週刊ヤングマガジン2016-50号、ハンツー×トラッシュ127話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

ハンツー×トラッシュ127話

クリスマスイブ当日ってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

12月24日 クリスマスイブ

速水(これでいいかな・・・)

速水「行ってきまーす!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

速水(あたしから誘ったことだし・・・・今日はどうなるかわかんないけど・・・・ハマジ君・・・・!!早く会いたいよ!)

「姉ちゃん!!今日お母さんが・・・!って・・もう見えねー」

(あー・・あの彼氏と会うんだな。ま・・あとでメッセージ入れとくか・・・)

「・・・・・・クリスマスイブかぁ・・・・」

ハマジはというと学校に行く途中でで電話しており

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

ハマジ「あ・・はい・・8・・8時に・・そうです、1人じゃないです。ふっ二人です!泊まりじゃなくて、きゅ・・休憩で・・・」

「あ・・ああ、わかりました、デイユースですね」

ハマジ「え・・・!?はい・・そのデイ・・ユースで。よ・・よろしくお願いします・・」

ハマジ「あ~、緊張したぁ・・・」

ハマジ(つ・・・ついに!ホテルの予約を入れてしまった・・・・!!これでもう後戻りはできねえ!朝 風呂入ったし、歯も3回磨いて、爪も切ったしパンツも新品だし私服も持ってきたし。もうやるしかねえ!!)

そして学校の会議室にて水球部クリスマス会

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

中島「すっげー!!!クリスマスケーキあるじゃん!!」

萩原「このケーキ、寺田先生が用意してくださったんですか!?」

寺田「まーな!」

萩原「会議室まで使わせてもらってありがとうございます」

寺田「どうせ冬休みだからな。広い所のほうがいいだろ。いーから皆座ろーぜ」

席につき

寺田「紙コップ持ったか?カンパイすっから静かにしろ!それじゃ始めるか!」

全員「カンパーイ!!」

開始直後ハマジが動く

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

ハマジ(俺と速水のバッグを出口に寄せておこう。そのほうが抜け出しやすい・・・)

そんなハマジに気づき目が合う速水(バッグを寄せた意図に関しては気付いて無いと思われる

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

速水(・・・)

ハマジ(速水・・・早く二人っきりになりたいぜ・・・・)

寺田が自分で持ちこんだカラオケセットでアイドルの歌を歌う中

萩原「ね・・・ねぇ、そろそろプレゼント交換やろうよ!みんな用意してきた?先生も!ねっ」

寺田「おう」

中島「さあ!やって参りましたプレゼント交換でございまーす!よい子のみんな!プレゼントは用意できたかな~!?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

女子「う・・うん・・・・出来てるけど・・」「怖いよ・・」

中島「そーかそーか楽しみだな」

女子「怖いよ・・・」

中島「おい!ボーイは何持ってきたんだよ」

ハマジ「い・・いや別に安物っスから・・中島さんは・・・・」

中島「ん・・オレか・・!?オレは誰に当たってもいいように水球にも役立つスペシャルなブツを用意したぜ・・・・」

女子達「やだ・・中島君のスペシャルとか、キモイ・・」「絶対いらない!」

中島「あっ、なんだよおい!信用してねーな!?」

ハマジ(オレも・・・中島さんのは出来れば当たりたくねえ・・・う~む・・)

篠崎「速水ちゃんの・・・ハマジに当たったら嬉しいでしょ!」

速水「あ・・でもあたし・・・・」

篠崎「あっ当然プレゼントは別に用意してるか!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

速水「う・・うん・・・・」

寺田「えー・・じゃあオレの歌が終わった時その手にあったものをもらえるとゆーことで!」

ハマジ(寺田・・まだ歌う気かよ・・・・)

寺田が歌い始め

寺田「おいっ!さっさと始めろ!」

男子部員「うわーいろいろひでえな・・」

ハマジ「地獄っスね・・」

「しょーがねーなったく・・・ホレ」

塩田「おう」

次のコマですでに歌が終わっており、ハマジに渡ったプレゼントは

ハマジ(ゲッ、こ・・これは中島さんの・・・ブツ・・)

中島「おーっ、ボーイが俺のを当てたのか!開けてみろよ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

ハマジ「なっなんスかこれ!?」

中島「オレは試合前必ずこれ飲んでんだ!ボーイも飲んでみろ!下半身からパワーが出るぜ!」

ハマジ「そ・・・そうスか・・そりゃスゲェ」

引いてたハマジだがこれを使えば速水との夜で頑張れるんではないかと妄想する

ハマジ「ハッ、や・・・やべェ・・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

ハマジ「速水!」

速水「ハマジ君」

ハマジ「・・・・えーと、そろそろ抜け出そうぜ・・」

速水「・・・・!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

ってとこで次回へ

まあイブ編序章って感じで大きく何かが起こったわけじゃないので次回に期待かな。ただ弟の描写で寸止めフラグ作ってるからなあ。家族を優先するか、ハマジをとるかって感じになるんでしょうかね。それを振りきってってなるといいんだけどね。泊まりじゃなくて休憩の予定みたいですし。しかし当日によく予約とれたね(;´∀`)

萩原との関係を考えるとここで速水の方を最後まで進める可能性はやっぱ低めかなあ。まあ今は萩原も可愛く思えてきてるとこなので、速水が駄目になっても萩原と多少シーンを作ってくれるならいいかな。

ハマジは速水と抜け出すことしか考えてないですし、萩原がタオルを渡すタイミングが今のとこなさそうだから、速水との時間が駄目になった後でって感じでしょうかね。中島ドリンク事前に飲んで途中で終わってもんもんとしてるところで会って、歯止めが効かなくなってみたいのでちょっと勢いもつけられるだろうけど、どんなもんだろ。

ただキスした時と違って、萩原も健気で本気の恋心持ってるとこで勢いでっていうのはちょっと最低の部類だからないかなあ。萩原のイベントが速水とホテルにいく前か後か、ドリンクを飲むタイミング等でも変わってきそうだけど。

やっぱちゃんとした彼女がいる状態で他の女と進展というのは浮気になるわけでちょっと難しいんですけど、どうしてきますかね。無理にサービスシーンと絡めない可能性もあるでしょうけどねえ。速水が帰ってしまってがっかりしてるとこで、萩原の優しさが身に染みる程度かもしれませんから、あんま期待しない程度で待っておきたい。速水が駄目になった場合は心の進展はあるでしょうけど、接触がどうなるかってとこですね。

速水シーンありも寸止めで萩原となるか、速水とホテルにもいかず終わり萩原となるか・・ただ今回も寸止めだとイブにホテルでそこまでいったら最後までやれよってなっちゃうから、ホテルにいく前に弟からメッセ来て駄目になる可能性の方が高いかもですね。聖人化してたハマジがやっとやる気をみせてくれてるのはよかった。

次号も載るようなので進展を期待したい。

スポンサーリンク



                  

『週刊ヤングマガジン2016-50号、ハンツー×トラッシュ127話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/14(月) 13:58:46 ID:YxNjI4NjU

    何やら色々フラグ作りましたね
    中島は水球試合前にあんなのを飲んでるということは試合中にたってる事も多いということですね
    相手は男子学生だから他校で中島はあっちの人だと勘違いされそうです笑

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/11/14(月) 17:07:05 ID:Y0MjE0ODM

      中島の性格からしてそれでマークが甘くなってくれるならしめしめかもしれませんね。他校の女子にモテない原因になってしまうでしょうけど

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/15(火) 01:18:12 ID:A5NDU3MjE

    なんか今回もなんだかんだでダメになりそう。。。
    読者はまたモヤモヤがたまります

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)