集「あー、じゃあ・・・水着とかは?」

トビオ「そりゃもうぜひ!よろしくお願いします!!」

4人「よろしくお願いしまぁす」

営業終わり、編集部を出て5人はエレベーターに乗る。そこで早速編集さんの悪口をいうアイドルたち

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a333

「・・・息臭くなかったあの編集さん」

「わかるー、めっちゃおっぱい見て来たー」

「ははキモ。トビオちゃんチョコとか持ってない?」

トビオ「ダメだよまだ悪口とか言っちゃ!事務所戻るまでは!いま完全に売れかけてるんだから!謙虚にいかなきゃここで終わるよ!?」

「じゃあもっとすごいプロデューサーとかに会わせてよー。」

「やすたか的な?」

「そーそー売れるー♪」

トビオ「・・・」

「トビオちゃんチョコとか持ってない?」

ビフプロダクションというとこで働いているらしく、その事務所に戻ったトビオ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a334

上司「おつかれ増渕ぃ!どーだった?」

トビオ「厳しいっすねー。さすがにあの子らにヤング誌のグラビアは早かったかなって感じっす」

上司「まぁなー。100人キャパの箱いっぱいに出来るくらいのアイドルその辺にごろごろいるからなぁ!!でもそのレベルで調子乗ってちゃ売れねぇんだよなぁ、アイドルもバンドもお笑いも!いま大事な時期だぞ、バック・トゥ・ザ・フューチャーズ!!」

トビオ「わかってんすけどね・・・」

上司「そこをなんとかコントロールするのがマネージャーの仕事!タレントのモチベーション上げて!売り込んで仕事取ってくる!オレがビーベックスいた時はなぁ・・・」

トビオ「あー、すいません、俺今日そろそろ帰ります」

上司「なんで?」

トビオ「誕生日なんで」

上司「彼女が?」

トビオ「俺が」

上司「・・・まぁ、お前も大事な時期だかんなぁ!そーいや結婚式場とか決まったの?」

トビオ「まさにそれ探してるとこっす!」

上司「面倒臭ェぞー。そのあとの式のプランとか諸々!帰れ帰れ!売れ方100個考えて来いよー!!」

トビオ「101個考えてきまーす!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a335

その彼女にゴメン遅くなったいまから帰る!というメッセを送り、返事のスタンプににやっとするトビオ

そしてどうやらマンションに住んでるらしく帰ると

トビオ「ただいまー、いやーゴメンゴメン、今日に限って長引いちゃってさぁー・・・・・あれ?」

返事がなく部屋は暗い

トビオ「・・・・あれ?おーい」

部屋の電気をつけるとテーブルには紙が置かれておりそれを手にとるとバースデイカードで、そして後ろから抱きうく彼女

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a336

彼女「おかえり♪」

トビオ「!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a338

彼女「27歳のお誕生日おめでとう!トビくん」

トビオ「ただいまぁ夏っちゃーん」

抱きしめてキスをするトビオ

夏「今日はトビくんのご要望通り!カレーライスでございまぁす」

台所にいる彼女に抱きつき甘えるトビオ

トビオ「むーん」

夏「こりゃ、危ないよー。ダメだって、ごはん先でしょ?」

トビオ「夏っちゃーん」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a339

テレビのニュース音声「・・・・今日未明、建設工事現場で銅線が盗まれる事件がありました」

夏「もぅコラァ」

食事終わり

トビオ「ごちそーさまでしたー」

夏「・・・・・トビくん。何かあったでしょ」

トビオ「んー、まあ仕事キッツいよぅ」

夏「やっぱりね。トビくんのことなら私 全部わかるよ。いまはおっぱい触りたいと思ってるでしょ」

トビオ「正解ぃ!!」

夏「あははは♪」

脱がすとブラにチケットが2枚挟んであり

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a340

トビオ「!何コレ?」

夏「バースデープレゼント♪トビくんの好きなサッカーのレアルのチケットなり。新婚旅行スペインとかどうですか?」

トビオ「夏っちゃん・・・愛してるぅ」

夏「私もだよトビくん」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a341

2人が盛ったところでトビオの携帯に公衆電話から着信があり

ってとこで次回へ

ふむ、27歳になったトビオはもう蓮子とは付き合っておらず新彼女と同棲していましたと。この辺はちょっとシガテラの終わりを思い出しました(;´∀`)まあこの作品はまだ続くから別れた経緯も知れるでしょう。高校生の時の彼女と27歳まで順調にっていう方が少ない気がしますが・・あれだけの事があって受け入れてくれてた彼女ですからねえ。

まあ刑務所に入って罪を清算出来なかったことがぎくしゃくしたものを生んでしまったのかな。市橋の死も心に残ってしまうし、徐々にうまくいかなくなっていったって感じでしょうかねえ。でも今の彼女とはかなりラブラブ状態ですし、本性が出る場面を見ないと何とも言えないけど、想像ほど性格がねじまがってはいなさそうかなあ。不安定な業界とはいえ芸能事務所でちゃんと働いてるようですしね。

そして気になる銅線のニュースと最後の着信。次回の煽りがおかえりだから、これはパイセンが出所してって感じですかねえ。話は少し強引で無茶苦茶になりましたが、10年後の伊佐美と今宵の関係、マルがどうなっているか、殺人と刑務所生活を経てパイセンがどう変わっているかはかなり興味ありますのでなんだかんだ次回も気になっちゃいますね。この辺は原作者さんの狙い通りにはまってしまってる感がある(;´∀`)

しかしアイドルユニットに一人とんでもないのがいたけど・・ネタ枠かな。周りを引き立たせる云々。まあホバーボードアイドルってとこがもうあれだけども。インパクトはあるけどね(;´∀`)蓮子とどういう経緯で別れたか、3人はどうなっているのか、爆破事件の罪を清算できなかった4人に対して最後にきて制裁はあるのかなど注目していきたいね。逃げた2人には出所してきたパイセンによる制裁という可能性もあるかな。後どれくらい続くんでしょうねえ。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2016-50号、僕たちがやりました79話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/14(月) 21:04:43 ID:MzOTAxMzI

    あれで終わりだったらモヤモヤしてただろうからよかったわ

    頼むから雑な終わらせ方だけはしないで欲しい

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/15(火) 11:35:26 ID:kwNDkzODA

    少年は10年経てば、交友関係も思想もすべて変わってしまう。
    一気に10年も飛ばしたこの展開から面白くはならないと思う。

  3. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/16(水) 19:13:02 ID:QyNTI0NDc

    大統領選の結果で慌ててトランプネタ入れてくるとは思わなかった
    上司の顔だけ明らかにあとから描きました感の雑な書き込みだったし

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)