週刊少年サンデー2017-01号、MAJOR2nd(メジャーセカンド)77話の感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

MAJOR2nd(メジャーセカンド)77話

渉に打たれたところから崩れて2失点してしまった卜部。チーム全体が負けムードに包まれつつあったが大吾の檄で気を取り直すも道累には手も足もでず6回表終了ってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

6回裏は冒頭からいきなり進んでおりすでに1失点

塁上には渉が一塁、道累が三塁

そして(おそらく)5番バッターに打たれ球はライトへ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

しかしこれは佐倉がナイスキャッチでアウト

これでスリーアウトチェンジで5-8で7回表、三船の最後の攻撃へ

渉「よーし最終回だ!締めていくぞーっ!!」

茂じい「ダメ押しの1点が入って3点差か・・・」

桃子「厳しくなっちゃったわね」

いずみ「やっぱさ、そんなうまくいかないよね。まぐれで勝てる相手じゃないよ」

攻撃の前に全員を集め話す田代

田代「みんな、よくがんばった。正直、東斗相手にここまでおまえらがやれるとは思わなかった。眉村姉から3点は正直厳しいが・・・最後は悔いなく思いっきりバット振って帰って来い!」

三船選手達「はい!」

ウグ「1番、ショート木村君」

渉(あと3つだ!)

木村君は初球空振り

そして田代は

田代「永井。ツーアウトになったら代打いくぞ、準備しろ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

永井「え・・・は・・・はい!」

2人の会話をバックに大吾は木村君の打席を見つめ依然として心は折れておらず

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

大吾(まだだ、3点なら光までつなげば不可能じゃない!!)

何気に仕事する男、木村君だったが道累の前に三振

田代「ワンナウトか・・・」

ウグ「2番、レフト茂野君」

大吾が打席へ。そしてすぐに渉がファーストとサードに前進合図

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

大吾(さすがに3打席もバントしたら警戒されるか・・・今度こそ打つしかない・・・!!なんとしても塁に出るんだ!!)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a37

初球、積極的に振りにいくも空振り

薫「ああっ・・・」

藤井「ミチルは登板してここまで6人連続三振・・・佐藤以外かすりもしないんじゃ、どうしようもないな・・・」

2球目は外の球に一瞬身体が動くも見逃しボール

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

渉(よく見たな。いや、ただ手が出なかっただけか。しかし念のためにもう一球使って探っておくか)

今度は内角の球。これも見逃しボール

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

渉(こいつ・・・見極めてる!?)

佐倉「いいよ、大吾君!!」

光「ナイセンナイセン!」

薫「へえ・・・あの球見えてるの、あの子」

いずみ「そうかもね・・だって卜部君と日が暮れるまで左サイドスローを想定してバント練習してたから、あのピッチャーの球筋には他の人ほどびびってないんじゃない?」

大吾(塁に出るんだ!!)

いずみ「まあだからって、見極めれば打てるってもんでもないけど)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

大吾(まだ終わりたくない!!)

と強い気持ちで振ったバットにわずかに球をかすめ

後ろに転がりファール

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

大吾(当たった~っ!)

ってとこで次回へ

この試合やたら永井君推していくなあと思ってたら、大吾もしっかり見せ場あってよかった。前向きになり練習を重ねた成果が実を結んで成長につながってますね。こういう描写があると嬉しくなりますね。周りが驚き見直し認めていくリアクションを見られるのがまたたまらないね。今回は事前の練習で慣れることができたっていうのが大きいんでしょうけど、目指すは技巧派でしょうから、選球眼がよいという長所を持たしていったりするのかな。さすがに警戒されますから迷わずヒッティング選択でしたね。

それでも現時点では道累の球を前に飛ばしてヒットとなると難しいとは思いますが・・泥臭くてもいいから塁に出てほしいね。流れ的には後の永井君もあるし出そうですが・・ここで出れば全打席結果残すことになりますね。

永井君はツーアウトからって話ですから、大吾が塁に出ればダブルプレーにならない限りはアンディのとこで代打かな。出れば満田さんだからこういうキャラは塁に出させる気がするけど・・どうだろう。出番を作るのなら最後の打者みたいにはしないとは思うんですけどねえ。

しかし地味に1失点加えて3点差にしたとこが気になるとこですね。永井君が活躍して光までつなげばあるいはという感じなのですが、光に回ったら最低ランナー2人いてHRなら同点止まり。卜部が出てれば満塁もあるけど、卜部が出塁するならツーアウトにならず、光までに永井君が代打に出ないことになるから満塁の可能性はかなり低いかな。延長の可能性もあるんですかねえ。そうなった場合はおそらく大吾がまた捕手やるんでしょうけど、投手はどうなるのかも気になるね。

道累にそこまで失点させるかな・・という点もあるけど、まああんまり考えてもしょうがないね。次回以降の大吾、卜部、永井君の打席を見守ってからに。案外永井君の思いっきり振ったバッドに当たっての出会い頭HR展開もあったりするかもしれないからね!とりあえず次回大吾の活躍に期待したいね。

 

スポンサーリンク



                  

『週刊少年サンデー2017-01号、MAJOR2nd(メジャーセカンド)77話の感想(ネタバレあり)』へのコメント

  1. 名前:名無しさん: 投稿日:2016/11/30(水) 09:48:55 ID:Q5NDI1MDU

    光るは5番なので、満塁ホームランでサヨナラですかね

    • 名前:ゆぺお: 投稿日:2016/12/01(木) 02:16:41 ID:g5MTAwMzY

      うーん、光の打席で満塁だと卜部もアンディも塁に出て永井君は光の後ってことになるからどうなんでしょうね。そこで気が抜けた道累相手に永井君が決定的な仕事しちゃうってパターンもあるかもですが。

      逆転してもまだ裏の守りがありますね(;´∀`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)