週刊ビッグコミックスピリッツ2016-53号、あさひなぐ246話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

あさひなぐ246話

脇構えを使い速攻1本をとる摂ってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

寧々「アレ(脇構え)、試合で使う奴ば初めち見た」

審判「面あり!白、河丸選手」

夏之「まただ・・・あの河丸って人、初戦の一堂さんとの試合でも・・・!」

乃木「脇構えか・・オレも試合では始めてみた。なかなかトリッキーなことをする子猫ちゃんだな・・」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

「・・でもアレって確かにインパクトはあるけど、実戦向きじゃなくないスかね?全部位ガラ空きになるし、打突までの距離も他の構えの倍以上になるし、面と決まりづらい胴しか打ちにくいし、同じインパクトの強さなら上段のほうがまだ・・・」

乃木「理論上はな。でも実際、あの子はアレで今日、3本とってる」

乃木(河村摂・・・茨城の二年生か。去年の関東大会にあんな子いなかったよな・・この一年で急に伸びたのか・・?)

景山(摂の相手)(クソ・・・試合で脇構えなんて初めて見たからとっさに動けなかった。ムカつく・・目立とうとしてさ・・・)

審判「二本目、始め!」

景山「関東大会まで来る選手が奇襲とかあり得ない。実力で勝ってやる!)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

摂は再び、脇構え

旭と景山(まただ!)

景山(同じ手は食らわないよチビ・・脇構えなんて中段でキッチリ間合いを掴めば、どこでも打ち放題なんだから)

間合いを詰めていく景山

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

すると摂は掴む手を少し動かした後、距離を詰めてくる

景山(え。無防備に近づいてくる。なんで・・打たなきゃ・・・)

景山が戸惑い打とうとした瞬間を狙い

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

審判「しょ、勝負あり。白、河丸選手」

客「えっ、胴!?」「今見てた?」「脇構えから胴って、型でしか見たことないよ」

「すごいスね、あのチビちゃん。今のトータル15秒くらいしか闘ってないスよ!?初戦合わせても一分以内で決勝トーナメントに進出決めたんじゃないスか?」

乃木「・・・ああ・・」

夏之(物珍しさだけじゃない)

旭(あの間合いの詰め方・・・)

乃木(昨日今日出来るようなシロモノじゃないぞ。今まで、一体どこに隠れてた?)

竹園高校の先生「平気か、摂」

摂「なんも、上出来上出来」

先生「宿に行くか?今日はもうお前は試合ないんだ」

摂「いえ。試合を観ていきます」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

摂と先生は客席へ。そして旭の第2試合

審判「白、二ツ坂高校東島選手!」

旭「ハイっ!」

審判「始め!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

しばらく攻防が続くダイジェストが描かれ、1本は出ず延長へ

そして延長でも1本は出ず判定

審判「判定、白、東島選手!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

ばてばてながらも勝利した旭

乃木「あの子な~んかあぶなっかしいよなあ」

夏之「ハァアアァ~~~~~~~~~~~~!!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

摂「・・・やっぱ、いーなぁ・・・」

と大事そうに持っている袋を握りしめながら言う摂

一方、コバからの連絡で結果を知った薙刀部の面々

えり「お!!やったやった!東島さん予選リーグ突破したって!」

薙「えっ、ウソでしょ!?」

大倉「メール来たか!?見せろ見せろ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

薙かな?「わぁ・・延長一本勝ちに延長判定勝ち・・・」

大倉「まさに満身創痍だな・・早く行ってやんないとな」

紺野「アイツは最後には決め・・なんでしたっけ?」

将子「っせーな」

真春は何やら考えこんでおり

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

真春「・・・」

そしてホテルへ戻った旭は組み合わせ表を見ており

旭(明日一回勝ちあがったら)

摂の顔を思い浮かべ

旭(あんな無防備な、近付き方・・・・・)

試合での不気味にも思える無防備な間合いの詰め方を思い出していると

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

摂「旭ちゃん!旭ちゃんもこのホテルだったんですねぇ!」

旭「・・せっちゃん!」

摂「旭ちゃん」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a314

ってとこで次回へ

脇構えの初見殺しだけでなく、相手の考え・動きを読み、間合いの詰め方・使い方が独特でやりづらいという感じですかねえ。やっぱりちょっとやす子先生の戦い方に似てますかね。旭は厳しいでしょうけど、あのジャンプ力からの打突は見せてないからワンチャンかなあ・・でもそれを活かせるような間合いをとらせてくれるかってとこですよねえ。

真春は表情は意味深でしたけどなんでしょうね。今の旭の実力ならもっと早くに1本とって試合を決めれそうなのに、こんな苦労してるのは・・みたいな事を考えてたんだろうか。

とりあえず摂が表に出てきたのは最近の事のようですね。乃木さんらが知らないのにみのりたちが知ってた理由は近いうちにわかるでしょう。旭の試合を観ていいなって言ってましたが、旭の戦い方に憧れのようなものを持ったのか、それとも旭を倒せることを想像すると・・みたいなちょっと怖い感じなのか。どっちかというと憧れっぽい表情でしたから、すぐに試合を終わらせにいく摂からすれば試合通じて全力で試合する姿が眩しく映るのかな。

二ツ坂メンバーが見に来るとこまできましたし、摂相手に負けるのが濃厚でしょうけど、見せ場があるかどうか。次回は摂との会話があるでしょうから、彼女の事がもう少し知れるかな。

スポンサーリンク



                  

『週刊ビッグコミックスピリッツ2016-53号、あさひなぐ246話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:たま: 投稿日:2016/12/02(金) 05:31:38 ID:UwODMzMjQ

    毎週たのしく読ませていただいております。

    ふと、思いついたのですが、河丸摂ちゃんは持病か何かでスタミナに問題がある選手なのかなと思いました。
    それで居合い斬りみたいに一瞬で勝負を決めることや、強いのに今まで表舞台に出てこなかったこと、時間一杯試合ができる旭に憧れる表情をしたことに説明がつくなと思いました。

    また来週の感想を楽しみにしています。

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/12/05(月) 03:48:10 ID:MyMTYwMTY

      その可能性がかなり高そうですね。この話の時点でそこまで読めるのは凄いですね。

  2. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/12/04(日) 09:33:18 ID:UzNDkyNTU

    胴の字が違う気が、、、

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/12/05(月) 03:48:39 ID:MyMTYwMTY

      すいません。修正しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)